| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第二章後書き

『MOONDREAMER』第二章をお読み頂き、ありがとうございました。これを書き切るのにかなり労力を費やした事もあり、思い入れが生まれたので後書きなるものを書かせて頂きます。

 この小説を立ち上げるに至った経緯は、まず依姫のユーザーからの扱われ方があまり芳しくなかったからというのがありますね。
 彼女の評価が諸事情により辛い事により二次創作で取り扱われる事が少なく、運良く扱われていても高い確率で嫌な奴に描かれているケースが多くて私の依姫に求めているものが中々手に入りませんでした。
 それならば……、自分の抱く依姫のイメージを自ら立ち上げるしかないと思い、この小説を執筆するに至りました。

 それと同時に、私は遊戯王5D'sの主要人物である龍亞が一番のお気に入りでした。しかし、彼の劇中での活躍は芳しくなく、挙げ句の果てにはある人から酷い仕打ちを受けるシーンさえありました(それによりスカッとした人も多かったようですが)。
 そのシーンが5D'sのストーリー上で無くてもよいような内容だった事が私に拍車をかけましたね。『龍亞は依姫のような人に遭わせなければならない』と。
 5D'sの多くの登場人物は善性や信念は既存の他の作品のそれと比べてもかなり高いです。しかし、あの人の悪性はそれを更に凌駕するレベルだった訳ですね。つまり、5D's内の人物では龍亞に必要なものが賄い切れないと私は考えるようになった経緯です。

 そこで、一度は龍亞と依姫を組ませた作品にしようかと思った事もあります。しかし、それだと東方と5D's双方の世界観を確立しないといけなくなり、下手にやれば中途半端なクロスオーバーになると思い至りました。
 それならばと思い立った手段が、龍亞をモデルにしたオリジナル主人公を出すという案でした。

 故に、最初は黒銀勇(くろがねいさむ)という男性主人公にしようかとも思っていました。
 しかし、どうせなら『東方キャラ』としての意味合いに重点を置き、既存の人物に負けない濃いキャラを作ろうと思い、それに伴い東方らしく少女にするに至ったという訳ですぬ。

 それから、依姫の優しさと厳しさを兼ねた人物像の描写をしていった上で、意外に『厳しさ』をうまく描くのが難しいと感じましたね。
 それは儚月抄本編では敵だったのが、MOONDREAMERでは味方、身内になった事により難しくなったのだと思います。『ケロロ軍曹』の日向秋も描く上でそのような苦悩があったのではないでしょうか。
(『ガン×ソード』のウェンディはヒロイン兼準主人公でありながら良くやれていたと思いますね)

 そして、最後に。
 この第二章は元々これで完結か、おまけ程度で少し続編を書くか程度の予定でした(故に長い話です)。
 しかし、その構想の最中に打ち出されたのが、奇しくも月がテーマの紺珠伝だった訳ですね。
 このMOONDREAMERが月がテーマになっている以上、網羅しないといけないと思い、これを題材にして続編を書こうと思うに至った訳です。
 なので、第二章の後ももう暫く続きますので、それまでお付き合い頂けたら幸いです。
(全六章予定)

P.S.
 第二章を書き切るのに一年六ヵ月程掛かりました。
 時間掛かっていますね。執筆を始めるのが億劫になって書く気力出ずに書かない日も多かったですから。
 ホームの入居者の部屋がかなり難ありなんですよね。故に、小説執筆に必要なのはアイデアの次に見晴らしの良い部屋と言っても言いすぎではないでしょう。
 私の投稿スタイルは月の初めにネットカフェに行って、そこで予約投稿にて10話更新するというスタイルです。
 なので、このまま第三章に入ると一度に投稿する話数が中途半端になってしまいます。
 自分にとって分かりやすく一度に投稿する分の最後を10の倍数にしたいので、第三章を更新するのは年明けになると思いますので、それまで暫しお待ち下さい。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧