| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ジェルマ王国の末っ子は海軍大将

作者:蒼たん
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一章 少年期
  第四話

 ソラ王妃の病気が完治した。


「ソラ様、ほんとに良かった。」

「おい、聞いたか?ソラ様を助けたのはゴジ様だそうだぞ?」


 王妃が原因不明の病で病床に伏せっていることでジェルマ王国国民が悲しみに伏せっていたが、完治のニュースはジェルマ王国中に知れ渡り国民達は歓喜に沸いた!!
 血統因子の研究は公に出来ない為に国民達はソラは原因不明の病に伏せっていると知らされていたのだ。

「僅か8歳で科学大国って呼ばれるうちの国の研究員全てを束ねている神童ゴジ様……ほんとにすげーんだな。」

「それだけじゃねぇぞ?ゴジ様は腕っ節も兄弟の中でも一番って噂だぞ。」

「ゴジ様がいればこの国は安泰だな。」


 国民達がゴジを讃えている。

 愛する母を救う為に僅か8歳にして研究所の所長に就任して見事母の病を癒したゴジの話は美談としてジェルマ王国の歴史に残ることとなるが、もう一人の功労者であるサンジの名前は意図的に伏せられた。

 血統因子の操作に失敗したジェルマ王国の汚点として名前を出すことを国王ジャッジが良しとしなかった為である。


 ◇


「おい!なんでサンジ兄さんの名前が伏せられてんだよ!」


 ゴジは国民達にサンジの名前が伏せられている事を知るや、ジャッジの部屋に単身抗議に来ていたが、ジャッジはどこ吹く風という具合に相手にしない。


「サンジがたまたま役に立ったが、それをなぜ国民に告げねばならん?そんな事よりソラはもう大丈夫なのだろう?ゴジ、次はレイドスーツを作成をしろ。」


 ソラの治療は完了している。

 あとは長い入院生活で衰えた筋肉を取り戻す為のリハビリだけであるが、10年近く入院していたソラが普通に日常生活を送れる日がいつになるは分からない。


「ちっ……待てよ。レイドスーツってジェルマ66(ダブルシックス)の戦闘服か?」


 ゴジは少し思う所はあるも不快な表情を変えることなく、ジャッジに尋ねるとジャッジも表情1つ変えずに頷く。


「そうだ。」

「あ〜わかりました。ならば姉さん達の特性に合わせた専用のレイドスーツを作成するので、姉さん達やイチジ達に施した血統因子の設計図を見させてください。」


 ゴジは今まで閲覧を禁止されていた重要な資料の開示を要求した。

 ジャッジはゴジの要望についてある程度予想していたのか対して驚くことなく鷹揚に首を縦に振る。 


「許可する。すぐにお前の研究所に届けよう。」

「ありがとうございます。それと父さん……母さんを癒す最高の環境を与えてくれた事は感謝しているけど母さんがあんな体になったのは元々はあんたの責任だ。話逸らしたみたいだけど、サンジ兄さんに対する仕打ちも許さねぇからな。」


 ゴジは母や姉や兄達の為に父に従順な子を演じていたが、我慢出来ずに捨て台詞を吐くようにジャッジの部屋を出た。


「ふん……いずれ今にお前も分かる日がくる。」


 去りゆくゴジの背中を見送って呟いたジャッジの言葉は彼には届く事はなかった。


 ◇


 ジャッジの部屋を後にしたゴジは城にある訓練所の一角で暴れていた。


「クソ親父があああ!!火花(スパーキング)フィガー!、電撃(プラズマ)パンチ!、巻力砲瑠(ウインチポール)!」


 いつもの冷静さはどこへやら……怒りのまま血走った目を力任せに爆発する光を纏った拳、電撃を纏った拳を力任せにに地面や壁に打ち付けて至る所を破壊した後、トドメと言わんばかりに怪力の力を込めた拳を地面に叩き付けて大穴を空けた。


「はぁ……はぁ……なんでサンジ兄さんの名前が伏せらてんだよ。サンジ兄さんのおかけで母さんは助かったのに……。あのクソ親父め……今度はレイドスーツを作れだと?母さんの為にも仕方ないか……。」


 ゴジがレイドスーツの作成の依頼を二つ返事で受けたのは理由の一つは勿論母ソラの為であった。

 レイドスーツとはジェルマ66(ダブルシックス)が着用する戦闘服のことで、昼でも夜でもハッキリと見えるサングラスに薄いにも関わらず銃弾を通さない程の強度と伸縮性を併せ持ち、足元には浮遊装置と加速装置を併せ持った靴を履いている。

 そして何より着用した者の身体機能を補助することで普段の何倍もの力を発揮出来るので、筋力の弱っているソラに着せてあげたいと思ったのだ。

 すなわち長い入院生活で、日常生活すら困難な程筋力の衰えている母ソラがレイドスーツを着用出来ればレイドスーツの補助で通常の日常生活が送れる可能性が高いのだ。


「でも、母さんの為にレイドスーツは必ず必要だ。それにレイドスーツを作る名目で重要な物が手に入った。それに設計図さえあれば姉さん達を治すのは容易い。」


 イライラを発散したゴジはジャッジとのやり取りでレイジュ達の血統因子の設計図がようやく閲覧出来る事にほくそ笑んだ。

 この国において血統因子について最も深い知識のある者はゴジであり、設計図さえあればレイドスーツ作成の片手間でレイジュ達の治療が出来るのだ。


「ゴジ……荒れているな?」

「イチジか?どうした?」


 ゴジが誰もいなかったはずの訓練所を後にしようと立ち上がったところでいつ来たのか分からないがイチジが入口からゴジに声を掛けてきた。


「ゴジ、母上が完治したというのは本当か?」

「ん?そうだよ。気になるのか?」


 イチジ達は生まれながらに血統因子を操作されており、優しさが欠如している。

 自分の生き死に対してすら、弱ければ死んでも仕方ない。それが自然の摂理であると考えているので、そんな事はないと分かった上でゴジはイチジに尋ねたのだ。

 勿論それはイチジ達が悪いわけではないので、ゴジもどうにか彼らの感情を取り戻してあげたいと思っている。


「そうか………それはよかっ……いや、なんでもない。」

「なっ……!?」
 

 ゴジは信じられないものを見た。


 ──イチジのやつ…今“泣いて”なかったか?


 優しさという感情を制御されているイチジが泣くはずはないが、ゴジは言いたいことは終わったと立ち去っていくイチジの目元に光る物が見えた気がしたのだ。


 ───必ずイチジ“兄さん”達も助けてみせる。


 血統因子から優しさに関する遺伝情報を削除されていたら助けるのは困難かもしれないが、優しさを押さえつけられているのだとしたらイチジ達も助けることが可能かもしれない。


 ◇


 イチジと別れて研究所に戻ったゴジはサンジと母さんが入院している病室の扉を開けようとすると、扉が少し開いており、中からレイジュの声が聞こえて皆に気づかれぬようにそっと中の様子を伺った。


「お母さん、本当に元気になっでよがっだよ…うぅぅ。」

「レイジュにも心配かけたわね。もう大丈夫。あなた達のおかげよ。」


 ソラとレイジュは笑顔で抱き合っており、横に設置された自分のベットに腰掛けているサンジがレイジュの泣きの顔を見て驚き目を見開いている。


「あっ…レイジュが泣いてる…」

「うっさいわね!サンジのアホ!見んな!でも、お母さんを助けてくれてありがとう!」


 レイジュは泣き顔のまま怒鳴りながらもサンジに礼を言ってサンジの頭を叩いたり、撫ででたりしていた。


「あはははっ…もう、レイジュったら怒るのか、泣くのか、お礼を言うのか…どれか一つにしなさいよ。」


 そう言いつつソラはサンジの頭を撫でるレイジュの頭を嬉しそうに撫でている。

 ゴジは病室に入らずに隙間から暫しそのやり取りを覗いていたが、3人の邪魔するのも気が引けて中に入るのを止めてそのまま自分の研究室に戻り、レイドスーツの構想を練っているとしばらくしてレイジュが研究室に入ってくる。


「ゴジ…戻ってたなら声くらい掛けなさいよ。折角お母さんの所にいたのに…」


 涙は拭いてきたようだが、未だに目が真っ赤なレイジュを見てゴジは少し意地悪したくなる。


「ふっ…姉さんの泣き顔見るのは悪いと思ったんでね。部屋に入らなかっただけさ。」

「え…!?あんた見てたの!?」


 レイジュは慌てた様子でゴジ詰め寄って彼の胸倉を両手で掴む。


「信じらんない!」

「だから、病室に入るの遠慮しただろう…」

「うっさい!黙れアホ、ゴジのアホ!」


 語彙の乏しい姉だとゴジが笑いながら、自分の胸倉を掴む姉の手を優しく解いていく。


「全く……俺はクソ親父にレイドスーツの開発を頼まれたから忙しいんだ。」

「レイドスーツ?ジェルマ66(ダブルシックス)の衣装のこと?」

「そうだよ。姉さん専用のポイズンピンクも作るからね。それでなんか俺に用だったの?」

「そうだ…ゴジ。1回しか言わないからよく聞きなさい…」

「ん?」

「ゴジ…お母さんを助けてくれてありがとう…」


 レイジュは恥ずかしいのか俯て顔を赤くしたままゴジに頭を下げた。


「姉さん…。」

「何よ…?」

「お礼を言う時はちゃんと目を見…(ゴン!)……いでっ!?」

「うっさい!ゴジのアホぉ〜」


 ついつい可愛げのある姉をからかってしまったはゴジはレイジュに殴られたことで出来たたんこぶを抑えながら研究室を飛び出して行った姉を見送りながら…


 ──姉さんも必ず俺が助けてみせるからな!


 レイジュは感情をこそ豊かであるが、ジャッジには逆らえないように血統因子を操作されているのだ。

 今回手に入る予定のレイジュ達の設計図には何処の遺伝子を組み変えたことで優しさの欠如が起きたのかが分かるはずであり、研究を重ねてゆけばレイジュ達をも救えるかもしれないとゴジは改めて決意を固めたのであった。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧