| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第三章 リベン珠
  第3話 動き始める事態

 勇美には、今のままで悠々自適に幻想郷を満喫している訳にはいかない事情があったのだ。
 まず、彼女は依姫が月へ帰ってからというもの、定期的に欠かさずに手紙のやり取りをしていたのだった。それにより互いが無事に生活している事を確かめ合うに至っていたのである。
 それがいつまでも続くものと思われていた。しかし、向こうからの手紙が半年前からバッサリと途絶えてしまったのだ。
 それに対して真っ先に異常極まりないものを感じたのは他でもない、勇美である。
 依姫と付き合いの長い彼女がその異常性を感じない訳がなかったのだ。真面目な彼女が手紙を欠かすなんて何か起こったに違いない、(頭にクソが付く程)真面目な彼女がそんな事をするとは一大事だと。大切な事なので二度言いました。
 勇美がその事を、彼女にとって新しい我が家となった永遠亭の住人に相談すると、皆の空気がただならぬものとなったのだ。
 それはそうだろう。彼女達は月から逃げてきてここに住む事を選んだ身の者達なのだ。故に月で何かが起こっているとなれば警戒しない訳がないだろう。
 月から感じられる異変の兆候に対して、永琳はその時から研究を行い、何かの開発に取り組んでいた。それがもうすぐ完成すると勇美は聞かされていた。
 そして、勇美自身も行動を起こしていたのだ。それが宇佐美菫子との関わりである。
 菫子は都市伝説騒動を起こす際にオカルトボールなるエネルギー体を造ったのである。それは『ストーンヘンジ』のようなミステリースポットの力を封じ込めた七種類の代物となって幻想郷中に散らばっていった訳だ。
 しかし、菫子が造ったオカルトボールは実は六種類だったのだ。後一つは彼女には心当たりのない物なのであった。
 その一つに封じ込められていた力は『月の都』なのだった。
 それが依姫の事に繋がるかも知れないと踏んだ勇美は、菫子と交流を図ると共にそのオカルトボール『月の都』の情報の提供と貸し出しをお願いしていたのだ。
 そして、その『月の都』の力も永琳の手で解析が行われる事となった。その後、彼女はその出所に行き着くのだった。
『あの者が関わっている』そう答えに行き着いた永琳は、研究していた物の開発を急いだのである。その物がなければ地上に住まう者ではあの者に太刀打ちは出来ないだろうからと。
 それから、更に事態は急展開する事となる。妖怪の山を始めとした幻想郷の各地で蜘蛛のような形状の大型の機械が出現し始めたのだ。
 しかも、その機械が通った後は植物がペンペン草一つ残らずに枯れ果ててしまっていたのである。この事に戦慄しない幻想郷の住人はいないだろう。
 そして、その機械の概要も性能も地上では見られない事は明白であろう。これも月が関わっている事は想像に難くない。
 これらの事から、月で起こり始めた異変には最早一刻の猶予もなかったのである。そして、万を持して永琳が開発していた物が完成したのであった。

◇ ◇ ◇

「はい、これが完成品よ」
 そう言って永琳が差し出してきた物。それは瑠璃色の液体という、禍々しくも美しい代物であった。
「八意先生、これは……?」
「これは『紺珠の薬』というものよ。飲んだ者の肉体の働きを、月の民に対抗しやすくするのを手助けする物よ」
 勇美の質問に、永琳は説明した。分かり辛いかも知れない言い回しだが、他に適切な説明がないと判断しての事であった。
「それじゃあウドンゲ、これを幻想郷の有力者の元へと送り届けて」
 その永琳の指示に鈴仙が素直に従おうとする前に、そこに入って来る者がいた。
「待って下さい八意先生!」
 永琳の事を『八意先生』と呼ぶのは一人しかいないだろう。そう、黒銀勇美その人であった。
「何かしら、勇美ちゃん?」
 永琳は柔らかい笑みで以て勇美に続きを促す。態度は柔らかいが、今は急を要する事態なのだ、用はなるべく早く言ってもらわないといけない。
「あの……、その『紺珠の薬』。私に飲まさせて下さい!」
「……勇美ちゃん、その言葉の意味、ちゃんと理解しているわね?」
 勇美の発言に、永琳は諭すように言った。それは落ち着いているが、重みのある言い方であった。だが、それは当然というものであろう。
 しかし、勇美の答えはそれで揺らぐ事はなかった。
「はい、その薬を飲めば、月の方々と戦う事になりますよね」
「ちゃんと分かっているのね?」
「はい、でもこの異変は私が解決に向かいたいのです」
 永琳に念を押されるも、勇美は怯まずにそう言った。そこには様々な想いがあったのである。
 それは、一つに勇美にとって幻想郷が新たな故郷となったからである。だから、その大切な帰る場所を彼女自身の手で護りたいという想いがあるのだ。それに加え……。
「勇美ちゃん、依姫の事が大好きだったからね、分かるわ」
 その永琳の指摘通りの事であった。勇美ほど依姫の事を敬愛する者はそうそういない事は遠目で見ても分かる事実であった。
 大切な人を助けたい。その勇美の想いは決して見栄ではない純粋なものである事は永遠亭に住まう者なら誰しも実感出来る事だ。
「安心して、勇美ちゃんの分の紺珠の薬もちゃんと用意しているわ」
「あ、ありがとうございます八意先生!」
 永琳のその機転の利きっぷりとその配慮に勇美は嬉しくなるのであった。
 だが、その展開を不安そうな表情で見ていた者があった。
「ウドンゲ、勇美ちゃんの事が心配なのね?」
 そう、永琳の一番弟子の玉兎の鈴仙・優曇華院・イナバその人である。その鈴仙は永琳に言葉を返す。
「当然です、勇美さんは人間なのですよ。お師匠様の発明品があるとはいえ、月の民に立ち向かわせるなんて無謀もいい所ですよ!」
 普段の彼女ならばこうも永琳に喰って掛かる事はなかっただろう。だが、それも鈴仙とて勇美の事を気遣っているが故であった。
 確かに勇美の今までの活躍は目を見張るものがある。その成長ぶりは高評価すべきだろう。その事は鈴仙もよく分かっている。
 しかし、相手が月の民であるなら話は別というものである。いくら活躍が目覚ましくとも、脆い人間一人を彼らに向かわせるのは鈴仙は気が進まなかったのだ。
 だが、永琳はその正論を切り崩す答えを用意していたのだった。
「なら、ウドンゲが一緒に着いて行ってあげればいいじゃない?」
「「はえっ!?」」
 その予想だにしなかった答えに、勇美と鈴仙は見事に変な声をハモらせてしまった。
「人間一人に任せられないなら、妖怪のあなたが着いて行ってあげればいいって事よ」
「……確かに正論ですけど……」
 墓穴掘っちゃったかなあ、鈴仙はそう思うしかなかった。
 そして、彼女とは別の理由で納得出来ない勇美はこう言った。
「八意先生、そういう事していいのですか? 異変ってのは基本的に一人で解決に向かうのが幻想郷のルールじゃないですか?」
「確かにそうね。でも例外もあったのよ」
 そう言って永琳は昔の事を話した。それは他でもない、自分達が月の追っ手を警戒して幻想郷を彼らから隠す『偽の月騒動』の時の事である。
 その時は四つの勢力が、二人一組になって異変の解決に来たものだった、そう永琳は語ったのだ。
「その発想を、今度は私達が利用してやろうと思ってね」
「なるほど~♪」
 永琳の悪知恵に、勇美は感心するのだった。そういう策を練って挑む事は彼女は嫌いではなかったからである。寧ろそういう方向性に走るのが勇美は好きなのだ。
「これなら万事OKですね。タッグを組むのも問題じゃないし、鈴仙さんも着いて来てくれて百人力ですよ」
「ううむ……」
 唸る鈴仙だったが、ここは自分の負けを認めるしかない。多数決というのは無情である。
 だが、彼女もそれで良かったと思う一面もあった。センスはあるが危なっかしい勇美の側にいてあげられるのだから、鈴仙にとっても損はないというものだろう。
 それに、勇美と一緒に異変解決に向かえば、自分にとってもいい経験になるだろうとも感じるのだ。それだけの言葉では言い表せない何かを勇美は持っているのだから。
 だから、彼女の言葉は決まっていたのだった。
「勇美さん、これからよろしくね」
「はい、こちらこそよろしくお願いしますね♪」
 ここに、勇美と鈴仙の月への冒険が幕を開けたのである。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
[おまけ]
勇美「それじゃあ、早速紺珠の薬を飲んでおかないとね」
永琳「はい、どうぞ」
勇美「びゃああ゛~うまひぃい゛~ぃぃぃ~」
永琳「私が半年掛けたて作った結晶が、そんな無意味に機械で割られた卵の料理みたいな感覚で飲まれるなんて……」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧