| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第四章 ダークサイドオブ嫦娥
  第1話 新たな修行風景

 
前書き
この章は『とても面白い』というよりは、私の中で嫦娥の補完が必要だと思って書かせて頂くに至ったものですので、お読みになる方はその事をご了承下さい。 

 
 黒銀勇美と鈴仙・優曇華院・イナバの二人の活躍により、幻想郷浄土化の異変を解決された。そして、今はそれから三ヶ月の時が経っていたのだった。
 勇美は今日もヘカーティア・ラピスラズリに稽古を付けてもらっていたのである。
 彼女こそ浄土化の大元の原因となった存在の一人であるのだが、事後に勇美は彼女と友好関係になり、その後もこうしてヘカーティアから修行を指南を享受出来る事となっていたのだ。
「【星蒔「クェーサースプラッシュ」】」
 勇美のスペル宣言により、星と金属の神の力を備えた機関銃から、一斉に壊れた蛇口の如く星の弾丸が大量にばら蒔かれていき、それらはヘカーティアに向かって飛んでいったのであった。
「くぅっ……!」
「っ……!」
 否、些か説明不足であったようである。勇美が弾丸を向けたのは、ヘカーティア『達』であったからである。
 そう、ヘカーティアの能力は三つの体を持ち、それらを自在に操る事なのである。その能力を巧みに使用し、勇美に対して『一対二』という変則的な弾幕ごっこをヘカーティアという存在一つで行う事が出来ていたのだった。
 勿論、ヘカーティアは手加減している。何せ実力だけならばただでさえ勇美が長い事師事し、かつ彼女の恩師である綿月依姫以上のものを持ち、そしてそれが三体も存在しているのだから。
 その事を考慮しても勇美の奮闘っぷりは見事なものだったのである。二人で勇美に挑んで来たヘカーティア達を彼女一人で対処してしまうのだから。
 そう、勇美の実力はこうしてヘカーティアの稽古により更に飛躍的に上昇していたのだった。
 そして、ここで勝負あったようだと、三人目のヘカーティアが言う。
「ここまで!」
 そう高らかに言ったのは、赤い髪の『異界』の体のヘカーティアであった。今まで勇美が戦っていたのは、青髪の『地球』と黄髪の『月の』ヘカーティアであったのである。
 そう、このようにヘカーティアは一つの存在でありながら、三つの体をそれぞれ巧みに使い、勇美の戦う相手とその判定を下す審判の役割を一人でこなしてしまっていたのだった。
 当然そのような、普通の人では一人では物理的に不可能な稽古の方法は勇美にとって、とても刺激的かつ有意義なものとなっていたのである。
 確かに、純粋にものを教える技量は依姫の方が上でも、こういう数人分の仕事量をこなしてしまうという芸当はさすがの依姫でも無理という事であったのだ。だから、ヘカーティア『達』の指導は勇美にはこれまでにない充実したものであった。
 その事は当の勇美が一番良く分かっていたのだった。勇美は今日の稽古が終わり、一息つきながら言うのであった。
「やっぱり、ヘカーティア様の指導は三人分だから、一味違いますねぇ♪ 何と言うか、手応えが違いますよ」
「そう言ってもらえると、私も嬉しいってものだな」
 勇美に自分の指導を気に入ってもらえているようで、ヘカーティアの方も満更ではないといった様相である。
 そして、ヘカーティアが出来る方針を勇美は例えて見せる。
「例えるなら、ヘカーティア様のやれる事は漫画を描くのと似ていますね」
「と、言うと?」
 ここに勇美の突拍子もない例えが出てきたのである。だが、それも慣れたもので、ヘカーティアは寧ろ『その答え』を楽しみにして聞きに来る程であった。こういう器量の広さが、ヘカーティアの大胆で大らかな性格を形成しているのだと言えよう。
 なので、その事も勇美には有難かったのである。依姫も器は大きいけれど、如何せん真面目な性格なので、そこから来る『固さ』は拭い切れないものがあるのは否定出来ないのである。
 だが、ヘカーティアの場合は竹を割ったような性格の為に、とてもとっつきやすい側面があるのだった。
 さて、話を勇美の『ヘカーティアを漫画に例えた』事に戻そう。
 漫画というものは、ストーリー考案からネーム作成、下書きにペン入れにトーン張りといった幾つもの作業をこなさないといけないのだ。
 中にはそれを一人でこなしてしまえる猛者な漫画家もいる事はいるのであるが、基本的にはアシスタントの協力の下に数人で行わなければ、とてもではないがこなせない仕事なのである。
 そして、中にはストーリーを考える人と、絵をとても美麗に仕上げる人とで、漫画と物語作成さえ別々の人で行う事すらあるのである。
 閑話休題。ヘカーティアはそのような分担作業を自身一つの存在の下にこなせてしまえるという極めて便利な特性の持ち主であるという事であった。
 そして、勇美からその事を聞いたヘカーティアはうんうんと懸命に頷いていたのである。
「成る程……。勇美のその例え、面白いな」
「そう言ってもらえると光栄ですね♪」
 ヘカーティアにその例えのお墨付きを頂いて、勇美の方も誇らしくなるのであった。
「それにしても、地上には興味深い文化があるものだな。物語を絵にして楽しむとは。やはり、地上に来た甲斐があったというものだな」
「そうでしょう、そうでしょう♪」
 ヘカーティアに自分の住まう場所を絶賛されて、勇美の方も上機嫌となるのであった。例えるなら、外国人に日本の良さを褒められる時のような、そんな感覚がここには存在していたのである。
 この事で、勇美の心持ちはとても充実したものとなっていたのだ。だが、ここでもう一つ、勇美はヘカーティアに聞いておかなければならない事があったのだ。これは、正に勇美にとって死活問題なのである。
「ところでヘカーティア様……」
「勇美、みなまで言うな」
 勇美に呼びかけられたヘカーティアは、さらりと彼女を落ち着かせる為に宥めるかのように言った。
「では……」
 勇美は流行る気持ちを抑えながら、冷静にヘカーティアの応対を待つ事とする。そんな勇美に対して、ヘカーティアは明鏡止水の如く落ち着き払った態度でこう告げるのだった。
「ああ、最高だよ。ノーパンの状態で審判を務めるのはな♪」
 そうヘカーティアは言い切ってしまったのであった。
 そう、今しがた審判を務めたヘカーティアの異界の体は、ショーツを身に付けておらず、スカートの中は口にするのもはばかられる状態であったのだ。
 これは、勇美の提案だったりする。弾幕ごっこが風を切る戦闘の場で、大切な物を身に付けないで立ち会ったら、どれだけ背徳的な快感を享受出来るだろうかという勇美の野心から来るものであったのだ。
 勿論、勇美は依姫に止められている為にノーパンになろうとはしないのだ。先の月の異変解決の旅では散々脱ぎたがっていたが、あくまであれは戯れに過ぎないのである。なのである。
 だから、勇美はヘカーティアにその禁断の果実の味を味わってもらい、その感想を聞く事にしたのであった。
 だが、ヘカーティアとてそのようなアブない状態で戦うのは避けるべきであった。ましてや彼女のスカートは平均値から見ても短い部類なので尚更でなのだ。
 だから、ここで勇美はヘカーティアの特性に注目したのである。さすがに戦いに参加する体にはパンツを穿いてもらうが、審判に徹し、激しい動きをしない体には穿かせないという発案を思い付いたのである。
 そして、ヘカーティアはそれを実行して……今に至るという訳であった。
「で、ヘカーティア様はこいつをどう思いますか?」
「すごく……刺激的だな。女神人生ン千年の私とて、こうも充実したスパイスを堪能出来たのはそうそうないよ」
「それは良かったです。私の憧れですからねぇ。せめて言葉だけでも味合わせて下さいね♪」
 ここに依姫か鈴仙がいれば『そんなモノに憧れるな』というツッコミが入るのあるが、だが現実は非常であったのだ。
 だが、運命というのはどこかに救いがあるものであるのだ。今回もその事が証明される事となるのだった。
「はいはい、お二人さん。いや、この場合四人か。それはさておきボケが流れっぱなしになっていますよ」
 そう言ってこの場に入って来たのは純狐であった。そして、隣にはメディスンもいたのである。
 何故、このような強大な力を持った神霊と、妖怪の新参者が一緒にいるのか、それは彼女達の境遇が原因であった。
 二人とも、その内容には雲泥の差があれど、両者とも復讐に身を置く立場であるからというのが理由なのだ。
 そして、純狐はメディスンが人形解放を目指す事は諦めていないものの、自身の力を磨く事を復讐にするという建設的な方針になっている事を幻想郷で聞きつけたのである。
 その後、純狐はメディスンに近付き、友好的に接する事を始めたという訳なのだ。そうする事で、自身の能力で泥沼の復讐心に囚われている自分の目指すべき何かを見つける足掛かりになると思っての事である。
 そんな純狐は、今しがたボケの泥沼に囚われた勇美とヘカーティアを救い出す(掬い出す)べく声を掛けながら、手にはアイスティーの乗ったお盆をメディスンと共に持っていたのだった。
 それを見たヘカーティアは、正に『丁度それが欲しかったんだ』と言わんばかりに食い付いて来たのである。
「ありがとう二人とも、グッドタイミングだよ。勇美への稽古も終えて喉が乾いていた所なんだよ」
 そう言うとヘカーティア達は全員でアイスティーを受け取るのであった。
 そう、ヘカーティア『達』である。純狐はちゃんとヘカーティアの体全員分のアイスティーを用意していたのだった。この辺りも彼女がいかにヘカーティアへの理解があるか窺えよう。
 だが、その前に純狐は言っておかなければならない事があったのである。
「でも、異界の体はまずパンツを穿くように」
「……手厳しいな」
「当然です」
 苦笑いで返すヘカーティアに対して、純狐は毅然とした態度で望むのであった。いつまでも友人をあられもない格好にしておく訳にはいかない、ましてやこれから飲み物を接種するような状況にあっては尚の事であろう。
 その意見に賛成のメディスンは彼女からも口を挟もうとする。だが、彼女はミスを犯してしまうのだった。
「下の口で飲みたいなんて言い出さない内にね、ノーパンの女神さん?」
「!?」
 その瞬間、純狐は思った。『メディスン、それは悪手よ』と。そして、彼女の読みは当たってしまう事となる。
「ご心配には及ばないさ、九十九神さん。寧ろ私のそこは今、すごく濡れちゃっているからな。英語にすると、『マイ ジューシーズ フロウ』ってな」
「っ……!」
 この瞬間、メディスンは自分の敗北を認めたのだった。そして、わざわざ英語にする事もなかろうにとも痛感したのである。
「……くっ、この変態おとぎ三銃士め……」
 メディスンはそう悪態をつくのが、今の彼女に出来る精一杯の悪あがきであった。
 ともあれ、これがヘカーティア達が幻想郷に移住してから繰り広げられている永遠亭の日常の風景なのであった。どこかアブノーマルかつアダルティックな部分があるが、あくまで日常的なやり取りなのである。
 だが、その日常を打ち砕く展開が今正に起ころうとしていたのである。
「ちょっと、勇美ちゃん達。大変よ!」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧