| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第三章 リベン珠
  第11話 イサミ・クロガネと秘密の通路:後編

 いよいよ二人は玉兎達の秘密の通路へ入り、今の不可思議極まりない空間を歩を進めていた。
 これまた奇妙な状況であった。何せ何もない筈の空間なのに、歩くとコツコツと確かな足音が辺りに響いていったのだから。
 まるで、夜の学校の校舎内を歩いているかのように錯覚してしまう程である。そんな今の状態に勇美は不気味さと共に好奇心も刺激されていた。
「あはは、歩いているだけで、何だか楽しいです」
「勇美さん、これは遊びではないんですよ」
 浮かれる勇美を鈴仙はそう嗜める。そう、遊びではないのだ。これから自分達は今何かが起こっている月へ行き、原因を突き止めて解決しなければいけないのだ。
 だが、勇美は弾む心を中々静められはしなかった。
「そうは言ってもですね鈴仙さん。宇宙に進出した女子中学生って、多分私が初めてじゃないですか? そう思うとウキウキしてしまうってものですよ」
「あ、言われてみればそうですね……」
 そう勇美の言い分を聞いて、鈴仙は納得するのだった。──誰だって、自分が初めてだという領域に足を踏み入れるのは気持ちが高揚するものだろうと。
(でも……)
 だが、そこまで考えて鈴仙は思い直すのだった。物事には必ず例外があるものだと。
 それは、何を隠そう鈴仙も『初めて地上に逃げた兎』であったからだ。そして、それが自分が初めてでも彼女は嬉しくはなかったのだった。
 そのようにして思考の泥沼に捕らえられそうになる鈴仙。だが、彼女はそうなる前に心機一転する事とする。そう、自分はもう『地上の』兎となったのだから。
 鈴仙がそのような葛藤をしている中でも勇美は上機嫌であった。彼女はこの『宇宙旅行』に心が弾みっぱなしなのであった。
 そんな勇美の目の前に、ある物が飛び込んで来た。
「?」
 それに勇美は気付くと首を傾げたのである。──何だろうこれは?
『それ』はとても奇妙な物体であった。形容するのが難しい形状をしているが、敢えて例えると科学の授業で使うような『分子構造』の模型のように、沢山の球体がくっつき合うかのように出来た機械であった。
 まあ、この物体が何かを知らない勇美が考えても埒が明かないというものだろう。なので、彼女は相方にその真偽を委ねる事にした。
「鈴仙さん、一体これは何ですか?」
「ああ、大丈夫ですよ勇美さん。これは私の見知った者が遣わせた物ですから」
 鈴仙の知る者の所持品。それなら心配は要らないだろう。そう思って勇美は先を急ごうと歩を進めようとするが……。
「うわっ!」
 勇美の足元にエネルギー弾が命中して爆ぜたのだった。そして、後ろを見やれば先程の分子構造から発せられた事が分かった。
「……」
 その事を確認した瞬間、勇美の口から鈴仙に抗議の言葉が出てくる。
「鈴仙さん、これ知り合いの物ですよね! 何で攻撃して来るんですか!?」
「あ、ごめんなさい。どうも何やら事態はややこしい事になっているようね」
 鈴仙は謝りつつも今の状況が如何程のものか思いを馳せるのだった。だがそれはさておき、やる事は決まっている。
「勇美さん、やりましょう」
「はい、鈴仙さんのお知り合いの物でも、私達の旅を邪魔する物は地獄に送っておくまでですね♪」
 そう二人は言い合うと、同時に自前の銃を引き抜き、その機械に反撃の暇すら与えずに撃ち抜いてしまったのだ。
 金属音と爆音を辺りに響かせて四散する物体。その後散り散りになった物体のパーツは辺りに散らばる事なく砂のようにかき消えていった。
 それを見届けた勇美はふぅーと銃口に息を吹き掛ける仕草を見せた。──このプレアデスガンは別に煙を吹きはしないのにである。要は気分なのだ。
「私達の邪魔をする者はこうなるんですよ♪」
「何なのこの展開。……ギャグ?」
 やたらとノリのいい勇美と、空気の流れがおかしい事に頭を抱える鈴仙がここには存在するのだった。
 そして、ささやかな邪魔者が存在したものの、二人は再び異空間の通路で歩を進め、またも『例』の光景を目の当たりにしていたのだ。
 それは、この通路に入る時にも見た、絵の具をごちゃ混ぜにしたかのような色彩の入り口であった。
「……また、この中に入るんですよね……」
 先程のガンマン気取りの時とは対称的な、乗り気ではない態度の勇美がそこにはいた。
「仕方ないですよ。月へ行く為には避けては通れない所ですからね」
「う~ん、仕方ないって事ですよねぇ~……じゃあ行きますか」
 鈴仙に諭されて、勇美は渋々ながらもその身を鈴仙と共に空間の歪みへと投じるのだった。

◇ ◇ ◇

「うん、やっぱり気持ちいいものではないですね」
「仕方ないですよ。未だに私も余り慣れてはいない位ですからね」
 異空間の通路の途中の扉を抜けた後の二人は、口々にその生理的に受け付けない感触の愚痴染みた感想を言うのだった。
 だが、次の瞬間勇美はそれどころではない衝撃を受ける事となる。彼女は辺りを見回して、気付いてしまったのだった。
「うわあ……」
 彼女が驚くのも無理はないだろう。何せ、見えない壁で覆われた通路から覗く光景が、先程までの宇宙空間から一変し、辺り一面雅やかな花畑が広がっていたのだから。
 思わずそこで寝転んで風と陽に当たりたくなる衝動を覚える程の魅力はそこにはあった。もっとも、この通路から出る事は出来ないのであるが。
 取り敢えずは、この異常な光景が意味する所を勇美は鈴仙に確認する。
「鈴仙さん? ここって宇宙空間ですよね?」
「厳密には少し違うわね。確かにここは地上と月を繋ぐ空間だけど、真っ当な宇宙空間というよりは、夢の世界、はたまた精神世界っっていった方がいいかも知れないわね。だから、今のような『夢』で見るような光景が広がっているって訳」
「うぬぬ……分かるような、分からないようなですねぇ……」
 それが勇美の本音であった。精神世界と言われても、彼女には実感が出来ないのだから。
「無理に分かれとは言いませんよ。私でも今も完全には理解出来ていないのですから。それに、今はその事を考えている時じゃないでしょう?」
「あ、そうですね」
 鈴仙にその事を諭されて、勇美は意識が引き締まる思いとなった。そうであろう、今大切なのはこの場所の原理を理解する事ではなく、先に進む事なのだから。
 そう勇美は思い直し、鈴仙と共に先を急ぐのだった。
「それにしても……」
 その道中で勇美は言い始める。今のこの道の事を気にする必要はないとはいえ、やはり彼女には信じられない事があったのだ。
「ここの通路で浴びられるお日様、とても夢か幻とは思えないんですよね」
 それが勇美が思う事であった。彼女の身を今優しく包んでいる陽の光、それがどうしても彼女には偽物とは感じられなかったのだった。
「確かにそうね。でも、それが『夢』ってものでしょう?」
 勇美の疑問に対して鈴仙は丁寧に答えた。そして、彼女の言い分こそ的を得ているというものだろう。生き物なら誰しも夢の中でそれを夢だと認識出来ているという事はないのだから。つまり、その事が今の陽の差し込みを夢の産物と思えないからくりの答えなのである。
「言われてみればそうですね。でも、この心地よさは偽物にしておくのは勿体ないですね。なのでせめてこの心地よさだけでも味わっておきたいので、ここでパンツ脱いでいいですか?」
「ダメです」
 すっぱりと断る鈴仙は、最早慣れたものだと思うのだった。そして、慣れてしまう自分もどうかと思うのである。
 そんなしょうもない葛藤に苛まれる中、勇美は平然と言う。
「何を言っているんですか鈴仙さん、これは謂わば夢の中なんだから、夢でくらいパンツ脱いでもいいでしょう?」
「その理屈はおかしい。しかも、実際に私達が夢の中にいる訳じゃないんですから」
 そして、鈴仙の賢明の説得により、無事に勇美の野望は潰えたのだった。
 その後、何事もなかったかのように二人は先を進んでいた。相変わらず花畑の光景は美しいが、それも代わり映えしない程続いていったので感じる刺激も少なくなっていた。それだけ生き物というのは慣れるのが早いのである。
 そして、第三の扉が目前に迫ろうかとしている所で、再び招かれざる客が到来したのだ。そう、先程の分子構造のような機械である。
 しかも、今度はそれが二体で現れたのである。少し面倒かと思いつつも、二人は臨戦態勢を取る。
「プレアデスガン!」
「ルナティックガン!」
 二人は息もピッタリといった様相で、まずは機械の内一体に狙いを定め、全く無駄のない動作でそれを撃ち落としたのである。
 そして、その機体も四散して砂へと還っていった。
 楽勝。そう思われた時、残ったもう一体の様子が変化した。この機体もエネルギー弾を撃って応戦してくるのかと思われていた矢先、突然パカリと全体を開くかのように内部を展開したのである。
 その内部から、全体を構成する物とは異質な機械の物体が投げ出されていった。それを見て勇美は「まずい」と思ったのだ。それだけ見ただけでその物体が危険な代物だと分かる、そのような得体の知れなさがそこには存在していたのだった。
 そのように思った勇美は弾かれるように、相方の鈴仙に対して呼び掛けていた。
「鈴仙さん!」
「いい判断ですね、ここは私に任せて下さい!」
 息の合ったその掛け合いをした後、鈴仙はその赤い瞳を更に赤く光らせたのである。
 すると、投げ出されたその物体の起動が180度変わり、放った本体そのものへ目掛けて飛んでいったのである。
 そして、物体が本体にコツンと触れた次の瞬間。小規模ながらも強かな爆発がそこには起こったのだった。
 このように、先程放たれた物体は爆弾だったのだ。そのような物に銃撃などしていれば二人はひとたまりもなかっただろう。
 そして、一頻り爆発が終わると二人は話を始めた。
「勇美さん、いい読みをしていますね」
「鈴仙さんこそ頼りになりますね、心強いです」
 それは優れた能力とそれを活かす者が掛け合わさり、その持ち味を120%発揮出来た事の証明であった。
 今の自分達の絆はとても深から、この先もうまくいくだろう。そう勇美は思いを馳せるのだった。
 その後、二人はとうとう第三の扉の前に辿り着いていた。後は野となれ山となれだろう。
「鈴仙さん、いよいよという事ですね」
「ええ、ここを越えれば月まで後僅かですよ」
 泣いても笑っても目的の場所はすぐそこである。そう勇美は思いを馳せながら鈴仙と共にその扉を潜るのだった。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧