| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第80話 あの人からのお招き3/3

 勇美と豊姫を招いての八雲一家の食事にて。紫は渾身のボケを勇美に突っ込んでもらえなかった為に場の空気が微妙になってしまった。そこへ藍が助け舟を出す。
「この食事は紫様と一緒に作ったのだよ。久しぶりですよ紫様。あなたが一緒に食事を作ってくれるなんて事」
 そう、紫が藍を従者にしてからというもの、彼女は自炊する事は殆どなくなり、藍任せになっていたのである。
 それが、今回は藍と一緒に食事を作ったのである。それが意味する所は、他でもない勇美をもてなすには自分が作らなければ失礼に値すると考えての事だった。
 人間社会には客をもてなす際でも料理を他人任せにする人は少なくないのだが、紫は違ったのだ。
 それは人間と妖怪の違いという概念もあるだろう。しかし、紫の場合は少し話が違ってくるのである。
 その話は後に分かるとして、今はこの懐かしい食卓にて皆は話に華を咲かせるのだった。
 豊姫は、依姫に負担を掛けさせていないか等と、対して紫の方は霊夢は相変わらず修行を怠っている等というそれぞれの身内の話が主な内容となっていた。
 そうして一頻り話が盛り上がっている所で、勇美はこのように切り出したのである。
「紫さん、この場でこのような話をするのも気が引けるのですが、今しか聞いておけないのでいいですか?」
「何かしら?」
 言う勇美に対して、首を傾げながらも彼女に先を促す紫。だが、それはあくまで外面でのやり取りなのであった。
 紫は力の付けた大妖怪故に、僅かながら相手の心を読み取る術を身につけているのだ。さとり妖怪のような明確な読心術ではないものの、ある程度なら相手の考えの方向性は肌で感じる事が出来るのである。
 それでも紫は勇美がこれから言う言葉を、直接受け止めようと思うのだった。その事は紫が勇美を信頼しているが故と言えるだろう。
「紫さんは、どうしてヒーローに仕立てあげるのに相応しいのが依姫さんだって考えたのですか?」
 それが勇美が前々から聞きたかった事なのであった。
 確かに月の民は地上を差別している者が多い。だが、みんながみんなそのような者達ではないのである。
 故に、依姫以外にも月のリーダーに留めるのに相応しい者はいる筈だ。その中で敢えて彼女を選んだのには何か理由がある筈だと勇美は踏んでいたのだった。
 その言葉を紫は暫し無言で受け止めていたが、やがて口を開いた。
「……勇美さん、やっぱりあなたは目の付け所が違うわね……」
 紫はそうしんみりとした口調で呟いていた。その様子だと何やら訳があるようだ。
 その事を紫は語り始めるのだった。
「……依姫、あの人はね。昔の私に似ている所があるの。それが理由だから、言ってしまえば私の我がままで選んだって事ね」
「昔の紫さん……?」
 その言葉に勇美は、昔の彼女は一体どんな人だったのだろうと想いを馳せる。だが、次に言う紫の発言は勇美の予想の斜め上を行くものであった。
「勇美さんと豊姫には言ってもいいかも知れないわね」
 ここで紫は一呼吸置いたのである。いつも飄々とした態度の彼女がこうして神妙な振る舞いをするのだ。余程の事があるのだろう。
「紫さん?」
「いいわ、話しましょう」
 どうやら紫は腹を括ったようである。意を決して彼女は語り始める。
「私はね、元々人間なのよ……」
「!」
 ここに驚きの発言がなされたのである。これにより豊姫は多少意表を突かれたようであった。
 だが、勇美の方は至って落ち着いていたのだった。自分でも不思議な位冷静であるが、その理由は勇美はちゃんと分かっていたのである。
「勇美さん、驚かないのね……」
「はい、何となくそんな気がしていましたから……」
 その勇美の言葉に嘘偽りはなく、本当にそういう予感をしていたのである。
「紫さんの境界の中で見たあの光景が、あなたの人間の頃の記憶なんですね?」
「ええ、全くを以てその通りよ」
 動じない態度の勇美に、紫はただただ感心するだけであった。
 そんな中で紫は更に話を進めていく。
「それも、ただの人間ではないわ。未来からやって来た未来人という訳よ」
 その事を紫は説明していった。何でも、元の時代で彼女はこの世の秘密を暴くという活動をしていたのだ。そして、彼女には境界を『見る』力があったのである。
 そんな彼女は様々な現象へと足を踏み入れていたのだったが、ある時一際大きい境界を見つけたのだった。
 その事は今までにない規模だったのだ。
 そして、人間の時の彼女は落ち着いた振る舞いとは対照的に、内面は好奇心旺盛で度胸が座っている性格であった。だが、その時にはそれが災いする事となってしまったのである。
 まず、彼女の相方は時間にルーズなのであった。故にその時彼女は一人で待っていて退屈をしていたのである。
 それが彼女にさせてはいけない事をさせてしまったのだ。彼女は様々な現象へ足を突っ込むのは危険が伴うが故に、行動はいつも相方と二人で行うという取り決めをしていた事をこの時失念していたのであった。
 彼女はあろう事かその境界に一人で手を伸ばしてしまったのである。まずくなったらすぐに戻ってくればいいと思いながら。
 そして彼女は境界の中へと入り込んだのだった。

◇ ◇ ◇

 境界の中は森の中であった。その事で彼女は大した事はないと思って高を括ってしまったのである。
 取り敢えず、この場所を探索してみようと思った彼女は、境界の場所を覚えておくと適当に辺りを歩き始めた。
 特に目を見張る事は起きる様子はない、もう帰ろうと思った所で彼女の前に現れる存在があった。
 それは狼のようであった。だが、問題はその狼が人間のように二足歩行をしていた事である。
 そして、その生物は確かにこう言葉を発したのだ。『うまそうな人間の女だな』と。
 その時彼女は絶望感を味わった。目の前の生き物は、正におとぎ話に出てくるような『人食い妖怪』のそれだと。
 当然彼女はその場から逃げようとした。だが、もう手遅れだったのだ。
 何と、今目の前にいるような『人狼』が更に二匹、三匹と茂みの中から現れたのだから。
 しかも、それは彼女を取り囲むようにあらゆる方向から現れたのであった。
 ──絶体絶命。正にその言葉は今の彼女を現す為に存在しているかのようであった。
 一体どこで私は間違ったのか。その答えは明白であった。……他でもない、自分が相方がいないのに勝手に行動してしまったから以外の何物でもなかったのである。
 非は完全に自分にある。だが、それを素直に認めて運命だと受け入れるような潔さは彼女にはなかった。まだまだ彼女は生きて色々な事を楽しみたいのだから。
 しかし、その願いが儚く散りそうなのは彼女は分かっていたのだった。彼等がその人間とは比べ物にならない脚力で持って瞬時に飛び掛かってきたからである。
 その映画のワンシーンのような事態を彼女の脳は完全には認識出来なかったが、これだけは分かるのであった。
 ──私はもう、これまでなんだ……と。
 そう彼女が覚悟した時、向こうの方からこんな声が聞こえたのである。
「くっ、この距離からじゃ今から助けに行っても間に合わない……」
 そう悔しそうな声を出す主の姿を彼女は一瞬だが見た。
 その容姿は全身黒の服装で、更にはこれまた黒の外套を見に纏っていた。
 その格好をしているのが14歳位の少女だったので少し大人ぶったような愛らしさが感じられる。
 顔立ちもその外見相応で可愛らしく、鮮やかな赤の神をストレートのロングヘアーにしている所がその存在の可憐さを引き立てていた。
 だが、咄嗟に見た彼女が一番目を引いたのはこれであった。
「角……?」
 彼女がそう呟く通りの物がその存在の頭には備わっていたのである。
 その赤髪の頭部の両脇に一本ずつ、計二本の角が生えていたのだ。
 だが大きさ自体は小さめで、髪型次第ではすっぽりと隠れてしまいそうな位である。
 しかし、大きさは問題ではなかった。そのような物が備わっている事そのものが目を引く光景なのだ。
『鬼』……そう認識するしか彼女には選択肢はなかったようだ。
 そう思いながら彼女は口を開いていた。
「あなたは一体……?」
 しかし、その存在は質問に答える事なく、代わりにこう言った。
「仕方ない、こうなったら『これ』を使うしかないか……」
 そう意味ありげな事を言ったその少女は、おもむろに両手を眼前に向けたのだ。そして、その先には彼女がいたのである。
「一体何を……?」
 彼女が言い終わる前に事は起こったのだった。その鬼の少女の両手から、何か形容し難いエネルギーが放出されたのである。
 それは迷う事なく彼女に向けられたのであった。その行動に彼女は成す術もなく捕らえられてしまった。
「うわっ……」
 彼女はそう上擦った声を出すだけで精一杯であった。気付けば彼女はそのエネルギーにすっぽりと身を包まれていたのだから。
 そして、彼女の視界は虹色のモヤモヤしたものに支配されていったのであった。

◇ ◇ ◇

 その後彼女が行き着いた先。後になって分かった事であるが、そこは鎌倉時代位の日本であったようだ。驚くべき事に、彼女は時間を遡り過去に飛ばされたのであった。
 そのようにして、無防備で準備もしていない状態で彼女は右も左も分からない世界へと放り込まれてしまったのである。
 そのような状況で彼女が生きて行く事は困難だったであろう──彼女が人間のままであったなら。
 だが、その時から彼女は人間ではなく妖怪として目覚めたのだった。そして、彼女は妖怪としての力をメキメキとつけていき、この過去の世界を生き抜いていった。
 ──この頃から彼女は『八雲紫』と名乗る事にしたのだった。普段着にもよく選ぶ色の紫と、外国人でありながら日本を愛した小泉八雲にあやかっての彼女の新たなる名前であった。
 だが、家族とも最愛の親友とも生き別れてしまった紫は孤独であった。頼れるものは己自身のみだった。
 後に九尾の狐を自分の式にして八雲藍の名前を与え、その藍が更に猫又を式にして橙と名付け新たな家族が出来ていったものの、紫の心にはぽっかりとスキマが開いたままであったのである。
 そこで彼女が出会ったのが『幻想郷』であった。この楽園は全てを受け入れるような優しさと残酷さを兼ね備えた素敵な場所だった。勿論、人間から妖怪への道を辿ったイレギュラーな存在である紫であっても迷う事なくである。
 そして、幻想郷が紫の新たなる故郷となったのであった。

◇ ◇ ◇

「と、ここまでが私の生い立ちの話ですわ。信じるか信じないかはあなた達次第だけどね」
 そう壮大な話をし終えた紫は、憑き物の落ちたような雰囲気を醸し出していたのだ。
 そして、紫がこのような重大な話をすると言う事は今この場にいる者達を信頼しているからに他ならなかったのだった。
 それは藍や橙といった家族は勿論、勇美、そして豊姫にも信用を託している事の裏付けなのである。
 その紫に信頼されている者の一人の勇美は実感するのだった。
 今紫が話した重大な事があるが故に、幻想郷を誰よりも愛するが故に綿月姉妹をヒーローたらしめて地上に手出しさせない事でそれを護ろうとしたのだろうと。
 対して、もう一人信頼された人物である豊姫はこんな事を言い始めたのである。
「紫……あなたとはいつか弾幕ごっこで勝負したいわね」
 それが今豊姫が思う事なのであった。紫に信頼されているからこそ切にそう望むのである。
 あの侵略の時は豊姫は弾幕ごっこを知らなかったが故に、それによる勝負は行われていないのだ。
 だが、後に依姫から教えられ、何より勇美と紫の絆を生み出した弾幕ごっこを自分もしたいと考えているのだった。
 そうなれば、未だ二人の間にあるわだかまりも解消されるのではと想いを馳せるのが豊姫なのである。
 その考えは紫とて同じだったようだ。なので、紫はこう答えた。
「ええ、楽しみにしているわ」
「こちらこそ。今から弾幕ごっこの練習をしておくから、首を洗って待ってなさい」
「私は弾幕ごっこならそう簡単に負けはしませんよ」
 そう言って二人は微笑み合った。どうやら彼女達の関係は雪解けの兆しが見えてきたようだ。
 そんな二人の様子を微笑ましく思いながらも、勇美は次の話は自分の番だと、ある一大決心をして口を開いた。
「あの……紫さん……」
「何かしら?」
 勇美に言われて首を傾げる紫であったが、それは八雲紫というもの、次に勇美が出す答えは粗方感じていた事なのだった。
「紫さん、私の帰る場所を幻想郷にして下さい」
「……」
 勇美に言われて紫は無言になるも、それは予想していた事なので一切動じはしなかった。
 勇美は続ける。
「そもそも私を幻想郷に連れ込んだのは紫さんでしょう?」
「ええ、そうよ」
 紫はその質問に、極めてあっさりと答えて見せたのである。
 それは、勇美の言う通りだったからだ。一先ず勇美を幻想郷に住まわせ、気に入れば永住させ、気に入らないようであれば再び外界に送り返す予定だったのだ。
 それが遠音ランティスに操られてゴタゴタしていた為に紫の勇美に対する手解きが棚上げされてしまっていたという訳である。
 その事情を踏まえて、紫は次の言葉を選んだのだ。
「……ごめんね勇美さん、今までほったらかしにしてしまいまして……」
「いいえ、紫さんは悪くないんですから、謝らないで下さい」
 謝罪という普段のスキマ妖怪八雲紫という存在からは考えられない発言に対しても、勇美は極めて穏和な態度で接する。
 しかし、実際は紫の行為が遠音ランティスを生むに至った事には変わりはない為、彼女は全く自分は悪くないとは思えないでいた。
 だが勇美の気遣いが嬉しくて、次にこう言うのだった。
「勇美さん、ありがとう」
 そう言って紫はとびきりの笑みを勇美に見せたのだ。それは普段の胡散臭いものとは違う、格別な一品であった。
「お礼を言うのは私の方ですよ。紫さんなら出来ますよね? 記憶の境界を操って私をあの母親の娘ではなく、元から幻想郷の一員であったとする事を」
「ええ」
 紫は滞りなく勇美に対して返答するも、その内容には彼女とて些か驚いていた。
 こうも14歳の人間の少女に言わしめさせる程、彼女の母親は問題なのか、そして勇美の覚悟はそれ程のものなのかと。
 勇美の言った通り、紫にとって記憶の境界を操り彼女を正式な幻想郷の一員にしてしまう事は造作もない事だろう。
 だが、ここで紫は簡単には首を縦には振れないのであった。何故なら、紫は最初から幻想郷に受け入れられる事を考えてはいなかったからだ。
 紫は様々な常軌を逸した経験をした先に幻想郷へと行き着いたのだ。つまり、最初から望んでいた訳ではないのだ。願わくば元の世界で、かけがえのない親友と貴重な時間を過ごしたかったのである。
 だが、勇美は紫とは違い自ら望んで幻想郷の一員となろうとしているのだ。だから紫は勇美にちゃんと確認をしておきたかったのだ。
 なので、紫は静かに口を開いたのである。
「……勇美さんは、それでいいのかしら?」
 そう言われた勇美はゴクッと唾を飲んだ。今の紫には有無を言わさぬ重い雰囲気が醸し出されていたからだ。
 その事が示すのはただ一つ。──この選択をしたらもう後戻りは出来ないという事だ。
 故に勇美には未だかつてない緊張が走るのであった。だが……。
「私の心は決まっています、お願いします」
 とうに勇美の答えは彼女の中で既に出ていたようだ。そう言葉を返した彼女の表情には一切迷いがなかったのであった。
「……もう決めたのね?」
「ええ、幻想郷での生活こそ私らしさだと今まで経験で感じましたから。あの母親の元に戻ったらもう私らしく生きていけないでしょうね」
 そう勇美は言い切ったのだった。
 その事を彼女の母親が聞けば、勇美の事を自分の一部だと思っているが故に許さないだろうし、『逃げ』だと称して思考停止させるような高圧的な物言いで責めてくるだろう。
 だから勇美は強く思うのだった。『だったら逃げてやろうじゃないか』と。これは一生一大の逃げだと。
 例え母親が許さなくても、紫の手により記憶を改ざんしてしまえばいいだけの話なのである。だから勇美は紫に懇願したという事だ。
 そして、それだけの覚悟を勇美から向けられた紫の方も迷いはなくなっていった。
「もう、迷いはないのね……」
「はい!」
 その二人のやり取りが行われたこの瞬間、勇美のこの先の生き方が決まったのであった。
 その覚悟の一歩を踏み出した勇美に、紫は言い始める。
「それなら勇美さん。あなたにはこれを受け取って欲しいわ」
「何ですか?」
 そう聞き返す勇美の前に、紫が取り出したのは……鮮やかな赤のリボンであった。
「リボン……ですか?」
「ええ。でもただのリボンじゃないわ。分かるかしら?」
 そう意味深に振る舞う紫。そこにはいつもの胡散臭さが少し戻っているかのようだ。
 紫に言われて暫し考え込む勇美。リボン……、紫さんに関係がある物……。
 そう考えを巡らせた勇美は「もしや」と、一つの結論に至ったようだ。
「もしかして、紫さんのスキマのリボンですか?」
「ええ、ご名答よ」
「う~ん……」
 きっぱりと紫に言われて勇美は唸ってしまう。
 それは境界の結び目となるリボン、そのようなものははっきり言って得体の知れないものであるからだ。例えるなら「うれしい ありがとう りぼんあげます」と言われて貰うリボン並みに未知の領域だったのだから。
 だが、勇美はためらう事はなかったのだ。他でもない紫の気持ちであるし、何より受け取っておけば自分自身のプラスになると感じるからである。
 故に、勇美は迷う事はなかった。
「ありがとうございます。大切に使わせてもらいますね」
 そうして勇美は快くスキマリボン(命名:勇美)を受け取ったのである。
 その様子を見届けた紫は、今度は胡散臭くない澄みきった笑顔でこう言った。
「それでは黒銀勇美さん。改めて、ようこそ幻想郷へ」

◇ ◇ ◇

 その後勇美達は風呂に入りポカポカになりながら心地好く床へと着いたのであった。
 そして、ここは藍と橙の寝床である。
「藍さま……勇美さん達、何か難しい事を話していましたね」
「ああ、私にも付け入る隙がなかった程だからな。橙が気にする事ではないよ」
「うん。でも、紫さまが私達を『家族』だって言ってくれて嬉しかったな~」
「ああ、それも同感だな」
◆◆◆◆◆◆◆◆
[おまけ]
依姫「勇美、紫の家でのお泊まりはどうだったかしら?」
勇美「はい、紫さんのゆかりごはんが美味しかったです」
依姫「……何よ、その小学生並みの感想は?」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧