| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ジェルマ王国の末っ子は海軍大将

作者:蒼たん
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一章 少年期
  第十二話

 
前書き
読書様のお陰でデイリーランキング1位です。ありがとうございます。

残念ながらまだヒナ登場とはなりません。 

 
 ゼファーはクザンをみっちりと夜までしごいて風呂に放り込んだ後、センゴクに呼ばれて元帥室に行くと、そこには懐かしい顔ぶれが揃っていた。


「なんだぁ?ガープにつるもいるのか…センゴク。同期会でもおっ始める気か?」


 元帥室にはセンゴクと同じく自分と同期である海軍中将の”英雄”モンキー・D・ガープと同じく海軍中将の”大参謀”つるが応接ソファーに腰掛けていた。


「ぶわっはっはっは。聞いたぞ。ゼファー、面白い子供を拾ってきたらしいのぉ?」

「確かにゴジは面白い子だね。」


 ゼファーは大笑いしながら自分を揶揄うガープと違ってゴジの事を既に知っている風なつるを見て不思議に思う。


「ん?つるはゴジにもう会ったのか?」

「あんたね……女風呂に入る部外者の子供がいりゃ嫌でも私の耳に入ってくるさね。」

「あぁ……。」


 ゼファーはここ最近ゴジがよくアインにくっついて女風呂に入っているのを思い出して、つるがゴジを知っていることに納得した。 

 つるは海軍の女性海兵の中で一番の古株で階級も最上位であり、女性海兵達のまとめ役兼相談相手であるからである。

 自分の話が流された事に気にする様子のないガープは何処から取り出したか分からないせんべいの袋を開けて、バリバリとせんべいを齧り始めた。

 

「そんな事より今はゴジのことだ。ゼファー詳しく話せ。」

「ゴジのことか?俺の言った通り将校になれる男だったろ?来月には11歳になるから、すぐに見習いとして海軍に入れるからよろしく頼むぞ!」
 

 あまりにも簡単すぎる説明にセンゴクが少し険しい顔をする。
 

「はぐらかすなゼファー!そういう事を聞きたいのではない。それにしても10歳にしてグザンに膝を付かせるあの子は異常過ぎるだろう。」

「バリバリ…ぶわっはっはっ!クザンも油断したんじゃろうが、若くて有能な海兵が育ってるのはいい事じゃろう。あっ…せんべい食うか?」


 頭を抱えながらため息混じりに話すセンゴクとは対照的にせんべいを頬張りながら笑いながら訓練所にいたゼファーと同じ意見のガープ。

 その袋に手を伸ばしてせんべいを一つ摘んだつるもセンゴクの質問に答えるようにゼファーに再度尋ねる。


「ガープ、せんべい貰うよ…ゼファー、ゴジは何者なんだい?」
 

 ゼファーはゴジを訝しむセンゴクとつるを見ながら、こういうことになることは予期していたので、どう答えたらいいかと嘆息した。

 能力を封じられたとて、見聞色の覇気と武装色の覇気を使いこなす海軍大将に膝をつかせる10歳児など異常すぎることはゼファー自身も理解している。


「正直な所……俺もクザンに勝ったことには驚いた。つる、お前の目にゴジは悪人に見えたか?」


 ゼファーは元々はゴジに上には上がいることを教えるつもりでクザンと戦わせたが、ゴジの成長する機会を与えてくれたクザンに感謝しながらも10歳のガキと油断していい一撃をもろに受けたクザンをみっちりと鍛え直してやった。

 
「そうさね……。あの子とはよく話すから悪い子じゃないのはあたしが保証しよう。」

「つるが言うなら間違いねぇだろう?ゴジは俺が拾ってきた子だから俺が責任を持って育てるそれでいいだろう。」


 超人系(パラミシア)悪魔の実ウォシュウォシュの実の能力者であるつる。彼女の能力は悪しき心まで洗い流す事が出来るため、彼女のお墨付きであればゴジが悪人でないことを証明するにはこの上ない。


「おつるちゃんの見立てながら間違いないか……。ゼファーそれが貴様の答えか?」


 センゴクは立ち上がってゼファーと顔を突き合わせて睨み合いとなるが、ゼファーが出した答えは真実を語らずに一度は突き放した友が自分に託してくれた子供の秘密を守るというもの。

 センゴクとてゼファーとは半世紀近い年を共にした仲であるので、ゼファーがゴジの出生を何か理由があって隠していることは検討がついているが、自分に隠し事をするゼファーが気に入らない。



「センゴク、ゼファーそれくらいにしろ。」

「二人ともお止め!」

 

 ガープがセンゴクを引き離し、つるがゼファーを引き離した。

 ガープ達もゼファーがゴジの出生を隠していることやセンゴクがゴジを不安視していることも分かっていたが、ゼファーが誰よりも悪を憎む男であることを知っているから悪人の子供ではないと信じているのだ。

 

「分かった。ならばこの話は終わりだ!ガープせんべいをもらうぞ!バリッ…」

 

 センゴクはイライラをせんべいにぶつけるようにガープが持つせんべい袋からせんべいを1枚ひったくるように取ってから、ドンッと椅子に腰掛けながらそれを噛み砕く。

 

「ガープ、俺にも寄こせ!バリッ…バリバリ…そういや、来月の航海訓練にゴジを連れて行く。」

 ゼファーはガープから貰ったせんべいを噛み砕きながらセンゴクへの用事を思い出したので、そのまま伝えた。

 航海訓練とは訓練生の卒業試験のようなもので、ゼファーを船長として訓練生全員で1ヶ月の航海をする訓練であり、勿論海賊と戦闘になる可能性すらあるという実践形式の訓練である。

 

「ぶふぉおお!?なっ…聞いてないぞ。ゼファー!ゴジはまだ海兵じゃないだろう。」


 突然のゼファーの話に飲んでいたお茶を吹き出したセンゴクは再度立ち上がってゼファーに詰め寄った。


「バリバリ…今言った。お前もあの子の力は見たろ?ゴジに新兵訓練は必要ない。航海訓練までにはあの子は11歳になるから見習いとして連れていくから問題ないはずだ。それとつる、航海訓練から帰ったらお前の部隊でゴジを面倒見てアイツに見聞色の覇気を教えてやってくれねぇか?俺はあれ苦手なんだ。」

「あんたがあたしに頼るなんて珍しいこともあるもんさね。」
 

 ゼファーは戦闘において無意識に見聞色の覇気を使うが、使い方を教えろと言われると困る程度にしか使えず、彼にとって戦っている最中に気付いたら身に付いていたのが見聞色の覇気であったから教え方が分からないのだ。


「ゴジはなまじ目が良すぎるからそれに頼り過ぎる。クザンの蹴りを避けきれなかったのがその証拠だ。」


 そしてゼファーはゴジの致命的な弱点に気付いていた。

 ゴジの弱点とは目に頼りすぎて、死角からの攻撃にめっぽう弱いからそれに対応する為に見聞色の覇気を習得させたいと考えてつるに頼むことした。


「うちの子達にもゴジは大人気でね。元々うちで面倒みようかと思っていたんだ。見聞色の覇気の件も含めて面倒見るよ!」


 つるは海軍本部随一の見聞色の覇気で使い手であると同時に海軍唯一の女性部隊を率いる女傑であり、ゴジがジャッジ譲りの女好きと知っているゼファーは孫の為にどうせならつるの部隊に入れてやろうという老婆心である。

 

「おい!二人で勝手に話を進めるな!」

 

 つるとゼファーで勝手にゴジの配属部隊を決めたことでセンゴクが割って入った。

 センゴクもゴジの実力は高く買っているが、若すぎるので数年間みっちりと教育を施してからでも遅くはないと思っている。

 

「センゴク、お前にも頼みがある。サイファーポールとの交渉を頼みたい。」

「サイファーポールだと?」

 

 サイファーポールとは世界政府が凶悪犯や危険組織の調査を行うための諜報機関であり、各人が六式と呼ばれる超人体術を扱う集団である。

 

「何の交渉だ?」


 同じ世界政府直轄組織である海軍本部とサイファーポールだが、互いに交流もないので正直無理難題だとセンゴクが断ろうとした時……。


「ゴジに六式を教えたい。六式を使える人間をゴジに付けてくれ。無理は承知だがこの通り頼む。」

「無r……ゼファー……。」

 

 センゴクはゼファーの頭を下げる姿を見て無理だという言葉を飲み込んで苦笑せざるを得ない。

 何故ならセンゴク達がゼファーの頭を下げた姿を見るのは、これで二度目であった。


『私怨で海賊を……人を殺すような男にもう”正義”なんて語れねぇ。すまねぇ……。』


 一度目は自分の妻子を殺した海賊に復讐を果たしたゼファーが失意の内に除隊を願い出た時以来であり、当時のコング元帥と自分達でなんとか説得して大将の座を降りて教官という立場に収まってもらったのだが、そんな男が今度はゴジに更なる成長する機会を与える為に頭を下げているのだ。


 ───お前程の男が頭を下げるほどか……。


 ならば彼の友として協力しないわけにはいかない。

 

「はぁ…任せておけ。しかし、ゴジの成長に私も一枚噛ませてもらうぞ。」

「ん?」


 センゴクはガープを指さしながら言う。


「私はゴジの教育を担当しよう。ゴジを腕っ節だけのガープみたいな海兵(バカ)にするわけにはいかまい?」

「ふががぁ……ふぅ〜やっととれたわい。」
 

 ゼファーはせんべいの欠片が歯の間に挟まってそれを取るために、必死で指を口の中に突っ込んでいるガープを見てセンゴクの言い分は全くだと深く頷いた。

 

「よし、センゴク任せたぞ。」

「承った。」

「なんじゃ?わしの顔に何かついとるのか?」

 

 センゴクはゴジを直接自分が教育することで自分の不安を解消しようと考えて、対するゼファーは”智将”の二つ名を持つセンゴクが教育してくれるならガープみたいにはならないだろうとゼファーはセンゴクの提案を願ってもないと受け入れる。

 ゼファーは自分の用事は終わったとガープの元へ歩いていく。

 

「ガハハハ!持つべき者は同期だな。センゴク、つる。二人ともゴジを任せたぞ!早速ゴジに伝えてこよう。ガープ!せんべいを袋ごと寄越せ!」

「何っ!?わしのせんべいが……」

「ゴジの土産にするんだよ。ケチケチすんな!」

 

 ゼファーはガープから奪ったせんべい袋を持って真っ直ぐに元帥室を退出した。

 こうしてゴジは自分の知らないところで自分の将来設計が決まっていったのだった。 
 

 
後書き
この同期の絡みは個人的に好きです。
いつもの三人にゼファーを入れた絡みが書きたかったのです。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧