| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第三章 リベン珠
  第37話 完伝と想い出の日

「う~ん……」
 心地良い気だるさと共に、勇美の脳が夢の世界から覚醒していく。部屋には日の光が綺麗な斜めの直線を描いているのが芸術的である。
 そして、寝ぼけ眼であるものの勇美は布団からその身を這い出させて目覚めの準備をしていく。
 このような朝を再び迎えられるようになってから少しの時が経っていた。そう、勇美はあの短くも濃厚な内容であった月への旅を終えた後は、無事に永遠亭での平穏な毎日を満喫出来るようになっていたのだった。
 そして見事に布団から脱出するという偉業を成し遂げた勇美は、襦袢を脱ぎ手際よく普段着のミニ丈の和服へと着替えていったのである。
 朝の準備の第一段階をクリアした勇美の脳内に、徐々にこの上ない高揚感が沸き出てくるのであった。何せ今日は……。
「今日は、ねんがんの私の15歳の誕生日会だから楽しみだね」
 と、いう事であった。そして、誕生日会だから殺してでもうばいとられる心配もないから安心だろう。例外的に他人の誕生日会を奪い取り自分の物にしてしまうケーキ型の怪人もいるにはいたが。
 ともあれ、そんな事は勇美には関係なく、彼女は今日繰り広げられる自分の誕生日会を今から首が長くなる程に楽しみな思いなのであった。
 そして、そんな心弾むような気持ちの下に着替えを終えた勇美は、まずは朝の腹ごしらえという事で食堂へと向かっていったのだった。

◇ ◇ ◇

 その後は彼女自身も永遠亭で主催してくれる自分の誕生日会の準備を手伝ったのだった。その事は自分の為にそのような催し物を開いてくれる皆へ報いる為と、日頃自分の面倒を見てくれている事への恩返しの意味も籠められていたのだ。
 そんな勇美に対して永遠亭の皆は、主役がそのような事をするものではないという気持ちを多少抱きながらも、律儀な勇美の気持ちを汲み取るべく、快く手伝いをしてもらったのであった。そこにはここまで一年近く接してきた勇美と永遠亭の面々の以心伝心の思いが存在していたのである。
 そうこうして準備も整い、後は来客を迎えるだけとなっていた。
 そして、勇美はその時を待ちながら、今までの人生で今日程待ちわびる誕生日会は無かったと思い返すのだった。
 その理由は無論、勇美の母親にあるのである。確かに彼女は今まで欠かさずに誕生日会を家で開きはしてきた。だが、それは純粋に勇美の為ではなく、持て成す客人たる自分の交友関係の者達へのアプローチと、誕生日を祝う自分が好きという自己陶酔の為であり、断じて我が娘の為ではなかったのだった。
 それに対して、今回の誕生日会はどうだろうか? この催し物は決して勇美からお願いした事ではなかったのである。完全に永琳や輝夜といった永遠亭の面々から自発的に提案された事なのであった。
 だから、勇美はこの上なく嬉しかったのである。純粋に自分の為に催し物を開いてくれる。その事は今まで外の世界では経験し得なかったのでだから。
 その事に思いを馳せながら勇美は心待ちにしていると、まず第一勢力といえる者達が来訪したのであった。
 その者達の顔ぶれは、咲夜、美鈴、跳流、レミリア、そして霊夢や魔理沙といった面々であった。そう、先の月の騒動を阻止した者達である。彼女達はどうやら今回の騒動を乗り越え、一種の絆が芽生えたようなのであった。
 なので、勇美には悩みの種と言える『あの者』も例外なく来訪していたのだった。
「いーさーみーさぁーん♪」
「げっ!?」
 その声に敏感に反応してしまう勇美の感覚に狂いはなかったようである。彼女が感じ取った感覚は、紛れもなく自分を過剰な程溺愛している東風谷早苗そのものであったのだから。
 そして、早苗は見事に背後から勇美をハグしたのであった。
「さ、早苗さん。止めて下さいって……あっ、胸が背後から当たって」
 その感覚は勇美が大好きなものであったが、それはそれである。早苗にさせるがままにしていては身が持たないというものだろう。
 なので、勇美は今まで幻想郷での弾幕ごっこの日々と、今回の月への旅で磨き上げた身体能力で以って早苗の背後からの攻撃をすり抜けたのであった。
「あ、勇美さんってば……」
 折角愛しい者をその手中に収める事に成功していたのに逃れられて、早苗は今しがたこの世で一番大切なものを失ったかのような喪失感に襲われるのだった。
 だが、彼女はすぐに持ち直すのだった。このような精神的図太さがなければ勇美を追い続ける事など出来ないのである。
 ここで、改めて早苗はこの場に最も相応しい言葉を紡ぎ出す。
「お誕生日おめでとう、勇美さん」
「あ、ありがとう早苗さん……」
 思いの他普通の祝い方だ。そう勇美は失礼ながら思ってしまう。これなら自分の身は安心だろうかと感じる。
 そして、早苗は勇美に蛙と蛇をモチーフにしたぬいぐるみを渡したのである。
「あ、これってもしかして……」
「はい、神奈子様と洩矢様を意識して作ってみました。お気に召したでしょうか?」
「はい、とっても」
 そんなプレゼントと共に誠意を感じられる早苗の振る舞いに勇美は嬉しく思うのであった。そして彼女は思う。こういうので(対応)でいいんだよ、こういうので、と。
 だが、その勇美の切実な思いは脆くもあっさりと打ち砕かれる事となるのだった。
「本当は私自身をプレゼントにして勇美さんの所に送りたかったのですけどね、神奈子様と洩矢様に止められました」
「それ、『プレゼントは私』って奴ですか!?」
 勇美は今しがたまともな思考を早苗がしてくれたと思った事をこの上なく後悔するのであった。そして、的確な判断をしてくれた神奈子と諏訪子に心から感謝したのである。
「でも安心して下さい。今度は是非勇美さんの為に私をプレゼントにする計画は成功させて見せますから♪」
「いや、チャレンジ精神ってもっと普通の事に使いましょうよ?」
 そもそも私の為にはなっていませんってと勇美は痛烈に感じるのであった。そして、それはかつての相棒を解放する為に世界に希望で満ち溢れさせる事を目標とした少年よりも果てしなく険しい道のりだとも思った。
 ともあれ、早苗が自分の誕生日を祝ってくれている事に変わりはないのである。だから、勇美はこう言うのだった。
「まあ、早苗さん。ありがとうね。私の為に祝ってくれて♪」
「えっ!? は、はいこちらこそどういたしまして」
 そう素直にお礼を言う勇美に意表を突かれた早苗は、心が浮き上がりそうになりながらも言葉を返すのだった。
 そして、それは次の瞬間であった。早苗の鼻からチューブが切れた箇所から出るオイルの如く、ボタボタと鼻血が出たのは。
「あっ、いざみざん、ずびばぜん。では、ごれでじづれいじまず……」
 勇美にみっともない所を見られたくない早苗は漏れ出る赤の恥液を垂らしながら、そそくさとその場から立ち去っていったのだった。
「早苗さん、お大事に~……」
 そう早苗の事を気遣い半分、ドン引き半分の心持ちで勇美は見送ったのである。
 そして思った。──そういう変態な役回りは咲夜さんだけでいいと。
 ともあれ、ここで誕生日会で唯一の懸念事項がクリアされて、勇美はこれで問題なく楽しめると胸を撫で下ろしたのであった。
 そして、次なる来客は紫に藍に橙という八雲一家であった。幻想郷を誰よりも愛している妖怪の賢者と、その家族である。
 それらの姿を確認した勇美は、迷わず彼女達の元へと掛けよって行った。
「こんにちは紫さん、今日は私の誕生日会に来て頂き、ありがとうございます」
 そう快くお礼を言う勇美に対して、紫はいつもの胡散臭さのない優しい笑みで以て彼女を迎え入れながら言うのだった。そして、勇美は次に来るだろう言葉が予想出来たのである。
「勇美さん。お礼を言うのは私の方ですわ。幻想郷を救って頂いてありがとう」
「紫さん……」
 正にそれが勇美の思っていた通りの紫の言葉であったのだ。
 そこには一切の混じり気は存在しなかったのだ。いつも掴み所のない振る舞いをしている紫が、こうも誠実な態度を取るのはとても珍しい事であった。
 紫がそうするのも無理のない話であろう。何せ、今回の異変はいつもと様相が大きく異なっていたのだから。
『普段の』異変は、謂わば幻想郷のルールに護られた、言うなれば約束された内容であるのだ。それに対して今回の件は月側が起こした外部からの介入であった。故に幻想郷内部のルールはうまく適応されなかったという事である。
 勿論、異変を起こす者達はスペルカード戦に乗っ取って戦ってくれはしたが。それは月にスペルカード戦を広めた依姫と、その流れにうまく誘導した紫自身の努力の賜物と言えるだろう。
 いざとなれば紫自身が今回の異変解決に乗り出す算段であった。だが、それは最終手段なのであった。それだけ今回の事は大事だったのである。
 何故なら、基本的に妖怪は異変を起こす存在であり、異変を解決するのは人間であるのだ。今回はその内の一人が完全な妖怪であったというイレギュラーであるが、それは例外中の例外なのである。
 故に、紫としては見事に今回の異変の解決をこなしてくれた勇美には感謝の念で一杯であり、人間である彼女がここまでやってくれるとは思ってもみなかった事でもあるのだ。
 だから、紫は勇美には感心やら驚きやらの様々な感情が入り混じっている状態なのであった。
 なので、彼女は柄にもなく、勇美にまず何から話していけばいいのか頭の整理がつかないのである。
 そんな紫の心情を察したのか、勇美は彼女に気を利かせるようにこう言うのだった。
「あ、そうそう紫さん」
「何かしら?」
 まさか相手の方から話し掛けてくれるとは、今の紫にとっては渡りに舟なのであった。だから彼女は今の状況をありがたく利用する事にした。
「紫さんから貰ったリボン、とても役に立ちましたよ。簡易型スキマなんて便利極まりなかったですねぇ~♪」
「それは勿論、私のスキマの一部ですからね♪」
 勇美が気を利かせてくれた事により、紫の方もいつもの調子を取り戻して飄々とした態度を見せるのだった。そんな中で、さりげなく勇美が取り計らってくれた事にも彼女は感謝するのであった。
 その後勇美は藍や橙とも何気ない会話をして八雲一家との会話を弾ませていたのだった。
 続いてやって来たのは豊姫と依姫の綿月姉妹であった。その二人を見て勇美の表情はぱあっと明るくなった。
 何せ、彼女達とは依姫が本格的に月に帰る時を迎えてから、久しく地上では出会っていなかったのだから。故に勇美の喜びは一入であったのである。
「豊姫さん、依姫さん」
 そう言って彼女は二人の下へと駆け寄っていく。そんな勇美を二人は暖かく迎え入れるのであった。
「お二人も私の誕生日を祝いに来てくれたのですね♪」
 その事が勇美はこの上なく嬉しかったのである。自分にとって恩師である依姫に、自分と同志として歩んでくれる事を誓ってくれた豊姫なのだから。
「もちろんだって、勇美ちゃん♪」
「私達があなたの誕生日に駆けつけない筈がないでしょう?」
 そう綿月姉妹はさらりと言ってのけるのだった。先の旅で、地上の穢れや生命エネルギーを月の民は苦とする事を勇美は良く知ったのである。
 それだというのに彼女達はこうして地上にいる自分の下へと出向いてくれたのだ。その事への勇美の喜びは計り知れないものがあるのだった。
 こうして無事に再会した彼女達は、それぞれの近況報告等で互いに話に華を咲かせるのであった。
 勇美の誕生日会に足を運ぶもの達はこのように着実に増えていったのだ。これで役者は一通り揃ったと思われていた。だが、最後に思わぬ珍客の姿がそこに現れるのであった。
 その者達は、星条旗の道化妖精に、中国の道士風の女性に、奇抜なファッションの赤髪の女性……。
 そう、クラウンピースに純狐にヘカーティア・ラピスラズリといった、今回の異変の大元の原因となった者達である。
 その面子に勇美は驚きを見せつつも、一方で納得した心持ちを抱くのだった。
 そして、彼女達が来てくれた事にも喜びを感じるのは同じであるのだ。だから勇美は彼女達の下へも進んで歩み寄っていったのである。
「皆さん、私の為に来てくれたのですね」
「ああ、あの時以来だな。勇美」
「勇美~、おひさ~♪」
 そう言って地獄の主従二人は快く勇美を出迎えたのである。対して、純狐の方はどこかよそよそしかった。
「あの、勇美さん。責任取って下さいね」
「はいっ!?」
 思わず勇美は声が裏返ってしまった。この目出度い場所で、この人は何を言い出すのだろうと。だが、取り敢えず勇美は先を促す事にしたのだ。
「純狐さん。どういう事ですか?」
「それはですね……」
 果たしてこれを打ち明けるべきかと純狐は迷っているようだった。だが、彼女は意を決して口を開くのだった。
「勇美さん、あなたが変な事を言っていたから、時折ヘカーティアがノーパンになるようになったのですよ。確率で言えば十回に一回位……」
「はぅぇっ……!?」
 それを聞いて勇美はまともな言葉に声を漏らしてしまうのだった。
 勇美は思った。そんなの私の知った事じゃあないと。しかも確率頻度は物凄く微妙な所ではないかと。
 そして、ヘカーティアのスカートの短さでやるのは余りにも危険というものだろう。
「しかも、あまつさえクラウンピースも『それ』に興味を持ってしまう始末なんですよ」
「あ、いや。そこまでなるとは思ってませんでしたから」
「なると思ってなかったで済むと思っているの?」
「いや、そう重みのある言い方されても内容はアレだし……」
 勇美が純狐に迫られてしどろもどろになっていたが、当の純狐の表情はだんだん和らいでいった。
「まあ、でも今回はあなたの誕生日ですし……。この事はまた今度の機会に話し合いましょう」
「あはは……水に流してはくれないんですね……」
 もしかしなくても、この話題も純狐の中で純か化してしまったのだろう。勇美は最早逃れられないと覚悟を決めるのであった。
 まあ、色々いざこざがあったものの、勇美を祝いに来た者達はこれで役者が揃ったのだった。
 そして、誕生日会は無事に滞りなく開催されていった。
 用意されたご馳走を食べ、そして話に華を咲かせ、皆はそれぞれ思い思いの時を過ごし、誕生会は大成功の下にお開きとなっていったのだった。

◇ ◇ ◇

 そして、皆は楽しかった催し物への余韻を残しながら、それぞれの帰る場所へと戻って行ったのである。
 そんな心地よい哀愁に勇美が包まれていると、ヘカーティアから声が掛かってきたのだった。
「なあ勇美、ちょっと一緒に話をしないか?」
「え、はい。良いですよ?」
 話なら誕生日会で十分したのではないかとも思ったが、勇美は彼女に何かしらの考えがあるのだと察して承諾した。
「それじゃあ、ここじゃ何だから、少し人気の無い所へ行こうか」
「はい」
 やはり自分の読みの通り、何か考えがあるのだろうと勇美は首を縦に振るのだった。
 そして、二人は永遠亭の外れにある座れる場所へと赴いたのである。漸くヘカーティアはここで勇美と気兼ねなく話が出来るといった様子だ。
「さて、ここでいいかな?」
「はい、では早速!」
 ヘカーティアが言うや否や、勇美は神速の如く間髪入れずに食らい付いてきたのである。
「他でもありませんよヘカーティア様。ノーパンを経験した感想はどうですかぁ!?」
「ああ、あれは最高だよ。正に未知の領域だな。特に三つの体全てでノーパンになった時の快感は昇天ものだよ」
「さ、三人分……出来ないけど私も経験したい……♪」
 ヘカーティアの禁断の地への誘いに、勇美はここでゴクリと生唾を飲んで食い入るように聞くのだった。
 だが、当のヘカーティアはここで冷静さを取り戻して言い直す事にする。
「いや、勇美、落ち着こう。私は今この話をしようとしたんじゃないんだ。それに、これじゃあボケが流れっぱなしになってしまう」
「あ、それは確かに大事な事ですね」
 円滑な人間関係を築く上で、確かにそれは禁忌であるなと勇美は納得する所なのであった。なので、彼女はヘカーティアが話の軌道を戻す事に賛成するのだった。三体分のノーパンの快感の感覚は如何ほどのものかは、またの機会にじっくりカレーを寝かせるように改めて聞く事として。
 そして、流れを元に戻すべくヘカーティアは口を開く。
「さて、まずは月への襲撃を止めるのではなく、暫く行わないと約束した事について謝っておきたい」
「えっ?」
 その言葉に勇美は素直に驚いたのだ。少々身勝手な取り決めをした本人から、こうして謝罪の言葉があったからである。
「私もこれには申し訳ないと思っているのだよ。そして、はっきり言うと、私はもうそこまで復讐にはこだわってはいないんだ。元凶の嫦娥の夫は純狐が討ったのだからな」
「それって、もしかして……」
 そこまで聞いて、勇美はここで勘が冴えたのである。霊夢程のそれはなくとも、今までの経験からある程度の敏感さは身についているからであった。
「そう、察しが早くて助かるよ。その通り、これは純狐の為なんだよ」
「やっぱり……」
 予想通りの答えだったと、勇美はうんうんと頷きながら聞いていた。
「私の気は完全ではないものの、それなりに晴れている。だが、純狐はどうだ? 彼女は自分の純化の能力で恨みが混じり気の無いものになってしまっているのだよ。だから、頭で分かってはいてもそれを受け止める事が出来ないんだ。そんな彼女が、今からはい、復讐を止めて下さいと言われてそう出来はしないだろう」
「そうですよね……」
 ただでさえ恨みの力というのは凄まじいのだ。そして、純狐の場合はその恨みの濃度が不純物のないドロドロしたものとなって自身を支配しているのだ。それに抗うのは困難を極めるだろう。
「私とて、ずっとそれを続けさせていけないのは分かっている。だが、こういうのは時間が掛かるだろう。だから、我がままな願いなのは承知だが、それまで少し辛抱して欲しいんだ」
「ヘカーティア様……」
 勇美はそう呟くしかなかった。神として永い時を過ごす彼女達であるから、もしかしたら勇美の生きている間には彼女達は再び襲撃はしないかも知れない。だが、それを他人事として見逃すのは勇美の性格上出来ない事でもあるのだった。
 その事もヘカーティアは重々承知の上だろう。だから、彼女はお詫びの意味も籠めて、こんな話を切り出して来るのだった。
「ところで、私達は幻想郷に住む事にしたんだ。だから勇美、お前にも稽古をつけてやろうかと思うんだが、どうだ?」
『悪い話じゃないだろう?』そうヘカーティアは話を持ち出したのだ。
 勇美は今まで主に依姫に稽古をつけてもらっていた。だが、それは彼女が長期的に地上に滞在していた間までの事。いよいよ以って月に帰った彼女はもう、頻繁には勇美の下へ赴く事は出来ないのであった。
 だが、これから地上に住む事にした自分なら、いつでも勇美の面倒を見てやれるだろう、それがヘカーティアの主張する話の内容であった。
 この『オイシイ』提案に、勇美は二つ返事で承諾する事にした。
「はい、喜んでお願いします♪」
「決まりだな。私は『教える』という点では依姫よりは劣るかも知れないが、そこは愛嬌だと多目に見てくれ」
「そんな滅相もないです。ヘカーティア様程の方から直々にご指導頂けるなんて光栄です」
 ここに、ヘカーティアと勇美の間の、かなり思い切った協定が結ばれたのであった。
 と、ここで勇美には聞いておきたかった事が脳裏をよぎったのである。
「ところで、やっぱりヘカーティア様達は幻想郷に住む事にしたのですね。八意先生の言った通りでしたよ」
「ああ、幻想郷は八意が気に入る位の所だからな、私も興味を持つ所というものさ」
 そう言ってヘカーティアは豪快に笑うのだった。そして、勇美はお二人はどういう関係なのだろうと頭の中で首を傾げるのだった。
 だが、それは些細な問題であった。勇美にはこうしてヘカーティアという心強い新たな友が出来たのだから。

第三章【MOONDREAMER リベン珠】完。
第四章【MOONDREAMER ダークサイドオブ嫦娥】に続く。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧