| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ジェルマ王国の末っ子は海軍大将

作者:蒼たん
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一章 少年期
  第十七話

 
前書き
またお気に入りが増えてた。

ありがとうございます。 

 
 ウィーブルは親愛なる母親ミス・バッキンから全員殺せと言われているので、母親との命令を果たす為に彼の纏っていた武装色の覇気が更に膨れ上がり、彼は角を黒く硬化させてゼファー目掛けて真っ直ぐに突っ込んでくる。

 対するゼファーも全身に覇気を漲らせて左腕を黒く硬化させながら腰を低くして、ウィーブルの突進を待ち受けた。
 

「ゼファー…邪魔…おで、皆殺す…母ーたんに、言われた…邪魔するなぁ!」

「行かせるかあぁぁーっ!来い!!」
 

 10メートルを超える巨体が真っ直ぐにゼファーに迫り、激突した。


「な……に……うごかね……!?」


 ウィーブルは角でゼファーの腹を突き刺すつもりで突進したが、ゼファーはこれを腹に刺さる直前に左腕1本で掴んでみせた。

 たかだか2メートル程の身長のゼファーに幻獣種の人獣型となった自分の突進が止められた事に驚愕するウィーブル。


「だから……ここから先には行かせねぇと言った……だろうがああぁぁぁぁ!!」


 ゼファーが全身の力を込める度に彼の傷口から血が吹き出るが、ゼファーは力を緩める所か自分の三倍以上の体格差のあるウィーブルの角を片腕で持ち上げてウィーブルを投げ飛ばした。


「うおっ……あでっ!?」


 その姿はまさに海軍本部大将“黒腕”のゼファーと呼ばれた全盛期の姿だったが、ゼファーは血を流し過ぎたため、体の力が抜けて膝を付く。

 
「ゼファー邪魔…まず…殺す。」

「はぁ、はぁ…そうだ。それでいい。来い!」

 ───ウィーブル…俺の首はくれてやるが、アイツらには手を出させねえぞ!

 

 ウィーブルの敵意を自分に向けることが出来たゼファーは膝を付いたままで立ち上がることが出来ず、顔の血の気も引いて満身創痍であるも、その瞳に宿る闘志だけはさらに燃え上がっていた。
 

「すげぇ…あの巨体を投げ飛ばしやがった!………でも、アイン姉ちゃん…爺さんはもう…」
 

 ゴジはゼファーに背を向けて船の後方に向けて走っていくアインの肩口からその光景を見ていた。

 しかし、ゼファーにもう戦う力どころか立ち上がる力すら残されていないことに気付く。
 

「逃げなきゃダメよ…私達がいたら邪魔になるわ…ぜんぜいならぎっど勝っでぐれるもの…うぅぅ…」

 

 アインはゼファーを振り返らずに自分の役目を果たそうとする。

 彼女とて万全の状態ならまだしも片腕を失ったゼファーが、ゼファーの黒腕を切り飛ばすほどの化け物相手に戦ってどうなるか等考えなくても分かる。

 もしゼファーが志し半ばで力尽きたら、ゴジや仲間を守るために次に死ぬのは自分だという決意を持って避難船に向けて走っていく。

 
「きゃっ!?ゴジ君…ダメよ!?」


 ゴジはそのゼファーの姿とアインの覚悟を察して我慢ならず、アインを少し強引に振りほどいて甲板の上に立つ。


「アイン姉ちゃん…ごめん。俺はやっぱり爺さんを助けたいんだ。」
 

 ゴジは甲板に降り立った瞬間に足裏を火花の能力で爆発させると同時に怪力の力を解放して爆発的な推進力を生み出してウィーブルの顔面に目掛けて飛び掛かった。
 

起電(ヘンリー)ニードル!」
 

 ゴジは武装色の覇気を纏って黒く硬化した右足に電気の能力を纏った膝蹴りを彼の額に叩き込んだ。
 

「ぐはっ…うばばば…」

「俺にはまだ戦う力があるから!!」
 

 額に渾身の膝蹴りを受けたウィーブルは少しふらついた後、電気で感電してビクビクしながら片膝を付いたが、すぐに甲板に降り立ったゴジを睨む。
 

「ゴジ君…」

「ゴジ…お前…」

「すまねぇ。爺さん、アイン姉ちゃん。俺はやっぱり爺さんを見殺しには出来ない!それとごめん。あとで全部話すから黙って見届けてほしい。」
 

 ゼファーですらロクなダメージを与えられないウィーブルに自分程度の攻撃が効くはずはなく、敵はあくまで感電して動けないだけであるのはゴジも気付いている。


「やっぱり俺の能力じゃ、全然効いてないか……これを使うしかねぇ。」


 ゴジは全力で戦う事を誓い、ウィーブルから目を離さずにポケットに忍ばせていた”5”と書かれた金色の缶を強く握った。


 ◇


 ここで少しゴジの能力について説明する。

 ゴジの能力は一見万能に見えるが、実は一つ一つの能力は兄や姉の足元にも及ばない程度の出力しか出せないのだ。

 元々1つの能力を血統因子に宿すことが出来ただけでも奇跡に近い神の御業。この能力を5つ全てを1つの体に宿したのだから、それも致し方ないのかもしれない。

 
 例えばさっきの膝蹴りでも自分の兄達と比べるとこれだけの差がある。

 1.ヨンジの能力ならぱウィーブルを蹴り飛ばす程の怪力を発揮していた。

 2.ニジの能力ならばウィーブルは感電して意識を奪う程の強力な電気を生み出していた。

 3.イチジの能力ならば甲板を蹴った際に生み出される爆発の推進力でウィーブルを蹴り飛ばしていた。

 ゴジはジェルマにいた際は観察眼で相手を見極めながら、ただ能力を上手く組み合わせて使うことで兄達をも圧倒していたに過ぎず、実は兄達に劣る中途半端な能力に劣等感に近い感情さえ抱いていた。

 だからこそ能力を使えないその身で能力者をも圧倒する力を持つゼファーに強く憧れたのだ。

 しかし、ゴジとて自分の持つ能力を兄達のレベルまで強化する方法を見つけていた。

 レイドスーツは血統因子や肉体のあらゆる部位に作用して普段は体に負荷を掛けないように20パーセント程度しか発揮していない力を、強制的に100パーセント引き出した上で体に負荷を一切の掛けないように補助するように設計している為、身に付けると超人的な運動能力を得ることが出来るのだ。

 ゴジの能力も5つの能力を使えるゆえに血統因子が彼の体に負荷を掛けぬように各々の能力を20パーセント程度の能力しか出せないように無意識に調整してくれていたのだが、レイドスーツを着ることで運動神経だけなく、抑えられていた能力をも100パーセント引き出して使うことが出来る。

 
 ◇
 

 ジェルマ王国を出る前にゴジは自分のレイドスーツを父に預けようとしていた。

 その理由はジェルマ66(ダブルシックス)には世界中にコアなファンがいるので、パーフェクトゴールドに変身すると、自分とジェルマとの関係性が疑われると考えたからである。

 廃嫡した自分がジェルマ王国との関連を疑うような真似は出来ないと判断したのだが、ジャッジはレイドスーツを頑として受け取らなかったのだ。
 

『ゴジ、自分の命が危ない時や大切な人を守りたい時は遠慮なくレイドスーツを使え。』
 

 ジャッジはいざと言う時のために戦う力が必要な時にその力を使えるようにとゴジにレイドスーツを持って行かせた。

 父の言いつけを守っていたゴジは自分のレイドスーツを肌身離さず持っていたのだ。


 ◇
 

 ゴジは万感な想いと共にその缶を取り出して、自分の下腹部に押し当てると、ゴジの体は闇夜を明るく照らす金色の眩しい光に包まれた。
  

 ───父さん、ありがとう。俺はこの力で爺さんと仲間達を助けるよ。


 金色の光が晴れるとそこに現れたのは黄金のサングラスと耳当て、黄金の上下のレイドスーツに白銀の鎧と靴そして黒いマントを纏った伝説の戦士が現れた。


「ゴジ君…」

「なんだ?お…べ…は…?」


 アインとウィーブルが眩い光と共に衣装の変わったゴジに驚愕している中、同じく驚愕しているゼファーだけはその出で立ちに見覚えがあった。


「ゴジ……お前……それはまさかパーフェクト……ゴールドなのか?」


 北の海(ノースブルー)を舞台に生み出された創作漫画『海の戦士ソラ』。

 その物語に出てくる仇役ジェルマ66(ダブルシックス)の一人パーフェクトゴールドが今、表舞台に躍り出た!! 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧