| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

僕は 彼女の彼氏だったはずなんだ

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

3-⑵

 4月になって、僕達は、4回生になっていた。昇二と会っていた時

「蒼 俺は、ようやく内定出たよ お前ももう、貰っているんだろう」

「うん 向こうの社長が教授に、間違いなく来てくれますよねと念押しがあったみたい」

「そうか 期待されてるんだろうな お互い、頑張ろうぜ」

「それはそうとさー 明璃ちゃんとデートしたんだろどうだつた?」

「うーん 大変たら大変だった 少し、変わっているね 面白かったけどな」

「そうか 振り回されるって光瑠が言ってたもんな」

「どんなかなって思っていたけど、待ち合わせした時から、少し、驚いた サロペットの短パンで来たのは良いんだけどな あの子髪の毛長いだろう その後ろを大きな白いリボンで結んでな 可愛いんだけど、それだけで目立つやん? 歩いていると、みんな二度見やもんな」

「そういうのって 恥ずかしいのか?」

「恥ずかしかったよー でもな、電車降りて歩いているとな 少し、誇らしくなってきた。動物園に行ったんだけどな それからが、又、大変でな」

「動物園かぁー なるほどなぁ」

「そうだろう? でも、俺も、初めてだったんだよ 中に入るとな、彼女、はしゃいでしまって、小さい子供のようだった。天真爛漫ってああいうのだろうな」

「昇二も、少し、飛んでいるとこあるって言っていたやん 覚悟していたのだろー」

「だなぁー それから、鴨川のデルタに行って、明璃ちゃんが作ってきたお弁当を食べたんだけど、又、びっくりだよ 家庭的な娘だよ あの娘は」

「そうか やっぱり 意外性の女なんだな」

「だと思う 食べ終わったらな 靴を脱ぎだして、川ん中に浸かって行って、何をし始めたと思う?」

「泳ぎだしたのか」

「そこまですると狂っているだろう リボンを取り出して、色んな色のな 川にたれ流して、 きれいでしょ 友禅みたい と見せてた 俺は、笑うしかなかったよ」

「昇二 1日で彼女に魅かれてしまったな」

「そんなはずは、ないだろう 光瑠の妹だから・・と思って・・」

「本当に そうかな」

「うん 確かに 手をつないで、川岸を歩いているとき、不思議な感じだった でも、光瑠の顔がチラチラ浮かんでな」

「心配するなよ 光瑠はそんな女じゃないよ 可愛い妹のことを見守ってくれる男が現れたら、安心するよ」

「そうかな あいつは、鉄の女になっていくのかなー」

「その言い方はどうかなー 彼女の優しさは、ありがたいよ」
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧