| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ジェルマ王国の末っ子は海軍大将

作者:蒼たん
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一章 少年期
  第十五話 航海訓練

 ゴジが朝起きてリビングに出ると、既に起きているゼファーが朝食を用意してある。
 

「爺さん、おはよ。」


 ゴジは寝惚け眼を手で擦りながら、ゼファーに挨拶すると、自分の席に座る。


「おぉ。おはよう。ほら飯にするぞ。」


 ゴジとゼファーは互いに挨拶を済ませてから席に着いてから二人での朝食が始まる。


「うん…。」


 ゴジがここへ来てからほぼ毎朝の光景であり、ゼファーはゴジの衣食住と全ての面倒をみており、昼食、夕食は海軍本部の食堂で済ますが、朝飯は自分で作ろうとゼファーは慣れない料理に挑戦している。


「「いただきます。」」
 

 本日のメニューは大きさのバラバラな具の入った味噌汁に白米、少し焦げている焼き魚というシンプルな物でゼファーの大味な味付けがゴジは気に入っている。


「今日も美味そうだ。」


 褒められて気恥しいゼファーはゴジを急かしながら、さっさと自分の料理を食べ始める。


「冷めねぇうちにさっさと食え!」


 ゴジはそんなゼファーの優しさに触れる度にジェルマ王国を出る時に、血統因子の研究について話す訳にはいかないとゼファーに対して自分の能力について『電気、怪力、毒の能力を使えることを隠した上で爆発系の悪魔の実の能力者である』こと、さらにゴジ自身が望んでここへ来たにも関わらず廃嫡されたから仕方なしにここへ来たいうと嘘の設定を伝えたことを後悔している。

 本当のことをゼファーに伝えたかったが、ここへ来て数ヶ月経つが、未だに真実を話せないままでいた。


「ゴジどうした?嫌いなもんでも入ってたか?」


 ゼファーは自分の顔色を伺っている様子のゴジを訝しむ。


「いや……そんなことねぇよ。がつがつ……もぐもぐ……。」
 

 ゴジは慌てて朝飯を口に放り込んで誤魔化す。

 昔から研究ばかりでろくに人付き合いをしてこなかったゴジはゼファーから軽蔑されてこの関係が崩れるのがただ怖かったのだ。


「爺さ…」
 

 ゼファーは今日から新兵達を連れて一月の航海訓練に向かうため家を開けることになり、ゴジは何故か今伝えないと一生ゼファーに伝える機会が訪れないかもしれないと思って重い口を開こうとした。


「ゴジ!飯食べたらお前も一緒に海へ出るぞ!」
 

 しかし、ゼファーの一言でゴジの意を決した話は遮られて、ゴジが不機嫌さを隠すことなく首を捻る。
 

「ん?あぁ…アインが言ってた航海訓練か…まだ海兵でもない俺が行けるわけねぇだろ!とうとうボケたか…爺さ…いでっ!?」


 流石にボケたと言われるのを気にする年頃のゼファーはそんなゴジに無言でゲンコツを落とすと、ゴジは気を失って机に突っ伏した。

 
「ありゃ、つい力入っちまったな。しゃーない勝手に連れてくか…」


 ゼファーは頭に大きなたんこぶを作って気を失っているゴジを小脇に抱えて家を出た。


 ◇


 次にゴジが目覚めると、はじめに目に入ったのは眩しいくらいに青い空を照らす太陽とアインの笑顔だった。
 

「あっ…ゴジ君気がついた?大丈夫?」


 ゴジはどうやらアインに膝枕をされていることと気付いたが、気を失う前に聞いたゼファーの台詞を思い出し、嫌な予感がして慌てて起き上がって周囲を見渡す。


「アイン姉ちゃんってことはまさか……ここは!?」


 ゴジが周りを見渡すと一面のコバルトブルーの海原が広がっており、ここは案の定海に浮く船の上だった。
 

「今は航海訓練の真っ最中よ。ゼファー先生が気を失ったゴジ君を連れて来た時は驚いたわ。」


 ゼファーら新兵の卒業試験を兼ねた1ヶ月に及ぶこの航海訓練の出発の朝に気絶したゴジを抱えてアイン達の前に現れた。


「俺も朝飯食ってる時に聞かされてビックリしたよ。」


 ゼファーはセンゴク達には話を通していたが、アイン達訓練生やゴジ本人には伝えていなかったのだった。


「ゴジ君は来年海軍入隊時に訓練を免除する変わりに海兵見習いとしてこの航海に参加させるって言ってたわ。凄いけど、ゴジ君の実力を考えたら当たり前かしらね。」


 ゴジは1年を掛けた新兵訓練が免除されることは正直ありがたいが、当日になんの説明もなく訓練航海に同行させるのは違うと不貞腐れる。


「そういうことならそう言えよ。クソジジイ。どうせ俺を驚かせようとでもしたんだろうけど…まったく、どっちがガキだよ…」


 ゴジは一言文句を言おうと起き上がって左右に首を振ってゼファーを探す。
 

「ふふふっ。」


 しかし、付近には忙しく船の動かし方を学んでいる訓練生の姿あれど、ゼファーの姿はなかったが、彼の新兵達を指揮する声と、その声に従ってバタバタと慌ただしく駆け回る新兵達の姿は確認出来た。


「よく考えたら船の上だから後でいいや……」

「ん…?ゴジ君?」
 

 ゴジは再びアインの膝に寝転ぶとアインはビックリした顔を浮かべる。

 
「アイン姉ちゃんは俺の面倒見るように爺さんに言われてんだろ?なら、もう少し二人でのんびりしてようか…ニッ!」


 ゴジはゼファーに文句を言うことよりも、アインの太ももの感触と温もりを選ひ、忙しく動き回る訓練生達を横目に見ながら、寝たフリを決め込んでアインにサボろうか提案する。


「正面からの風を受けて推進力にする!ちゃんと帆を張って風を受け流せ!」

「「「イエッサー!」」」


 実際アインはゼファーにゴジが目覚めるまで世話をするように指示を受けており、ゴジの提案にしぶしぶ了承すると彼の頭に手を乗せて優しく頭を撫でる。


「もう…少しだけよ。」
 
「ここは極楽だな……」
 

 その後ゴジは小一時間くらいアインの膝を占領して話をしながら、風通しのよいデッキの上を占領して日向ぼっこしながらゴロゴロしていると、新兵達もようやく船の扱いに慣れてきたようで、手の空いたゼファーに気づかれた。
 

「おう!ゴジ起きたか?」

「いや…起きたかじゃねぇよ。まず言う事があるだろう。」


 ゴジはあけすけに言うゼファーをジト目で睨むと彼は大きく口を開けて笑う。


「がははは!すまん、すまん。ほら見習い、しっかりと働けよ。アインも世話を任せて悪かったな!」


 ゼファーとて流石に悪いと思ったので、ゴジの世話係にアインを指名したのだ。


「はいよ。」


 悪びれもせずに元気いっぱいのゴジとは対照的にゴジのサボりに加担して少し後ろめたさのあるアインは仲間達に軽く頭を下げた。


「いえ、一番忙しい時にゆっくりさせてもらって何だか悪い気がします。」
 
「アイン姉ちゃんは悪くないから気にしなくていいよ。それにしてもいつの間にか部外者から見習いになってるとは驚いたな!わっはっはっは!!」


 ゴジの扱いは自分の知らない間に海兵見習いとなったようだが、12歳となる来年には訓練期間免除で普通の海兵として働けると知ってゼファーの心遣いに感謝して楽しそうに笑いながら決意する。


 ───この航海が無事に終わったらきちんと伝えよう。
 

 ゴジはゼファーの期待に応えるために無事にこの航海を成功させてから隠してきた真実をゼファーに伝えようと決意した。  
 

 
後書き
5月11日加筆修正 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧