| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

俺様勇者と武闘家日記

作者:星海月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第1部
ポルトガ~バハラタ
  はじめての黒胡椒

 カンダタ一味を倒した後、私たちがバハラタの町に戻ったときには、辺りはすっかり日が暮れていた。
 町の入り口を見てみると、どうやらまだグプタさんたちは戻ってきてないようだ。こっちはルーラで飛んできたので、当たり前と言えば当たり前だが。
「取り敢えず、先に着替えてきたらどうだ?」
 ナギに言われ、改めて自分の身体を見てみると、せっかくマーリーさんに借りたタニアさんの服がボロボロになっている。
 土ぼこりや擦りきれどころか、破れや血までついているので、洗ったとしても返せる状態にはならないだろう。
「うーん、私はここで待ってるよ。シーラはどうする?」
「あたしも皆と一緒に待ってる☆」
 正直この格好で、服を貸してくれたマーリーさんのところに行くのは憚られる。シーラも同じことを考えていたらしく、二人ともここでグプタさんたちを待つことにした。
 とはいえ、ボロボロの服を着て町の入り口に立っているのも気恥ずかしい。現に何人かの町人がこっちを二度見してくるのを見るたびに気まずくなる。
 隣にいるシーラを横目で見ると、ご機嫌なのか鼻唄を歌っていた。わだかまりが解けたからか、どことなく清々しい顔になっている。
 なんだかこっちまでご機嫌になってきてしまい、無意識に頬が緩む。
 だけどこういうことにはめざといユウリに、「何間抜け面晒してるんだこのボケ女」とか言われてしまい、頬を膨らませる私。
 やがて東の空を見てみると、薄紫にたなびく雲の狭間から、黒い影がこちらに向かってやって来ていた。近づくにつれ、それはグプタさんたちが乗っている幌馬車だということがわかる。けれど急いできたらしく、ひどく慌てた様子で手綱を引いている。
 車輪と地面の擦れ合う音とともに目の前で止まった馬車の御者台には、息を荒げたグプタさんと、その横で必死にしがみつくタニアさんの姿があった。
「何かあったのか?」
 ナギが御者台に座ったままの二人に尋ねると、グプタさんは青ざめた顔で歯をガタガタと震わせながら、こちらを向いた。
「皆さん、すいません!! カンダタを逃がしてしまいました!!」
『何だと?!』
 ナギとユウリが口を揃えて叫んだ。その形相に、グプタさんはますます怯える様子を見せる。
「グプタさん、一体何があったんですか?」
 私が問い質すと、グプタさんの代わりにタニアさんが説明してくれた。
「町に戻る途中、いきなり中から物音がして……。何かと思って後ろを向いたら、縄を解いたカンダタが馬車から転がり落ちたの!」
「そんな……! じゃあ自力で縄を解いたってこと?」
「くそっ、縄に何か仕込んでおけばよかったぜ」
 ナギが歯噛みしながら呟く。
「ごめんなさい、僕がもう少し注意していれば……」
「いや、お前は悪くない。それに、カンダタたちをお前らに任せた俺たちにも責任がある。だが逃げたとしても、あの怪我で当面カンダタ一人でどうにか出来るとは考えにくい。とにかく今は、あの変態の仲間だけでも役所に突き出すぞ」
 そういうとユウリはナギを呼び寄せ、馬車から未だ寝ているカンダタの仲間を叩き起こすと、知らぬ間に拘束されている事態に混乱している彼らを問答無用で歩かせる。
「俺とそこの男で役人のところに向かうから、お前らはジジイの店で待ってろ」
 そう言うとユウリは、グプタさんを連れて先に町の中へと入っていった。
 二人を見送ると、私は未だ動揺しているタニアさんに改めて事情を説明した。
「それじゃあ、ユウリが戻るまでタニアさんの家で待っててもいいですか?」
「は、はい、もちろん!」
「あと、その、すいません。今私たちが来てる服なんですけど、タニアさんの服なんです。カンダタのアジトに行くためにどうしても必要だったんですが、見ての通りボロボロにしてしまいまして……ごめんなさい」
「ううん、気にしないで。あなたたちがいなければ、私は今頃盗賊たちに売られていたんだから! むしろお礼をしてもしきれないくらいだわ!!」
「タニアの言うとおりです! 僕のことも助けていただいて……! 本当にありがとうございました!!」 
 二人して、ぺこぺこと頭を下げる私とタニアさん。見かねたナギが、間に割って入る。
「いーから、早く用事を済まそうぜ! 昨日から何も食ってないから限界なんだよ!」
 そういえば、私も結局何も食べてなかったんだ。お腹をさわると急に空腹感が沸いてきた。
「だったら、私の家で食べていって! せめてものお礼がしたいの!」
「でもタニアさん、疲れてるんじゃ……」
「大丈夫! それより皆さんの方こそお疲れでしょ? せっかくだから今晩泊まっていって欲しいわ」
 なんて有難い申し出だ。せっかくのご厚意だし、何より断る理由がない。私たちは揃って頷いた。



 気づけば夜の帳が降りている。そんな中私たちは、タニアさんとマーリーさんとともに、彼女らの家へとお邪魔することになった。
 どうやら彼女は祖父であるマーリーさんと二人暮らしで、ご両親はタニアさんが物心つく前に亡くなってしまったらしい。
 以来、マーリーさんと二人で店を切り盛りしながら生活しているそうで、グプタさんと出会ってからは、すっかり彼に頼っているようだ。
 そんなことを道すがら話していたので、私たち女三人はすっかり仲良くなってしまった。
 家についてからタニアさんは、早速食事の支度を始めたので、私も自分の服に着替えたあと、彼女の手伝いをすることにした。ナギはマーリーさんと一緒にお風呂の用意、シーラは客間を借りて寝る準備を進めていた。
「ありがとう、ミオ。正直皆が手伝ってくれるから本当に助かるわ」
 キッチンでスープの野菜を切るタニアさんに声をかけると、苦笑しながらそう彼女は答えた。
「タニアさんも、疲れてるのに大勢で押しかけちゃったりして、迷惑じゃない?」
「そんなことないわ。いつもおじいちゃんと二人きりだし、私はこういうにぎやかな方が好きなの。あと、さん付けはやめてね、タニアでいいわ」
 そういうと、タニアは手際よく野菜の皮を剥いていく。
 私も隣に立ち、一緒に野菜の皮を剥きながら、タニアと他愛のない話で盛り上がっていると、
「ミオは、恋人とかはいないの?」
 と、突然突拍子もないことを聞いてきた。
「はい!? あ、いや、いないよ。そもそもそれどころじゃないもん」
「ええ!? もったいないわ、ミオなら二、三人ぐらいいてもおかしくないのに!」
 いったいどういう意味なんだろう、と考えていると、
「ねえ、実はユウリさんかナギさんのどちらかと付き合ってるんでしょ? 正直に言いなさい!」
「ち、違うよ!! そんなわけないじゃん!!」
 なんて人をからかってくるから、つい手元が狂って包丁で指を切ってしまった。
「痛っ!」
「やだ、大丈夫? ごめんなさい、私ったら調子に乗って……」
「いや、今のは私の不注意だから。気にしないで」
 おとなしくなってしまったタニアさんに目を向けながらも、黙って切った指を舐めて痛みを和らげる。
 すると、後ろから突然髪の毛を引っ張られた。
「ずいぶん騒がしいな」
 振り向くと、呆れ顔で私の髪の毛を引っ張るユウリの姿があった。どうやらカンダタの子分を役所に送り届けて、今戻ってきたらしい。
「ユウリさん、ありがとうございました。ところで、グプタは……?」
「あいつならジジイと一緒に盗まれた黒胡椒を馬車から下ろしにいったぞ」
 そうだった。盗賊たちを捕まえたとき、アジトにあった盗まれた黒胡椒も一緒に持ち帰ってたんだった。
「ジジイがこれを使えと言っていた」
唐突にそう言うと、ユウリはタニアに小さな袋を手渡した。
「何? その袋」
 袋の中を覗いてみると、見たことのないほど小さい黒い粒がぎっしりと入っていた。
「ミオは初めて見るんだっけ。これが黒胡椒なのよ」
「えっ、これが?!」
 この黒い粒々が黒胡椒……。調味料って言ってたけど、一体どういう風に使うのか見当もつかない。
「ユウリさん、今回は助けていただいてありがとうございます」
 タニアさんは包丁を置き、ユウリに向き直って深々と一礼した。
「それと……すみません。あの人が身勝手な行動をしてしまったせいで、皆さんに迷惑をかけてしまって……」
「全くだ。運良くカンダタに捕まったからよかったものの、途中の森で魔物にでも喰われてたらどうすることもできなかったぞ」
ぴしゃりと言い放つユウリに、タニアさんが何も言えないでいたので、思わず私は口をはさむ。
「もう、助かったんだからいいじゃない。グプタさんだって、タニアさんを助けたい一心で向かったんだから」
 その言葉にユウリは私をぎろりと睨みつけると、今度はこっちに矛先が向けられる。
「お前が言うな! 大体お前がバカな作戦を考えるからあんな面倒なことになったんだろうが!!」
「なっ……、ユウリだって納得してくれたじゃない!!」
 私が火花を散らしていると、ユウリはなぜか下の方に目をやっている。何かと思って視線を下に向けると、先ほど切った指の先から、血がにじんでいた。
「なんだ、怪我したのか」
 そう言うなり、ユウリは無言で私の腕を引っ張り上げると、ホイミの呪文を唱えた。
「!?」
「こんな大したことない怪我のために、貴重な魔力を使ったんだ。せいぜい俺に感謝しろ」
 と、言うだけ言うと、さっさとリビングの方へ向かってしまった。
 別に回復してなんて頼んでないんだけど。なんで一方的にそんなことを言われなければならないんだろう。
 治してくれた感謝より、小さな怒りがふつふつと沸いてくる。すると、ふと視界の端でタニアがじっと私を見据えていた。
「な、何!?」
 驚いてタニアの方を向くと、タニアは私と目を合わせた途端、にやっと顔を綻ばせた。
「やっぱり、あなたたち付き合ってるんじゃないの?」
「違うってば!!」
 どこをどう見たらそう見えるんだ。私は全力で否定した。 



 夕餉の準備ができ、他の人もそれぞれ仕事を終えたのか、皆同じタイミングでダイニングにやってきた。
 グプタさんは自分の家に戻り、ユウリはマーリーさんとともに一抱えほどの袋を運んできた。
「ユウリ、それなあに?」
「ポルトガ王に渡す分の黒胡椒だ」
 ああ、そういえば、ポルトガの王様に頼まれてたんだっけ。ていうか、あれだけで一体どれくらいの値段になるのだろうか。
「あー、すげー腹減ったー!!」
 ユウリたちのあとに大声を上げながら戻ってきたのは、ナギとシーラだった。今まで一緒にいたんだろうか?
「ミオちん、今日のご飯は何~?」
「うんとね、野菜のスープとパン、あとガーリックソースのパスタと、鶏肉のバジル焼き!」
「ふぁ~、おいしそう♪ 待ってた甲斐があったよ~!」
 パン以外はなんと、黒胡椒を使っている。他では絶対に食べることができないくらいの超高級料理だ。けれどタニアさん曰く、他国では高値で取引されているが、ここバハラタ地方では割とよく採れるため、一般家庭でもなんとか手が出せる値段なのだとか。どちらにしろ、旅がらすの私たちには二度と味わえない料理の数々だ。
 皆揃ったところでお祈りをし、一斉に食べ始めた。
「やべえ、何これ?! ホントに鶏肉か?!」
 開口一番、感嘆の声をあげたのは、真っ先に鶏肉にかぶりついたナギ。次いでユウリも自分の分の鶏肉を口にいれる。すると、普段全く表情に出ない彼の目が見開いた。
「なるほど……。ポルトガの王たちが魅了されるだけあるな……」
 私も一口食べてみる。口にいれた瞬間、鶏肉の香ばしさと黒胡椒の風味が口の中に広がっていく。塩との相性も抜群だ。
 普段お店に出回ってるような鶏肉の香草焼きに、黒胡椒を数粒振りかけただけなのだが、こうも違うものなのか。
 続いてパスタにも手を伸ばす。ニンニクをオリーブオイルで炒めたところに、野菜と茹でたパスタを絡めたシンプルな料理だが、これもまた黒胡椒によって素材の旨さを何倍にも引き立たせている。
「ミオが考えたこのパスタ、とっても美味しいわ!」
「タニアが作ったスープも、胡椒が利いててとても美味しい!」
 タニアも蕩けそうな表情を浮かべながら次々に料理を口に運んでいく。
 皆が料理に舌鼓を打つ中、マーリーさんはお腹がいっぱいになったのか、それとも今までの心労で疲労が溜まっていたのか、うつらうつらとし始めた。
「やだ、おじいちゃん! こんなところで寝ないで!」
 タニアさんが慌てて傾きかけたマーリーさんの身体を支える。だがすでにマーリーさんの意識は夢の中に行ってしまったようで、ぐうぐうと寝息を立てている。
「もう、おじいちゃんったら……。ごめんなさい、祖父を寝室まで運んでいくわね」
「一人じゃ大変だろ? 手伝うよ」
 ナギが席をたち、タニアさんと共にマーリーさんの肩を持って上げた。
「ありがとう、ナギさん。皆、おかわりもあるからゆっくり食べていってね」
 そう言うと、タニアさんたちはマーリーさんを寝室へと運んでいった。
 三人となったテーブルに、しばし静寂が落ちる。
 食器の音が慎ましく響く。何か話題がないかと考えあぐねていると、
「あのさ、二人とも、ちょっといいかな?」
 シーラの方から話しかけてきた。ユウリは視線をシーラに向けただけだが、おそらく肯定だろう。もちろん私も頷く。
「ありがとう。あのね、これからのことなんだけど……」
 そのまま、彼女は言い淀む。少し待って、シーラはようやく口を開いた。
「……あたし、一度ダーマに戻ろうと思うの」
「!!」
 思わず口に入れていたスープを吹き出しそうになった。
 けれど顔を見ると、その決断が一朝一夕で決めたものではないことを物語っている。
「ど、どうして? 別に今じゃなくても……」
「ダメだ」
 私の言葉を遮り、即座に否定するユウリ。
「今は一刻も早く船を手に入れて、魔王の城に行くまでの手がかりを探すのが第一だ。お前のわがままには付き合えない」
低い声で言い放つ勇者の言葉に、シーラは苦笑いを浮かべる。
「待ってよユウリ! そんな頭ごなしに否定しなくてもいいじゃない! シーラだって、それくらいわかってるよ!」
私が憤慨するが、シーラは落ち着き払っている。そして静かに、きっぱりと言った。
「うん、それはわかってる。だから、あたしとナギちんだけでダーマに行こうと思うんだ」
「え……?」
その予想外の発言に、私は手にしていたスプーンを取り落としていたことに気づかなかった。



 
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧