| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ジェルマ王国の末っ子は海軍大将

作者:蒼たん
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一章 少年期
  第十六話 エドワード・ウィーブル

 
前書き
ゼファー達の訓練船を襲った海賊とその能力は作者の推察によるものです。まずご容赦下さい。 

 
 一人のルーキーが乗る海賊船が訓練航海中の海軍船を視界に捉えた。


「母ーたん。母ーたん。あの船に“黒腕”のゼファーがいるだど?」

「そうだよ。ウィーブル、ゼファーを倒してあんたが白ひげの息子だって世界に解らせておやり!」


 “白ひげ”とは現在最強の海賊と呼ばれる四皇、白ひげ海賊団船長エドワード・ニューゲートのことである。


「おでは白しげの息子だどぉぉぉぉ!!」


 海軍船を狙う海賊は多くはないが、稀にいてそれは報復目的や略奪目的そして、もう一つは名の知れた海兵を倒して自分の名を挙げようと企む者らがいる。

 ゴジ達の乗る訓練船はかつて最強の海兵と呼ばれたゼファーを討ち取って名をあげようとするこの海賊の標的にされたのだった。


 ◇


 ゴジはゼファーやアイン達から船の扱いや航海術を学んで順調に数週間の航海訓練を終えたある日の夜のこと…相部屋のアインと部屋で休んでいると、突然船を襲った衝撃と爆発音で叩き起されることになる。


「「っ!?」」


 事態に付いていけないゴジとアインが目を合わせる中、今日の見張り番である一人の新兵の叫び声が響き渡る。


「敵襲!敵襲!海賊だぁーっ!」


 これがベテランの海兵であれば、攻撃される前に気付いて敵襲を知らせたはずだが、攻撃を受けるまで気づかなかったのは眠気と戦いながら盲目的に見張りをしていた新兵の落ち度であるが、経験のない彼を責めることは出来ないほどに闇夜に紛れた鮮やかな奇襲攻撃であった。


「ちっ…あの船は不味い!?野郎共撤退準備だ。今すぐに後方に設置されている避難船に乗り込めぇぇーーっ!」
 

 ゼファーは船室の窓が見える海賊船に張られた四皇白ひげ海賊団の海賊旗とよく似た白い三日月の髭をたくわえたドクロマークを見て、訓練生達に撤退を命じながら一人甲板へ走る。


「「「うわあああぁぁぁぁ!?」」」


 ゼファーの指示が訓練船に響き渡ると同時にドンという何か大きな物が船に落ちて来たような衝撃で船が一度大きく揺れて新兵達の体が浮き上がった。


「ちっ!この俺を倒して泊を付けようってか?もう乗り込んできやがったか。あのババアの考えそうなことだな!」


 ゼファーは冷や汗を流しながら海賊船からこの船に飛び上がって乗り込んできた一人の大柄の海賊を不敵な笑みを浮かべて睨む。
 

「凄い揺れ!?また砲撃を受けたのかしら?」

「いや、多分敵が乗り込んできたんだ。アイン姉ちゃん、俺は甲板に行くよ。」


 船の揺れたことから敵が乗り込んで来た事を悟ったゴジと新兵達のまとめ役であるアインはゼファーを手伝う気で甲板に向かって走る。


「私も行くわ!」


 ゴジとアインは甲板の裏に回って避難船を準備しようとしている訓練生達とは逆走して甲板に出ると、ゼファーが一人で白い三日月のをたくわえた体長が10メートル以上はあろうかという巨大な牛の化け物と対峙している所だった。


 ◇


 ゼファーは甲板に出てきたゴジ達に気付いて声を張り上げる。


「お前ら!甲板に来るなぁ!早く逃げろ!」


 ゼファーはこの化け物の狙いが自分だと知っているが、同時にこの化け物が攻撃すれば周りを巻き込んでしまう。 


「ブモオオオォォォォ!!」


 巨大な牛の化け物はゼファーの隙を付いて雄叫びと共に手に持った巨大な薙刀を横薙ぎに振る。
 

「ぐはっ…!?」

 
 ゼファーは巨大な薙刀を自慢の武装色の覇気を纏った両手の黒腕で受け止めるが、威力を殺し切れずに弾き飛ばされて甲板の手摺りにめり込むようにぶつかった。


「おで、敵つぶす。」


 そして、次の標的であるゴジとアインを目掛けて薙刀を上段に振り上げる。


「上段からの振り下ろし!?」


 この化け物の一連の攻撃はガタイに似合わずに恐ろしく速いが、ゴジにはなんとか筋肉の動きを観察して化け物の動きが先読みしているが、アインはゼファーを心配して攻撃への反応が完全に遅れていた。


「ゼファー先生ぇぇぇ!!」

「アイン姉ちゃん!?」


 ゴジはアインを助ける為に彼女に体当たりして甲板に叩き付けた。


「きゃっ…!?」
 

 ゴジはアインを突き飛ばした後、アインを守る為に両手に武装色の覇気を纏って黒腕となった両手を頭の上でクロスして構える。

 
「来い!!“武装色・硬化”……怪力解放!!」


 ゴジが受け止めきれなければ、甲板に倒れ伏すアインに化け物の刃は届くため、死んでも必ず自分が受け止めると決意したゴジは血統因子の操作で得た持てる限りの怪力を解放して腕の筋肉を膨れ上がらせる。


 ───確実に俺よりも強大な武装色の覇気を纏っているあの薙刀を果たして、俺の怪力と武装色の覇気、そして外骨格で受け切れるか…否…死んでも受け止めてみせる!

 

 しかし、その刃がゴジに届くことはなかった。


「ゴジ、よくやった。」


 何故なら、化け物の薙刀の刃が自分を襲う直前にゴジの前に大きな背中が割って入ったからだ。
 

「爺さん…!?」


 ゴジの目の前に現れた背中は自分がその強さに人柄に憧れ、祖父と慕っている男の大きな背中だった。


牛刀割鶏(ぎゅうとうかっけい)!!」


 同じ薙刀でも横薙ぎに振るうのと、上から叩き付けるとのでは威力は段違いになるが、闇夜を割る轟音が響き渡り、ゼファーは化け物から繰り出されるその薙刀をその身で受け止めた。

 
「流石……爺さんだな。へへっ……ありがとう。」
 

 ゴジはゼファーがウィーブルの薙刀を自慢の“黒腕”で受け止めた事に気づき、その背中に礼を言う。


「先生ぇぇぇぇー!?」


 しかし、アインの悲鳴のようなゼファーを呼ぶ声と自分に降りかかる生暖かい赤い血に気づき、ゼファーの姿をよく見たゴジは自分の目を疑った。


「えっ…………!?う…嘘だろ…?」


 ゴジの目に映ったのは、能力者相手でも一歩も引かずに海軍大将すら稽古と称してボコボコにしてきた男の右腕が薙刀の刃で斬られて宙を舞い、薙刀の刃を残る左腕と右肩口に深々と突き刺さった瀕死の体で受け止めてなお、その場で立ち続けるゼファーの姿だった。

 
「がはっ……はぁ、はぁ…良かった。は…早く逃げろ…」


 ゼファーは残った左手で自分の体に突き刺さる薙刀の刃を掴みながら、後ろにいるゴジ達を振り返る。


「爺さん…でも…腕が…」


 ゼファーは傷一つないゴジとアインの姿を見て微笑む。


「はぁ、はぁ…腕の一本や二本なんか安いもんだ。俺は…やっと…家族を守れたんだ…」


 瀕死のゼファーの目にはゴジとアインが走馬灯の如く亡くなった妻と子供の姿に写っていた。


『あなた……』

『おとうさん……』


 ゼファーは最愛の妻子が自分を見て微笑んでいる姿を見て、瀕死の体に力が蘇ったことで突きさった薙刀を引き抜こうとする化け物が戸惑っている。


「ぬ……抜けないど!?」

「うおおおおおぉぉーっ!」


 ゼファーは傷口から血が吹き出るのも厭わずに、更に全身に力を込めて化け物を蹴り飛ばした。


「爺さん……。」

「先生……。」
 

 力を使い果たしてその場で倒れそうになるゼファーはゴジとアインの声を聞いてハッとなり、妻子に見えていたのが、アインとゴジである事を思い出し、右足を大きく前に出して踏ん張った。


「はぁ……はぁ……夢でも幻でもアイツら(妻子)やゴジ達が見てる前で倒れるわけにゃいかねぇんだ。」


 ゼファーは自分の後ろにいる家族の存在により、覇気と力は全盛期のモノと見間違う程に漲っていく。


「アイン!さっさとこのバカを連れて脱出しろ!!」


 ゼファーが力の限り叫ぶと、アインは弾かれたように動く。


「はい!行くよ…ゴジ君!」


 アインは涙目で呆然となっているゴジを抱えてその場から離れようとする。


「アイン姉ちゃん!爺さんが!?」


 ゴジはアインに抱かれながらも抜け出そうと必死に暴れるが、アインとてゼファーがその身を犠牲にしてゴジや自分達を助けようとしていることを察していた。


「ダメよ。今すぐに逃げなきゃ……ゴジ君……私達は戦力じゃない……ただの足手まといなのよ。」


 ゴジもアイン同様にゼファーの意図を察して怒りを露わにする。


「おい!冗談言うなよ!俺と爺さんとアイン姉ちゃんでアイツを倒して皆で帰るんだよ!!」


 ゴジはアインとゼファーに訴えるが、アインはゴジを抱きかかえる腕に力を込める。


「ゴジ君!!私達が来なければ…先生が右腕を失うことなんてなかったのよ……ゔゔぅぅぅ……」


 アインは泣き叫びながら己の無力と慢心に打ちひしがれながら、ゴジが目を逸らそうとしていた事実を訴えた。


「ゔっ!?」


 ゼファーは改めて突き付けられた事実に呆然となるゴジとアインに優しく話し掛ける。


「2人ともよく聞け。こいつは動物(ゾオン)系悪魔の実の中でも伝説の神獣の力を得る事の出来る幻獣種の一つ。ウシウシの実 モデル ミノタウロスの能力者エドワード・ウィーブルだ。お前達が逃げる時間くらいは稼いでやる。俺の最後の命令だ…必ず全員生きて海軍本部へ戻れぇぇーーっ!」


 武装色の覇気はウィーブルに比べてゼファーに分があるが、動物(ゾオン)系悪魔の実は野生の強靭な力を得ることが出来る。


「ミノタウロス!?」


 さらにミノタウロスといえばその粗暴さと力を神々に恐れられて迷宮の奥深くに閉じ込められた半神半獣の化け物で、数ある動物(ゾオン)系悪魔の実の能力の中でも最上位の力を持つ。


「アイン!!ゴジと皆を任せたぞ。お前はつるの若い頃によく似ている。必ずいい海兵になる。」


 ゼファーはつるの若い頃を彷彿とさせる空色の美しい髪と切れ長の力強い瞳だけでなく、面倒見のいい優しい性格といざという時の決断力までよく似ていると常々思っていた。


「はい!」


 アインはゼファーの言葉を涙ながらに聞いて頷く。


「ゴジ!!お前はウィーブルなんて片手で捻れるくらいの最強の海兵になれる。そのための準備もしてある。今は我慢して逃げろ!!」


 ゼファーはゴジを最強の海兵に育てる為に知識を与えるセンゴク、体術を教えるサイファーポール、見聞色の覇気を目覚めさせるつる、武装色をさらに鍛えるガープという自身が思い付く最高の師を用意してある。


「ちょ…待って…なんだよ……それって……」


 ゴジは遺言のような言葉を向けるゼファーに喰って掛かろうとするも、自分を抱きかかえたアインがその場から離れていく。


「アイン姉ちゃん!ちょっと……待っ……!?」


 ゴジがアインに立ち止まるように伝えるために彼女の顔を見た瞬間、血が出る程に下唇を噛み締めて怒りに燃えるアインの顔を見て二の句が告げなくなる。


「ぐぅぅ!!」


 アインは悔しさと涙を堪えながら、ゼファーに与えられた自分の任務を全うする為にゴジを抱きかかえて甲板の裏にある避難船へ走っている。
 

「おで…強い!!母ーたん言ってた…全員…殺す!!」


 ウィーブルは自身の頭から生えている大きな牛の角を前に突き出して両手を地面に付け、陸上のリレー選手のクラウチングスタートのような構えを取る。


牛鬼打進(ぎゅうきだしん)!!」


 ウィーブルは対峙するゼファー、そしてこの場から立ち去ろうとするアインとゴジ諸共轢き殺す為、闘牛が突進するかの如くゼファーに向けて走り出した。


「残念、ここは通行止めだよ。牛野郎おおおおぉぉぉ!」


 ゼファーは左手を突き出してゴジ達の為を逃がすためにウィーブルの巨体を受け止めるべく全身に覇気を漲らせる。


「俺は…………」


 ゴジはアインに抱えられながら、家族のために戦うゼファーの大きな背中とそのゼファーの命を刈り取らんとする巨牛の化け物が真っ直ぐ自分達に突進してくる様を呆然と見ていた。 
 

 
後書き
5月13日加筆修正 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧