| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ジェルマ王国の末っ子は海軍大将

作者:蒼たん
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
< 前ページ 目次
 

第一章 少年期
  第一話

 ここは北の海(ノースブルー)に置いて巨大な戦艦が連なり、その船上で人々が生活することで国をなす世界で唯一国土を持たないにも関わず世界政府に国として認められている海遊国家ジェルマ王国。

 世界有数の科学力を誇るこの国では今、国王ヴィンスモーク・ジャッジと王妃ソラが彼女のお腹にいる五つ子(・・・)のことで喧嘩をしている。


「よくやったソラ…早速、お腹の子供達にも血統因子の改造手術を施すぞ。」

「あなた…この子達にもまたレイジュのような手術をするの?」


 長女のレイジュにはソラのお腹にいる間に血統因子と呼ばれる遺伝情報を記録した体内の遺伝物質を操作することでピンクの髪、銃弾を通さない外骨格と毒を操る能力を得ることに成功していた。

  勿論当然ながらこの技術は世界政府の名のもとに禁忌とされ、この血統因子を発見した世界一の頭脳を持つと言われるDr.ベガパンクはこの禁忌の研究をしたことにより世界政府に拘束されているが、当時彼と共に研究をしていたヴィンスモーク・ジャッジは世界政府の手を逃れてこの研究を進め完成させていたのだ。


「戦争に優しさなど必要ない。この子達にはジェルマ66(ダブルシックス)の能力の他に戦いには不要の優しさという感情を…すなわち心を捨てる手術も施すとしよう。」


  3歳になるレイジュの血統因子の操作は確かに成功し、この歳にして精強と知られるジェルマ王国の兵士では相手にもならないほど強いが、その性格は戦う相手が傷付く事を嫌い、戦いに向かないごく普通の女の子であった。

  ソラには内緒にしているが血統因子の操作の時にレイジュにはジャッジには決して逆らえないようにしてあるので、戦いを嫌うレイジュもジャッジの命令で戦う事に逆らうことは出来ない。

 ちなみにジェルマ66(ダブルシックス)とはかつて世界経済新聞に連載されていた【海の戦士ソラ】に登場する6人組の悪役のことで、圧倒的な戦闘能力と銃弾も通さない外骨格と呼ばれる硬い皮膚を持ち、それぞれに固有の能力がある。


 スパーキングレッド…赤い髪が特徴の光と爆発を操る能力

 デンゲキブルー…青い髪が特徴の電気を操る能力

 ステルスブラック…黒色の髪が特徴の透明になる能力

 ウインチグリーン…緑色の髪が特徴の怪力

 ポイズンピンク…桃色の髪が特徴の毒を操る能力


 そして物語中盤から登場したパーフェクトゴールド。
 彼は金色の髪を持ち上記五人の全ての能力と合体ロボを作り出した海の戦士ソラに匹敵する類まれなる頭脳を持つ。

 レイジュは血統因子の操作により、ポイズンピンクの能力を手に入れたのだ。

 その為ジャッジは五つ子達に残りのそれぞれの能力と、能力に対応した髪色と外骨格そして戦いには不要の優しさという感情を取り除くように血統因子を改造する予定であるが、子を愛するソラはそれに猛反発しているのだ。


「やめて!私の子達よ!!心を失ったらそんなの人間じゃない!」

「怪物でいいんだ!戦争にさえ勝てればな!!我が子にこそ…その最たる力を与える!」

「そんな手術!絶対にやらせなぃ…うっ…眠気が…あなた…もしか…して…」

「先程の食事に睡眠薬を混ぜてあった。起きたら手術は終わっている…おまえはゆっくり休め…」

「あなた……やめて…子供をたすけ…すぅ…すっ…」


  ソラの意識が遠く寸前、彼女の耳に彼女を優しく抱きとめた夫ジャッジの声が聞こえる……


「ソラが目覚める前に子供の血統因子の改造手術を急げ!!」


  しかし、ソラの願いは愛する夫には届かない……ジャッジは眠ったソラを抱き上げて研究者達が持ってきたベットに優しく乗せ、研究員達がソラを手術室まで連れて行った。


 ◇


 ソラがベットで目を覚ました時、傍にジャッジが立っていた…


「あなた…手術は…?」


  目覚めたソラが心配したのは子供達のこと……


「安心しろ…手術は成功だ。後は元気な子を…」


 満面の笑みで声高々に宣言する夫の声を聞いたソラは顔面蒼白となりながらも慌ててベットから降りて一人部屋を飛び出す。


「ソ……ソラ!?」


  彼女は手術の成功なんて望んでいない。愛する我が子を生物兵器にする手術の成功なんて望むはずもない……。

  ジャッジは慌ててソラを追うと、着いた先は研究室だった…。


  ガシャン!!?


「ソラ!?」


 ソラが入った研究室から何が倒れる音が聞こえたので、ソラの身を案じた慌ててジャッジが研究室に入ると…


「おい!ソラ!?大丈夫か……そ……それはまさか!?」


 お腹の子供を守る為にソラは血統因子に影響を与える劇薬を飲んで血を吐いて倒れていた…。


「誰か……早く来い!?ソラあぁぁああ!!」


 ジャッジは慌てて医師を呼びソラの手当をすると、ソラはたちまちに命には別状はないが、服用した劇薬がソラ自身の血統因子に影響を与えていて徐々に体力が奪われていずれ死に至るとの診断であり、さらにお腹の子供は命には別状はないが、血統因子に影響を与えたかどうかは生まれてくるまでは分からないとの診断であった。

 数ヶ月後…ソラは無事に元気な男の子の五つ子を出産した。


 ◇


 子供達が育っていくと血統因子を操作したことによる効果が次第に明らかになっていった。

  赤、青、緑色の髪を持つ男の子達3人が金色の髪を持つ男の子1人を一方的に攻め立てている。


「おい、サンジ!鍛えてやるよ!」

「ははは…よえーよえーなぁ…おい!」

「オラオラ…」

 ジャッジの計画通りに銃弾をも通さぬ硬い皮膚である外骨格と驚異的な身体能力を持って生まれて、今五歳になった長男イチジと次男ニジ、四男ヨンジ。

 ガシッガシッ…

「痛い…痛いよぉ…やめてぇ…」

 彼らは今醜悪な笑みを浮かべながら、三男サンジを訓練と称して虐めている。

 サンジとて同じ血統因子の操作は受けたはずなのだが身体能力に圧倒的な差が出ており、転んで怪我をしたのだろうか……膝を擦りむいて出血している。


「おい!お前たちサンジ兄さんを虐めるな!」

「やべぇゴジだ!!」


  サンジのピンチを救うべく、短く狩り揃えられた黒髪を逆だたせて五男ゴジが足裏を爆発させることで生み出される高速移動でイチジ達の前に颯爽と現れた。


 ガン!ガン!ガン!


  一瞬でサンジとイチジ達の間に割って入るとそのまま今度は怪力の能力を発揮して外骨格を持つイチジ達に3人の頭に正確にゲンコツを繰り出した。


「「「いでぇ!」」」


 ゴジに為す術なくやられたイチジ達は大きなたんこぶの出来た頭を押さえて城に向かって走って行く。


「くそぉ!ゴジにはかなわねぇ!逃げるぞ!」

「待ってくれぇイチジぃ!」

「俺達もお前の兄なのに…くそ!覚えてやがれ!」


  イチジを追って同じく大きなたんこぶが出来たニジとヨンジもイチジを追ってゴジから逃げて行った。


「お前らなんか兄さんじゃねぇよ!またサンジ兄さんを虐めたらボコボコにしてやるからな!!」


 ゴジは逃げていくイチジ達に警告をしてから振り返って後ろにいるサンジに向き直る。

「サンジ兄さん大丈夫?」

「ゴジ…ありがとう…うえぇーん…痛いよぉ…」

「兄さん泣くな!早く傷を見せて。」


  ゴジは膝を着いて擦りむいたサンジの膝に手を当てると彼の手がピンクの光が溢れる。


桃色治療(ピンクヒール)!これで大丈夫だ。お母さんのとこに行こう…さあ兄さん早く乗ってくれ!」


  ゴジは毒の能力を応用して、擦りむいたサンジの膝が破傷風などにならないように傷口を消毒した後、サンジが乗りやすいように彼に背を向けて屈むと泣きながら、彼はその背に乗る。


「ゴジーありがど……うえぇ〜ん…お母さん〜」


 泣き喚くサンジを背負ったゴジが城に入っていくのをジャッジと研究員が見ていた。

  というか彼らが生まれてずっと研究員は交代で彼らを観察して血統因子の成果を調査しており、今日のことも一部始終見ていたのだ。


「サンジ様は失敗と言わざるを得ません。確かに血統因子の操作は五人とも成功したはずでした。それがどういうわけか今の形に…」

「つまり?」

「サンジ様は…タダの人間です。」


  血統因子の操作が失敗に終わった理由……それはここにいる全員が理解していた。


「ソラの劇薬か…」

「それしか考えられません…」

「そうか…はぁ…」


 ジャッジは深いため息をついて今後のことに頭を悩ませる…。


「そして、ゴジ様ですが、サンジ様と髪色が入れ替わっただけでなく、さらに優しさの欠如が一切見られず、内面は普通の人間です。」

「やはりそうか……はぁ〜……。」


 一番の悩みの種はタダの人間であるサンジよりも、五歳にして感情欠如もなく、血統因子操作によりジェルマ66(ダブルシックス)の能力を手に入れたイチジ達を同時に相手どった上で完封出来る実力と、表裏一体とされる毒を薬に応用する頭脳を有するゴジの扱いであった。 
< 前ページ 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧