| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ザ・クロスディメンション大戦

作者:龍爪XX
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
< 前ページ 目次
 

プロローグ
訪れた世界
  1-1

ーーーー世界は広い

 

果てしなく無限で終わりがない世界だ。

似たような世界も在れば、異なる世界も存在する。

 

俺の名は門矢士。多くの世界を通りすがり、写真を撮りながら旅をする旅人。

 

…もう一つの名は世界の破壊者ディケイドである事だ。

少し前までは『時の王者』と共に滅びゆく世界と『もう一つの世界の破壊者』相手に戦っていた。

 

 

「さて…この世界でやることは済んだ。次の世界に行くか」

 

また世界の旅を終えた士は一息いれながら、目の前にオーロラのようなカーテンが広がった。

士が旅をする際に使う彼自身の特殊能力。オーロラを入ると数多の世界、時間を超えて様々な世界を訪れる事が出来る。

最初は偶発的な力だと思っていたが、これは彼自身の力…今ではオーロラカーテンを通って気楽に一人旅を行った。

 

 

「次の世界は…っと」

 

士は当たり前のようにカーテンを通り、新たなる世界に降り立った。

門矢士―――――仮面ライダーディケイド、その瞳に映る世界は…?

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

宇宙・超次元高速機ドルギラン

 

銀河連邦警察の本部にいるパートナーで女刑事のシェリーから連絡を受ける宇宙刑事、十文字撃。ドルギランの隣に駐在する超次元戦闘母艦バビロスにいる烏丸舟も

 

『成程な。 わざわざ撃に連絡するってことは…例の『邪教団・幻魔空界』絡みかな。シェリーちゃん?』

『うん。『宇宙忍デモスト』の逮捕以来、活動を起こさないけど、水面下で何かを起こしているのは確かよ。』

「あぁ。奴らは未だに行動が解らないからな…分かった、シェリー。俺達は元々地球に向かう予定だったしな。出来る限り調べておくぜ」

 

そう言いながら、撃は通信を切るがバビロスにいる舟は

 

『しかし、地球での合同調査って…また『S.P.D.』か?』

「いいや、日本の特殊機関だって聞いた。例の『認定特異災害』の対策チームだとか」

『認定特異災害ってノイズか?あれは銀河連邦でも対処が難しい存在だろ』

「…俺もソフィ長官直々に言われただけだしな。 最近は異世界から現れた『ギャングラー』って連中が地球で悪さをやっているらしいからな。」

『幻魔空界にギャングラーね…宇宙っていうか地球は人気スポットか、待ち合わせ場所のハチ公か?』

「おいおい。人気スポット扱いかよ、地球…」

 

ボヤキながらも、『スペース・スクワッド』のキャプテン・十文字撃は仲間の烏丸舟と共に地球に向けて、ワープを始めた。

 

 

~~~~~~~~~

 

特異災害対策機動部二課

 

「銀河連邦警察と合同調査って…マジかよダンナッ!?」

「あぁ。『銀河連邦警察』…特に伝説の宇宙刑事のコードネームを引き継いだ2代目が結成したチーム。並びに『国際特別警察機構日本支部』からも今後の事を考えて、合同調査…いや、チームを考えているらしい。」

「こいつは…驚きだな」

 

特異災害対策機動部二課の司令官の風鳴弦十郎からの説明に驚きを隠せない天羽奏。

3人の宇宙刑事の伝説は奏も知っている英雄(ヒーロー)が所属している組織だ。その伝説の宇宙刑事の2代目が地球に来るとならば、かなりの事件。

 

「で、国際警察の方は何でまた?お門違いだろ、アタシらと?」

「うーん。最近巷で騒がしているギャングラーが宇宙刑事が追っている宗教団体が裏で繋がっている情報があるみたいで、その線で合同調査するみたいよ」

 

同じく二課所属で、シンフォギアシステムの開発者で「出来る女」や「天才考古学者」を自称する櫻井了子が補足する。

 

この世界にはノイズと呼ばれる人類を脅かす認定特異災害と呼ばれる災厄がいる。

特異災害対策機動部もまた、このノイズをはじめとした超常の災厄に対応するための組織で、それを対抗できるのが天羽奏、ただ一人である。

 

しかし、最近は異世界からの侵略者…『異世界犯罪者集団ギャングラー』が現れ、ノイズとギャングラー…と謎の存在フメインを教祖と崇める宗教団体『邪教団・幻魔空界』が蠢いている

 

「早速だが、奏には――――」

 

『高質量のエネルギー反応を検知ッ!』

『市街地にノイズ出現ですッ!』

 

アラームが鳴り響き、ノイズの探知が確認された。

折角これからという時に、ノイズのお出ましに奏は『このタイミングかよッー!?』と言いながら、出現場所に向かった…

 

その時、奏は気付かなかった…横を通り過ぎたカメラを首に下げている青年のことを 
 

 
後書き
初めまして、龍双XXといいます。
ハーメルンで活動していますが、中々評判がよくわからない為こちらでもマルチ投稿という形で初めてこちらで活動しようと思います。
コメント等何があればどんどんよろしくお願いします。でも、○○参戦して~というコメントはNGにします。 
< 前ページ 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧