| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ダンジョン・バトルロワイヤル~超頭脳による世界救済最善ルート~

作者:txksr
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
< 前ページ 目次
 

第一部
エピソード0
  第1話 【プロローグ】 さてはカンニングしたな!?

 
前書き
自己満足のために書いたので、面倒だと思われる部分があると思います。

なのでそういう作品でも大丈夫な人だけ、お読みください。
 

 
2XXX年、人間は怠惰の極致に至ろうとしていた。

今までのAIを遥かに凌駕する超高性能AIの誕生により、
大半の仕事をAIが行うことになった。

流石に政治やテレビなどは人間がやっているが、
働きたい人だけ働き働きたくない人はベーシックインカムだけで
一生遊んで暮らせるようになったのだった。

そして現在。
大半の人間が学ぶことを止め、堕落した生活を送ろうとした頃―――
それは起きた。

****

敷島治樹(しきしまはるき)ーーーIQ200超の天才だが大の勉強嫌いで、
        義務教育を適当に終わらせた後は高校に行かず働きもせず、
        出身地である金沢に1人戻って毎日遊んで暮らしている、
        まさに「怠惰の極致」を体現したような男。

そんな彼が自宅でひとり昼食を食べているとーーー電子音が鳴り響いた。

(ん? なんでマナーモードなのに音が鳴るんだ?)

不思議に思いながらスマホを取り出し、「OK」と映し出されたボタンを押す。

しかし、「OK」のボタンを押したにもかかわらず電子音は鳴り続ける。

外を見れば、視界に入るすべての人が慌ててスマホを手に取っていた。

現在スマホの普及率はすべての国で100%を優に超えている。
現代でスマホを持っていない人はほぼ存在しないといえるほど普及していた。
なお、100%より高いのはひとりで2台以上スマホを持っている人がいるからだ。

(僕だけじゃないみたいだし、
Jアラートみたいなスマホに強制的に組み込まれている機能か?)

周囲に響き渡る電子音は徐々にその数を減らし、
人々はみなスマホの画面を覗き込んでいる。

電子音がしなくなったので治樹もあらためてスマホに視線を落とすと、
怪しげなメールを受信していた。

『~【世界救済プロジェクト】開始のお知らせ~

 世界を救済するために、全人類の適性を調査します。

 下記の項目に従って、適性調査を実施してください。

 適性調査を受けない人間は【ニュートラル】となり
 今後不利益を被る可能性がございますので、実施することを推奨いたします。

 適性調査の実施期間は今から24時間以内。
 適性調査には3時間ほどの時間を要します。

 それでは下記ボタンをタッチして、適性調査を始めてください。

               【スタート】               』

(…怪しすぎる。 十中八九ウイルスだ。
でも多くのスマホが影響を受けているし、本当の可能性もなくはないか。)

そう思った治樹は、昼食をさっさと終わらせてパソコンを立ち上げた。

すると、ネットニュースもまとめサイトも迷惑メールの話題で独占されていた。

記事を読めば、
なんとあの迷惑メールはすべての日本人どころか全世界の人間に届いたらしい。

それを受けて各通信会社は一斉に会見を開き、
安易に【スタート】をタッチしないことを呼びかけた。
政府も被害の多さから異例の会見を開き、
【スタート】をタッチしないよう呼びかけていた。

(全世界の人間に送るなんてどんな凄腕のハッカーでも無理だぞ。
…可能性があるとすればAIが人類に反逆を起こしたぐらいか。
これは一気に信ぴょう性が増したな。)

掲示板を除けばすでに専用スレッドが乱立しており、
一番勢いのあるスレッドを覗くと
すでに適性調査を終えた人たちが書き込みをしていた。

(やるなって言われているのにやる奴はどこにでもいるな。
まあ今回はそのおかげで僕たちは情報が得られるし、
もしウイルスだったとしても本人しか困らないからいいけど。)

————————————————————————————————————————————

228 名無しの冒険者 ID:idutikom
俺の適性【ロウ】だったわw

231 名無しの冒険者 ID:unotteho
>228 は? マジ? 俺も【ロウ】なんだが

257 名無しの冒険者 ID:ntounime
>228 俺も【ロウ】
ちな、ウイルススキャンしたけど、ウイルスなし

276 名無しの冒険者 ID:ndokusai
>257 ウイルススキャンwww
個人情報抜かれたなw震えて眠れw

281 名無しの冒険者 ID:ntounime
>276 は? 〇ー〇ル先生ナメンナ!

282 名無しの冒険者 ID:ntounime
ちな、体験版だけど、大丈夫だよな?

285 名無しの冒険者 ID:ndokusai
>282 体www験www版www

305 名無しの冒険者 ID:dakaraar
【ロウ】以外の勇者はいないのか?

307 名無しの冒険者 ID:uhuxabet
>305 俺【セカンド】www

314 名無しの冒険者 ID:tohitomo
>307 【セカンド】ってギアかよwww (※車のギア)

320 名無しの冒険者 ID:zideiiki
>んじゃ、俺【ハイ】www

323 名無しの冒険者 ID:gasuruyo
>320 それだと【ニュートラル】じゃなくね? (※低い・高い)

————————————————————————————————————————————

その後スレッドは【ニュートラル】と【ロウ】から連想される、
言葉の大喜利が続いた。

(適性【ロウ】は本当だな。 嘘にしては出所が多すぎるし広まるのが早すぎる。
けど、それ以外の適性はわからない。
調査して【ニュートラル】になった人はいないみたいだし、
適性を調査するんだから【ロウ】以外にもあるはずなんだけど…
【ロウ】が大多数なせいで目立たないだけ?
まあもし本当でも残り4時間ぐらいになったらやればいいし、
今は情報収集しよう。)

治樹はその後もネットで情報収集を続けたが、
あまり有益な情報は得られなかった。

****

しかしーーー迷惑メールが送信されてから9時間が経過したとき、
事態は急激に変化したのだった。
 
 

 
後書き
※「」…敷島治樹(主人公)、『』…txksr(作者)

————————————————————————————————————————————

『ハルキ君! 今回の文章には謎が隠れているよ! さて、何でしょう?』

「IDでしょ。」

『…な、なんでそんなすぐにわかるんだ! さてはカンニングしたな!?』

「…いや、何をカンニングするんだよ。」

『…こ、これさぁ、いいアイデアだと思わない?』

「誤魔化せてないよ。」

『…』

「…いいアイデアなんじゃない?」

『そうだよね! これ結構考えたんだよ!』

「まあ、他のラノベでも同じ事やってたらパクリだけど。」

『そ、そんなことしてないよ!』

「なんでそんなことわかるの?」

『いや…だって今まで1000作品ぐらい読んできたけど…見たことないし…』

「ラノベが全部でいくつあると思ってるんだ。 ちゃんとした証拠は?」

『そ、そんなの…無理だよ! 全部のラノベを見るなんて無理だよ!』

「そうだよ。」

『! じゃ、じゃあなんで証拠出せなんて言うの?』

「ただいじっていただけ。」

『…ひどいよぉ…ねえ…どこが「嫌がるまではやりませんでした」なのぉ…?』

「おい、それまだ本文に出してないでしょ。 言っちゃっていいの?」

『あ…ま、まあ大分先だしその頃には忘れてるでしょ、うん。』

「ひどいな…。」

※この世界には「真・女〇転生」等が存在せず、
 「ロウ」や「ニュートラル」などの属性はまだ存在していないという設定です。
 理由は作者が「真・女神〇生」をやったことがないので
 そのあたりの詳細がわからないからです。

————————————————————————————————————————————

「面白かった」・「続きが気になる」という方は、
高評価とお気に入り登録をしてくれると嬉しいです。

また、エッセイも投稿しております。
こちらはひとカケラの面白さもないですが、
知っていればいつかあなたの役に立つことが書けたと思うので
よかったら読んでみてください。

「【健康大全】 エッセンスver.」と
「【何かを上達させたいときにまず最初に知っておくべきこと】」
の2つは特におすすめです。

…あと、作者は豆腐メンタルなので叩かないでください。

いや、ほんとマジで。
 
< 前ページ 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧