| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第三章 リベン珠
  第35話 事後処理

「見事です二人とも。この勝負、私達の負けのようですね」
 手に汗握る攻防戦の果てに、鈴仙に背後から銃を突きつけられ、純狐は確かにそう発言したのであった。
 つまり、この瞬間に勝負は着いたという事なのである。
 その純狐の敗北宣言にヘカーティアも別段不満を抱いているようには見えない。寧ろ、心の底から納得しているようだ。
 なので、この場で純狐とヘカーティアの敗北について疑問に思う人はいないのであった。
 だが、これを読んでいる人は、恐らくとてもではないが納得してはいない事だろう。そんな人達にも分かるような発言をすべく、純狐達は種明かしをしていくのだった。
「まさか……、ヘカーティアの本体が私の所にあるのを見抜かれていましたとはね……」
 そう純狐はどこか達観したかのように呟きながら、自身に使っていた能力の一部を解除する。
 するとどうだろうか? 純狐の胸の中から人魂のような物が飛び出して来たのであった。これは何だろうかという疑問は彼女達からの発言により解消される事となる。
「はい、という訳でこれが私の本体の魂だ」
「ハンサムですねぇ~♪」
「いや、魂にハンサムもクソもあるか」
 勇美のふざけたコメントにより水を指された感じになってしまったが、ともあれこの魂こそヘカーティアの命と意思の源なのである。
「しかし、この事がよく分かったな?」
「ええ、いくら女神様とはいえ、三つの体を一度に操るには、その中枢となる存在もなしにこなせるものではないと最初から踏んでいました。ヘカーティア様は三つの体にそれぞれの意思があるのではなくて、れっきとした一つの意識を持ってるのが分かりましたからね」
「成る程……そこまで読んでいたか」
 勇美のその洞察力に、ヘカーティアはただただ舌を巻くしかなかったのである。
「勇美の読み通りだ。そして、私の魂を純狐の肉体に純化させて溶け込ませて悟られないようにするというのが私達の作戦だったという訳さ」
 そこまでヘカーティアの説明を聞いて、勇美は一つの事を言っておきたかった。
「それを気付かれなくする為にヘカーティア様は敢えて戦いの前に自分の体が三つである事を明かして自分に目がいき、純狐さんに余り注意がいかないようにしたという事ですね。つまり、あの時から勝負は始まっていたと」
「まあ、そういう事になるな」
 ヘカーティアはその勇美の推測を否定せずに頷いたのである。そして続けた。
「その事について訝っているか?」
「いえ、寧ろ感謝しています。勝負というのは単純な力くらべではない事を再確認出来ましたから。それが私が幻想郷や弾幕ごっこが好きな理由の一つなのですよ」
 そう言えば紫さんも月の面々と知恵比べという形で勝負していたっけ、そう勇美は感慨深く思った。奇しくも今回月絡みの異変で今度は自分が知恵比べする事になったとは何かの縁だろうかと勇美は感じた。
「そう言ってもらえると、私の方としてもこの作戦を考えた甲斐があるってものさ」
 勇美の意欲的な態度にヘカーティアもご満悦のようであった。この作戦は下手をすれば不審に思われても文句は言えないものであった。それを勇美は肯定的に受け止めてくれたのだ。それにはヘカーティアの方も胸がすくというものである。
 こうして両者の間にわだかまりはなくなったのである。後はこれからどうするかが問題となってくるのだ。その事を勇美は言う。
「それで、お二人は今後はどうするのですか?」
「そうだな、クラウンピースが負けた時点で月の都は解放する手筈になっていたから、もう現時点で元に戻っているだろう。元々この勝負は最早計画とは逸脱したものであったからな」
「それは良かったです。これで一見落着ですね」
 そう言って勇美は漸く肩の力を抜く。だが、鈴仙はここではっきりと言っておかなければならないのであった。
「確かに勇美さんの言う通りですね。ですがあなた型には約束して欲しいのです」
「何だい?」
「この一件以降、もう月の都には手を出さないという約束をして欲しいという事です」
 それが重要な事であった。例え今回異変の元凶に打ち勝っても、またヘカーティアが月の都に手を出せば元の木阿弥となるのだ。要は再発防止こそ物事の解決には必要不可欠という事なのである。
 だが、ヘカーティアの口にした言葉は鈴仙の望むものではなかった。
「残念だが、その要求は飲む事は出来ないな」
「そんな?」
 鈴仙は愕然とした。ここまで弾幕ごっこに乗っ取って戦って来て、最後の最後で事態解決の為の意思を相手から承諾してもらえないとは。これでは今までやってきた事が無駄になってしまうのではないか。
 鈴仙がそう思っていると、ヘカーティアはその後を続けた。
「だが、私達は弾幕ごっこに負けた身。故に相手の要求を無視する事はルール違反であろう。だから──」
 言ってヘカーティアは一呼吸置き、
「この先しばらくは月の都には手を出さない……そう約束しよう」
「……」
 その答えに鈴仙は複雑な心持ちとなるのだった。
 確かにこうして要求の半分は相手側に受け入れられた。だが、その約束の内容は永久的なものとはならなかったのだ。これには鈴仙は腑に落ちないものがあって当然であろう。
 だが、ここで勇美は思った。その鈴仙の心境も当然理解出来るのだ。自分だってそう何度も憩いの場である幻想郷が存続の危機に晒されるのはとても落ち着けたものではないのは当然である。
 しかし、勇美は自分も復讐に身を置くものとして、相手の気持ちも感じ取る事が出来るのだった。復讐心というのは、そう簡単にはなくならないものである事を彼女自身よく知っているのだから。
 だから、勇美はこう言うのだった。
「鈴仙さん、確かに今回のような事態が何度も起こってはいけない事は分かります。でも、純狐さん達の気持ちも無碍に出来るものではないって事だけは分かって欲しいのですよ」
「勇美さん……」
 鈴仙はそう勇美に言われて言葉を詰まらせた。この場で復讐心に無縁なのは自分だけなのだ。だから、その心を宿した三人に対して自分は下手に介入出来ない事は鈴仙とて判断出来る事であった。
「でも、それならどうすれば」
「う~ん……」
 鈴仙にそう言われて、今度は勇美が言葉を詰まらせてしまった。
 確かに復讐心というものは無碍には出来ない。だからと言ってその心を野放しにしてはいけない事も事実なのであるのだ。
「まあ、取り敢えず。今度今回のような事があっても対処しやすくするように──私達が今よりももっと強くなるというのはどうですか?」
「どうですかってねぇ……」
 その勇美の脳筋な発想に鈴仙は閉口してしまった。いくら何でもそれは乱暴な発想ではないかと。
 だが、他に良案がないのも事実であった。だから鈴仙はこう言っておいた。
「仕方ないですね。早速永遠亭に帰ったら、一緒に特訓しましょう♪」
「そうこなくては♪」
 勇美とそのような会話をノリノリでしながら鈴仙は思った。──特訓しようとか、自分で言っておいて何だそれはと。自分も随分勇美に毒されたものだと心の中で自嘲するしかなかった。
 一方で、勇美の方も事態の解決をこのような体育会系的な発想だけで終わらせておくのは忍びなかった。なので、もう一つの事を純狐達に伝えておくのだった。
「純狐さん、ヘカーティア様。私はあなた方が今回のような行為以外での復讐の方法を見つけられる事を望みます」
 それが勇美の願いであったのだ。何故なら彼女はかつて目の前の二人のように復讐に囚われていた者を知っているからだ。
 その者も勇美に同じような事を言われて何かが変わったのだった。今では『人形解放』の事は完全には諦めていないものの、自分に磨きを掛けたりして建設的な行為をする事を自身の復讐として見出しもするようになったのである。
 勿論、今の二人の復讐心を抱いた内容はその者よりも遙かに重いので、一緒に扱える程容易な話ではない。だが、勇美のやり返すだけの復讐ではいけないという気持ちは同じように二人に向けられているのだった。
 勇美にそう言われて、純狐とヘカーティアの二人は暫く狐に摘ままれていたかのような感覚に襲われていたが、漸くそれも収まり気を持ち直して勇美に言うのだった。
「確かに、勇美の言う通りかもな。その事は頭の隅に置いておくよ」
「……」
 ヘカーティアは勇美に言葉を発したが、純狐の方は無言であった。
 無理もないだろう。彼女は自身の能力により復讐心が純化してしまい、今までずっとそれに囚われてしまっていたのだ。それを昨日の今日ではい分かりましたとばっさりと気持ちを切り替える事など難しいからだ。
 だが、今回の事で勇美は二人が何か変わってくれる事を願うのだった。それは、二人の話を聞いた時から引っ掛かっている事が関係していた。
 二人の復讐が真っ当な仇討ちなら勇美は介入しようとは思わなかっただろう。それが道徳的に反していても、彼女には付け入る余地などないのだから。しかし、二人が今行っている復讐の内容はどこかに違和感があるのを、勇美は覚えてならなかったのだった。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧