| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

私の中に猫がいる

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

2-⑵

 休みの日で、私は朝からぐだぐだしていた、下からお母さんが

「すずり 仕事行くからね いつまでも、寝てるんじゃぁないわよ お父さんも、早くから、ゴルフに出かけたからね もう、起きてきて、お留守番ちゃんとしてよ チッチも居るんだったら、ご飯あげてね」

 私は、寝ていたわけじゃぁ無いし、仕方なくプチ(チッチ)を連れて降りて行った。ご飯をあげなきゃ、お腹すいているだろうなと思った。私は、サラダだけ作って食べていた。彼は、食べると外に行きたそうにしていたので、出すと、プチが私に戻ってきたみたい

「昨日から、何を考えているんだよ 彼のこと、迷っているのか」

「うぅーん それもあるけどね 私、プチみたいに、気安いのが良いんだよね 最近、昔からの彼氏みたいに感じているの おかしいかなぁー」

「確かに、おかしい 幼稚すぎるなぁ すずりちゃんは、男に免疫がないから、知らずと敬遠しているよね だから、しばらくは早坂さんと付き合えって」

「そう、言ってたよね プチ チッチが帰ってきたら、海まで散歩行こうか 今日は、ポカポカしてるし」

 帰ってきたチッチを袋に入れて、自転車の前のカゴに乗せて、海まで走った。プチ(チッチ)は慣れているのか、首だけ出して、おとなしくしていた。

 浜に着いて、プチを袋から出して、砂浜に解放した。紐は結んでいない。

「寒い? プチ」と来たけど、「ニャー」と言ったが、どっちかわからない。プチの首にバンダナを巻いてあげた。

「プチ 波打ち際まで走るわよ 競争」と言って、私は走り出したが、プチは来なかった。途中で、振り返ると、急に走り出したかと思うと、直ぐに抜き去って行った。

「プチ 早いね さすが、猫だわ」と、言うと「ンニャー」と返してきた。

 波打ち際を歩くと、プチは後を付いてきていた。冬の海は夏と違って、水が澄んでいる。海水浴客が居ないせいかもしれない。

「お正月は、かける は帰ってこないんだって。お母さん淋しがってるんだ。プチはあの子とは相性悪いんだっけー」と、つぶやいたが「ファー」と言ったきり、何かの臭いをかいでいる。私、その様子を写真撮っていた。この子は、プチと違って全身が真っ白だから、見栄えがするのだ。

「プチ 帰りもあそこまで 競争するよ」と言ったものの、プチはあっという間に走って行って、先に待っていた。

 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧