| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

僕は 彼女の彼氏だったはずなんだ

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

1-⑵

 11月も終わる頃、日曜日に中道から「一緒に、付いてって欲しい所がある」と誘われた。何か事情があるみたいで、詳しく聞かないでOKした。

「勉強のさまたげになるようで、ごめんね 何か、一人じゃぁ心細いから」

 当日の朝、駅で待ち合わせして、電車で向かった。途中乗り換えもして

「どこに行くんや」と聞いたが

「私も、よく、わからんね 初めてやから」と、訳のわからないことを言って返してきた。

 中道は、チャコールのダッフルコートにジーンのミニだったがスキニーを穿いているのに、向かい合って座っていると、細い脚を、僕はドキドキしながら時々、見ていた。テニスのスコートから伸びた素足を見慣れているはずなのに・・。電車の中では、中道が持ってきていた問題集をふたりで解きながら、目的地を目指していた。

 途中、右手に琵琶湖を望みながら、福井の敦賀に着いた。ここから、まだ、ローカル線に乗り換えるという。待ち合わせの間、ようやく、中道は訳を話し始めた

「先月な、お父さんが脳梗塞で救急入院したんよ。まだ、入院してるんやけど、それでな、お母さんが会社のことを見ることになってな。それまで、経理をやっていた女の人を、お父さんとの仲を疑って、追い出したのよ。それで、総務をやっている男の人とふたりでやっているみたいやけど。でもね、私、その女の人も、知っているけど、お父さんとはそんなことないと思うのよ。私なんかも可愛がってくれてたし・・。お父さん、まだ、頭がはっきりしないし、本当のこと聞けないし、私、その人に確かめたいと思って・・。実家に戻っているって聞いたから・・」

「そんなことになっているのに、なんで、もっと早く言わないんだよ 僕達は・・仲間だろう」

 中道のお父さんは、少し、大きめのステーキレストランを2店経営をしていて、サイドメニューとかスィーツも評判が良くて、新興住宅地にも3店目の開店を進めていると聞いていた。

 敦賀から何個目かの駅に降り立った。駅前は閑散としていて、タクシー乗り場にも1台も停まっていなかった。夏ならもう少し賑やかなんかも知れない。

「目的地はわかってんだろう どっち行くんだよ」

「あのね 高井って家で 民宿やっていたんだって」

「それだけか 住所調べてないんか」

「うん 田舎だったらわかるかと思ったんだもの 電話もお父さんしか知らないし・・」

「なんか 無鉄砲やのー いき当たりばったりかー」

「だから、三倉に一緒に来てって頼んだのっ 迷惑だった?」

「そんなことは無いよ 少し、あきれているだけ 仕方ないから、民宿がある方に、歩いて行くか― そこで、とりあえず聞いてみよう」

 バスもあるみたいだが、本数が無いみたいで、歩くことにした。多分、1Kmちょっとだろう。

「ほんまに、変なこと頼んでごめんね」

「大丈夫だよ 中道の頼みだっだら、平気 平気」と、言いながら、手をつないでいった。

「なぁ 中道じゃぁなくって なんか、遠い人みたいで・・美鈴って呼んでよぅ」と、言って、つないだ手を自分のほうにたぐり寄せてきた。

 結局、30分近く歩いて、最初にみつけた民宿で聞いてみたど、心当たりが無いとのことで、もう少し先の民宿は古くからやっているから、そこで聞いてみればと勧められた。

 又、30分近く歩いて、その民宿に行って聞いたけど、民宿組合の名簿を探してくれたが高井という名前は無かった。すると、おばあさんが出てきて、駅の方の海辺で以前に民宿をやっていた人が、確か高井と言ったと思うと教えてくれた。だけど、10年くらい前に、主人が亡くなって、もう、民宿はやっていないという話だった。

「海辺に行って、ご飯たべよ おにぎり作ってきたんよ」と、美鈴がそっちへ引っ張っていった。

 海辺に出ると砂浜が広がっていたが、波打ち際は木クズとかゴミが打ち寄せられて、寂しい風景に思えた。陽はさしているが、風が少し冷たい。それでも、砂浜に座るとほんのり暖かい。

 美鈴がリュックから水筒と包みを取り出して、広げると白い容器に海苔の巻いたおにぎりで、別の容器には、玉子焼きとかハム、レタスなんかが入っていた。

「美鈴 これ作ってきたんか おいしそうだよ」

「うん 蒼君に食べてもらおうってね」

「これをずーと背負っていたのか 言えば、代わったのに・・」

「そうだね 忘れてた 手をつないでくれたから」

 水筒の中は、何にも入ってない紅茶だった。いい香りがして高級なものだと僕にもわかった。食べたあと、波打ち際を少し歩いて、美鈴は貝殻を拾っていた。そして、気持ちよさそうに、髪の毛をひろげて、風になびかせていた。

 僕達は、駅のほうに戻って行き、教えられた高井さんの家を探した。付近まで行って、畑をしている人に尋ねて、家を教えてくれたが、多分、もう誰も住んで居ないよと言われた。

 それでも、その家に行ってみたが、確かに人が住んでいる気配がなかった。

「しょうがないよ もう、あきらめよ」と、僕は、美鈴の背中をさすりながら言った。

「そうだね だめかなー」と言いながら、美鈴は隣の家を訪ねて行った。

「去年だったかねー 娘さんが訪れてね、母が心臓が悪いので、入院させるとかで、連れて行ったよ 一人っ子だったからね」と、隣の人から聞き出した。

 帰りの電車の中で「本当に ごめんね 面倒かけて」と美鈴は謝ったきり、黙り込んでしまった。普段は、留めている長い髪の毛を、今日はひろげたままだったのだが、胸元に持ってきて、指に巻き付けるようにして、何かを考えている様子だった。だけど、反対側の手で僕の手を握り締めていた。 
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧