| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第69話 訪れる邂逅:前編

「それでは行きましょう」
 依姫のその言葉に追従するように、この場の者全員が頷いた。そして皆一様に緊張に包まれていた。
 そして、一同は意を決して永遠亭を後にし、直ぐ様に豊姫の能力で月へと向かったのだった。
 そう無駄のない直球な行動に移るのには真っ当な理由があったのだ。
 ──他でもない、玉兎達から受け取ったメッセージが、『八雲紫の物とおぼしき境界を見付けた』というものだったからだ。
 勿論依姫と豊姫はイシンを通して、玉兎達にそれ以上境界に近付かずに現状維持するように指示をしておいた。
 相手は大妖怪なのだ。いくら綿月姉妹がそれ以上の力を有しているとはいえ、それも多大な力を持っている事に変わりはないからである。
 ましてや神出鬼没の妖怪である。何をしでかすかは綿月姉妹でさえも読む事は不可能というものなのだ。
 だから、玉兎達の安全を考慮する意味でも現状維持を指示しておいたという事である。
 その意味でも急がねばなるまい。玉兎達に思わぬ危害が降り注ぐ前に彼女達の元へと向かうのだ。
 そして、やはり豊姫の能力にまどろっこしい前置きなど存在してはいなかった。すぐに勇美達を連れて月の地に立ったのだ。
 やはり目の前の景色が瞬時に変わるのはおかしな気分となってくると勇美は思う。しかし、今はそのような事を気にしている場合ではないだろう。
「それじゃあ行こうか」
 その豊姫の合図の下、一行は目的の場所へと向かうのだった。

◇ ◇ ◇

 その場所はすぐに見付かった。何せ相手は大妖怪なのだ。それ相応の妖力を放っているというものだ。
 そして、その場所には二羽の玉兎がいた。先程勇美が戦った、ロールとニースの二羽である。
「待たせました。貴方達に怪我とかはない?」
 そう言って依姫はまずは二羽の安否を気遣う。部下の事を真っ先に気遣う辺り、さすが依姫といった所か。
「はい、私達は大丈夫ですよ」
 それに対してロールは答える。傷のようなものは一切負ってはおらず、全くを以て無事なようである。
 その事にまずは胸を撫で下ろす依姫。まずは部下の無事な所を確認出来て安泰なようだ。
 だが、当然それだけで終わらせてはいけないのだ。そう思いながら依姫は次なる確認をする。
「それで、『境界』はどうなっていますか?」
「あれです!」
 依姫に聞かれてロールは彼女のすぐ先にある物を指差した。
「あれが……」
 それを見た瞬間、勇美は思わずごくりと唾を飲んでしまった。
 それは初めて見る彼女にとっては無理のない事だろう。何せ、生まれてから長い間外界で暮らしてきた彼女にとっては常軌を逸した光景だったからだ。
 空間の何もない所から裂け目のようなものが生じて、ぽつんと宙に浮かんでいるのだから。そして、その中が赤や紫色ので、かつ所々に不気味な目玉のようなものが漂っているのだ。さながらホラー映画に出てくるような光景である。
「あれが『スキマ』なんですね……?」
「スキマ……?」
 勇美がそう呟いた瞬間、この場にいる者全てが首を傾げたのだった。
「あれっ?」
 その状況に今度は勇美が首を傾げる番であった。自分は何か変な事を言っただろうか?
「あの? 何か私おかしな事でも言いましたか?」
「あ、ごめんなさいね」
 訝る勇美にふと気付き、依姫は至らぬ事をしたと素直に謝るのだった。
「『スキマ』って言葉が聞き慣れないものでしたからね」
「あれ、知らなかったんですか……あっ」
 依姫に言われて呟いた時、勇美ははっと気が付いた。
 そもそもここに住んでいるのは月の住人。だから地上である幻想郷の事について知らない内容があっても、至極当然というものだろう。
「あ、私の方こそすみませんでした。あなた達が知らなくてもおかしくない事を知ってると思ってて」
 そう言って勇美はぺこりと自分以外の、全て月の住人である彼女達に頭を下げるのだった。
 そんな素直な振る舞いをする勇美に、豊姫は彼女の頭を撫でた。やっぱり何か可愛らしいこの子と思いながら。
「勇美ちゃん、あなたが気落ちする事はないわ。だって私達の知らない事を教えてくれたんですもの♪」
「豊姫さん……はい!」
 撫でられながらそのような事を言われて、勇美はこそばゆい心地よさを感じながら、歯切れの良い返事をするのだった。
 そして、豊姫達も思った。自分達は地上について知らない事がまだまだ沢山あるなと。
 だから、これからも幻想郷、そして勇美とももっと関わっていきたいと切に願うのであった。
「それで、これからどうするか、ですけど……?」
 ここで勇美はさっきの歯切れの良さが嘘のようにまごついた様子を見せながら呟いていた。ここまでくると選択肢は限られてくるが、願わくば自分の予想するものとは違う事を期待していたのだ。
 だが、現実は非情だったようだ。依姫の次の台詞で運命は決まるのだった。
「決まっているわ、この中に入って境界の妖怪の元へと向かうのよ」
「ですよね~」
 最早、勇美はそのように気の抜けた返事をするしかなかった。
 だが、依姫はここで思いがけない事を言い始めた。
「ですが、ここは慎重に事を進めるべきです。万が一の為に全員でこの中に入るのは避けるべきでしょう」
 その依姫の提案に勇美はおやっ? と思った。てっきり彼女は全員で向かうものと思っていたのだから。
「まず、汎用性のある能力のお姉様は外で待機していて下さい」
「了解♪」
 妹の作戦に豊姫は快く承諾するのだった。そして、今の依姫に感心もするのだった。
 かつて侵略者の騒動の時、依姫はそつなく行動を起こしながらも姉の事を憂うという迷いを見せ、そこを豊姫が嗜めたものである。
 だが、今回は自ら先導して姉に指示を出しているのである。
 依姫は力も人格も隙のない『出来た者』であるが、その中にいながら僅かにではあるが成長するという流れになったようだ。
 これも幻想郷、そして勇美と深く関わるようになっていった賜物だろうか? 豊姫はそう思うと微笑ましく感じてくるのだった。
 そして、勇美にさりげなくこう言ったのだ。
「勇美ちゃん、ありがとうね♪」
「?」
 突然そう言われても当の勇美は首を傾げるしかなかった。
 それはさておき、依姫の作戦指示は続いていく。
「続いて玉兎の皆だけど、貴方達もこの場に残りなさい」
 そう言った訳を依姫は説明していく。それは、豊姫の能力を考慮しての事であった。
 彼女の能力はその気になれば玉兎の軍勢を一気に引き連れて地上に攻め入る事が出来る代物なのだ。
 だから、その力をもしもの時は余す事なく発揮してもらう。それが依姫の狙いなのであった。
「分かりました」
 ロールもニースもその案を聞いて素直に頷いた。依姫の考えに異議はないようだ。
 それに、かつての侵略騒動の時には実戦不足があって役に立てなかったのだ。その汚名を返上出来るかも知れない好機なのであった。
「それからレイセン。貴方も外に残りなさい」
「はい」
 潔く返事をするイシン──この場ではレイセンと呼ばれたが──に依姫は理由を説明していく。
 レイセンには伝言受信係になってもらうと。依姫の神の力なら念を送る事が出来る。その念をレイセンには受け取ってもらい、万事の時に指示を文章にして皆に伝えて欲しいと。
「重役だなあ……」
 思わずイシンはそう呟いてしまう。まだ補佐になる前の一介の玉兎兵士である自分には些か荷が重いと感じるのである。
 そんなイシンの不安気な様子を察して依姫はこう彼女に声を掛けた。
「成長した貴方なら問題ない筈よ。それにあの時伊達にお姉様のサポートをした訳じゃないでしょう?」
「あっ……」
 その言葉を聞いてイシンははっとなった。そして自分が今まで経験してきた事、それらは全て確実に自分の糧になっているのだと思い起こす事が出来たのだった。
「依姫様、ありがとうございました。私、やります」
「その意気ですよ」
 言って依姫は普段の厳格な彼女らしからぬ柔らかい笑みでイシンを労った。
 後は、残す所一人である。その当事者がおずおずと口を開く。
「あの……私は……」
「勇美には私と一緒に境界の中に行ってもらうわ♪」
「やっぱりそうなりますよね~☆」
 依姫にとびっきりのクソ笑顔(誉め言葉)で言われて、勇美はなけなしの逃げ道が失われた事に感服するしかなかった。
 だが、依姫はそこで勇美が何故そのような態度を取るのかと分からないといった風に言う。
「何を懸念しているのですか? 今の貴方ならそう逃げ腰になる必要もないでしょう?」
 その言葉は依姫が今の勇美を認めてくれているという何よりの証拠であった。
 その気持ちは当然勇美にとって嬉しい。そして、そのように依姫に認められる程に成長してきたからこそ逃げ道というのは余り作りたくはないのだ。
 だが、今回ばかりは勝手が違った。その理由を勇美は述べる。
「だって、こんな得体の知れない空間に足を踏み入れるんですよ! 怖くない訳がないでしょう?」
 成る程、その勇美の主張する理論はもっともである。しかし、ここで依姫の方も引き下がらなかったのだ。
「弾幕ごっことはいえ、幻想郷の猛者達とも渡り合ってきた貴方ですよ。今更何を恐れるというのです」
「ぶっちゃけ、このゲテモノな様相の空間そのものにです!」
 勇美ははっきりとそう言った。今まではそのような得体の知れない空間に足を踏み入れるという事はしなかったのだ。せめて吸血鬼の館に入ったり、天界へと旅立ったり……?
「あ、結構トンデモな場所に行っていますね、私……」
「でしょう」
 そこまでの依姫とのやり取りを経て、とうとう勇美は折れる事にしたのだった。
「私の負けですね」
「潔くてよろしい♪」
 勇美の敗北宣言を聞いて、依姫はこれまたとびっきりの笑顔で答えるのであった。
 ともあれ、これで勇美の腹は決まったのである。もう、迷いはないというものだ。
「では、私と依姫さんとでスキマの中へ行きましょう」
「そう来ないとね」
 二人はそう言い合った後、依姫は改めてこの場にいる者達全員に向き直った。
「皆さん、そういう訳です。私と勇美の二人で境界の中へと乗り込みます」
 そう言われて、誰も反論する事はなかった。
 それは、皆がこの二人の実力を認めているからだ。依姫の類い稀な力は勿論立証済みであるし、勇美に関しても先程一対多の勝負に勝っているのだ。故に二人の実力を疑う方が無粋というものである。
「分かりました」
 まずロールとニースはそう言ったのだった。
「確かに依姫と勇美ちゃんなら任せられるわね」
 そして玉兎達に続いて豊姫も追従したのだ。
 豊姫は普段抜けてはいるが、ここぞという時は決める人である。そんな人から勇美はお墨付きをもらう程に成長しているという事である。
「豊姫さん、ありがとうございます」
 そう勇美がお礼を言うと、豊姫は物腰柔らかい態度でこう返すのだった。
「それじゃあ勇美ちゃん、頑張ってね。安心して、もしもの時は私達がついているからね♪」
 そのさりげなくも心強い豊姫の物言いに、勇美は胸の内に暖かいものが込み上げてくるような心地よさを覚えるのだった。
「はい!」
 そして、今日一番で心のこもった返事をしたのだ。自分には依姫と豊姫と玉兎達がついている。そう思うと、最早ためらう理由はないというものであった。
「話は済みましたか? それではまずは私から行きますよ」
 そう話を切り出したのは依姫であった。未踏の地へと足を踏み入れるには、まずは自分が率先して行くべきという考えからである。
 そして、自分が先に入ってもその後で勇美が逃げ出したりはしないだろうという信頼の表れでもあったのだ。
 確かに勇美はせこい手を使って勝利したりと、やや姑息な所がある。だが、一度決めた事はやり遂げるのを依姫は一番知っているのだ。
 そして、姑息な所も依姫は責める気はないのである。それは勇美自身の意志で決めた事だからだ。
 勇美は自分を良く見ていたのだ。だから、依姫のように正々堂々では彼女の下に近付く事は出来ないと分かっていたのである。
 だから勇美は自分のやり方を見出だしていったのだ。それが彼女が何が何でも勝とうと目指す、『悪』の一関となっているのだった。
 そして、依姫は勇美にそのような信頼をしつつ、境界の目の前に立った。
 続いてその身を境界の中へと送り込んだのだ。それは迷う事なく思いきり。
 すっぽりと境界の中へと入った依姫は、そこから外へ向かって声を上げた。
「大丈夫なようですよ。だから勇美も此方へ来なさい」
 それを聞いて勇美はごくりと唾を飲んだのだ。これでいよいよ自分の番だと。
 よしっ、と勇美は一息入れて覚悟を決めた。後は未踏の地へと足を踏み入れるだけである。
 その前に勇美は依姫に一声描ける。
「依姫さん、踏ん切りをつける為に……パンツ脱いでいいですか?」
「駄目」
 依姫の間髪入れない対応であった。最早条件反射の域に達しているだろう。
「勇美さん……」
 そして勇美はこの場にいる者全てから冷たい視線を浴びる事となるのだった。その中に豊姫も含まれていたのだから辛いものである。
 ともあれ、勇美は気を取り直して境界に向き直る。
 ──やはり緊張する。そしてパンツを脱げなかった事も密かに悔やんだ。ノーパンなら色々な事に立ち向かえそうだと勇美は本気で思ったりしていたのである。
 まあそれは破廉恥極まりない行為だから、出来なくて当然かと勇美は思い直す。
「では、行きますね!」
「勇美さん、頑張って下さいね!」
 意を決して宣言する勇美に、玉兎達は声援を送る。そして不謹慎ながら『やっぱり自分達じゃなくて良かった』などとも思ったりもしていたのだった。
 そんな玉兎の半分の本心は当然知らずに、勇美は声援に背中を押されるように前へと進んだのだった。
 そして、恐る恐るまずは自分の右手を境界の中へと差し入れたのだ。
 不思議な感覚であった。周りは変哲のない空間なのに、そこに手を入れると別の空気に触れるような感覚に陥るからである。
 はっきり言って怖い。だが、この先には依姫が待っているのだ。その心強さは得てして知るべきだろう。
 そう、だから気負いする事はないのだ。その事を胸に勇美は腹を括ってその身を境界の中へと送り込んだのだった。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧