| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ジェルマ王国の末っ子は海軍大将

作者:蒼たん
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一章 少年期
  第九話 模擬戦

 ゴジはゼファーに連れられて彼の夢舞台となるマリンフォードに到着した。


「爺さん、ここが海軍本部か…。凄いな!」


 マリンフォードは偉大なる航路(グランドライン)前半にある三日月型の島であり、赤い土の大陸(レッドライン)およびシャボンディ諸島の近くに位置し、何よりも目の引くのは島の中央の岩山に大きく刻まれた『海軍』という二文字である。


「ガハハハハ。そうだろう!!ここが世界中の正義の戦力の最高峰だ。ゴジが海軍へ入隊が許されるのは12歳から。見習いでも11歳からだからな…それまでの1年は俺がみっちりと鍛えてやろう。」


 ゴジはここへ来る間だけでも、武術や覇気だけでなく船の扱いや航海術等ゼファーから学ぶことが多く本当に感謝し、祖父を知らない彼はゼファーを本当の祖父のように慕い始めていた。


「おう!爺さん、頼むよ!」


 対するゼファーもジャッジから預かったゴジが爺さんと呼んで本当の祖父のように慕ってくれる事が嬉しくて張り切って色々教えて行くうち、それを乾いたスポンジが水を吸い込むように次々と身に付けるゴジの成長を肌で感じるのが楽しくて今二人の様子を見る者がいれば、仲の良い祖父と孫にしか見えないほどここに来る道中で二人の仲は親密になっていた。


「なるほど……ガープが自慢するわけだ。孫ってのは悪くねぇな。」


 ゼファーは同期生の海軍本部中将モンキー・D・ガープから孫自慢されてうんざりしていたが、今ならガープの気持ちもよく分かると感じているほどである。


「あら?可愛い子ですね。どうしたんですか…先生?」


 そのガープの孫も海賊を目指し始めてからというもの自慢よりも愚痴が多くなったので、ゼファーはいずれガープにゴジを自慢してやろうと考えていると、ゼファーの帰りを入口まで出迎えにきた彼の訓練生の一人がゴジに気付く。


「アインか…こいつはゴジという。戦争孤児でな拾ってきた。俺が面倒見るつもりだ。」
 

 青いロングの髪を持ち、短パンから伸びる健康的な足が美しい美少女であるアインはしゃがみ込んでゴジと顔を合わせる。

 ゴジが戦争孤児であるという設定はジェルマ王国の王子という過去を隠す為にここへ来るまでの間に2人で考えた設定である。

 
「なっ……すっごい可愛い子だ。!」


 そんな美少女であるアインとの出会いはゴジ衝撃を与えた。

 月刊海軍の愛読者であるゴジはこんな美少女がなんで今まで特集されていなかったのか疑問に思いながらもまだ自分の知らない美女が海軍には居ることに期待に胸を膨らませている。


「あら、ありがと。こんにちは…私はアイン。まだ新兵になったばかりの駆け出しなの。ゴジ君よろしくね。」


 海軍本部に入隊した新人はゼファーの元で1年間教育を受けてから各部署に配属される決まりになっているので、アインは今年海軍に入隊した新兵であるため特集されていない。
 

「俺、こんなに可愛い女の子を初めて見たよ!アイン姉ちゃん、よろしく。」


 ゴジは10歳という幼い自分の容姿をよく理解しており、ジェルマ王国でも子供らしく素直に行動すると城で働くメイド達にも好評であったので、アインに抱き着いて俺のモノだというアピールをする。
 

「あぁーん!先生、この子可愛いですよ♪」


 ゴジの思惑は的中してアインは嬉しそうにゴジを抱き締めて返してくれるので、ゴジは彼女の慎ましい胸に顔を埋めてアインには見えないように鼻の下を伸ばしている。

 
「ガハハハハ!ほら、お前達訓練にいくぞ!」


 ゼファーは鼻の下を伸ばしていたゴジの横顔が若い頃のジャッジが綺麗な女性を見て鼻の下を伸ばしていた顔とそっくりだったので、思わず笑ってしまった。


「はい先生!ゴジ君一緒に行こう。」

「うん!」
 

 ゴジがアインに手を引かれて訓練場に向かうとそこには数十人の訓練生が整列しており、アインは手を振りながらゴジと別れてその列に混ざっていった。


 ◇


 今ゴジ達がいる新兵の訓練場は海軍本部基地と併設された場所にあり、寮も完備されている。


「よし、全員に揃っているな…お前達に紹介したい子がいる。ゴジ、来い。」


 ゴジはゼファーに促されてゼファーの横に並んで姿勢を正して頭を下げて挨拶する。


「ゴジです。10歳です。皆さんよろしくお願いします。」

 
 アインはよく出来ましたと言わんばかりにゴジに手を振ったので、ゴジがアインに手を振り返していると、そんな光景を見せられた訓練生はアインと馴れ馴れしくしているゴジを睨む。


「アイツは俺達のアインの何なんだよ?俺達の鉄の掟を破る気じゃねぇのか?」


 美人で気立てがいい上に腕が立つアインは訓練生にとってアイドルのような存在であり、アイン以外は男しかいないこの期の訓練生の間では抜け駆けしないという密約があるのに、思わぬ伏兵(こども)の存在慌てているのだ。


「なんでガキが海軍にいるんだよ!」


 一瞬でアイン以外の訓練生全員を敵に回したゴジはニヤリと笑いながらアインの元へ駆けて行く。


「アイン姉ちゃん、皆が睨んでくる。怖いよぉ〜」


 アインはそんなゴジを優しく受け止めて頭を撫でる。


「あらあら、皆、子供には優しくしないとダメでしょ!」

 
 しかし、訓練生達はアインに抱き着いたゴジが訓練生達を見ながら勝ち誇ったかのようにニヤリと笑った後で、顔を胸に埋める光景を見てしまった。


「「「絶対殺す!」」」

 
 訓練生はゴジがエロガキである事に気づき、嫉妬の炎が熱く燃え上がるが、何処吹く風とゴジはアインの胸に顔を埋めたままほくそ笑んだままである。


「てめぇら!いい加減にしろ!!ゴジ、お前もだ!」

「先生!?すみませんでした!」

「げっ!爺さん…」


 ゼファーはゴジの首根っこを掴んでアインから引き離すとそのまま持ち上げて、訓練生達の前に見世物のようにブラブラと吊す。


「さっきも言ったが、こいつは俺が拾ったガキで名前をゴジという。今日からお前達の仲間になるが、そうだな…文句があるならコイツと模擬戦してみるか?」

 
 ゼファーの提案に嫉妬の炎で熱く燃え上がる訓練生達は我先に立候補していく。

 
「俺にやらせて下さい。」

「いや、俺がやります!」

「俺がそのエロガキを教育します!」


 一連のやり取りでアイン以外の訓練生全てを敵に回したゴジの味方は一人しかいない。


「ちょっと皆!ゴジ君は子供なんだからそんないきなり…」


 アインはゴジの元へ行き、自分の体を盾にして訓練生達の視界から隠す。


「アイン姉ちゃん、ありがとう。でも俺、頑張るよ。」


 その姿は雛鳥を守る親鳥のようであるが、とうの雛鳥はアインに見えないように訓練生に対してアッカンベーをしているので緊張感の欠片もない。


「ゴジ君…怪我しちゃうかもしれないわよ?」


 ゴジは心配したアインが振り向く前に自分の顔から手を離してキリッとした顔を作る。

 
「大丈夫だよ。でも、僕が勝てたらご褒美が欲しいなぁ…」


 ゴジがモジモジと上目遣いになりながら恥ずかしそうにしていると、アインは一度ゴジを抱き締める。


「ゴジ君…分かったわ。危なくなったらすぐに私が止めるからね。」

 
 こう見えてアインは訓練生の中でも抜きん出た実力の持ち主で小刀を使った二刀流剣術の使い手で、今期の訓練生の中で一番の実力を持っており、ゴジが危なくなったら本気で試合を止めるつもりでいた。


「うん!」


 アインと抱き締め合ったまま仲睦まじく言葉を交わすゴジに訓練生達は血の涙を流しながら見ている。


「このエロガキが…俺達のアインに…」

「傷が残らない程度にボッコボッコにしてやる…」


 ゴジと訓練生達との模擬戦は決まったが、訓練生の立候補者多数で誰が闘うか決めかねているのを見かねたゴジがゼファーにある提案をする。


「爺さん、俺は全員纏めてでもいいぜ。」

「「「なっ!?」」」
 
「そうだな。そうしよう。」


 ゴジの提案に悪しき海賊を捕らえるために海兵を志した訓練生達はようやく自分達が醜い嫉妬でボコボコにしようとしたのが僅か10歳の子供である事に気付き、我に返る。


「先生!それはいくらなんでも…」


 ゴジは自分がめちゃくちゃにしたこの空気をゼファーが煽っている姿を見て、ゼファーの狙いに検討が付いているので、さらに訓練生達を挑発する。


「はっ…怖いのかおっさん達?纏めてかかって来いって言ってんだよ。」

 
 ゴジの分かりやすい挑発を受けておっさん呼ばわりされた10代後半から20代前半の若い訓練生達全員の目の色が変わり、全員でゴジに向けて拳を構えている。

 
「大人に対する口の聞き方ってやつを叩き込んでやる。クソガキが…」

「子供だからって何言っても許されるわけじゃないぞ!」

「「「そうだ…そうだ!」」」

 
 ゴジと訓練生達との訓練が決まると、ゴジはゼファーをチラリと見て、覚えたばかりの徒手空拳を試していいかと目線を送る。


「決まったな。では、これよりゴジ対訓練生との模擬試合を行う。後遺症が残りそうな怪我をしそうな時には俺が止めるが、それ以外は武器の携行も自由だ。」


 ゼファーはゴジを見ながらニヤリと笑って頷いた後、訓練生達を見る。


「先生!無茶です!!」
 
「アイン、安心しろ……あの子は強い。お前は下がってよく見てろ。」


 アインはゼファーの言葉に目を丸くして驚きながらも渋々壁際まで下がる。

 
「それでは始め!!」

 
 ゼファーはアインが壁際に下がったのを確認すると、戦いのゴングを鳴らす。


「「「うおおおおぉぉ…」」」

 
 ゼファー合図で一斉に動き出した訓練生達をゴジは訓練生達の動きを観察して行動を予測し、拳を構えて突っ込んでくる5人をすれ違いざまに首筋に手刀を与えて気絶させる。


「「「はっ…?」」」


 ジェルマのクローン兵にすら及ばない訓練生の動きであればゴジにとっては赤子の手をひねるようなものである。


「お兄さん達…呆けてる時間あるの?これは戦いだ。俺をガキと侮って仲間を犠牲にした挙句に敵を前に隙を晒すな!!」


 ゴジはバタバタと前のめりに倒れていく仲間の姿に呆ける訓練生達に激を飛ばしながら、一瞬で距離を詰める。


「速っ……ぶべっ!?」

「がはっ!?」


 そんな彼等の目の前で一瞬で間合いを詰めてきたゴジの掌底を腹に受けた訓練生2人が気を失って弾き飛ばされた。


「そうやって呆けてるから俺を見失うんだ。ヒーローの卵なら少しで耐えてみせろ!!さぁ、俺が稽古を付けてやる!!」


 訓練生達はそれからもほぼ一方的にゴジに訓練生達はボコボコにされて20人近くいた訓練生は全て地に沈むことになる。


 ◇


 模擬戦に参加せずに見守っているアインは目の前で同期生を次々と倒していくゴジの動きに違和感を感じていた。


「え…間違いないわ……ゴジ君の動きが先生そっくりだわ……」

 
 ゼファーは目を見開いているアインを見て関心する。


「流石アインだ。よく気づいたな。ここへ連れて来るまでの航海の間にゴジに強くなる方法を聞かれた時、『俺の技を盗め!』って言ったら、俺との手合わせの中で俺がこれまで海兵として培ってきた技をモノにしつつある。ゴジはまさに戦いの天才だよ。」


 ジェルマ王国からマリンフォードまでの1週間でゴジは“観察眼”でゼファーの筋肉や重心の動きを見て彼が得意とする徒手空拳の動きを覚えた。


「じゃ……じゃあ今のゴジ君はさしずめ小さな先生ってこと!?」


 ゼファーはゴジの実力に恐怖すら抱くアインを寂しそうな顔で見る。


「あぁ……アイン、頼みがある。ゴジが懐いているお前だけはゴジを恐れないでやってくれ。いくら強くとも中身は10歳の子供なんだ。」


 アインはゼファーの言葉にハッとなって自分がゴジを恐れていた事に気付き、目を見開きながら嬉しそうに自分に駆け寄ってくるゴジを見つめる。


「アインお姉ちゃん!!俺、勝ったよ!褒めて!」

 
 アインは照れ臭そうに笑うゴジの顔を見ながら、しゃがんで彼を抱き締めて母が子を褒めるように優しく頭を撫でる。


「本当に凄い…お姉ちゃんはゴジ君が怪我なく戻ってきてくれたのが何よりも嬉しいわ♪」


 アインはゴジの戦争孤児だという出生を思い出して彼は強さを得なければ生きていけない環境おり、家族の愛に飢えてるのだと思い、自分が家族になろうと決意した 。


「アイン姉ちゃん、ご褒美のことだけど…」


 アインはゴジを抱きしめるのを止めて、ゴジの願いを聞く為に目線を合わせる。


「そうね。ゴジ君は何が欲しいの?」

「えっとね…アイン姉ちゃん、僕とお風呂一緒に入って欲しいんだ。」

 
 ゴジは自分が子供である事を最大限に生かしたお願いは、アインの想像通りゴジはやはり愛に飢えているのだと誤解を深める結果になり、あっさりと受理される。


「お風呂?勿論いいわよ…訓練が終わった後に一緒に入りましょう♪」

「わぁーい!」

 
 ゴジは飛び跳ねて喜んでいるが、すぐに地獄が待っていた。


「話が纏ったな…ではゴジ。アインとの風呂の前に俺自らがお前をみっちりと鍛えてやろう!もっとよく見て俺の動きを完璧に盗め!!俺に言わせればまだまだ甘い!!」


 ゼファーは不完全ながらも自分の培ってきた技を身に付けていくゴジに老いていくだけと思っていた自分の培ってきた全てを伝える気で張り切っている。


「へっ…?」

「疲れた後の風呂は格別だぞ…ほら、さっさとやるぞ!お前の相手は俺しか務まらんだろ?」

「俺はアイン姉ちゃんと訓練したい……って……まさか爺さん、謀りやがったな!?」


 ゴジはニヤリと笑うゼファーを見て、訓練生では自分の相手にならないことを証明させることが本当の狙いであると気付いた。


「訓練生ではお前の相手にならんとお前自身で証明したからな。ここへ来るまでの船旅同様にお前は俺がみっちりと鍛えてやる!!」

「ゴジ君、先生に認められるなんて凄いわね。頑張って!!」


 その場から逃げようとしたゴジはアインの応援を受けてピタッと立ち止まって、やけくそ気味に叫びながらゼファーに向き直る。


「くそがぁ!かかって来いや…クソジジイ!!」


 アインはゼファーがゴジの祖父代わりとなるならば自分はゴジの姉代わりになろうと決意し、海兵となる為に頑張るゴジの応援しようと決意を固めていた。


「その意気だ!クソガキ!さぁ……稽古をつけてやろう。」


 ゴジが疲労困憊で動けなくなるまでゼファーとの稽古は続いた。 
 

 
後書き
アイン登場。時系列的にあの事件が起こるのはもう数年先なので、ゼファーの両腕は健在です。

5月5日加筆修正 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧