| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

戦姫絶唱シンフォギアGX~騎士と学士と伴装者~

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第1楽章~奇跡の殺戮者~
  プロローグ「相克」

 
前書き
遂に始まりました。新章、GX編です。

プロローグから新キャラバンバン出てきます。
書きたいシーンも沢山ありますし、はよくっ付けてしまいたい組み合わせもあります。

これからまた2ヶ月ちょっと(予定)、無印、G編を超える最高の作品を書き上げられるように、応援よろしくお願いします!!

それではお待たせしました、新章です。
どうぞ、お楽しみください!! 

 
硬質的な衝撃音が、広間にこだまする。

パイプオルガンのような装飾を施された玉座を中心に、大小数多の歯車が入り乱れ、まるでこの部屋そのものが巨大な舞台装置であるかのような建築物。

機械仕掛けの奇妙な城。その広間と、そして廊下でぶつかり合う人影が四組。

爆発音が。金属音が。或いは水晶のような物が砕ける音が……ダンスホールを賑わせる舞曲の代わりに鳴り響いていた。

「ったくイラつくぜぇッ!相っ変わらずウザってぇ技使いやがってよぉッ!このゲス女ッ!!」
「イヤですねぇ。その言葉、鏡に向かってもう一回言ってくれません?そっくりそのまま返ってきますよ~」
「あーうっぜぇ!マジうぜぇ!テメェやっぱブッ殺すッ!!」

氷の刃をぶつけ合いながら互いを罵り合う、青い服の男女。

「考え直してはもらえないのですね……」
「何度も言っておりますわ。わたくしの意志はマスターと共にあるのです。変わる事など有り得ませんの」
「くっ……。私は……貴女を斬るしかないと言うのかッ!」
「それ以外に道はありませんのッ!」

円舞するように互いの剣をぶつけ合う、緑の服の男女。

「世界を壊して何になるってんだ?壊しちまったら、後に何も残らねぇじゃねぇかッ!」
「全てマスターが望んだ事だ。我々はそれに従うのみ。そこに意味など求める事こそ、我らにとっては不要ッ!」
「ハッ……真面目だよなぁ、お前はいつもッ!」

黄色い服に身を包んだ、金貨を銃弾のように放つ女と、瓦礫を盾や槌のように振るう男。

そして玉座の前では一人の男が、玉座の側に立つ少女に語りかけていた。

「考え直すんだ。今ならまだ間に合う」
「断るッ!これは、オレの命題だッ!他の誰にも……例えそれが師である貴様でも、妨げるなら殺すッ!」
「命題と復讐を履き違えるなと言っているんだ。我が友は……君の父親は、こんな事を望む男ではないッ!それは他の誰よりもお前が──」
「その名を口に出すなッ!!」

宙に浮かんだ魔法陣より放たれる竜巻、火炎、鋭い氷柱。

しかし男は短剣を一振りするだけで、それら全てを一瞬にして打ち消す。

少女の格好は、複雑な模様が刺繍されたローブに、黒いとんがり帽子……まるで魔女のような出で立ちだ。

対する男は、黄金の刺繍が施された赤いロングコートを身に纏い、俗世離れした雰囲気を漂わせている。長い黒髪が爆風に靡いていた。

「チッ……相変わらず厄介な術式だ。だがッ!」

少女が更なる魔法陣を展開する。

男の四方を、四色の陣が取り囲んだ。

「消し飛べッ!!」

四方から同時に放たれる火炎、激流、稲妻、そして重力を揺さぶる衝撃。

いずれも必殺級。
生身の人間が受ければ、後には無惨な亡骸のみが残るだろう。

舞い上がる爆煙。広間を震わす振動。
流石に無傷では済むまいと、少女は確信する。

──だが……

「よく成長した……本当に強くなったな……。だがッ!」
「ッ!?」

煙の中から現れる人影。
目を見開く少女の目の前に、男は悠々と姿を表した。

それも、全くの無傷で。
コートの裾に焦げ跡すらなく、伸ばした髪も全く乱れていない。

「これでもまだ及ばぬと言うのか……ッ!」

黄金の輝きと共に振るわれる短剣。
それは男を仕留めんと繰り出される少女の魔法陣を切り崩し、術式の発動を尽くかき消した。

「四大元素に加え、天属性(エーテル)までをも使いこなすその才能。お前こそ稀代の天才だよ、キャロル」

男は剣を、キャロルと呼ばれた少女へと向ける。

「その力、間違った使い方でさえなければ、言うことは無かったんだがね……」

短剣が琥珀色に光り輝き、形成された鎖が少女の身体を拘束する。

「くッ!?」
「この城を破壊するまで、大人しくしているんだ…… last(レスト)

短剣が一瞬にして槍へと変化する。
男はその槍を錫杖のように掲げ、意識を集中した。

「マスターッ!」
「行かせませんッ!」
「なッ!?」

「ならば私がッ──」
「ド派手に妨害ィッ!!」
「ッ!!」

「ッ!やらせるかってのッ──」
「ところがギッチョォォォンッ!」
「ぐぅッ!?」

少女を守ろうと動く従者達。
しかし、主の邪魔をさせまいとするのは彼女達だけでは無い。赤コートの男の従者達による妨害で、間に入れない。

「五大元素、接続。対象構造、把握。術式展開……」

振り上げた槍が狙うのは、床の一点。
ここに至るまで多くの障害を乗り越えて来た男が狙うのは、この城の崩壊。

組み上げた術式を、あとは振り下ろすだけだ。



【プリマテリアル・ブレイク】



「終わりだ……──ッ!?」



一瞬だった。

槍が振り下ろされる直前、男の背後に現れた少年が、男の背中にナイフを突き立てる。

全ての意識を術式に集中していた男には、その刃を防御する手段が無かった。
背中から吹き出す鮮血と共に、男は膝を着いた。

「ッ!?いつから……気配はなかった……ッ」
「僕達のテレポートジェムは、この広間に座標を指定している。あなたの位置さえ把握出来れば、あとは発動するだけ不意を突く事が出来ます」
「なる……ほど……。限定的な使い方だ……だから、こそ……私の想定を上回った……ごはっ……」

少年は、男の背中から引き抜いたナイフの血を払い、彼を見下ろす。

「哲学兵装“切り裂きジャックのナイフ”は、()()()()()()()()()()()()()()()()()。対象が女であれば確実に死にますが、男であっても効果は絶大。あなたの敗北ですよ」
「くッ……」

傷口が熱を孕んでいく。
全身が痺れるようで、動くことが出来ない。

「ですが、抜け目のないあなたの事です。こういう場合の対応策を用意している可能性は高い。念の為、もう一度刺しておきましょう」
「マスターッ!!」

無造作に蹴飛ばされ、床を転がされる男。
競り合っていた相手を吹き飛ばし、主の元へ走る従者達。

そして、振り上げられる少年の右手。



「──ッ!?」

刹那、少年の身体が宙を舞う。

勢いよく蹴り飛ばされたと気付いた時には、ゴロゴロと床を転がっていた。

「がはっ!?な、何だ……!?」
「マスター、殺す、ダメ……オレ、マスター、守る……ッ!」

どこからとも無く現れたのは、赤い前髪で目が隠れた、赤い執事服の少年だった。

「マスター、怪我、重症。皆、撤退、優先」
「やむを得ません……皆さん、撤退ですッ!」
「不本意だが仕方ねぇッ!」
「クソッ……覚えてやがれクソ女ッ!!」

床に倒れた男を抱える少年の周囲に、従者達が集まる。

それを逃がすまいと、青いメイド服の少女は追い討ちをかけるべく手をかざす。

「逃がすと思ってんのかよッ!」
「次会う時が最後だ。覚悟しとけよッ!!」

しかし、男達の方が一手早かった。
床に幾何学模様の陣が広がり光ったかと思えば、次の瞬間には男達の姿が消えていた。

「逃げられましたか……」
「ノエル、血が出ているぞ」
「お気になさらず、レイア。それよりも……」

起き上がった少年は、口角から垂れる血を手の甲で拭い、二の腕を押さえながら玉座の方に視線をやる。

ローブの少女は既に拘束を破り、袖についた土の欠片を落としている所だ。

「哲学の呪いで傷を負ったとはいえ、取り逃してしまった以上、彼らとの再度交戦は避けられません。どうするつもりですか?」
「問題は無い。シャトーの防衛システムを強化すればいいだけの事だ。破損箇所の修復はエルフナインに任せるとして……ノエル、すぐにでも取り掛れるな?」
「仰せの通りに。では、持ち場に戻らせていただきます」

少年は恭しく礼をすると、そのまま踵を返して歩き去ろうとする。

「お待ちなさい。戻る前に、傷の手当をさせていただきますわ。あなたのお仕事に、支障があってはなりませんもの」
「お構いなく……と言いたい所ですが、仕方ないですね。頼みますよ、ファラ」

緑の衣装に身を包んだ女性と共に、少年は広間を退室していく。

「では、私はシャトーの被害状況を確認してきます」

黄色い衣装の女性もまた、広間を後にした。

「ガリィ、お前は──」
「分かってますよぉ。引き続き集めて来ますから、マスターはそこでゆったり待っててくださいね」

青いメイド服の少女も、そう言って広間を後にした。

残されたのは、玉座に腰掛ける少女ただ一人。

帽子とローブを脱ぎ捨てると、玉座に腰かけ虚空を見つめる。

「待っていてね、パパ……。パパの命題は、必ず──」



その様子を、物陰より見つめる小さな影。

「キャロル……」

影の主は誰より物悲しげな顔で、じっと少女を見つめていた。

ff

「マスター、しっかりしやがれッ!!」
「今すぐ手当てを!!霊薬と包帯をお持ちしますッ!!」
「なら俺は、アイツらの事を報告してくるぜッ!!」

機械仕掛けの城より脱出した男達は、担いできた主をソファーに寝かせると、即座に役割を分担して行動する。

男達の肌は揃って白く、先程の戦いで破れた衣服からは、球体状の関節が覗いていた。

「すまないね……私が、甘かった……ぐっ……」
「マスター、無理、駄目……。オレ達、マスター、心配」
「ははっ……心配ないよ……。とはいえ……哲学の、呪いを……受けた身だ……。少しだけ……眠らせてくれ……」

男は苦笑いすると、傷の痛みに顔を顰めながら天井を見つめる。

「私は……止めなくては……何があろうとも……。万象黙示録を……あの子の、間違いを……止めなくては……」

男はゆっくりと目を閉じ、そして次の手を思案する。

(キャロルの計画に必要なものは、まだ全て揃ったわけではない。ならば次の手は……狙われている()()()への接触が、不可欠──)

そこで張り詰めた糸が切れたように、男の意識は暗闇へと沈んでいった。



闇に神秘蠢く暗黒大陸、欧州。

未だ多くの秘技(オカルト)眠りし土地より今、新たなる脅威が迫っていた。 
 

 
後書き
名前の出てない新キャラがいっぱい出てきたって?
彼らの出番は少し後になりますからね。今名前を出すわけには行かないのです。

キャロル達と戦っていた新キャラ一味は果たして何者なのか。
本格登場するまでに真名を予想しておいてください。

では、本予告です。



世界に羽ばたくトップアーティスト、風鳴翼の弟、風鳴翔(かざなりしょう)。
魔弓を鎧う雪の音の少女にとっての王子様、爽々波純(さざなみじゅん)。
そして、己が信じた正義の為に鋼の拳を握るヒーロー、ジョセフ・ツェルトコーン・ルクス。

6人のシンフォギア装者と共に、二度に渡り世界を救った少年達。
しかし、大切な少女達と共に日常へと戻った彼らの前に、欧州より来たりし新たな脅威が姿を現す。

勃発、魔法少女事変(アルケミックカルト)──
新たな敵は錬金術師。そして4体の自動人形と、アルカ・ノイズ。

逃げ出した黒衣の少女と、謎の赤コートの男が導くのは破滅か、それとも希望の光か……。

世界を壊す歌が今、少年少女の前に立ち塞がる。

戦姫絶唱シンフォギア~響き交わる伴装者GX~

“騎士と学士と伴装者”

7月5日、更新開始!! 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧