| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

私の中に猫がいる

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

1-⑷

 家に帰ってきて、直ぐに、お風呂に入ろうとした。

「すずりちやん、俺も一緒なのか」

「なんでー いつも、一緒だったじゃない」

「それはー 今までは、お互い、子供だったから」

「べつに プチとだったらいいよ それに、あなたには、見えないじゃぁないの まだ よく、わかんないのよ プチと一緒って でも、なんだか、うれしいわ」

 脱衣所で身体拭いていると 「すずりちゃん 胸も成長したね」

「なに言ってんのよ 見えないんでしょ」

「鏡に映っているの見た 白くて、きれいだよ」

「あのさー プチ 割と、エッチなの? 変だよ、プチって私のなんなの? お肉あげないよ」

「ごめん もう、言わない でもさ、変なのはすずりちゃんだよ 俺は、猫なんだよ」

 お風呂から出て、私は缶ビールを開けていると、チッチが足元にすり寄ってきた。そうだ、プチが戻ったんだ。お肉忘れていた。お皿に出して、あげているとおいしそうに食らいついていた。

「あら さっき、ご飯あげたのに 生のままって、ダメよ 虫がわくから でも、そんなに、お肉食べたかしら チッチって」と、お母さんが言っていた。

「だって プチが食べたいって言ったんだもの」

「すずり なに言ってるのよ チッチでしょ あなた、まだ、プチのことを・・ さっきも、お風呂で、独りでなんかしゃべていたし なんか、おかしいわよ 大丈夫?」

 私が、2階へ行くと、チッチ(プチ)が付いてきた。ベッドに寝そべって、頭を撫でながら

「プチ なんか、心強いよ 帰ってきてくれて、ありがとう」と、言うと
プチは、私の耳と髪の毛を舐めてくれていた。
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧