| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

「猫眼石」(時事ニュース解説+続・黒猫鉄火面)/追伸2021-7-14・16(作品情報ページ参照)

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

インターネットなどの組織的・集団的工作疑惑その2

 
前書き
「猫眼石」第一期?の最終記事? 

 
 たとえばインターネット上のプロバイダやサービス業者やサイト運営が、共産グローバル(日本では具体的には左翼マフィアの共産シンパや腐敗売国勢力、在日コリアン・一部帰化人など)の支配・統制下だったり、SNSや掲示板などで工作員が組織的・集団的に活動していることは、知っている人も多いだろう。
 マスコミや特定野党のみが異常なだけではないのであって、一見はまともで普通に見えるところにも、特定反日・共産勢力による統制・工作ネットワークが張り巡らされているのだろう。最たるものは「余命三年時事日記」プロジェクトによって露見した司法の反日赤色汚染である。今ではようやく自民党内の偽装保守の反日・腐敗シンパなどもとうとう知られるようになってきたようだ。
 おそらく企業やメーカーなどでもそういう事情はあるだろうし、経団連なども反日マンセー日弁連・弁護士会ではないが、酷いものだとも聞いている(元会長の榊原氏が韓国帰化人だった説)。この「暁」のような文芸投稿サイトや大学・出版・エンタメ業界関係でも、舞台裏はたいがい酷いのでないか?(日本の芸能関係は完全に在日コリアン支配らしいし、ディズニーがアメリカ民主党の大統領選挙不正を援護・擁護したという話まである)

 もはや知ったことではないし、そんなもの、勝手にまとめて爆死でどうぞ。滑稽なだけである。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧