| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

私の中に猫がいる

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

3-⑶

 約束してしまったので、ご飯を作りに行くことになった。

「本当にいくのかよー 男の部屋だよ 俺は、行かないよ 変なことになったら、耐えられないからな」

「変なことってなによー 守ってくれないんだ」

「自己責任でやってくれ」

「いいよー 舜はそんなことしないもん」

「その割には、いつもより可愛い下着つけてたじゃぁないか 期待しているのか」

「そんなことはないわよー プチ 見てたなぁ―」

 ストローハットに花柄のノースリーブのワンピースで出掛けようとしたけど、陽ざしが強く、薄いカーディガンを取りにいった。神戸の駅に着くと舜が迎えに来てくれていた。

「カニ玉の天津飯と鶏団子のスープってどうかしら」

「うん いいねぇ そういうの久しぶり」

「おうちに行く前にどこかで買い物できる?」

 途中で買い物をして、歩いて10分ほどで着いた。11階建ての8階だという。

「狭くて、申し訳ないが」と言っていたが、部屋ん中はひんやりしていた。確かに中は細長くて、そんなに広くない感じ。キッチンも狭くて、ここで作れるかしらと戸惑った。とりあえず、カーディガンを脱いで持ってきたエプロンを着けた。

「可愛いね すずりは、何を着ても素敵だよ そのワンピース姿も、きれいだよ」

「ありがとう 褒めてもらうと、やっぱりうれしいわ」

 買って来たものを冷蔵庫に入れようとしたら、中は卵とチーズだけで後は、ビールばっかり、そして少しの調味料。

「舜 お料理しているの? ビールばっかり」と中をのぞいていたら、後ろから、抱きしめられて

「外食が多いからね とりあえず、ビールで乾杯しようよ 料理はゆっくりで良いから」

「うーん 下ごしらえだけね 舜は飲んで待ってて」と、身をかわしてたのだ。

 お米を研いで、鶏団子の下ごしらえだけして、何にも突き出しが無いので、レタスとトマトにごま油だけかけて

「なんにも、おつまみ無くてごめんなさい」と、言って、長椅子のソファの隣しか座るとこ無かったので、グラスを持って舜の隣に座っていった。

「いや 僕が、悪いんだから 気を使わないでいいよ いつも、そうやって何か作るの?」

「うん お父さんが飲み始めるとね なんか、出してくれって、言うのよー お母さんもお仕事で疲れているだろうからね そんな風に躾られちゃった」

「そうか 親孝行してるんだ」

「大したこと無いよ 普段、好き勝手させてもらってるもん」

 一杯だけ軽く飲んで、私は、準備にかかったが、机もせまく、食卓の上で何とかしたが、あまり、食器類もないみたい。それでも、ようやく食べられるようになったのは、3時を回っていた。

「うん うまいよ すずり 上手なんだね」

「ありがとう 安心したわ 食べてもらえて 他人に食べてもらうのって初めてなの」

「いやいや お世辞抜きでおいしいよ」

「そう でもね 舜 調理器具も食器も少なくて、苦労したわ」

「そうか それはすまない こんなこと、初めてだし 何が要るのかわからないしな そうだ 今度、買い出しに付き合ってくれよ 必要なもの」

「ねぇ それって 又、作りに来いってこと?」

「そうだよ 駄目かい? いいでしよ?」

「嫌じゃぁ無いけど・・ こういうのって、お付き合いしている状態でしょうか」

「僕は、前から、そのつもりだよ すずりのことが好きなんだから」

 抱きしめられて、キスをされ、身体が動けなくなってしまった。そのまま、奥の部屋に連れられて、ベッドに倒されてしまっていた。その時、背中のジッパーを下げられるのを感じて、

「嫌 やめて― こういうの嫌です お願い」ようやく、声が出せた。

「そうか すまない」と、離してくれた。

「ごめんなさい 私 そんなつもりで、来たんじゃぁ それに、そんな関係でお付き合いするのは・・ でも、舜のことは好きです」

「わかった 僕が悪かった 君をもっと大事にするよ」と、舜は謝ってきたので、私は、なんだか、舜のホッペにチュッとして、「トイレ借りるね」といって、駆け込んだ。恥ずかしかったのだ。

 私は、顔とか服装を整えてから出て行った。

「ごめんなさいね 私、まだ、融通きかなくて 嫌いになった?」

「とんでもないよ 君は、素敵な女性だよ ますます好きになった」

「ありがとう 嫌われなくて、安心した」

「これから ハーバーランドのほうに散歩に行こうか 夕焼けもきれいになるから」

「うん 行こう 行こう」

 本当は、抱きしめるだけなら、ずーっと、そうしていて欲しかったんだけど・・。わざと私の胸にあたるように、舜の腕を組んで歩いていた。


 


 


 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧