| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER:第二章~

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第四章 ダークサイドオブ嫦娥
  後書き

 MOONDREAMER第四章の後書きとなります。

 ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
 この第四章【ダークサイドオブ嫦娥】は、自分の中でかなり短くなる予定でした。
 それと言うのも、主要新登場キャラがほとんどオリジナルキャラというハードルの高いものだったからです。
 加えて、嫦娥自身も東方において名前と少しの情報しか公開されていない、絵の存在しない人物であり、自分が描く彼女も8割方オリジナルキャラのようなものでしたから。
 それでいながら、19話ほどになったのは、自分の中で上々の手応えでしたね。構想中は10話いくかどうかも怪しかったですから。しかし、あと一話で20話だったので、不謹慎な例えですが49歳の時に明智光秀の裏切りにより自害する事となった織田信長の気持ちが実感出来そうな感じですね。

 それでも、この第四章と前作の第三章を足しても一番長い第二章よりも短いですが。
 しかし、話の流れ上、どうしても別の章に分けておきたかったのですよね。復讐に身を置く純狐とヘカーティアの話と、真っ当な復讐対象ではない嫦娥との和解の話を一つの章に収めようものなら互いの要素が足を引っ張ってしまい興ざめしてしまうでしょうから。
 例を一つ挙げると、遊戯王5D'sではダークシグナーのエピソードと、彼等の出現の遠因となったイリアステルや未来組のエピソードが別のシーズンに区切られて描かれている所がこの物語が入り込みやすいからくりだったと私は感じますから。

 そして、純狐とヘカーティアの復讐対象になっていた嫦娥の処置について納得されていない方も多いかも知れません。
 ですが、これが私の嫦娥への認識なのです。
 私がそう思うに至った理由は二つですね。
┯┯┯┯┯┯┯┯┯
・儚月抄にて、玉兎達が綿月姉妹につくか、嫦娥につくか迷う余裕があった。
・紺珠伝で純狐とヘカーティアの話を聞く限り、悪行を行ったのは嫦娥の夫である。
┷┷┷┷┷┷┷┷┷
 前者は、もし嫦娥がサイコパス型の支配者なら、玉兎がどちらにつくか等という曖昧な考えには至ってはいないだろうという事です。
 もしサイコパス型だったなら、玉兎達は嫦娥から受ける恐怖により嫌々従うか、逆に綿月姉妹の方へと流れるか、はたまたサイコパス故の絶大なカリスマ性に魅了されて身も心も捧げるというような事をしたでしょうから。
 後者は、割と東方らしい復讐心の描写ですね。その矛先が正当なものとなっていない事が他にも多いですから。
 これらの事を踏まえて、私の中で『嫦娥は本当に悪い奴なのか』という疑問が浮かび、この第四章を構想するに至ったという事です。

 タイトルに関してですが、やはりこれも映画作品世界のトランスフォーマーからとった訳です。
 しかし、『MOONDREAMER』と『ダークサイドオブムーン』では月が重複してしまう事になり、一体どうすればいいかと悪戦苦闘していた所、何気なくケータイで『嫦娥』のキーワードでググると、真っ先に『月の異名』と出て来た訳です。それを知って迷う事なくこのタイトルを付けたという流れですね。

 ちなみに、嫦娥のスペルカードのコンセプトは『ポケモンの片仮名のタイプ』と『丸藤亮の使用モンスター』を掛け合わせたものです。
┯┯┯┯┯┯┯┯┯
[龍の息吹の光の剣]
サイバードラゴン→ドラゴン
[麒麟の長角槍]
サイバージラフ→ゴースト
[鳳凰の扇子]
サイバーフェニックス→フェアリー
[エスパースパーダ]
サイバーエスパー→エスパー
[移ろわざる者の羽衣]
サイバーヴァリー→ノーマル
┷┷┷┷┷┷┷┷┷
 ドラゴンとエスパーはスパっと決まりましたね。何故幻獣のモチーフでないサイバーエスパーなるものが登場したのかと当時は思いましたが、ここで疑問は解消された訳ですね(違)。
 対して、ゴーストとフェアリーは無理をしましたね(苦笑)。

 最後に、この第四章にて、黒銀勇美の主人公としての活躍はここで終わりになり、第五章からは別の主人公へとバトンタッチとなります。それが誰かは、恐らくここまでお読み頂いた方々なら察しておられるかも知れないでしょう。
(完全に登場しなくなる訳ではなく、時たまちょくちょく話に関わってくる予定です)
 つまり、この第四章は物語の一つの区切りとなっています。残り後二章となりますので、よろしければ最後までお付き合い下さい。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧