| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

渦巻く滄海 紅き空 【下】

作者:日月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
次ページ > 目次
 

四十五 因縁の相手

ズン…と空気が重く張り詰める。

霧隠れの鬼人来訪の際も凄まじい緊張感が漂ったが、それよりも遥かに重苦しい重圧が、この場にいる人間に圧し掛かる。
息をするのも忘れ、シカマルは新たなる乱入者を凝視した。

(だれだ…?)

顔は、見えない。
目深に被ったフードがはためくも、相手の容貌は微塵も窺えなかった。
しかしながら華奢な身体でありながら、アスマを容易に吹き飛ばした事からも一筋縄ではいかぬことが窺える。
なにより、黒地に赤き雲の衣が『暁』である事実を物語っていた。


「次から次へと…!」
「奴らの仲間、か…?」

イズモとコテツが、新たに現れた人物に警戒心を抱く。
霧の彼方まで吹き飛ばされたアスマの安否が気になるが、現状、下手に動けば命取りだ。


どうする…?と頭を目まぐるしい回転させるシカマルに反して、この場の重い空気とは裏腹に明るい表情を浮かべた飛段が眼を輝かせた。


「邪神様、来るなら来ると言っといてくれよォ~」

先ほどまでとは打って変わって、上機嫌な飛段に対して、フードの人物は視線のひとつも寄越さない。
これが角都ならばすぐさま口喧嘩に勃発するところだが、飛段は気にせずにむしろ喜々として言葉を続けた。

「それより邪神様、俺の鎌、すげー似合ってるなァ!!」


普通、自分の得物を他の人間に取られたら、躍起になって取り返そうとする。
更に飛段の性格から考えて、鎌を奪われたら即座に怒り狂うだろうに、逆に楽しげな様子を見て取って、シカマルは顔を顰めた。

邪神様と呼ばれた当の本人は飛段とは違って不機嫌そうに鼻を鳴らすと、鎌をくるりと回す。
三刃の大鎌をひゅんっと手のひらでもてあそぶその姿は、どことなく確かに邪神と呼ばれてもおかしくはない雰囲気を放っていた。

























ボコリ…と一面の水面の中心で水球が浮かぶ。

水でできた球体は、一度閉じ込められれば内側から破るのは困難。
更に、息ができなくなる故に、いずれ溺死する。

その水牢の中に囚われていた角都は遠目で、飛段の隣に佇む乱入者の姿を見た。
僅かに眼を見開く。
その口が名を呼ぼうとする直前、水牢の術者がそれより先に口を開いた。


「おいおい、なに余所見してんだ」

【水牢の術】で角都を閉じ込めた再不斬は、手を置いた水球の中を「俺は眼中にないってか?」と覗き込んだ。
術者が触れていなければ維持できない水牢。その囚人を挑発する。


「てめぇが袋の中の鼠っていう現状を理解していねぇみてーだな」

再不斬の嘲笑を水の内側から受けた角都は、顔色ひとつ変えずに瞳を眇めた。


「鼠、か…」

微塵も焦燥感が窺えない相手に再不斬が違和感を覚えると同時に、角都の背中がボコリと蠢く。
ソレは、薄気味悪いお面。
お面は、角都の肩越しにパカリと口を開いた。

「窮鼠猫を嚙む、とも言うだろう」


袋の中の鼠と称した再不斬目掛けて、水球の内から高密度の水遁の術が放たれる。

水球に触れていなければ維持できぬ水牢。
その術者の顔が驚きに歪んだ。















直後、ぱァん…と再不斬の顔が弾け飛ぶ。
首無しの術者が崩れ落ちたその瞬間、水牢も弾け飛んで水飛沫を撒き散らした。





















「「「な…!?」」」

突然の出来事に、シカマルも、そしてコテツ・イズモも反応できない。
術者の頭を吹き飛ばした囚人は、牢から出るや否や、やっちまった…という表情を浮かべた。

「顔がなければ金が貰えんではないか…」

殺して換金するつもりだったのに、顔がわからなければ本当に賞金首かどうか判断できないので、換金してもらえないだろう。首無しの遺体を換金所へ持っていったところで、首を横に振られるのがオチだ。

しまった…と至極残念そうに溜息をつく角都は、金のことしか頭にないようで、今し方殺した相手を一瞥すらしない。

「嘘だろ…あの桃地再不斬が…」
「鬼人がこうもあっさりやられるとは…」

愕然とするイズモとコテツの傍ら、シカマルは冷静に分析していた。

(あの【水牢の術】は確か波の国でカカシ先生も脱出するのに手を焼いたと聞く…それを内側から破るとは…)



以前、波の国での任務に赴いたナルから事の顛末を聞いていたシカマルは、思案顔で角都を観察する。
波の国では、カカシが再不斬によって【水牢の術】に閉じ込められ自力での脱出が不可能という危機的状況に陥ったという。

ナルとサスケの機転で水牢から脱出し、その危機的状況からも脱したという話であったが、要するに閉じ込められてしまったら、外部からの助け無しでは、あのカカシでさえも脱出不可能だという厄介な術のはずだ。


それがこうもあっさり破られるとは、とシカマルは角都の様子を注意深く観察する。


【水牢の術】は術者が触れていなければ維持できない。
故に、水球に手を触れていた再不斬は至近距離から攻撃を受けてしまった。

つまりそれは、本来、内側から抉じ開けられない脱出不可能の術であるという自信のあらわれだ。


それをあっさり破ったとなると、水球の内側の水を用いて、水遁の術を使ったのだろうか。
そうなるとかなり高度で高密度な術だと言える。



肩からボコリと生えたお面が再び背中に戻ってゆくのを目の当たりにして、シカマルは眉を顰めた。




先ほど、首切り包丁の猛攻を受ける際、角都は硬化の術を使った。
相性不利だと再不斬も言っていたので、間違いないだろう。

皮膚を硬化し、圧倒的な防御力を付与する術は土遁の使い手でないと、首切り包丁の鋭利な攻撃を受けきれない。


(つまり、相手は土遁と水遁…二つのチャクラ性質を持っているということか…?)

そう分析するシカマルだが、あの背中から生えていたお面が妙に気にかかる。



違和感を覚えるシカマルの視線の先で、角都は飛段のほうへ足を向けようとし────反射的に地面を蹴った。
それが功を奏した。













「ぐ…!?」
「チィ…ッ」


角都の背中。その服を鋭利な刃物が裂く。
その合間から、先ほどのお面同様、四つの面が垣間見えた。























「完全に不意打ちだと思ったのによ」

首切り包丁で角都の背中の服を裂いた再不斬がチッ、と再び舌打ちする。
背後から斬りつけようとしたのに、切り裂いたのは服のみ。

「どんな勘してやがるんだ」
「…貴様よりはずっと長生きなんでな」


肩に首切り包丁を担いで嘆息する鬼人の無事な姿を見て、角都は軽く片眉をあげた。
長年の経験の差を暗に告げながら、角都は先ほど殺したはずの再不斬の首無し遺体を見る。

沈みゆく遺体。
かと思えば、それはバシャ…と音を立てて水と化した。

【水牢の術】を維持していた再不斬もまた、水分身だったと把握して、角都は剥き出しになった背中を隠すように、破れた服を羽織る。
だがシカマルは、四つの面があるその異様な背中を見逃さなかった。


「水分身か…鬼人ともあろうものが随分臆病なことだな」
「ハッ!慎重と言え。てめぇら『暁』の噂は色々聞いてるんでね。慎重すぎるくらいがちょうどいいってな」

頭を吹き飛ばした相手も水分身であり、本体は隙を窺っていたのだ。
死んだと思わせ、油断したところをすぐさま首切り包丁で背後を狙う。
しかし、それさえ上手くいかなかったことに、再不斬は苦虫を嚙み潰したような表情で、再三舌打ちした。
























「さっさと終わらせろ」

霧の向こうをじっと透かし見るかのように、フードの存在は佇んでいる。
やがて、蹴り飛ばした相手がよろよろと此方へ向かってくるのを見て取って、彼は三刃の大鎌を飛段へ投げ渡した。

アスマの姿を見て、にんまりと口許に弧を描いた飛段は、フードを被った存在に仰々しい仕草でお辞儀してみせる。


「邪神様の仰せのままに」

呆れたように肩を竦める相手に対し、機嫌を損ねず、むしろ上機嫌で飛段は鎌をくるくるっと回した。



「邪神様ぁ!見ててくれよォ!俺、本気出すから!マジ本気でやっからよォ!!」
「はいはい」

おざなりに返事するフードの人物の隣で、飛段は鎌についた血を舐める。
その血は確か、アスマが先ほど飛段の鎌で斬りつけられた時に付着した血だ、とシカマルが察したその時、コテツとイズモが驚愕の声を漏らした。

「なんだ、アイツ…」
「身体が…」

白と黒の縞模様のような、或いは骸骨が浮き上がっているかのような。
妙な風体と化した飛段が高らかに笑う。

大鎌をアスマに突き付け、「既にてめぇは俺に呪われた!!」と勝ち誇ったように飛段は嗤った。
円陣の上にいる飛段目掛け、アスマがクナイを放つ。

そのクナイを、飛段は避けようともしない。
違和感を覚えるよりも前に、アスマがガクンっと崩れ落ちた。


飛段の左足にはクナイが突き刺さっている。
そこと同じ箇所を手で押さえているアスマに、シカマルは顔を顰めた。

「なんだ、いったい…」
「まさか、」

シカマルがハッとするのも束の間、飛段が「いってぇじゃねぇか!!」と、自分の足に突き刺さったクナイを抜き取る。
それをそのまま、今度は自分の脇腹目掛けて、突き刺した。

「ぐあ!?」

アスマが再び、苦悶の声をあげる。
脇腹を押さえて蹲る師へ、シカマルは険しい表情で「アスマ!!」と叫んだ。


「どういうことだ、シカマル!?」
「何故、アスマ隊長は奴と同じ場所を怪我してるんだ!?」

動揺するコテツとイズモの隣で、己の推測をシカマルが冷静に語る。
だがその額には冷や汗が流れ、焦燥感が明らかに募っていた。


「アスマと奴の身体は何等かの仕掛けで繋がっている。身体に受けたダメージも同じようにリンクする…ただし、アイツは────不死身の身体だ」






【呪術・死司憑血】────自らの血で地面に陣を描き、対象者の血を体内に取り込む事で、術者の体と対象者の体がリンクする。
以後、その陣の上で術者が受けた傷は対象者の体にも同様に現れる為、どこへ逃げようと術者が自分の身体を傷つければ、対象も同じように傷つく仕組みだ。


当然、術者である自身の身体も傷つき、痛みも感じるが、不死の体を持つ飛段には、そのようなもの、些細な事だ。
つまり、実質、不死身である飛段にしか使えない術である。

要するに、不死の飛段は死なないが、呪われた対象であるアスマの死は回避不可能という事だ。





「俺と邪神様の会話を邪魔するから、裁きが下ったんだぜ」

蹲るアスマを見下ろしながら、クナイを投げ捨てた飛段が吐き捨てる。
冷笑を口許に湛えたまま、鋭利な杭を取り出した飛段の隣で、フードの人物は腕を組んだまま、沈黙を貫いていた。
その腕組みの中で、秘かに印を結んでいる事には、誰も気づかない。



「どうでもいい。さっさと終わらせろ」
「つれないねぇ…」

そこもいいんだけどな、と邪神様主義の飛段は、フードの相手の催促に素直に応じて、杭を己の胸に突き立てようと、その腕を振り上げた。




「邪神様の裁きだ…!!ありがたく、下りやがれ!!」
「やめろおぉおぉ────!!!!!」







シカマルが叫ぶ。
地面を蹴り、影縫いの術の印を結ぶのも忘れて、ただただ叫ぶ。


助けようとしたその手は、しかし、届くことはなかった。


























杭が突き刺さる。
同時に、アスマの動きが止まった。

そのまま、ぐったりと倒れ伏した師を、シカマルは、コテツは、イズモは、ただただ、呆然と見下ろした。


「終わったのなら、とっとと行くぞ」

冷然とした佇まいで、フードの人物が飛段を促す。
いつもなら殺した余韻に浸るところ、その声に従った飛段は心臓を突き刺した杭を素直に抜き取った。
不死の身体故、アスマと違って、ピンピンしている飛段は「おい、角都!!」と再不斬と対峙している相方を呼ぶ。


「邪神様がお呼びだ!こんな連中、ほっといて撤退すんぞ!!」
「いや、呼んでいるのはペインのほうなんだが…」

フードの人物の呟きをよそに、飛段は角都に向かって声を張り上げる。

「角都!!邪神様の言う事が聞けねぇのか!?」
「煩い。そんな大声で喚かなくとも聞こえている」

鬱陶しげに返事を返した角都は、しかしながら、フードの人物の声にはピクリと反応した。

「角都」
「……ああ」

フードの相手には素直に返事をした角都に、飛段は我が物顔でうんうんと頷いた。


「角都も邪神様の偉大さにようやく気づいたようだな!!」
「黙れ。お前と一緒にするな」

不死コンビのやり取りに、フードの人物が眉間を指で押さえるかのような仕草をする。
緊張感の欠片もない空気なのに、けれどその間に割り込めば命はない事を、イズモもコテツも、そしてシカマルも理解していた。


「そういうことだ。次、俺に会うまで殺されるなよ、桃地再不斬。お前は賞金としても上等だが、」

念を押すような物言いで告げた後、値踏みするかのような眼で、角都は再不斬を見やった。


「水遁の使い手としても上等だ」
「何が言いたい?」
「なに。貴様の心臓は俺が貰い受ける。それだけの話だ」


片眉を上げ、怪訝な表情を浮かべた再不斬は、飛段がいるほうへ身体を反転させた角都に益々眉を吊り上げた。




「逃がすかよ…ッ」

角都との戦闘に水を差され、苛立ちも込めて再不斬が振りかぶる。
その手にあるのは、己の得物。

凄まじい勢いで、投擲された首切り包丁。
鋭利で巨大な刃物が、飛段と角都、そしてフードの人物へ襲い掛かる。




「危ないな」

しかし次の瞬間、首切り包丁は弧を描いて、遥か遠くへ突き刺さった。
フードの人物が、飛来してきた首切り包丁をものともせず、弾き飛ばしたのだ。




あれほどの鋭利な刃物を容易に退けた当の本人は、フードの影の下で、チラリと再不斬を見る。
目配せを秘かに交わすと、フードの存在は角都と飛段を伴って、濃霧が立ち込める中、消え去ってゆく。

後には、遠方で突き刺さる首切り包丁と、そしてアスマの遺体だけが残された。

























「逃がしたか…」

立ち込める霧の中、再不斬の声がやけに大きく響き渡る。
アスマへ駆け寄って何もできないまま、『暁』を見送ることしか出来ぬ自分自身に歯噛みするシカマル・コテツ・イズモは、やがて見知った姿にハッと顔を上げた。




「よぉ」

突然、首筋に突き付けられたクナイを見て、再不斬は唇に弧を描く。
呑気に「元気だったか?」と問われ、クナイの持ち主もまた「おかげさまで」と軽く返事を返した。


中忍本試験前に自来也と対峙した際も、木ノ葉崩し以降に鬼鮫との戦闘を繰り広げた際も、結局どちらも会わなかった相手。
しかしながら、波の国以来でようやっと再会した双方は、お互いに不敵な笑みを湛えた。











「久しぶりだな────カカシ」
「やはり生きていたんだな、桃地再不斬」 
 

 
後書き
お待たせしました!!
色々謎がある回ですが、後々わかりますので、暫しお待ちください。
ちなみにタイトルは、最後のほうの両者のことです。

どうぞこれからも「渦巻く滄海 紅き空」をよろしくお願いいたします!! 
次ページ > 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧