| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第三章 リベン珠
  第20話 決戦の前の羽根休め

 サグメの言により、ここに勇美達の勝利が確定したのであった。その事により勇美は喜びを全身で表していた。
「やったー。サグメさんとのロボットバトルに勝ったー!」
「ええ、私達の勝ちでいいんですよね?」
 その事を鈴仙も噛み締めながら言った。そして、勇美は確認しておきたい事があったのだ。
「これで、私達の力を試す戦いはクリアしたって事ですよね。では、これから私達はどうすればいいのですか?」
『そうですね、それを教えておかなければならないでしょう。でもその前に……』
「?」
 何やら意味ありげな事をサグメが言おうとしている中で勇美は気付いてしまったのだった。そして、彼女の意思とは無関係にそれは機能してしまった。
 ぐきゅるるるる……。所謂『腹の虫』が鳴るというものである。その痴態を晒してしまった勇美は赤面しながらも今までの事を思い起こす。
「そういえば、月に来てから時間帯を確認出来なかったけど、もうお昼頃かぁ……」
 しかも、そこまでに鈴瑚、ドレミー、そして今しがたサグメと、三連戦してきた所である。故に彼女の運動量も半端ではないものとなっていたようだ。
『どうです? 私達が何かご馳走しますが、召し上がっていきますか?』
 このサグメの言葉は、勇美にとって正に渡りに舟といった事であった。勿論、彼女の答えは決まっていたのだった。
「もちろんです! ご馳走にならせてもらいますよ!」
「やれやれ、仕方ありませんね……」
 そういう鈴仙であったが、彼女とて勇美と同じ道のりを辿って来たのだから、同じく彼女の体は食物を求めているのだった。
 こうして、一行はサグメの案内の元、腹を満たす為に進んでいった。

◇ ◇ ◇

 そして、一行はロボット弾幕バトルが開始される前にサグメが出て来た屋敷の中、つまり月の都の官邸の中へと案内されたのだった。
 中は、一言で言えば『中華風高級ホテル』と表せる、そんな様相であった。レトロな雰囲気を醸し出しながらも、決して安っぽさは存在しない厳かな佇まいを見せていたのだった。
 そして、ここは外部とは違って凍結はされていない為に、人が問題なく過ごせる状態にあった。
 そんな月の都の官邸内を進んで一行が向かわされたのは、その中にある食堂であったのである。
 そして、今の勇美はというと。
「はむっ、はふはふ、もぐもぐ……」
 絶賛、提供された料理との格闘を行っていたのだった。だが、その食べ方は些か下品というものだろう。
「勇美さん、もう少し行儀よく食べませんか?」
 そんな相方に堪らずに、鈴仙は注意を促した。
「いえ、鈴仙さん。だって、このカレーとサラダのセットの絶品さといったら言葉に表せない位ですから」
 そう、勇美達が今ありついているのは、皆が愛する定番料理、カレーライスであったのだ。それを彩る形で主役の妨げにならない位の絶妙な丁度良さで以てサラダも付いていた。
「だからって、下品なオノマトペで表現するのもどうかと思いますが……」
 鈴仙はそうツッコんでおいた。いくら美味しさを表したいからと、余りやるべき事ではないからだ。
「ごめん、少し自重します。でも、備え付けの飲み物がお冷やってのはありがたいですよね」
「あ、それ私も同感です♪」
「イシン、分かってくれるんだね♪」
 カレーに味噌汁で飲める人は、何と300人に170人と、苦手な人には徹底的に苦手でありながら否定派よりも多いのである。
 故に、勇美はイシンが自分と同じく、その漏れた130人の仲間であった事に非常に心が弾むのであった。
『私の読みは正しかったようですね♪』
 ここでサグメは得意気に勇美達に言ったのだった。まるでどこぞの火消しのウィンドみたいな台詞を吐くサグメであったが、今回ばかりはその事を責める者はこの場にはいなかったのである。
 そう、このカレーのお供にお冷やを考案したのは、他でもないサグメであったのだ。確かに味噌汁でカレーを食べるのが平気な者は多いが、だからと言ってカレーをお冷やで飲む事を嫌う人は少ないと思っての事なのであった。
 このように、サグメは多数派を優先する事よりも、少数の否定派への考慮を欠かさないマメな性格でもあるのだ。
「さすがはサグメさんですね、欲を言えば牛乳だと尚ベストだったんですけど、高望みはしませんよ♪」
『ごめんなさいね、月に牛はいないものですから』
 基本的に月の都は生命を拒絶した場所であるのだ。故に、兎や小鳥などの小動物はいるが、牛のような大型の動物は月の民が望まないのだ。──何故なら『穢れ』を生み出してしまうのだから。
 その話題になった事で、サグメはここで言っておかなければならない話を持ち出そうと思い立った。
 だが、まずはこのカレーを抜かりなく食すのが先だろうと思い、サグメはその事に集中する。ちなみに、このカレーはサグメのお手製だったりする。月の頭脳たる永琳の手解きは弟子の料理の分野にまで及んでいるようだった。
 そして、皆に愛される味の帝王たるカレーを食した一同を見届けて、サグメは言葉を発し始めた。
『勇美に鈴仙、これから話を進めて行きますから聞いて下さい』
「はい」
 そのサグメの発言に勇美は素直な返事をする。そして、それに反対する者はこの場にはいなかったのだった。
『今、月の都がこうして凍結状態にされている理由を話しておかなければなりませんね』
 そう言ってサグメは現状の説明を始めたのだ。
 まず、月の都はある者の侵略を受けて、月の民にとって毒である生命の力で覆われてしまったとの事。
 そして、その月の民はドレミーに頼み込んで夢の世界へと移転させられているのである。勿論急な要請だったので、ドレミーの方も鬱憤が溜まっており、それが勇美達の行く手を妨害するに至った経緯でもあったのだ。
 当然、これは応急処置であり、長くは持たない対処であったのだ。このまま続けば月の民達は疲弊してしまうだろう。
 そして、サグメは話を更に続ける。
『そこで挙がった案が『幻想郷への遷都』であったという訳よ』
「!?」
 その言葉に勇美は驚愕してしまった。そのような恐ろしい事が行われようとしていたのかと。
 そして、許せなかったのだった。その理由は、勇美は今までの幻想郷との関わりを経て、八雲紫に頼み込み、自分の新たなる故郷とする事を選んだからである。
 故に、その自分の拠り所である幻想郷を踏みにじられるのは断じて許容出来る話ではなかったのだ。最早、勇美にとって幻想郷は紛れもなく護るべき存在となっていたのだから。
 勇美は当然その旨をサグメに伝えた。いくらサグメが先程自分と弾幕ごっこを経て友情染みたものが芽生えていようと、カレーのお供にお冷やを出してくれた配慮の事があろうとも、この事ばかりはちゃんと言っておかなければならないだろうと踏んだのだ。月の民の勝手は見過ごせは出来ないのだから。
 しかし、その後でサグメから返って来た答えは以外なものであった。
『言い訳がましい事を言うかも知れないけど、遷都の件については私や月の者も乗り気ではなかったって事だけは分かって欲しいですね』
「えっ……?」
 その言葉は勇美にとって意外なものであったようだ。
 以前豊姫から聞いた月の民の思想を考慮すると、彼等は地上を見下していて、地上がどうなってもいいだろうという認識があったのである。
 それが、月の民は曲がりなりにも遷都については後ろめたい気持ちがある事が分かったのだった。
 この事は、多少なりとも月の民の思想が良い変化をしていった事を伺える要素ではないだろうか。
 そこで、勇美は一つの仮説を導き出した。──恐らく依姫と豊姫が配慮してくれたのだろうと。
 その証拠がスペルカードが月に広まっていた事だろう。依姫が自分の経験した弾幕ごっこによる戦い方を月にも常備させてくれたと思われる。
 それにより、サグメも玉兎二羽も弾幕ごっこで勝負を受けてくれたのだろう。その事を噛み締め、勇美は改めて心の中で依姫に感謝をするのだった。
 そして、玉兎の事で思い出す事があったのだ。
「そういえばサグメさん、玉兎の皆さんって遷都の事を……」
『勿論知らないわ。彼女等は地上に別荘を作るつもりに教えられているわ。残念ながら、それが大人のやり方というものよ』
「……そういうのは、月でも同じなんですね」
 勇美はその事実を噛み締めながら、自分の母親やその周りの人間の事を思い出していた。都合の悪い事には触れなかったり、平気で嘘を吐いたり、あまつさえそれを正しい事のように行うのが当たり前な環境であったのだ。
 幸い、そういう『正しい卑怯』というものは幻想郷には余り存在しないのだ。だから勇美はその素晴らしい幻想郷を護る気概を改めて燃やすのだった。
 無論、勇美と同様に幻想郷が新たなる故郷となった鈴仙も答えは同じである。故に彼女等の答えは決まっていたのだった。
「分かりましたサグメさん、その『侵略者』とやらを倒せば事は解決するのですね」
「私も同じ意見です。是非とも私達にやらせて下さい」
 二人がそう言ってくれるのは、サグメにとって正に渡りに舟というものだ。だから、彼女もその気持ちに応えるべくこう提案する。
『あなた方が侵略者を倒してくれるのなら、最早遷都計画は不必要なものとなるでしょう。なので、私から彼女等に身を退くように伝えます』
 それは願ったり叶ったりである。だが、少し間が悪かったというべきだろうか。勇美は携帯式のスキマを通して渡って来た手紙の内容を読みながら言った。
「お言葉ですがサグメさん。もう引き払いの指令を送る必要はないみたいですよ」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧