| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

僕は 彼女の彼氏だったはずなんだ

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

2-⑾

 もちろん、昇二し光瑠には報告した。光瑠は聞いていて、泣きだした。

「蒼 必ず、迎えに行ってね 絶対に、幸せにしてあげてよ 君しか出来ないんだから」

「蒼 俺は、この前、自分のことだけを考えろって言ってしまって、すまなかつた。多少の犠牲を払ってでも、彼女を手に入れるのも有りだな お前にとっては宝物だものな」と、昇二も言っていた。

 僕は、その後、授業のこと、就職のことに集中していった。夏には、インターシップに出て、就職も順調に進んでいたが、心の中では、このままでいいのかという風に、自分にも問いかけていたのだ。

 秋になって、僕は、我慢できなくなっていた。美鈴をもう一度見たいと思っていた。昇二に頼んで、夜、連れて行ってくれと頼んだ。彼は、高校卒業した時に、運転免許を取っていたのだ。

「構わないが、会って、話をするのか?」

「いや 遠くから見るだけだ 様子をもう一度見たい ホテルは10時に上がらせてもらうって話だから11時頃、駅に着くと思うんだ」」

「わかった 蒼の頼みだからな この貸しは返せよな」

 僕達は、改札が見える道路に車を停めて、待っていた。30分程待っていると、美鈴のお父さんらしき人が確認出来た。それから、間もなく、電車が着いたみたいで、何人かが出てきた。

 見えた。美鈴だ。ストレートのパンツにジャケットを羽織っている。小走りに出てきて、お父さんに寄っていった。

「おい すげぇ美人になったのぉー あれは、美鈴かぁー」と、昇二が驚いていた。

 美鈴は、お父さんの腕をうしろから組むようにして、横道にそれて行った。幸せそうな父娘に見えた。

「仲が良さそうだったな 安心したよ ありがとう 昇二」

「なんの 俺も、美鈴の元気そうなの見れて、安心したよ」

「昇二 僕は、決めたよ 父さんから彼女を引き離すことはできない。仮に、美鈴を連れて、どこかに行くなんてしたら、彼女は悩むに決まっている。 昇二、一緒の会社を目指すと言って居たけど、すまない」

「わかるよ まぁ 競争相手が減ってホッとしたよ 俺は、そのまま進む 別の会社に居ても、競い合うことは出来るもんな」

「うん 中小の方が、思い切ったこと出来るかもわからないしな 美鈴、待っていてくれ」
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧