| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第三章 リベン珠
  第25話 月面旅情

 サグメの計らいで月の都の官邸で憩いの時を過ごして一夜を明けた勇美と鈴仙は、朝食も済ませて今正に出発の時を迎えようとしていた。彼女達は今、月の都の入り口にいる。
「サグメさん、何から何までありがとうございました」
『いえ、今の私に出来る事をさせてもらったまでですよ』
「私の方からもサグメ様、色々ありがとうございます」
 勇美達のやり取りの中に鈴仙も入り込んで話す。そんな鈴仙に対してサグメは言葉を返した。
『鈴仙、あなもただの玉兎だと思っていたのに、立派に役目を果たしていますね』
「私も、自分に出来る事はしていこうと思っての事ですから」
 サグメに言われて、鈴仙はそう言って胸を張った。対して、サグメは今一度勇美の方へと向き直ってから言う。
『今のあなた、いい目をしているわね』
 そうサグメが指摘する通り、今の勇美の表情はすこぶる凛々しいものとなっていたのである。その理由は勇美の口から明らかとなる。
「ええ、今回の事で依姫さんが私のために随分無茶をしてくれていたって事が分かりましたからね。あの人のために今の自分が出来る事を精一杯したいって気持ちになっているんです」
 その事は、サグメから今の月の都が何者かの手により、月の民にとって毒となる生命の力で覆われているのを勇美が知ってからであった。
 それが示すように、月の民にとって生命や穢れは本来避けて過ごさねばならない代物なのだ。
 だが、依姫はそれらの要素が蔓延する地上に存在する幻想郷にて、付きっ切りで勇美の面倒を見てくれていたという事を勇美は理解したのだ。
 勇美はその事実を知って、自分の胸の内が色々な感情で溢れそうな心持ちとなったのだ。依姫に対して申し訳なさや、感謝の念で一杯となるのだった。
 それが今の勇美の背中を熱く後押しする要因となっていた。そして、勇美は思うのである。
 自分には何事からも逃げないような心の強さは持っていない。逃げ道は姑息に用意するような人間だと自身で理解しているのだ。
 勿論その事を勇美自身は否定する気はなかった。それこそが自分らしさだと受け止めているからである。
 だが、今回は月の騒動を解決するまでは勇美は自分は逃げないと心に決めたのであった。それこそが、今までの依姫に恩を返す事、そして依姫の下で成長していった自分自身に応える為であるという考えに勇美は至ったからなのだ。
 その想いを胸に、勇美は今の無二の仲間である鈴仙と共に最後の決戦の地へと赴こうとしているのだ。
「それではサグメさん、行ってまいります」
『ええ、気を付けて行くのですよ、鈴仙もね』
「はい、サグメ様」
「勇美さん、鈴仙。無事に戻って来て下さいね」
 ここに勇美、鈴仙、サグメ、イシンの心は一つになっていた。そして、勇美と鈴仙はここで旅立ちの時となるのである。
「それでは行って来ます」
 その言葉を残して歩を進めた勇美と鈴仙の後ろから、サグメの声が掛かるのだった。
「気を強く持って行きなさい。あなた方ならきっと『あの者』に打ち勝つ事が出来るでしょう」
「「え?」」
 それを聞いた勇美達は頭に疑問符を浮かべた。確かにそれはサグメ自身の本当の『声』であったと思われたからである。

◇ ◇ ◇

 そして、勇美達が本当に旅立ったのを見届けたサグメはここで言葉を発する。
『……これで本当に良かったのかしら?』
「ええ、今回の事は私達ではなく、あの子達が解決しなければならない事ですから」
 そう、サグメに呼び掛けられた者の一人はいかにも生真面目そうな声質でそう言った。そして、その者はサグメに対してこう言う。
「ごめんなさいね。貴方にも私の我がままを聞いてもらう事になって……」
『気にする事はないわ。私達は同じ者を師と仰ぐ同志なのだから』
「そう言ってもらえると助かるわね~」
 そこに入って来たのは、生真面目そうな者とは対照的な、能天気そうに話す者の声であった。
 そんな『二人』を前にして、サグメは話を進める。
『でも、はっきり言って今の異変は『あなた方』が解決に向かった方がてっとり早いと思うのだけれどね……』
「いえ、『あの者』は率直に言うと私以上の実力を持っていますから、いくら私とて一筋縄ではいかないでしょう」
『それでも、あなたの能力はただの力ではないでしょう。純粋な力量を埋め合わせる程の可能性を、あなたの能力は持ち合わせているのだから』
 そう言うサグメに対して、生真面目そうな者はこう答える。
「ええ、確かに私の能力を使えば容易とはいかないまでも勝てるでしょう。ですが、それでは意味がありません」
『そこで、あの子達の事になる訳ね?』
「そういう事です。あの子や他の幻想郷に住まう者は今回のような事態に、自分達の力で対処出来なければならないのですからね」
 その言い分に、サグメは「成る程」と言って頷き、結論を言う。
『あなた、お厳しいのね♪』
「ええ、よく言われる事ですね♪」
 その言葉を交わした後、三人は笑い合ったのだった。そして、イシンは置いてきぼりであった。

◇ ◇ ◇

 そして、勇美と鈴仙の一行は目的の地へと赴くが為に歩を進めていたのだが……。
「……」
 その事で勇美は言葉を失っていた。一体これを現実のものとして受け止めていいのかと考えあぐねているのだった。
 だが、いつまでも考えていても仕方がないものだ。ここで意を決して勇美は口を開いたのである。
「あの、鈴仙さん」
「何ですか?」
 勇美に言われて、鈴仙は何事かと首を傾げる。
「取り敢えず、四の五の言わずに私の頬をつねって下さい」
「その言い方ってどうなの?」
 勇美のあんまりな物言いに鈴仙は閉口してしまった。だが、取り敢えずは相方の要望に応えてあげなくてはいけないだろう、そう思い鈴仙は行動を実行に移すのだった。
 彼女は寸分の迷いもなく両手を使って勇美の頬をむにぃ~っと引っ張ってあげたのだ。その間も鈴仙は「やっぱりこの子のほっぺたって柔らかくて気持ちがいい」等と感じていた。
「ほら勇美、これでいいですか?」
「ふぁい、あいがとふほざいまふ」
 頬を引っ張られているが為に舌ったらずな口調で勇美はお礼を言った。そして鈴仙はその手を放すのだった。
「全く。勇美さんは私にこんな事をさせて、一体何が狙いなんですか?」
「あ、ごめんなさいね……」
 そう言って謝っておいた勇美であったが、その後真意を伝えたのである。
「やっぱりほっぺたが痛かった訳ですから、これで今の現状が夢じゃないって事が分かりましたよ」
 そう、勇美は今のこの時を未だににわかには現実の事だと受け止める事が出来ずにいたのである。それは些か往生際が悪いと言えよう。
 だが、それも仕方のない事であろう。今彼女達は正真正銘の『月面』を歩いているのだから。
 始めは勇美は、これから向かう所を『静かの海』と聞かされて、てっきり自分の見慣れた波の打ち付ける海岸に辿り着くものとばかり思っていたのである。
 だが、いざ月の都から外へ出て目の前に広がっていたのは、テレビで目にするような宇宙空間を空に携えた無骨で無色な月面だったのである。
 勿論、勇美は宇宙空間で人間が生きられない事を知っている。なのに今こうして自分は何故普通に歩いていられるのか疑問で仕方がなかったのである。
 そんな勇美の疑問を察してくれたのだろう。ここで鈴仙はこう説明を始めるのだった。
「勇美さん、安心して下さい。私達は飲んだでしょう、あの『紺珠の薬』を。あれの力があればこうして人知を越えた事が出来るという訳ですよ」
「……何か、ご都合主義極まりないですね……」
「勇美さん、それは言いっこ無しですよ。かく言う私も納得出来てる訳じゃないんですから」
 そう言い合って二人は、永琳の『何でもアリ』っぷりを改めて噛み締めながら苦笑いを向け合うのだった。
 そうと決まれば勇美はもう、ここで腹を括るしかないと思った。こうなったらふっ切れて『楽しむ』しかないと彼女は心に決めるのだった。
「はい、もう私達は楽しんで行くしかありませんね♪」
「ええ、そういう事ですね♪」
 ここに二人の心は決まったのだった。後はこの非現実的な旅を味わうしかないのである。
 腹を括った勇美は強かったのだ。一面灰色の大地や、昔は月に映る兎だと思われていたクレーター、上空に移し出される宇宙空間……これらの不条理な光景の中を進んで行ける事を勇美は心弾ませながら満喫していったのであった。
 そうこうしている内に、二人は月面の山岳地帯へと着き当たっていたのだった。つまりは行き止りである。そこで二人はさてどうしたものかと思案するのだった。
「私なら飛んで行けますけど、勇美さんは……ですよね」
「かたじけないです」
 こればっかりは仕様がなかったのである。依姫の元で修行した勇美であったが、彼女には空を飛ぶ資質がなかったが為に現在に至る訳である。
 鈴仙もその事はよく理解しているのだった。故に彼女はないものを求めるよりも、今自分達に出来る事を模索しようとしていた。
「あ、鈴仙さんあれを見て下さい」
 鈴仙がそう思案している中で勇美からの声が掛かって来たのだった。何事かと彼女は勇美の示した先を見据えた。
「これは……」
 それに驚く鈴仙。そこには山の側面にぽっかりと空いた空間が存在していたのだった。
「とどのつまり、これは洞窟ですね。月にもこんな物があったんですね~」
 そう言いながら勇美はウキウキしていた。月面でもこうして冒険らしい局面にありつけて、勇美は心踊るのであった。
「成る程、では決まりですね。この中に入っていくしかありませんね」
「そうこなくてはですね☆」
 鈴仙の同意も得られて、勇美は大いにはしゃぐのだった。そして、もはや彼女には迷いはなかったのだ。
 そうして二人は月面の洞窟の中へと歩を進めて行ったのである。
 その中はやはり無骨な岩の空間であった。しかし、地球のそれと構成されている物質が違う為か、どことなく異質な雰囲気が醸し出されていたのである。
 勿論そのような場所には光が灯ってなどはいない。それであるが故に勇美はこの場に適したスペルカードを展開していたのである。
【照符「暗闇を照らす光の爆弾」】
 これが今勇美が発動しているスペルである。天照大神の力を取り込んだマックスは、多面のキューブのように形作られ、あらゆる箇所から目映い光を出して月の洞窟の内部を照らしていたのだった。
「相変わらず便利ですねぇ、勇美の能力は」
 鈴仙は素直な気持ちで以てそう感想を口にした。こうも臨機応変に物事に対処出来る能力というのも珍しいものだと改めて思うのだった。
 だが、ここで勇美は首を横に振るのである。
「いいえ、私だけの力じゃありませんよ。依姫さんとの契約と神様達の協力があってこその力ですから」
 そう、その事を勇美は今まで忘れた事はなかったのだ。自分だけの力では決してここまで来る事は出来ず、こうして今の自分がある事は様々な助力の下にあるのだ。その事が勇美に責任感を抱かせ、そして彼女の心を力強く後押しする要素にもなっているのである。
 だから、その恩に応える為にも勇美は『あの者』に打ち勝ち、この異変を完全に解決する必要があるのだった。その気持ちを胸に勇美は鈴仙と共に力強く洞窟の中をどんどん進んでいったのだ。
 そうして順調に歩を進めていた二人であったが、ここで場の空気が変わったのを肌で感じたのだ。本当の意味での空気は存在してはいないが、ここでは場の空間の見えない物の流れの変化の意味である。
 それにいち早く気付いたのが鈴仙であった。彼女はその流れに対応する形で、素早く銃の引き金を引いたのである。
 そして、鈴仙が放った弾丸に貫かれたのは……何と『妖精』であった。妖精は貫かれてすぐにその身を四散させてしまった。
 だが、安心だろう。妖精は他の生物とは生命の構造が違うのだ。故に今貫かれた妖精もすぐに別の場所でその身を再生させている事だろう。
 問題となるのは別の所にあるのだ。
「鈴仙さん。月に妖精さんっているものなんですか?」
 その勇美の質問が今正に彼女達が向き合うべき問題であったのだ。そして、勇美の疑問は鈴仙が抱いている事でもあった。
「いえ、有り得ないわね、本来なら。月には月人や神や玉兎、他には小鳥のような小動物しか住んでないから」
 それが答えのようだ。つまり、今の状態は極めて異質な事のようである。
「急ぎましょう」
 鈴仙はそんな異質な状況から、その結論を導き出したのであった。このような状態を長引かせていては良い事はないだろうと踏んでの事である。
「そうですね、私もいつまでも浮かれている訳にはいきませんね」
 勇美も鈴仙の言葉に同意するのだった。何せ否定する理由はないのだから。
 そう決意した二人は、その後は何事もなく月の洞窟を抜けたのだった。
「うわあ……」
 今は一刻の猶予もない訳であるが、やはり感動的な場面は感動的なのである。
 勇美は今、洞窟を抜けた先が下が谷になっていた為に非常に絶景となっている光景を目の前にしているのだった。
「さあ、目的地はもうすぐですから。頑張って行きましょう」
「はい!」
 そして二人は『ある者』を倒すべく先へ進むのだった。その後ろから着いて来る者の存在には気付かずに。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧