| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第71話 境界の大妖怪

「ようこそ私の空間にいらっしゃいました」
「!」
 そう呼び掛けられた勇美は驚きながら、その人物の姿を目視する。
 その者は見事な金髪をロングヘアーにしており、顔立ちは実に『端整』という言葉しか似合わない程の造型であった。
 だが、彼女の瞳は紫色である為、その美しさは慈悲深さよりも妖艶さ、得体の知れなさを引き立てられている。
 その頭には蝶のようにあしらわれた紐付きの白いナイトキャップが被せられていた。
 極め付きはその服装だろうか。そこに一番目が行くというものだ。
 それは、派手な紫色のワンピースであったのだった。正に彼女のイメージカラーであり……。
「あなたが、八雲……紫さんですか?」
 そう勇美が問いかける通りの人物がそこにはいたのである。
「ええ、そうですわよ♪」
 その大妖怪、八雲紫はそう飄々と答える。
 やっぱり、勇美はそう認識した。そして、更に思う……この人はやはり『胡散臭い』なと。
 勇美がそう思うのは、彼女の振る舞いや存在そのものからであった。何か、彼女は他人に掴み所を見出せないような言葉に言い表せないような独特の雰囲気があるのだ。
 勇美がその理由を考えていると、紫の方から口を開くのだった。
「わざわざこのような場所までご足労頂いて光栄ですわ」
「……」
 そう言われて勇美は無言となってしまう。やはりこの妖怪の真意というものが見えて来ないからである。
「あの、紫さん……?」
 そんな雰囲気に、勇美は堪らずに彼女に聞き返してしまう。
「あ、これは失礼しました。折角の客人ともあろう方々に対して」
 そう言いながら紫は愛用の扇で口を隠しながらころころと笑う。そのような得体の知れない振る舞いに耐えきれなくなった勇美はとうとうこう口にする。
「紫さん、今回のあなたの目的って……」
「折角出向いて頂いたのですから、少し私の話を聞いていってはくれませんか?」
 勇美の真っ当となる筈の質問は、見事に紫の手、いや口によって遮られてしまった。
 そういえばこの妖怪、人の話を余り聞かないって特性があったっけ……。そう勇美は思いながら諦めの境地に入るのであった。
「一体何の話ですか?」
「よく聞いてくれましたわ」
 諦めの姿勢で聞く勇美に、紫はのほほんとした態度で言う。しかし、その瞬間些か空気に変化が現れた事を、今までの経験で培った勇美の感覚が察知していた。
「それでは失礼させて頂きますね。まず勇美さん、あなたはヒーロー番組って見ますか?」
「はえっ?」
 勇美は思わず素っ頓狂な声を出してしまった。それだけ紫が今放った言葉は突拍子もないものだったからに他ならない。
 ちなみに、紫は勇美の育った環境に合わせてくれた物言いをしているようだ。でなければ幻想郷に馴染みのないヒーローものの娯楽の事を進んで話題にはしないだろう。
 そして、勇美は困惑する思考をどうにか落ち着けさせて言った。
「はい、そこまで熱中してみる訳では有りませんが、嗜む程度には」
 勇美は正直に答えていた。何故なら先程から変わった空気の性質上、紫がふざけてそのような質問をしたとは思えなかったからである。
「正直で宜しいわね♪」
 そう紫は半分茶化す、半分褒めるかのように勇美のその態度を評価したのだ。それは紫自身が勇美の事をどう思っているかという現れなのかも知れない。
 そして、紫は質問を続ける。ここからが本題だと言わんばかりに、彼女の視線は真剣なものとなっていた。
「それでは質問を続けますわね。勇美さん、あなたはヒーローには何が必要だと思いますか?」
「……」
 勇美はそれを聞いて考え込んでしまった。漸く質問の内容が真剣染みてきたと思いながら。
 この質問には真面目に答えなければいけないだろう。ふざけて答えたからといって紫に何かされるという事はないだろうけど、彼女の信頼を損ねる事には繋がるだろうから。
 そして、勇美は考えを巡らせていった。
 まずは力だろうか。勇美がかつて一番望んだものだ。そして今、依姫から神降ろしの力を借りる形でとはいえ、彼女は念願の力を行使する事が出来るようになったのだ。
 続いて、優しさ等の人格だろう。いくら力があっても、悪しき考えを持って人々を苦しめるようでは悪役そのものだからだ。
 だが、勇美はそこまで考えて首を横に振るのだった。もっと、ヒーローには必要不可欠なものがあるからだ。
 そう思いながら、勇美は答えを言うべく口を開くのだった。
「……それは、怪人や怪獣といった『悪役』ですね」
 それが勇美の答えであった。今までヒーローものの作品を見てきた上で導き出された事柄である。
 強くて優しい、それだけではヒーローにはなり得ないのだ。それは、群れの一員がリーダーと認められるには群れにきっちりとした『利益』をもたらさなければいけないのであり、人格や個人的な強さなどは求められていないのである。
 それはヒーローにも当てはまる事である。物語のヒーローがヒーローとして認められるには、人々に害を為す存在を打ち倒して利益を分かりやすく提供しなければいけないのだ。
 そう、その為に怪人、怪獣のような『悪役』はヒーロー作品になくてはならない存在、そういう事である。
 そこまで考えて、勇美ははっとなった。紫の言わんとしている事が少しずつ理解出来はじめたのだ。
「……それで第二次月面戦争ですか……?」
「意外に察しが早くていいわね」
 紫は意外に切れのいい勇美に対して賞賛の言葉を掛けた。
 そして、何故第二次月面戦争にヒーローの話が持ち込まれたか、紫は淡々と語り始める。
「勇美さん、あなたもそこの月の姫君達と関わる事で月人達の思想についてはご存知かと思われます」
「はい……」
 紫に言われて、勇美は素直に返事をした。全くを以て紫の主張に異論はなかったからだ。
 月人の地上差別思想の事は主に豊姫から聞いていた通りである事を勇美は知っていた。
 だから、勇美は紫が次に言う事の予想が漠然とだが出来るのだった。
「勇美さん、それなら話が早いわ。あなたも学校でする歴史の授業で粗方の事はご存知でしょう。そのような思想を持つ国家が一体どのような事をしてきたのかを……」
 そう紫に問いかけられながら重々しい空気を感じながら勇美は答えを紡ぎ出す。喉がカラカラになりそうな感覚だが、ここはそれを耐えて答えなければいけないだろう。
「……戦争ですね」
「その通りよ」
 勇美の答えに紫も頷く。
 第二次月面戦争とは違い、正真正銘の戦争
。それが正解なのだった。要因は物資不足、領土拡大等もあるが、その中の一つに差別思想が存在するのだ。
 それにより、謂わば正義の一環で他国へ進行して屈服させるという行為が、世界の歴史上幾度となく行われて来たのである。
 そして、紫は話を続ける。
「それで、戦争を起こすのは誰でしょうか?」
「……国の指導者ですね」
 それも勇美も分かる事であった。戦争を支持するのはリーダーが主体となって行われるのだ。そして兵隊はそれに従うしかなく、民はいつも犠牲になる立場なのである。
 そこまで言って勇美は合点がいった。指導者が戦争を斡旋しなければ戦争は食い止められる可能性があると。
「そこで依姫さんと豊姫さん、そういう事ですね」
 そう言いながら、勇美は側にいる依姫に目配せをした。当の依姫は無言で話の成り行きを見守っているようだ。
「そう、早い話が『他国のリーダーの存在は自分の国にも影響する』って事ですわ」
「……紫さんは地上を守る為に依姫さんと豊姫さんをリーダーであり続けさせる為に第二次月面戦争を起こした、そういう事ですね」
「その言い方は語弊がありますわ。私にはもう外の世界への興味は持てなくなっています。幻想郷さえ守られれば、そうとしか考えられなくなっていますわね」
「……」
 勇美は言葉に詰まった。冷たいと感じる一方で、正直な意見だとも思ったからだ。勇美にはこの答えに対する審判を下すのはやめておくべきだと感じるのだった。
 これで紫の話は見えてきただろう。だから、ここで言っておくべき事がある。今まで黙視を貫いてきた依姫であったが、意を決してここで口を開く事にしたのだった。
「紫……さんでしたよね、貴方には言っておかなければならない事があるわ」
「そういうあなたは依姫さん……ですわね。一体何かしら?」
 ここで両者腹を探り合うかのようなやり取りとなる。互いに油断してはいけない相手同士だからである。
「貴方があの子、霊夢に神降ろしを教えたのでしょう?」
「ええ、かつて月であなたにお会いした時にあなたの能力を参考にさせて頂きましたわ」
 依姫の質問に対して、しれっと重要な事を織り交ぜて返す紫。そう、二人は第一次月面戦争の時に対峙している関係なのであった。
 言うなれば、霊夢に神降ろしを教えたのは、敵の能力を模写して流用するという手段と言えよう。
「それが依姫さんが一番知りたい事ではありませんわよね?」
 そう飄々とした態度を取る紫に、依姫は今まで勇美が知り得ない程の神妙な雰囲気になりながら続ける。
「ええ、あの子に神降ろしを教えた。即ち、『大禍津見』の存在を教えたのもあなた……そういう事になるわね」
 大禍津見……。あの時の事を依姫は忘れる事はないだろう。
 霊夢は月人に寿命をもたらしてしまう、彼らにとって毒のような代物である『穢れ』を、この神の力を使って有ろう事か月でばら蒔いたのだ。
 それは、普段は弾幕ごっこではほぼ無敵である霊夢が追い詰められるという今まで経験しなかった事に遭遇したが故にやった足掻きである。一番の責任は当然それを行った霊夢にあるのだ。
 だが、その力をどこで知ったのか。それにより話は変わってくる。
 そして、返ってきた返答は願わくば避けられていて欲しかったものであった。
「ええ、私があの子に教えましたわ」
 実にあっさりと、紫は事の真相を明白にしたのだった。
「その方が、あなたのヒーロー性が引き立ったってものではありませんか? 月の崩壊の危機から救ったヒーローって感じで」
 さらりとそんな事を平気でいう紫。それならば、依姫は言わなければいけないだろう。
「そのような事でヒーローになっても嬉しくはないわ。貴方は大変な事をしたのよ? あの時下手をすれば、私達も無事では済まなかっただろうし、あの子も殺めなければいけなくなったのよ」
 このように互いの事に気を掛けた考え方は、中々出来ないだろう。大抵は自分達だけの事にしか頭が回らないか、その考えを隠す為に相手だけの事を思っている言い草をしたりと。
 後者はよく耳にした人も多いのではなかろうか? 『お前の為を思って言っているんだよ』。本当に相手の事を考えているケースもない訳ではないが。
 当然勇美の母親もその口なのである。だから、勇美はこの依姫の台詞に密かに感銘を受けているのだった。だからこの人は信用出来るのだと。
 だが、この場の依姫は他の介入は無粋というものだ。だから、勇美はその想いは胸の内に閉まっておく事にした。
「よく心に留めておきますわ……」
 そうゆったりと言う紫からは、彼女の想う所を察する事は出来ない。
 依姫の言いたい事を分かってくれただろうか? それは分からないが、取り敢えず彼女は伝えたい事は伝え終わったようであった。
「私からは以上よ」
 そう言って依姫は自分の話を終えながらも、今度は勇美に目配せをしたのである。
 そう、物言いたそうな勇美の事を察して依姫が気を利かせての行為なのだ。
「……」
 その依姫の配慮を、勇美は受け止めなければならないだろう。そう思いながら彼女は口を開き始めるのだった。
「あの……紫さん?」
「何かしら?」
 話の相手になる人が依姫から勇美に変わっても、紫は別段嫌そうな態度は見せなかったのである。寧ろ、この事は予想出来たかのように落ち着いている。
「紫さん、あなたは依姫さんと豊姫さんをヒーローたらしめて必要性を示させる為に第二次月面戦争を起こしたのですよね」
「ええ」
「それはつまり、囮として送った霊夢さん達にもヒーローたらしめる『怪人』のような役割を担わせたって事になるんですか?」
 それが勇美が今までの話を聞いてたどり着いた結論であった。その言葉を紫は無言で受け止めていたが、やがて口を開いた。
「ええ、彼女達にはあなたの言う怪人、侵略者の役割を十二分に演じてもらいましたわ」
 これも紫は事もなげにさらりと言ってのける。そんな彼女の態度からは、彼女の心の内を読み解く事は出来ない。
 だが、自分の推測は正しかったようだ。だから勇美はここで言わなければならない事があるのだ。
「つまり、紫さんは霊夢さん達の事も、依姫さん達の事も利用した、そういう事なんですね?」
 そう言い切った勇美。侵略者としてけしかけさせられた霊夢達の事も、それを打ち破る役割をさせられた依姫達の事も気遣っての発言であった。
 その考えに至るのは、今まで勇美が過ごしてきた経験からであるのだ。依姫は新たな自分を確立する好機を与えてもらい、勇美を導く役割を担ってくれ、霊夢達幻想郷の住人達は弾幕ごっこで技と想いをぶつけ合って互いに笑い合うかけがいのない存在となってくれたのだ。
 そう、勇美にとって、依姫達も霊夢達も大事な仲間となっていったのだった。
 だから、そんな仲間達を利用した紫の事を咎めなくてはならないのだ。
 勇美がそう想いを馳せている所を、依姫がやや失礼かと思いながらも口を挟んだ。
「勇美、私としては構わないわ。あの時魔理沙の提案で弾幕ごっこに発展していったのを、玉兎達の士気高揚に繋げる為に利用したのよ。だから、私にとってはお互い様という訳よ」
「いえ、依姫さん。この事は『私が』許せないんです」
「!」
 その勇美の言葉に依姫は感銘を覚える程であったのだった。ここまで自分の意見として貫けるまでに成長したのか、そう思うと依姫は感慨深い心持ちとなるのである。
 そんな勇美の心意気は受け止めなければ、いけないだろう。そう思い依姫は提案をする。
「弾幕ごっこは幻想郷でのいざこざを解決する為の手段に使われるのよね。なら勇美、この者と弾幕ごっこをしなさい。そこから解決の糸口が見つかるかも知れないからね」
「はい」
 惑う事なく勇美は依姫の提案に肯定の意志を示したのだった。これは勇美も望む所であるからである。
「大丈夫よ、私もサポートはするから。でも、主役は貴方よ」
「分かっています」
 最早勇美に迷いはないのだった。幻想郷最大の妖怪と一戦を交える事に引け目は感じる事はないのである。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧