| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

私の中に猫がいる

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

1-⒁

 23日はビストロ美浜になずなちゃんを誘って行くことにした。次の日は早坂さんから、ディナーに誘われている。少し、複雑な気持ちになっていたが・・。

 なずなちゃんとは、うちの近くの駅で待ち合わせしていた。私も、一度帰って、ワンピースに着替えて、少し濃いめのメイクで出掛けた。なずなちゃんも同じように着飾ってきたみたい。

 9時からの部に予約しておいたんだけど、お店に入ると、私達はカウンターの真ん中の席に案内され、オーナーの石積さんは

「ありがとうございます 久し振りですもんね お待ちしてました。今日は、お友達とご一緒ですか」

「ハイ なんとなく、入りずらくて・・ 今日は、中学からの親友と一緒 よろしくね」

「存じております なんせ 学年で1.2を争っていたいた二人ですからね 確か、山上なずなさんですよね いつも、すずりさんと、一緒で・・」

「えー 石積先輩ですかぁー 私の名前を‥うれしいー。まさか すずりから、そんなこと聞いてなかったわ」と、なずなは、感激していた。

「ごめんね びっくりさせようと思って・・」

「先輩って、私たちのあこがれだったんですよ 恰好よくて・・」

「あー そうだったんですか ありがとうございます 今日は、楽しんでいってください」と、言いながら、私達に、スパークリングワインを継いでくれた。今日は、カウンターの中にもう一人若い男の人が入っていた。

 お店の中は10人ほどで、カップルが多かった。お店の隅でフルートの演奏が始まって、その間にオーナーの特別のお料理が次々に出されて、どれもおいしくて、素晴らしかったんだけど、なずなは石積さんに話しかけたくって、うずうずしていた。私も、そうだったんだけど、忙しそうに動き回っていて・・。出来上がったものを、直ぐに、男の人が配膳していて、なんか機械的。

 手が空いて、ようやく石積さんが私たちの前に来てくれた。

「どうでしたか ディナーはご満足いただけましたか」

「えぇ とってもおいしかった どんなレストランより素晴らしいです」と、なずなが、すかさず応えた。

「先輩は ご結婚は?」と、なずなは、思い切ったことを聞いた。

「僕は、独身ですよ まだ、結婚は‥店のことが精一杯で」

「でも、お付き合いされてる方おられるんでしょぅ?」

「いや ずーと居ないですよ 高校の時、ちょっと付き合ったことあったけど、彼女は進学希望でね、自然消滅したよ アハッハー」

「私もすずりもフリーなんです。立候補してもいいですか?」

「僕なんか つまんない男でね デートする暇もないからね 君達みたいに可愛いと、もっと、良い男が現れるよ」

「あっ うまく、ふられちゃった」

「いえ そんなつもりじゃぁ」と、何かを仕込みに離れてしまった。

「なずな ちょっと、攻めすぎだったんじゃぁない?」
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧