| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第三章 リベン珠
  第28話 決戦の前の一時

「ううう……規格外すぎるわよぉ……」
 そう言って頬を膨らませて抗議しているのはクラウンピースである。
「ヘルエクリプスに狂気の瞳を投影するなんて、やっていい事と悪い事があるっての!」
 尚も彼女の不満は収まらない。だが、鈴仙とて言いたい事はあるのだった。
「あなただって、妖精として十分に規格外でしょうに」
 それが鈴仙の言い分であった。切り札的なスペルカードまで投入してくる妖精など、今まで知る由もなかったからのだから。
 そのように二人がやり取りしていると、そこに勇美が入って来たのである。
「まあ、二人とも言いっこなしですよ。要はあなた達二人とも規格外って事なんですから」
 そう勇美が言った瞬間、辺りの時間は止まったかのようになった。
 そして、時は動き出す。
「いや、あなたが一番常軌を逸しているわよ!」
「同感ですね」
「はうっ……☆」
 そのようにしてクラウンピースと鈴仙の突っ込みの総攻撃を受けて勇美は怯んでしまったのだった。
 だが、当の勇美にだって言い分というものはあるのだ。
「でも、私のこの力は依姫さんの神降ろしの力を借りているが故ですよ」
「それを差しおいてでもですね……」
「そうそう、私のフェイクアポロにハッキングするなんて、そう易々とこなせる芸当じゃないって事よ」
「そうかな~……」
 そう二人に言われても勇美は実感が持てなかったのだった。その理由は、彼女は今までがむしゃらな気持ちで神降ろしの力を借りて戦って来たので、それによる戦法がいかに大それているかという事を感じ取る事が出来なかったという事なのである。
 それはともあれ、今の問題はその後の事である。そう思っていると、クラウンピースは口を開いたのだった。
「でも何で? 生命の象徴である我々妖精族がここを支配している限り、月の民は手も足も出ないって聞いたのに……」
 クラウンピースのその呟きに勇美はやや横槍を入れるような感覚で言った。
「そう言ってもね、私の場合は地上の人間だからね」
「くそぅ……何でこんなイレギュラーなのが……」
 勇美から告げられたその事実にクラウンピースは舌を巻くしかなかったのである。
 対して、クラウンピースが言った事を鈴仙は聞き逃してはいなかったのであった。
「ちょっと待って下さい。誰からその話を聞いたのですか?」
 その話とは、他でもない生命で支配すれば月の民は手も足も出せないという事についてである。
「それはね、あたいの『ご主人様』の『ご友人様』だよ。そのご友人様の力で妖精達を『純化』したってワケ」
「純化?」
 その聞き慣れないキーワードに、当然勇美は聞き返すのだった。
 それも至極真っ当な反応だろうと、クラウンピースは詳しく説明していく。
「要するに構成する要素を混じり気のない純粋なものにする能力って事だよ」
「う~ん、よく分かんないけど、要は『果汁100%ジュースにするような能力』って事かな?」
「いや、それてはちょっと違うような」
「そもそも勇美さん、果汁100%の表記は本当に果汁だけではないんですよ」
「えっ、そうなの?」
 二人に総駄目出しをされて、軽く勇美は凹みそうになった。そして、今明かされた『果汁100%』の事実に驚愕するのだった。
「まあ、何だ……」
 ここで勇美は気持ちを整理するのだった。未だに果汁100%が本当の100%である事実を受け止める事が出来ないでいたが。
「これから、クラウンピースさんはどうするの?」
 それが問題であろう。勇美達が勝った以上、現状を維持するという事はクラウンピースには出来ないのだから。
 それに対して彼女はさらりと言ってのける。
「うん、勿論私達妖精は今の状態から引かせてもらうよ」
「えっ!?」
 いともあっさりとクラウンピースが言うものだから、勇美は呆気に取られてしまったのであった。いくら何でも、月の都を侵略しようとした一味の対応としては些か潔すぎではないだろうか。
 当然勇美はその旨をクラウンピースに伝えると、彼女はこう答えるのだった。
「だって、あたいは『弾幕ごっこ』に負けたんだよ。だったらそのルールに従うまでだよ」
 そう当然のように答えるクラウンピースに、またも勇美は驚いてしまう。そして、とても喜ばしい気持ちとなるのであった。
 どうやらその気持ちが顔に出てしまっていたようだ。その事をクラウンピースに指摘される。
「何よあなた、ニヤニヤして気持ち悪い……」
『気持ち悪い』等と面と向かって言われたら、大体の場合は気分が凹んだりメンタルにダメージを負ったりしてしまうものだろう。だが、今の勇美の心はそれすらものともしない程高揚していたのだった。
「あ、ごめんね。でも嬉しくって♪」
「何がよ」
 勇美の話の要点が掴めずに、クラウンピースは首を傾げるしかない。そんな彼女の為に勇美はこう答える。
「私は弾幕ごっこはわだかまりを無くして分かり会える手段だと思っているからね。言うなれば、弾幕ごっこに最後まで従ってくれる人達はみんな仲間だって思える位だからね」
 その言葉には、暗に『最後まで弾幕ごっこに従ってくれない者は仲間とは呼べない』という言外のメッセージが籠められている事に鈴仙は鋭く気付いたが、その事をクラウンピースが知る由は無かったのである。
 だが、その真意は知らずとも、勇美にそう言われてクラウンピースは悪い気はしないのであった。
「『仲間』か……。そう言われると嫌な気持ちはしないわね」
「そうでしょう、そうでしょう」
 こうしてクラウンピースから同意を得られて、ますます勇美の気持ちは昂っていくのである。
「まあ、取り敢えずこの洞窟から出たら、あたいの仲間達に退くように説得するよ」
「うん、そうしてくれると助かるね」
 大規模な異変となった今回だが、事は意外に順調に解決の方向に向かっているなと勇美達は実感する。
 この事から、自分達のやるべきなのは後一息なのだと彼女達は思うのだった。残すのは、今回の月の都の侵略を企てた首謀者とやらと決着を着けるだけなのだと。
 その事実を噛み締めながら勇美は言葉を放つ。
「もう……一息ですね鈴仙さん」
「ええ、勇美さんの言う通りですね」
 勇美に言葉を返しながら鈴仙は思い返す。考えてみれば、自分はこうして主役になって異変解決に向かったのは初めてだと。
 そして、今回の旅でパートナーとなる勇美と共に解決にまで後一歩という所まで来たのである。それを達する事が出来たら、今後の自分にとって間違いなくプラスとなるだろう。
 そう心の中で鈴仙は決意を新たに噛み締めるのだった。
 だが残念。世の中には燃える心を萎えさせる障害となる事態というのは必ず起こるのである。今回もそれが正に姿を現そうとしているのだった。
 事の発端はクラウンピースのこの言葉である。
「ところで……まずあなた達の名前は何だっけ?」
「あ……」
 そう言えばクラウンピースには自分達は名乗っていなかった。そう改めて思い、勇美はお詫びの気持ちと共に自己紹介を始める。
「私は黒銀勇美。そしてこの兎さんは鈴仙・優曇華院・イナバさんだよ」
「よろしくね、クラウンピースさん」
 勇美に勧められて鈴仙も自己紹介をするのだった。こうしてここにいる者達は皆、互いの名前が行き渡ったという事である。
「難しい話はさておき……ちょっと聞いていいかな?」
 ここで、突如クラウンピースは体を乗り出して勇美に聞いて来たのである。
「な、何?」
 そんなクラウンピースの様相に、勇美はたじろぎながらも返す。対してクラウンピースはこんな質問をしてきたのだ。
「勇美はそのミニ丈の和服で戦ってた訳だけど、その心地はどうだった?」
 突然のクラウンピースのその質問に一瞬勇美は呆けるが、再度意識が集中されていくと彼女は満面の笑みを浮かべ始めたのであった。
「よくぞ聞いてくれましたぁ♪」
「うわっ!?」
『待っていました』と言わんばかりの勇美の態度に、質問の当事者である筈のクラウンピースですら怯んでしまう程であった。それに構わず、勇美は意気揚々と言葉を紡いでいく。
「いい? これは大切な事だから、耳をかっぽじってよく聞くように」
 そう言う勇美の様子は正に、水を得た魚と言う表現が見事に当てはまるものであった。そんな先程の自分よりも喰らいつくような振る舞いに、クラウンピースもタジタジのようだ。
「それはもう最高だよ。和服の肌触りが足に直接伝わる状態で戦うんだから、気持ちいいのなんのって♪」
「ほお~」
 勇美のその意見に対して、クラウンピースは興味津々に聞き入っていた。それに気を良くした勇美は尚もハメを外す。
「それに、まだやった事はないんだけど、ノーパンで戦ったらさぞかし快感な事でしょうね。どれだけ開放的な気持ちで戦えるかって想像しただけでも心躍るよ♪」
「の、ノーパンで……」
 その魅惑的なフレーズに、クラウンピースは喰らいつくのだった。未だ自分にとっては未踏の地への渇望に彼女は打ち震える気持ちとなる。
「何か、聞くだけで魅力的な響きだねぇ……」
「そうでしょう、そうでしょう。クラウンピースもタイツなんて着てたら一生味わえないと思うよ」
「でも、あたいがこのピエロ姿やめたら『クラウンピース』じゃなくなるよ。クラウンって『道化』の意味だし」
「それなら、改名してでも スカートを履けばいいと思うよ」
「成る程……」
 クラウンピースは勇美のその案に『その手もあったか』と感心しながら聞いていた。これからは別に道化にこだわらなくてもいいのかも知れない。何たって『ノーパン』に近づけるスカートを履く事が出来るのだから、それに比べれば道化を捨てるのはリスクよりもリターンの方が大きいというものである。
 このように、クラウンピースが彼女にとって一大決心をしようと画策している所に、この話を側で聞いていた者の介入があったのだ。
「って勇美さん、何を教えているんですか!?」
 そう言うのは鈴仙であった。それと同時に彼女は勇美の頭部に無慈悲なチョップを喰らわせていたのである。
「な なにをする きさま!」
「『きさま』はいいとして、あなたは何を教えているのですか!?」
 鈴仙の攻撃の痛みにうずくまりながらも、その質問に勇美はさも平然と言わんばかりにこうのたまう。
「何をって、スカートやノーパンの素晴しさを伝えているに決まっているでしょう? 鈴仙さんもスカートを履いている以上その魅力は分かるでしょう?」
「……私には断じてそのような趣味はありません」
 どうやら、勇美の誘惑は鈴仙に通用しないようで、彼女は極めてきっぱりと言ってのけたのであった。
「と、茶番はここまでにしておこうね」
「茶番でノーパンなんて如何わしいものを勧めるなって」
 鈴仙の手厳しいツッコミが入ったものの、ここで話は纏まったようだ。一先ず三人は洞窟の外へと出る事にしたのだった。
 そうして洞窟の外へ出た所で、勇美はこんな提案をしてきたのである。
「あ、そうだ。折角ですから、ここで皆さんで記念撮影するというのはどうですか?」
 その提案を聞いて、鈴仙は成る程と思うのであった。勇美は人生で初めて月面に降り立ったという経験をしたのだ。そして、そのような経験はほとんどの現代人ではそう巡り合う事の出来ない事なのだ。
 故に今勇美がこうして心踊るというのも頷ける事だろう。なので鈴仙の答えは決まっていたのだった。
「いいでしょう。勇美さんにとっては中々経験出来ない事ですからね」
「分かってくれると嬉しいですね」
 自分の気持ちを察してくれる鈴仙に対して、勇美は有り難みを感じながら言った。そして、勇美はもう一つ重要な事を付け加えるのだった。
「それじゃあ、クラウンピースさんも一緒にどう?」
「えっ? あたいも?」
 その提案にクラウンピースは狐につままれたような心持ちとなるのだった。まさか、先程まで敵であった自分にまでお呼びが掛かるとは思ってもみなかったのだから。
 当然その事をクラウンピースは指摘しようとする。
「でも、あたいは……」
「それは言いっこなしだよ。さっきも言ったと思うけど、私は最後まで弾幕ごっこをしてくれた相手はみんな仲間だと思っているからね」
「勇美……」
 そのような事を言われて、クラウンピースは心なしか目頭が熱くなるかのようであった。
「それじゃあ決まりだね」
 勇美はそう言うと、携帯式のスキマからカメラと三脚台を取り出したのである。その行為を見ながら鈴仙は諦めと達観の境地の元言う。
「やっぱりそれ、何でもアリですねぇ」
「まあね、でもそれは言いっこナシですよ」
「それもそうですよねぇ……あはは」
 もうこうなってしまっては鈴仙は笑うしかないと、乾いた笑い声を出しながらやるせない気持ちとなるのだった。
「はい、チーズ」
「はい、はい」
「あたいはクラウンピースなだけに、ピースしておくわね」
 と、紆余曲折あったものの三人は仲良く一緒に写真撮影に成功するのだった。

◇ ◇ ◇

 そして、勇美達から解放されてクラウンピースは自分の主達の元へと戻りながら独りごちていた。
「あの二人、仲が良いだけじゃなかった……。早くこの事をご主人様とご友人様に伝えないと……」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧