| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ジェルマ王国の末っ子は海軍大将

作者:蒼たん
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一章 少年期
  第十八話

 『海の戦士ソラ』は世界政府が子供達に勧善懲悪を教える教材として作られ、世界経済新聞に掲載された絵物語つまり連載漫画である。
 

「先生…パーフェクトゴールドって?」
 

 変身したゴジの正体を知っている様子であるゼファーにゴジを追いかけてきたアインが問いかける。
 

「ん?アインか?俺がガキのころから世界経済の一コマで連載していた『海の戦士ソラ』に登場する悪の軍団ジェルマ66(ダブルシックス)の一人だ。」
 

 ゼファーは後ろから声を掛けてきたアインに気付いて、彼女を振り返ってから説明し始めた。


「じぇるま……だぶるしっくす?」

「そうだ。各々が悪魔の実を模した特殊な能力を持つんだ。爆発する閃光の能力を持つスパーキングレッド、電気の能力を持つデンゲキブルー、透明化の能力を持つステルスブラック、人外な怪力と伸び縮みする能力を持つウインチグリーン、あらゆる毒を操るポイズンピンク、そしてこの五人全ての能力を併せ持ち、天才的な頭脳を有するパーフェクトゴールドの6人で、彼らをこの世に生み出して指揮し、世界征服を目論む男こそ総帥ガルーダ。」

「あっ!?先生、そうだ!右腕…コートを脱いで下さい!」

「あ…あぁ。すまねぇ…」


 人は好きな事を語る時は饒舌になるとよく言われるが、ゼファーとて例外ではない。

 アインは自分が大怪我していることを忘れたように楽しそうに語るゼファーの怪我を思い出したように彼のコートで止血し始めた。


「元々『海の戦士ソラ』は世界政府が子供達への勧善懲悪を教える目的で正義の味方ソラが悪逆非道のジェルマ66(ダブルシックス)を懲らしめる物語だ。」

「でもそんな物語聞いた事ないですよ。」


 ゼファーの治療をしながらアインが訝しむ。


「あ〜北の海(ノースブルー)でのみ掲載されてたからな。北の海(ノースブルー)出身者じゃねぇと知らないかもな。で、このジェルマ66(ダブルシックス)ってのは能力だけじゃなく、身に纏うレイドスーツってのが耐刃・防弾性に優れる。さらに彼等の履く靴は空を自在に飛び回ることが出来るんだが……その作り込み過ぎた設定の悪役に人気が出過ぎてしまい、逆に海賊や悪党を増やす要因にもなってしまった。そこで世界政府はある作戦に出た。」

「作戦ですか…?先生、止血出来ました。大丈夫ですか?」

 
 アインはゼファーの海軍コートを縦に割いて彼の右腕と右肩に固く巻いて縛ることで、簡易的な止血を施す。

 医学知識のない彼女ではこれが限界だが、とりあえず失血死の危険を回避したゼファーがアインに礼を言う。

 
「すまん、アイン助かった。簡単な話さ。悪役だからいけねぇんだ。ジェルマ66(ダブルシックス)の中でも特に人気の高いパーフェクトゴールドを改心させて味方にすればいいだろうって作戦さ。」
 

 ゼファーは話しながら目の前で対峙するウィーブルとゴジを見て、ウィーブルが未だに感電した自分の体の痺れを取っているのを確認する。

 
「改心ですか?そんな都合よく……。」
 

 アインの言うことは、世間一般的に見たら最もであるので、ゼファーは苦笑する。


「あぁ。でも言ったろ?あくまで子供向けの物語さ。パーフェクトゴールドは悪の軍団ジェルマ66(ダブルシックス)として海の戦士ソラと戦う中で人を想う優しさに目覚めていく。そして、物語の最終話で世界を滅ぼそうとするジェルマ66(ダブルシックス)の作戦に反対したパーフェクトゴールドは、世界を守る為に仲間を裏切ってソラに協力し、二人でジェルマ66(ダブルシックス)を滅ぼした。」

「それで世界が平和になったんですか?」

「あぁ……平和になったさ。」


 ゼファーは『海の戦士ソラ』のラストを鮮明に覚えている。

 何故ならそのラストは世界中の誰もが目撃したある男の最期を模した話だから……。


「先生…。」


 アインは何かを思い出すように遠い目をし始めたゼファーに声をかけるとゼファーは『海の戦士ソラ』のラストを語り始めた。


「パーフェクトゴールドは事件後に自首して一人でこれまでのジェルマ全ての罪を背負って自ら処刑台に登り、彼が公開処刑されることで悪は去ったと世界中が歓喜し、平和が訪れることでこの物語は幕を閉じるんだ。」
 

 世間に公表してないことなので、ゼファーはアインには言わなかったが、"海の戦士ソラ"に出てくる事件は実際に起こった出来事を元にしており、主人公のソラはそれぞれその事件で主に活躍した海兵や政府の役人をモデルにしており、当然海軍大将として名を馳せていた"黒腕"のゼファーがソラのモデルとなった物語も当然存在する。


 今から29年前に悪の限りを尽くしたロックス海賊団を滅ぼす為に海賊王ゴールド・ロジャーと海軍本部中将モンキー・D・ガープが協力してロックス海賊団船長ロックス・D・ジーベックを捕らえることに成功した通称ゴットバレー事件と呼ばれる事件があり、この事件を切っ掛けにガープは海軍の英雄と呼ばれるようになった。 

 このゴットバレー事件こそ”海の戦士ソラ”の最終話のモデルとなった話で、この話におけるソラのモデルはもちろん海軍の英雄モンキー・D・ガープである。

 そして全ての能力を手に入れた男 パーフェクトゴールド(・・・・)のモデルこそ、この世の全てを手に入れた男 海賊王ゴールド(・・・・)・ロジャーその人である。


「そんな……でも彼のおかげてジェルマは……。」


 アインの信じられないという言葉にゼファーが現実を突きつける。


「そうだ。けどな……1つの善行で罪が消える訳じゃねぇ。それが分かっているパーフェクトゴールドは巨悪の根源が去ったと世界に知らしめる為に自分で処刑台に登ったのさ。」


 実際ゴットバレー事件を解決に”海賊王”ゴールド・ロジャーが関わっていることは当時の海軍上層部と世界政府の一部の者しか知らない秘密となっている。

 世界政府は“海賊王”ゴールド・ロジャーが自ら出頭した際、海軍が捕らえたと大々的に発表して彼を公開処刑する事で世界に平和が訪れた事を知らしめようとしたが、彼の死に際の一言


『おれの財宝か?欲しけりゃくれてやる。探せ!この世のすべてをそこに置いてきた!』


 この一言で逆に大海賊時代の幕開けとなってしまい、世界政府の思惑とは全く逆の結果になってしまった。


「ゴジ、お前は生きたまま、この世の平和の象徴になるのか?」


 ゼファーは自分の代わりにウィーブルと対峙する事を決めたその小さくも頼りがいのある背中を見つめてパーフェクトゴールドの死に際の一言を思い返していた。

 パーフェクトゴールドが処刑台に登る直前、戦友であるソラにだけ語った死に際の一言はこうだ。


『おれが全ての悪を背負っていく。ソラ見てろよ!この世全ての平和の象徴になってやる!』


 実際物語ではパーフェクトゴールドの死で世界は歓喜し、彼の宣言通りに平和の象徴となり、世界に平和が訪れることでこの話は終わる。

 世界政府が海賊王の死に期待した結末を『海の戦士ソラ』の結末にしたのだ。



 しかし、ゼファーがゴジに期待する平和の象徴とはパーフェクトゴールドのそれとは異なる。

 悪に怯える市民達が彼の名を聞けば全体の安心感を得て、悪党がその名を聞けば震えあがるような正義のヒーローのような海兵であるとゼファーが考えている。


 ───なら、それを見届けるまではまだ死ねねぇ。


 ゼファーは妻子の死でその夢を志半ばで諦めたが、孫のように想っているゴジならぱそんな正義のヒーローになってくれるのではないかと彼に会ったその日からずっと想っていた。 
 

 
後書き
説明回になってしまった。。

次からゴジVSウィーブルの戦闘始まりますので許してください。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧