| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第77話 『あの人』参加の会議、そして……

「ところで勇美ちゃん、あなたも『会議』に出るの? 無理強いはしないけど」
 そう永琳は勇美の去り際に彼女に対して呼び掛けて来たのだった。
 そして、その言葉は勇美が少なからず予想していたものであったのだ。だから彼女は前もって心に決めていた事を口にする。
「ええ、もちろん出席しますよ。私では力不足な所もあると思いますが、私自身が出たいと思うからです」
 それが勇美の思う所なのであった。幻想郷の住人としての義務という以上に、勇美自身の責任感と意欲が彼女にそうさせるのだった。
「そう言ってもらえると私としても嬉しいわね」
 温かい笑みを携えながら永琳は言いながら、最後にこう付け加えたのだ。
「勇美ちゃんがそうしてくれるとみんなも喜ぶわ。何たってあなたはもう立派な幻想郷の一員なんだからね」
 その一言に勇美はハッとなってしまった。そして、後から遅れてじわじわと嬉しさが込み上げてくるのだった。
 今のこの自分が幻想郷の一員として認められている、こんな嬉しい事があるだろうかと。
 だから、勇美は彼女にとって精一杯の気持ちを込めて永琳に返すのだった。
「はいっ!」

◇ ◇ ◇

 そして、永遠亭の会議室で会議が行われていたのだった。
 その面子は以前に紫捜索の会議をした時の者達が多く集まっていた。永遠亭の重役の面々に、紫の従者の八雲藍もこの場には出席していた。
 だが、完全に以前と同じ面子という訳ではなかった。
 まず、今回の異変では月を巻き込みかけたので、侵入者に立ち向かう役職にある玉兎達がいる事である。この場ではレイセンとして出席しているイシンを含めて七羽のあの面々である。
 会議という小難しい事なので、彼女達には理解出来ない内容の方が多いだろう。
 しかし、豊姫のサポートがあったものの、彼女達は曲がりなりにも元凶たる遠音ランティスに挑んだ者達なのである。故に、この会議に出席する意味はあろうというものなのだ。
 次に驚くべき事は、前回出席していなかった永遠亭の主たる蓬莱山輝夜がこの場にいるという事であろう。
 前回の場合は紫の事には興味がないという理由を盾に、要は面倒臭いからという本音の元出席しなかったのだ。
 だが、今回の異変は月と地上を巻き込みかねなかった大事なのである。故に今回ばかりは面倒だからと出ない訳にはいかないと考えたのだ。
 今は離反したもののかつての故郷である月と、今の大事な住まいである幻想郷の存在する地上。これらの事実があるから輝夜は最早他人事だとは思えなくなったのである。誰だって以前に住んでいた場所や、今の生活の場を脅かされたら素知らぬ顔は出来ないというものだろう。
 そして、今回の一番の注目すべき存在。それはこの場に事の重要な関係者──いや、話の中心人物とはっきり言った方がいいだろう──八雲紫がいるという事であった。
 確かに今回の異変は、裏で紫を操っていた遠音ランティスが首謀者なのである。だが、紫が全くの無関係である事は断じてないのだ。
 不本意ながら異変を起こさせられてしまった紫だが、その事に対してけじめをつけるべく今回の会議に出席したという事である。彼女は普段胡散臭い振る舞いをするが、責任感というものは極めて高いのだ。
 そして、これらの面々で会議は滞りなく行われていった。
 その内容は、まず紫が第二次月面戦争を起こした真の理由であった。
 この綿月姉妹をヒーローたらしめるために異変を起こした事は、本来なら月の重役に知れては意味がないだろう。
 だが、今この永遠亭の会議に出席している者達は、皆紫の真意に対して理解を示しているのであった。だから、彼女らには話しても問題ないというものなのだ。
 次に、話題にあげなくてはいけないのが、何といっても遠音ランティスの件だろう。彼女には裏から様々な工作を仕掛けられたのだから。
 そして、今話はその事についてだった。

◇ ◇ ◇

「遠音ランティス、このような者の誕生は今後あってはならないわね」
 そう言うのは依姫であった。この場で一番真面目であり、一番良識人と言える彼女ならではの発言だろう。
 彼女の性格上、物事の上っ面だけではなく、その根本の所まで考えなければ気が済まないのである。
 だから、『今回ランティスを倒せて良かったね』ではなく、今回のような事が二度となくすべく考えているのだった。
 それには、依姫自身の正義の他に、勇美にあれだけ危害を加えた存在が再び現れる等、言語道断だと思っての事だった。
 本来このような場に私情は持ち込んではいけない事は依姫にも分かっている。だが、個人的感情を置いて勇美の事をないがしろにする等とは彼女には出来なかったのだ。
 それは、非情になり切る事が出来ない依姫の短所でもあり、また長所でもある。
 しかし、依姫の場合どちらかと言えば長所として働く事が多く、それを重要視する者が多いというのも事実だった。
 でなければ、永琳はレイセン時代のイシンを依姫と豊姫の所に紹介してはいないし、極め付きは紫が彼女らを未来永刧月のリーダーに留まらせて幻想郷の安泰を図ろうとはしないだろう。
 そのような人柄だからこそ依姫は、今回元凶を倒した事で万々歳として片付けようとは思わなかったのだ。
 遠音ランティスは紫が地上と月を境界で繋いだ事により生まれた存在なのを依姫は忘れていなかったである。もし紫が再び月へ赴く事があれば、またあの災厄の権化が生み出されてしまいかねないのだから。
 当然、紫も依姫が言いたいその事実を重く認識しているのだ。だから、彼女はこう言った。
「ええ、分かっていますわ。私はスキマの力ではもう二度と月へは赴きませんわ。もう目的は果たしたのですから」
 そう紫は言い切ったのだった。そこには、普段の彼女らしい胡散臭さは存在せず、誠実な態度そのものであった。
 しかし、ここで紫は「ですが……」と続ける。
「綿月の方々。あなた方にもやっていって欲しい事はありましてよ」
 そう言われて、依姫と豊姫はそう来るだろうと一切動じずに受け止めるのだった。
「ええ、分かっているわ」
「月の地上への偏見や差別をなくしていかなければ、貴方のやった事は無駄になってしまう。その事は十分承知しているわ」
 そう豊姫と依姫は嫌な顔をせずに紫に答えたのであった。
 その事は月のリーダーになった時から心に留めているのだ。それを忘れた事は二人にはなかったのである。
「以上かしら?」
 ここで永遠亭の真の支配者たる永琳がそう切り出した。表の主たる輝夜がこの場に参加しているとはいえ、実権を握っているのは永琳に他ならないのだから。
 その永琳の切り出しに異論を唱える者はこの場には存在しなかった。これで、当面の問題は話題にし尽くしたのだから。
 その事を確認した永琳は締めくくりとしてこう言った。
「それでは、解散ね」
 こうして、紫参加の会議は幕を閉じたのであった。

◇ ◇ ◇

「はぁ~……」
 会議も終わり、勇美は依姫と休憩室で談笑をしていた。そして、彼女はおもむろに溜め息をついていたのだった。
 その様子を見ながら依姫は指摘する。
「勇美、会議で緊張したのかしら?」
「ええ、それもあるんですけどね……」
 依姫の指摘に半分賛同するも、もう半分は別の所にあったのだ。その事を勇美は口にする。
「私、折角会議に出たのに、満足な発言を出来なかった自分がやるせないんですよ……」
 そう打ち明けた後、勇美は再び溜め息を吐いてしまうのだった。
 その事がどこか情けなかったのだ。自分はあの時、元凶たるランティスと仲間と共に戦った立派な戦士の一人であり当事者であるというのに、その事について言及出来なかったのだから。
 だが、そんな勇美に依姫は優しい視線を向けながら言った。
「いいえ、気にする事はないわ。何せ貴方はまだ14歳なのよ。そこで会議なんて重苦しい催し物をこなす事は困難というものよ。私達は貴方に参加してもらっただけでも喜ばしいのだから」
「そう言ってもらえると幾分気持ちが楽になりますね」
 依姫に宥めの言葉を掛けられて、勇美は肩の荷が降りるような気持ちとなるのだった。
 そんな勇美に対して、依姫は再度言葉を掛ける。
「難しい事考えて悩む勇美なんて貴方らしくないわ。これから『お楽しみ』もある事だし、大手を振っていきましょうね」
「はい、そうですね!」
 そう素直な返事をする勇美。そしてお楽しみとは一体何だろうか?

◇ ◇ ◇

 永遠亭で『準備』は出来ていたようだ。豪華な飾り付けに、豪勢な料理の数々が用意されていったのだ。
 そして今、全ての手筈は完了していたのだった。
 今や永遠亭の食堂は派手に彩られた中で、幻想郷の有権者達が多く集まっていた。
 そんな光景を前にして、勇美は多少尻込みしそうになる。だが、ここは踏ん張り所だと自分に言い聞かせて奮起して言葉を発した。──それもこの大勢の前で壇上に立って。
「この度は八雲紫さんの帰還を祝う会に参加して下さり、ありがとうございました。それでは、この会を心ゆくまでお楽しみ下さい!」
 そう勇美が言い切った後、威勢のいい歓声がどっと溢れたのだった。その瞬間、勇美はうまくやり切れたと安堵した。
 この会は勇美が提案したからに他ならないからである。幻想郷での宴会は博麗神社で行うというのが謎の不文律であるが、今回永遠亭で行って欲しいと勇美が進言したのだ。
 その理由は、紫と月の重役との間にかつていざこざがあったからである。それが今回の異変を解決するに辺り、多少解消される方向へと進んだのだ。
 その好機を勇美は逃す手はないと思ったのだった。こうして紫を元月の住人達が造り上げた永遠亭に招待する事で、うまく打ち解ける機会を生み出そうと彼女は考えたのだった。
 もちろん勇美はでしゃばった真似かとも思った訳であるし、第一紫が承諾してくれる可能性は低いとも考えたのである。
 だが、思いの他紫は快く勇美の進言に承諾してくれたのだった。
 それは、紫自身わだかまりが解けたら月の者達とうまくやっていきたいと切望していた事が第一なのだ。
 だが、それに加えて、紫と勇美が弾幕ごっこを行った事で互いに絆のようなものが生まれていたのも一因だろう。そんな『仲間』の切実な申し出を、紫は無碍には出来ないと考えたのだった。
 それらの思いの渦巻く中で、勇美は無事に自ら買って出た開示の言葉の役を見事にこなしたという事であった。
 後は、ここに集まった者達と共にこの会を楽しむだけである。
 勇美は、喉を潤す極上の料理を口にしながら、今までの幻想郷で見知った顔ぶれ達と楽しく話しに華を咲かせていったのだった。
 まさに憩いの一時であった。だが、そんな中で彼女は一番忘れてはいけない存在をちゃんと認識していたのである。
 彼女は一頻り幻想郷の住人と楽しんだ後、目的の『一家』へと足を運んでいった。
 そして、彼女は迷う事なく歩を進めていった。目印は一際目立つ金色のモフモフであった。藍さんはこういう時いい目印になるなと心の中で多少失礼な事を思いながら。
 そうして勇美は無事に八雲一家の元へと辿り着いていたのだった。そして、彼女は名前の通り紫が基調の服の女性に話掛けた。
「どうですか、紫さん。永遠亭の会は気に入って頂けましたか?」
「ええ、粋な計らいを考えてくれましたね、勇美さん」
 その紫の言葉に嘘偽りはなく、心からこの会を楽しんでくれているようであった。
「紫さま~、この人が勇美さんですか~?」
 そう横から話し掛けてきたのは、緑の帽子に猫又の証たる猫耳と二股に分かれた尻尾、そして名前の通りに橙色のベストを身に纏う猫少女。
 この少女は紛れもなく、紫らの家族の一員である(ちぇん)であった。
「紫さん、橙ちゃんも連れて来たんですか?」
「ええ、私がいなかったから暫く一緒にいられなかったからね、そのお詫びにこういう所に連れて来ようと思ったのよ」
「いい心掛けですね、橙ちゃんも喜んでいるでしょう」
「ああ、とても楽しそうにしているぞ。なあ橙?」
 そう言う藍の表情はものの見事に緩んでいた。その瞬間勇美は全てを察した。──この人が一番橙ちゃんを連れて来る事を勧めたんだと。
 その様子は正に子煩悩、またの名を親バカというものなのだろうと勇美は思うのだった。
 だが、それはそれで勇美は橙にも挨拶をしておこうと思った。自分と絆が生まれた者の従者の従者なのだから、きちんと関係を持っておかなければならないというものだ。
「はじめまして橙ちゃん、私の事知っているの?」
「勇美さん、それはもう幻想郷であなたは有名人だよ♪」
 そう言われて、勇美は満更でもない気持ちとなった。自分も有名になったものだと感慨深くなるのだった。
 だが、そんな味わいは直後に打ち砕かれる事となる。
「噂通りお胸が小さいんですね。私よりも小さいから励みになりますよ♪」
「ぐはぁ……」
 その一言に口から何かを吐き出しそうな精神的ダメージを負ってしまう勇美だった。
 ダメージにより朦朧とする意識の中で勇美は思った。──子供って正直なんだなぁ……と。その事により、脳内を引っ掻き回されるような複雑な気持ちとなった。
 だが、ここ最近で精神的成長を遂げた勇美はすぐに立ち直るのだった。ちなみに胸の事は『希望はあるさ』と楽観的な気持ちで乗り切ったのだ。
 そんな彼女を見ながら紫は微笑ましい心持ちとなると同時に、ある事を思い付いたのだった。いや、その事は今まで考えていた事だったのだが、今この場でそれを実行するに値すると紫は踏んだのだった。
「ところで勇美さん、あなたにはここで言っておきたい事があるわ」
「何ですか、紫さん?」
 精神的ダメージからも見事に回復していた勇美は、紫にそう言われて何事だろうと首を傾げた。
「あなたには、今度──」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧