| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

私の中に猫がいる

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

2-⑸

 なずなと仕事の帰りに、食事に行こうってなって、ドイツレストランに居た。私、カスラーとかソーセージが好きだから。

「すずり あれから、石積さんとこ行った?」

「ううん 行って無いよ なかなか一人じゃぁね」

「そーなんだ すずりは、会いたくないの? まんざらでもなかったみたじゃぁない」

「最初は、優しいし、良い人だとは思ったんだよ でも、あの人とお休み合わないし、続かないかなって」

「だよねぇー あこがれの人なんだけど、現実的なこと考えると、私も、ちょっとなって・・ でも、私もね、あいつとはあれっ切りだし、さえないよねー すずりは?」

「実は、この前に同じビルの人と遊びに行った。まだ、付き合うまでいって無いけどね」

「そうなの 私もね、取引先の人と食事なんかに行くけど、何か、燃えてこないんだよね 好き何だか何だかわからない」

「何か、高校大学と時期を逸したよね もう、年なんかなぁー」

「高校大学の時って、すずりなんか、キリットして男を寄り付けませんって雰囲気だったもの」

「そういう、なずなだって、告白されても、相手にしなかったこと何回もあったじゃぁ無い」

「それは、お互い様よ すずりに告白した男の子なんて、はたで見てて、可哀そうだったわよ」

「そんなことあった? だって、熱意が感じられないんだもの 勉強に集中していたし」

「私等、こんな可愛いのに・・ 今までの、天罰かもね」

 笑って、すますしかなかった。

 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧