| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第79話 あの人からのお招き2/3

 ──迷い家──
 それは人間が山で遭難した時に辿り着くと言われている、謎の多い場所である。
 そして、その場所の様相はどこか昔懐かしい日本の田舎の村々を彷彿とさせる造りなのだ。
 そんな未知の世界にも陽の光は届いているのだ。故にこの迷い家も夕日に照らされて神秘性を引き立てられていた。
 その場所の一角の家の中にて、このような会話が聞こえてくるのだった。
「紫様、もうすぐあの者達が来られる頃ですね」
「ええ藍、今から楽しみだわ」
 それらの会話をする者達は、九尾の狐の八雲藍と、その主の大妖怪八雲紫その人であった。
「それにしてもお言葉ですが紫様、あなたが境界で直接迎えに行った方がよろしかったのでは?」
 と、藍はもっともな指摘を紫にする。来客を迎えるのは、おもてなしの基本ではなかろうかと。
 そんな至極真っ当な意見を出す藍に対して、紫はちっちっちと指を振りながら言う。
「藍、分かってないわね」
「と、言いますと?」
 的を得た発言の筈なのにダメ出しをされてしまった藍は当然納得出来ずに聞き返す。
「考えてもみなさい。ラスボスが自らの城に主人公を招待なんかしたら興醒めでしょう」
「はあ……」
 紫が語り始めたこだわりに、藍は分かるような分からないような態度で示した。
「冒険ものってのは、自分の足で突き進んでいくから面白いのよ。心得ておきなさい」
「はいはい」
 よもや自分には理解出来ない領域の話だろうと踏んだ藍は、それ以上考えるのをやめたのだった。
 その一方で、この方の演出家としての感性はかなり優れているのだろうという考えも浮かんでくるのだ。
 現に、彼女の奮闘により幻想郷を護るために必要な事である綿月姉妹のヒーロー性を見事に確立したのである。
 それには依姫と対峙させた霊夢達のみならず、自分自身も利用して見せたのだ。それは、自然な感性や自尊心に囚われては出来ない事であっただろう。
 やはり紫様には敵わないものがある。そう藍が感慨に耽っていると外から声がするのだった。
「紫さま、藍様、ただいま~」
 そう言って八雲家へと戻って来たのは猫又の少女、橙であった。
「おっ、橙が帰って来たな?」
 誰よりも橙を溺愛している藍は、心弾ませながら我が子同然の存在の帰還を喜ぶ。
 そして、藍と紫は自宅の玄関へと足を運んだのだ。そこには今ここに戻った橙の姿があった。
 その愛しい存在を目にした藍は、少し苦笑いを浮かべていた。
「橙……、大分汚れているなぁ」
 そう藍が指摘した通り、橙は全身が泥まみれとなっていたのである。
「うん、今日はたくさん遊びましたから~」
 そう無邪気に返す橙。対して藍はそんな橙を憎めないと感じて言う。
「ああ、子供はよく外で遊んでこそだからな、胸を張っていいぞ」
「藍さま~♪」
「でも、これからちゃんと体は洗うんだぞ」
「は~い」
 藍の指摘に、橙は素直な対応をするのだった。そして、主の言い付け通りに体を洗う為に風呂場へ行こうとした時にふと気付くのだった。
「そうだ、藍さま」
「どうした?」
 突然橙に話を振られて、藍は首を傾げる。
「そういえば、迷い家に『お客さん』の気配がありましたよ」
「来たわね……」
 それを待ちわびていたのだと、間に入るように紫が言った。
「それじゃあ橙、早くお風呂を済ませるんだぞ。お客さんの失礼にならないためにな」
「はい、藍さま」
 その藍の指示に嫌な顔せずに、橙は元気よく浴室へと赴くのだった。

◇ ◇ ◇

 勇美と豊姫は、歩いてはいけない場所『迷い家』へと辿り着いていた。それも豊姫の能力を使えば朝飯前というものであった。
 それはさておき、やはり勇美はこの場の光景に感銘を受けていたのだった。
「うわあ~、のどかでいい所~、夕日の当たり具合も素敵だし♪」
 そのような勇美に、豊姫はこんな質問をする。
「勇美ちゃん、外の世界ではこういう所、珍しいの?」
「ええ、山奥とか島に行けばまだこういう所はあるみたいですけど、都心じゃもう中々お目に掛けられませんよ」
「そうなんだ、参考になるわ」
 そう豊姫は勇美の話に素直に感心の意を見せる。それは寿命のない永遠の時を生きる月の民は不変故、地上の民のような目まぐるしい発展とは無縁にあるために興味深い話だからである。
 そして、勇美のその話を豊姫は深く心に留めておこうと思うのだった。それが月と地上の距離を縮める為に必要不可欠だと考えるからであった。
 そのような想いを馳せつつ、豊姫は勇美を先導する。
「勇美、貴重な話をありがとうね」
「いえ、お役に立てたら幸いです」
「それじゃあ、この話はこれまでにして、私達はこれから行く所を目指そうね」
「はい」
 ここに話は決まったようであった。二人は自分達を招待してくれた八雲紫の家へ行く事に意識を向けるのだった。
 ふと、ここで勇美は思った事を口にする。
「それで豊姫さん。まさかとは思いますけど、紫さん家がどこか分からないなんて事はありませんよね」
「もしそうだったらお互いに困るでしょ……」
 その瞬間何とも言えない微妙な空気が辺りを支配したのであった。
「大丈夫よ。彼女の妖気を目指していけばいいだけよ。何たって一個体の妖怪なのだからね」
「それは良かったです」
 豊姫に言われて安堵するとともに、どこかコント的な意味での美味しさを逃してしまっている事にやるせなさを感じる勇美であった。
 その豊姫の言葉通り、彼女は迷う事なく迷い家を進んでいったのだった。迷い家なのに迷わないとは些か珍妙ではあるが。
 そして、一行は八雲家へと辿り着いていたのだった。その様相を見た勇美は、こう感想を述べる。
「あれ……、失礼な事言うかも知れませんけど思っていたのと違って、普通の民家って感じですね。紫さん程の大妖怪ならもっと豪華な住まいに住んでいると思ったんですけどね」
「それは人間と妖怪の感性の違いというものよ。勇美ちゃんは現代で育った人間だからその感覚は疎いのだと思うけど」
「……確かにそうかも知れませんね」
 豊姫のその指摘に、勇美は今度は自分が勉強になった番だと素直に感心した。
「まあ、その事についてはまた今度話しましょう。さあ、今は私達を招待してくれた彼女達を待たせてはいけないわ」
「そうですね」
 豊姫にそう窘められて勇美は納得し、いよいよ八雲家への訪問に胸を踊らせるのだった。

◇ ◇ ◇

「そろそろかしらね」
「ごめんくださーい」
 紫がそう独りごちている所に、来客の声が聞こえて来たのである。正に噂をすれば何とやらであった。
「来たわね、では参りましょうか」
「はい」
 紫は自分の従者の藍にもそう促した。そして、今回は彼女はスキマを使っての出迎えはしなかったのである。
 ものぐさな紫である。普段の彼女なら悪びれもせずに来客の際でも遠慮なくスキマで出迎えている事だろう。
 だが、今回は違ったのだ。自分と絆の生まれた者に対してそのような態度では、さすがの紫とて失礼に当たると心得ているのだ。
 対して、八雲家の玄関の前で声を出して挨拶をした勇美はやや緊張気味だった。呼び掛けはしたが、本当にここに自分が来ていいものかと後ろめたさをどことなく感じていたのである。
 そんな必要以上に気を張っている勇美を、豊姫は窘める。
「勇美ちゃん、リラックスよ……って、これじゃあ面接の時みたいね」
「えっ、月にも面接はあるんですか?」
「それは勿論、月にも仕事はあるからね。でも地上のそれとは違って、履歴書と受け答えで採用を判断したりはしないけれどね」
 月の技術は地上より遙かに進んでいるのだ。だから、面接では上っ面だけでの人材の選考はせずに、その人の能力を見越してでの採用する術が確立されているのである。
「そうなんですか~、興味深いですね」
「純粋な能力で選ばれるから、どうしてこんな人が選ばれたって事にはならないからいいわね。それと、それだけの軽口が叩けるならもう問題はないよね?」
「あっ……はい」
 いつの間にか豊姫のペースに乗せられ、気付けば必要以上の緊張感はなくなっていた。
 やはり、この人は物事を巧みに運ぶ才能というものがあるようだ。かつて永琳が依姫と別行動させて紫を罠に掛ける手筈を任せたのも頷けるというものである。
 だが、今はその罠に掛けた紫その人からの招待が掛かっているのだ。何とも奇妙な巡り合わせである。
 そして、客人をいつまでも待たせていては失礼千万というもの。故にいよいよを以て八雲家の玄関は開け放たれたのである。
「ようこそ我が家へおいで下さいましたわ」
 そう言って玄関の引き戸を開けて出迎えてくれたのは、名前の通りの紫色が基調の服装をしたスキマ妖怪、八雲紫その人であった。
 その姿を見て勇美は安堵を覚える。その理由は弾幕ごっこを通して自分と絆の芽生えた存在そのものであるからだ。故に心を許していいというものであろう。
「こんにちは紫さん。いえ、今はこんばんはの方がいいですかね?」
 そう勇美が指摘するように、もう太陽は地平線に隠れて、もうすぐその仕事を夜の闇へと交代する寸前であったのだ。
「う~ん、私にはその辺りは余り興味ないわねぇ~……」
 紫がそうのたまうのは何故かと勇美が思っていると、後ろから助け船、はたまた横槍というべきかのものが割り込んで来た。
「紫様が寝られるのは昼夜問わずですからね」
 そう言って入り込んで来たのは、紫の従者たる八雲藍であった。
「何よ藍~、失礼じゃないのよ~」
「いえ、本当の事ですから」
 そのように砕けたやり取りをする二人からは、家族の絆のようなものが感じ取れるのであった。
「家族……ですね」
 そんな二人の温かみのあるやり取りを見ながら勇美は思わず呟いていたのである。そう、彼女にはそのような愛情には余り恵まれなかったのだから。
「勇美ちゃん……」
 それには豊姫も心苦しいものを感じる。彼女は家族に恵まれ、更には掛け替えのない師匠にも恵まれたのだから、そのようなものに恵まれなかった勇美の事を完全に分かってあげられなくてやるせない心持ちとなるのだ。
 勇美はそんな豊姫の様子を察し、咄嗟に謝る。
「ごめんなさい豊姫さん、余計な気を遣わせてしまって。今では私にとって永遠亭が家族同然だというのに……」
「そう言ってもらえると嬉しいわ」
 勇美が自分達の事を家族として受け止めてくれている。その事に豊姫は喜ばしいものを感じた。
「……」
 そんな勇美と豊姫のやり取りに紫は無言で見据えていた。彼女にも何か思う所があるのだろう。
 だが、紫は心機一転して次の言葉を紡ぎ出した。
「ようこそ八雲家へ。今夜はゆっくりしていくといいですわ」
「はい、お世話になります」
「よろしく頼むわね」
 紫の挨拶に、客人たる二人は快く言葉を返すのだった。

◇ ◇ ◇

 そして、勇美と豊姫は藍に案内されるままに、一つの部屋へと向かっていった。
 その最中、勇美は思っていた。ここはまるで民宿のように風情がある所だと。派手さ、豪華さは少ないものの、しっかりとした赴きのある造りが見る者を和ませるかのようであると。
 そう勇美が思っている中、とうとう藍の案内の元に部屋へと着いた二人であった。
「夕食までもうすぐだからな、暫くここで過ごしているといい」
「ありがとうね」
「ありがとうございます藍さん」
「それじゃあ私は夕食の準備に取りかかるから、何かあったら遠慮なく呼んでくれ」
 言って藍は客人をもてなす為の準備へと舞い戻っていった。
 そして、身内である豊姫と再び二人っきりになった勇美は思いっきり息を吐いた。
「はぁ~~~っ、やっぱりお泊まりの時って気を遣ってしまいますよねぇ~」
「ええ、その勇美の気持ちは分かるわ。私も子供の頃はそういう経験をしたものね」
「えっ、豊姫さんって名家ですよね? それでそういう経験ってあったんですか?」
 勇美はその事実に驚いて聞いていた。
「まあ、内のしきたりはそんなに厳格じゃなかったからね。庶民の者の家に泊まらせてもらうって事も出来たって訳ね」
「成る程~」
 その事に感心しながら勇美は今の空気が一際心躍るものだと噛み締めていた。
 自宅以外の場所で部屋にありつけてからの見知った者とのおしゃべり。この瞬間に何か心洗われるものがあると勇美は思うのである。
 そして、勇美は部屋の辺りを見回す。飾り気はないが素朴でシックな造りの良い部屋だと改めて感じたのだ。夜の帳が降り掛けた外の眺めもその旨みを引き立てているのだった。
 勇美はその喜びを噛み締めつつ、夕食の時まで豊姫と談笑を交わして時を過ごしていったのである。
 そうこうしている内に、食欲をそそる匂いが勇美の鼻孔をくすぐるのだった。
「あ、いい匂い……」
 勇美は呟くと共に、彼女の意思に反してぐぅ~っという音を出してしまった。そう、所謂腹の虫である。
「あ、これは失敬……」
 思わず勇美は顔を赤くして豊姫に弁明した。だが、豊姫はそんな勇美を咎める事もなくこう言った。
「ううん、気にする事はないわよ、何たって自然の摂理ですものね。それに、私だってもうお腹がペコペコだからね」
 桃以外でここまで美味しそうと私に思わせるのは久しぶりだと、豊姫は意気揚々と語った。
 だが、この匂いを嗅がされる事態が続けば二人は蛇の生殺し状態となってしまうだろう。そうなる前に彼女達の前に助け船が差し出されるのだった。
 彼女達のいる部屋の外で足音が聞こえ、それが二人の元に近づいてきたのだった。いよいよであろう。
 そして、襖が開けられ声が掛かって来たのだ。
「待たせたな二人とも。夕食の時間だぞ」
「「待ってましたぁ~」」
 その瞬間、はしたなく二人はそうのたまったのである。そして、見事にその声は調和していたのだった。
 そのようなはしたない振る舞いを見せながら二人は藍に案内されるままに居間へと向かうのだった。

◇ ◇ ◇

 そして、とうとう二人は夕食の用意された居間へと辿り着いたのである。食事のそのいい匂いは現場に来た事で更に増し、二人の食欲は最高潮へと昇らされる。
「さあ、お二人はこちらに」
 そう紫に勧められて、二人は用意された各々の席へと座るのだった。
 その夕食の席は、昔懐かしいちゃぶ台であった。洋式のテーブルで食事をする機会の多い勇美はその中々巡り合わない経験に感銘を受ける。
「いいですね~、こういう懐かしい食卓って、これぞ日本って感じで」
「気に入ってもらえて光栄ですわ」
 そう勇美に褒められる紫の方としても満更ではない様子である。
 勇美はそう紫と話す中で、ある事に気付いた。
 そう、他でもない。紫と藍の家族同然の存在である橙もそこにはいたのだから。
 故に、勇美は彼女にも挨拶をしておかなければならないと考える。
「橙ちゃん、こんばんわ。永遠亭での会の時以来だね」
「あ、勇美さんこんばんわ。豊姫さんもゆっくりしていって下さいね」
「あら、私の名前を知ってるなんて感心ね」
 そう橙に軽い感じで返した豊姫だが、その内心では本当に感銘を受けていたのである。
 それは、紫と自分とでは侵略をする側と阻止する側であったからだ。それ故に二人の間では因縁があるのである。
 それだというのに、紫は豊姫の事を橙に話していたようだった。しかも、今の橙の態度から察するに、悪いイメージは吹き込んでいないようだ。その事に豊姫は密かに嬉しさを感じるのだった。
「それでは、みんな集まったようね」
 そう豊姫が思っている中で、今回の主催者といえる紫が話を切り出し始めたのである。そして、この場には次に紫が言うだろう言葉を否定する者はいないのだった。
「では、まどろっこしい事はなしにしましょう。さあ、夕食をみんなで頂きましょうね」
 その紫の言葉の後に皆がいう言葉は決まっていた。
「いただきます!」
 こうして食事の前のしきたりを皆は果たし、お待ちかねの食事の時間となったのだった。
 夕食の献立の内容は、素朴ながらも安っぽさのない、堅実なものであった。
 お吸い物、アジフライ、肉じゃが、どれもシンプルであるが充実したラインナップであった。だが、勇美が一番気に入ったのは他にあったのだ。
「紫さん、みんな美味しいですが、このご飯が一番美味しいですよ」
 そう勇美が指すのは、紫色の物で味付けされたご飯なのであった。しその香りと程よい酸っぱさが癖になる一品である。
「それは良かったわ。そのご飯はゆかりごはんよ。私が紫だからね」
「とても美味しいですよ、紫さん」
「……」
 ツッコんで貰えなかった。この子、天然か、それともやり手なのか、そう紫は複雑な心境となった。
 と、紫が微妙な空気になりそうな所を助け舟と呼べるのか分からないが、藍が言葉を掛けて来た。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧