| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ダンジョン・バトルロワイヤル~超頭脳による世界救済最善ルート~

作者:txksr
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
エピソード0
  第7話 【BP振り分け】 …ああ、こいつバカなんだった。

【スペシャル】がようやく終わったので、
次は魔王のいろはの『い』であるBPの振り分けを行う。

ハルキはスマホを操作して、【BP振り分け】を選択。

振り分けられる項目はーーー【肉体】、【魔法】、【知識】、【創造】、【錬成】
だ。

現在のランクはすべてE、
保有しているポイントは先ほどのボーナスで20ポイントになった。

(普通に考えればE→D→C→B→A⦅→S→…⦆という風に上がっていくはずだ。
最高値が何かはわからないけど。
そして1ポイントで1ランクアップだと簡単にカンストしてしまうからそれはない。

あと能力はランクだけで決まるのか、
それともランクが上がらなくてもポイントを振った分だけ強くなるのか。
どちらかわかればより効率的にポイントを使えるんだが…
わかりやすそうな【肉体】で検証するか。

まあどちらにしても、どれに振り分けるか決めなければ話が進まない。
まずはそれぞれのメリット・デメリットの予想を立ててみよう。)

そうしてハルキは、それぞれの能力の予想を立てた。

————————————————————————————————————————————

各能力を上昇させたときのメリット・デメリット(予想)

【肉体】…攻撃力・防御力・素早さなどが上がるため、
     自身の戦闘力は最も上がる。
     しかし、それ以外に利点はない。

【魔法】…魔法が使えるようになるので自身の戦闘力が上がる。
     【肉体】の方が自身の戦闘力は上がるが、
     【魔法】の方が様々なことができるようになるため汎用性が高い。

【知識】…【世界救済プロジェクト】を有利に進められる情報を得られるが、
     自身や配下が強くなったりはしない。
     また「知恵」でも「頭脳」でもないため
     頭が良くなったりするわけでもない。
     さらに、もし【ロウ】や他の魔王を配下にできるなら
     その人の【知識】を伸ばすという方法がある。
     たとえ言語のようにちょっと聞いただけでは意味がないものでも、
     【知識】が高い人を配下にして通訳にすれば問題ない。
     そしてそれができなくても、
     「他の【知識】が高い人から情報を聞きだす」という方法もある。
     ただし、その場合は何かと交換になるだろう。

【創造】…強い配下を作れるようになるため配下の戦闘力は最も上がる。
     しかし、自身の戦闘力は全く上がらない。
     また武器は残るが配下は死ぬと消えるだろうから、
     【錬成】よりも消費CPが少なくて済む。

【錬成】…強い武器を作れるようになるので、自身も配下も戦闘力が上がる。
     ただし自身の戦闘力は【肉体】や【魔法】に比べると上がらないし、
     配下の戦闘力は【創造】に比べると上がらない。
     また使用者が死んでも消えないため、
     負けると相手に武器を奪われる可能性がある。
     でも武器と何かを交換するなど、取引の材料としても使える。
     …が、高ランクの武器はそもそもCPが足らなくて
     作れない可能性がある。

————————————————————————————————————————————

(とりあえず、配下が最も強くなる【創造】は最重要だな。
魔王ひとりが強くなっても配下が弱ければ物量戦で負けるし。
逆に【知識】は上に挙げた2つの方法があるからいらない。
『形がない』ものだろうから他の能力と違って知るだけで利用できるし、
他のものと違って『僕自身』が身につける必要はないしね。
それから、自身の戦闘力を上げる
【肉体】と【魔法】は途中までは両方とも上げておきたい。
最終的にはより戦闘力の上がる【肉体】の方に特化させるけど、
先に上げるのは汎用性の高い【魔法】の方がいいかな。
あと【錬成】は、いろいろな使い道が考えられるしそこそこ必要だろう。

…今気づいたけど、
もし他の魔王を配下にできても配下になった魔王は『王』じゃなくなるから
特殊能力『魔王』のおかげで使える
【創造】と【錬成】はできなくなるかもしれないな。
そう考えるとその2つの優先度は上がるか。 僕は他の人の下につく気はないし。

ステータスを振るときは、
『何か1つ(ないし2つ3つ)を特化させ、それ以外は最低限だけ伸ばす』が最善だ。
ただ今回はランク制でおそらく上のランクになるほど伸ばしにくくなる。
そういう場合は特化させすぎるよりも少しバランス寄りにした方がいいな。
数値制ならむしろ特化させすぎるぐらいの方がいいこともあるんだけど。

そうすると…
【肉体】:高、【魔法】:普、【知識】:低、【創造】:超高、【錬成】:高、
がいいかな。
ただし【肉体】より【魔法】を先に伸ばすことにしよう。)

ハルキはまず、【創造】の項目をタッチした。 しかし、【創造】はEのままだ。

(やっぱり1ポイントじゃ駄目か。)

そしてもう1回タッチすると、今度は【創造】のランクがEからDに変化した。

(2ポイントでいいのか。 思ったより低かったな。
でもDからCが何ポイントかわからない以上、
先に他の能力もDにしてしまった方がいい。
…万が一必要なポイントが違っても、
18ポイントもあればランクアップするだろう。)

ハルキはBPの振り分けを続け、【肉体】・【魔法】・【錬成】もDにした。
消費ポイントはすべて「2」で変わらなかったので、残りは12ポイントだ。

また【肉体】を「E」・「E+1ポイント」・「D」にして
それぞれで能力の検証をしたところ、
「E<E+1ポイント<<<<<D」という結果になった。

(ランクが上がらなくても少しは能力が強化されるが、
それはランクアップに比べればかなり小さいことがわかった。

もし他の能力もそうだとして、【魔法】は魔法の威力が上がる、で納得できる。
でも【知識】は少しだけ追加で情報がもらえる、
【創造】と【錬成】は同じものを作っても少し質が上がる、は違う気がする。

【知識】はランクアップもしていないのに新しい情報を得られるのはおかしいし、
【創造】と【錬成】はさっきちょっと見た限りだけど
ランクを上げると作れるものが増えるのであって
作ったものの質が上がるわけじゃない感じなんだよな。

そうすると、自己強化型の【肉体】と【魔法】だけ少し強くなる、
っていうのが妥当か。

まあどちらにしろ、ランクが上がらなければあまり変わらないなら
何かあったときのためにも
ランクが上がらないならポイントはとっておいた方がよさそうだ。
ただ、ランクアップまでに必要なポイントがわからないときは
そうもいかないけど。

あとこのプロジェクトが始まる前から戦いが強かった奴は多少有利だろうが、
そこまで劇的な差はないだろう。
【肉体】ランクEですら人間の動きじゃない。
技術は劣っていてもこれだけ身体能力が違えば、
多分ボクシングとかの世界チャンピオンでも瞬殺できるぞ。
…種族的に人間を辞めていたが、能力的にも人間を辞めていたようだな。

検証も終わったし、次は【創造】をCにするか。)

【創造】の項目をタッチしていると、5回目でランクがDからCに変化した。

(DからCは5ポイントか。 これも予想より少ないな。
で、残りは7ポイントだから1つしか上げられないが…ここは【魔法】にしよう。

他の魔王たちより有利に事を運ぶには、レベル上げを早急に行う必要がある。
なので仮に配下もレベルアップできるとしても、
僕のレベル上げが最重要であることに変わりはない。
そして経験値の効率を考えると、【ロウ】を倒すのは僕自身がやる必要がある。

だから戦闘力が上がり汎用性もある【魔法】を上げるべきだろう。

…まあ魔王はレベルアップ時にもらえるBPが多いだろうから
どうせ2、3レベルで【錬成】もCランクにできるようになるだろうし、
あんまり変わらないと思うけど。)

そしてハルキは【魔法】をCランクに上げ、BP振り分けを終えた。

————————————————————————————————————————————

【ステータス】

名前:ハルキ
適性:カオス
種族:魔王
Lv:1
CP:100
肉体:D
魔法:C
知識:E
創造:C
錬成:D
BP:2
特殊能力:魔王
     支配領域創造
     配下創造
     アイテム錬成
     超頭脳
     ダークアロー
     ダークインダクション

————————————————————————————————————————————

(うん、いいね。 魔法も覚えてる。 でもこの検証は後だな。
あと、もうCPが元に戻ってる。 …何時間経ったのかわかんないけど。

それとBPが2余ってるけど、
おそらく『C→B』も『B→A』も10とか20とかみたいに『切りのいい数字』だろう。
もしレベルアップする時にもらえるBPが切りの悪い数字なら
『2』だけ余っていても意味がある。
でも5とか10みたいに切りのいい数字なら
『2』だけあっても常に余るから意味がない。
その場合は【知識】に振るか。 ちょうど『E→D』は2ポイントだし。
…で、次は【支配領域創造】だな。)
 
 

 
後書き
※「」…ハルキ(主人公)、『』…txksr(作者)

————————————————————————————————————————————

『ハルキ君、ステータスの振り分けとき
「『何か1つ(ないし2つ3つ)を特化させ、それ以外は最低限だけ伸ばす』
が最善」って言ってたけど、なんでわかるの?』

「いや、あれ書いたのtxksrでしょ。」

『そ、それは言っちゃいけないお約束でしょ!』

「…まあいいや。 あれは推測だから絶対じゃないよ。」

『え? そうなの?』

「当たり前でしょ。 すべてに最適な振り方なんてあるわけないし。
あれは、『最も良い可能性の高い』振り分け方だよ。」

『ふぅーん。 …なんで?』

「まず、バランス型と特化型なら特化型の方がいいのはよく知られているよね?」

『うん! そっちの方がかっこいいからでしょ!』

「…ああ、こいつバカなんだった。
…バランス型は器用貧乏になりやすくて、あんまりいいところがないからだよ。
逆に特化型は得意なところがあるから、そこを使って戦いやすい。
ソロならともかく、味方がいるなら特化型の方がいいのは明白だよ。」

『へぇ、そうなんだ。』

「…それで基本的には特化型がいいんだけど、
完全に特化させるとそれ以外が致命的な弱点になってしまってよくない。」

『うんうん。』

「だから、『特化型にするけど他も最低限だけ上げる』がベストなことが多い、
と僕は思っている。」

『確かに。 そう言われるとそんな感じがする。』

「まあ『最低限』の基準は場合によってだいぶ変わるから、
バランス型や完全特化型よりしっかり考えて
ステータスを振らなきゃいけないけどね。」

『そうだね。』

「あと数値制ではなくランク制だと
高ランクになればなるほどランクを上げるのが難しくなるから、
少しバランス寄りにした方がコスパがいい。」

『なるほど。
〇〇は10ポイント使わないとランクが上がらないけど
△△は1ポイントで上がるなら、△△に振った方がいいもんね。』

「基本的にはそれで合ってるよ。
…ところで、なんで講義みたいになってるの?」

『…さぁ?』

————————————————————————————————————————————

「面白かった」・「続きが気になる」という方は、
高評価とお気に入り登録をしてくれると嬉しいです。

また、エッセイも投稿しております。
こちらはひとカケラの面白さもないですが、
知っていればいつかあなたの役に立つことが書けたと思うので
よかったら読んでみてください。

「【健康大全】 エッセンスver.」と
「【何かを上達させたいときにまず最初に知っておくべきこと】」
の2つは特におすすめです。

…あと、作者は豆腐メンタルなので叩かないでください。

いや、ほんとマジで。
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧