| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第68話 イシンの能力

「ほええ~~」
 この声の主は勇美。最早彼女はこのような気の抜けた声を出すしかなかったのだった。
 その理由は他でもない、レイセン改めイシンの能力の詳細を聞いての事である。
 それは、あらゆる文章を自分の歯車状の妖力へと送り込んで記憶出来たり、この能力でこしらえた文章をこれまたあらゆる事柄へと書き出す事が出来るというものだった。
 それだけの説明ではどのようなものか分からないので、ここから更に詳しく書く事にしよう。
 まず、文章を歯車型の妖力へと書き込む事についてである。これはまずイシンが目にした書物等に書かれた活字としての文を読み取り記憶するというものだ。いうなればパソコンのコピー&ペーストによる文章のコピーを、実物の本等で行えてしまうのだ。
 それだけでも規格外というものであろう。だが、イシンの能力の真髄はこれに留まらなかったのである。
 言葉を文章として記憶しておく効果の範囲は何も、実物の活字に留まりはしないのだ。
 例えば人の話す会話やスピーチ等である。あろうことかこれらの『音声』ですらイシンの能力で目に見える文章の形で記憶する事が可能なのだ。
 それだけでも機密事項や歴史に残すべき演説の内容をコピーして記憶出来てしまうという反則的な能力であろう。
 しかし、そこに更に常軌を逸した力が存在するのだった。
 ここまでは謂わば『入力』行為であるが、あろう事かイシンの能力なら可能であったのだ、『出力』が。
 そう言えばお分かりだろう。イシンには記憶させた文章を外部に書き出す事も行えるのだ。例えば実物の紙に文章を書き出して本にするという芸当もお手の物なのだ。下手をすれば簡単に著作権侵害に足を突っ込んでしまうような代物だが。
 勿論、出力の方にもあらゆる媒体に行えるのだ。記憶した文章を音声として周りに流したり、更には『思念』に置き換えて知能を持つ者の脳内に送り込んだりといった芸当まで可能なのだ。
 そう、勇美との戦いでもイシンはそれを行ったという事だ。他の玉兎二人に戦闘の指示に関する文章を彼女らの脳内に直接書き込んだという訳だった。
 ──話が飛び過ぎている。直接戦闘には向かないものの、実用性は阿求の『あらゆる事を記録する能力』に匹敵、或いはそれ以上の汎用性があるのではなかろうか。
 放心状態から漸く解放された勇美は、手始めに──アームロックを掛けていた。依姫にやられた時の見よう見まねだが、結構様になっている。
「うわっ! 勇美さん、何するんですか!?」
「小説家を目指している私にとって喉から手が出るような能力を持って……こいつはメチャゆるさんよなああああ~~!!」
「勇美さぁん、ギブギブ!!」
 堪らずに勇美の腕をタップして降参するイシン。
 どうやら勇美の夢にとって羨ましすぎる能力だったようだ。ちなみに小柄な勇美ではバックブリーカーなんて荒技は出来ません。
 そして、一頻りイシンに技を掛けて勇美は落ち着いたようだ。
「イシンさん、その、ごめんなさい。悪ノリしました……」
 しゅんとなって縮こまる勇美。これまたやはり小動物的である。
 そんな和む振る舞いをされてはイシンも毒気を抜かれてしまうというものだ。
「勇美さん、まあそう言わないで下さい。『隣の家の花は赤い』って言うように他人のものって立派に見えてしまうものですから。
 それに私自身この能力は分不相応だと思うんですから……」
 そう言ってイシンは考え込んでしまった。大それた能力故に本人も困惑しているようだ。それもつい最近まで無名の玉兎兵士をやっていた者なのだ、地に足が着かない感覚に陥ってしまうのも無理はないだろう。
「そっかぁ……イシンさんも悩んでるんだよね」
 そう言って勇美はしみじみと頷いた。
 それを聞いてイシンはおやっと思い、聞いた。
「勇美さんも悩んでいるんですか?」
「ううん、私の場合正確には『悩んでいた』かな?」
「悩んでいた、ですか?」
 その言葉にもどういう事だろうと思い、イシンは聞き返すのだった。
 その疑問に勇美は答えていく。
「そう。私の能力は自分で動力源を用意出来ないからね。それで依姫さんと出会うまではそれはもうね……」
 そう呟きながら勇美は感慨深く思う。あの出会いがなければ今の自分は存在しなかったのだと。
 そして、勇美は話を続けた。
「同じ悩んでいたっていっても、イシンさんとは逆の方面だったって事になるかな~?」
「……」
 それをイシンは無言で聞きながら思った。勇美さんは今の自分よりももっと苦心していたのだろうと。
 だから、自分の悩みは贅沢な話になってくると自分に言い聞かせようとする。そこへ、イシンのそんな心境を知ってか知らずか勇美は声を掛けてきてこんな事を言い始めたのだ。
「でもね、依姫さんと出会って切っ掛けを手に入れてからは悩む事は余りなくなったかな?」
 それからの自分は実に充実していたと勇美は言ってのけたのだ。そこから先は夢中になって悩む時間も惜しくなったとも。
「だから、イシンさんもこれから夢中になれる事を経験していけるといいですね♪」
「勇美さん……」
 勇美にさりげなく応援の言葉を受けてイシンはこそばゆくも心地よい気持ちとなるのだった。そして密かに、今の言葉を自分の能力に深く記録したのである。──これから苦難に遭った時は勇美の今の言葉を能力で引っ張り出して、励みにしようと。
 そしてイシンは今後の事に思いを馳せてこう強く言うのだった。
「依姫様、豊姫様。今までありがとうございました。このご恩は決して忘れません」
 こういう状況では月並みな言葉になってしまうだろう。だが、これはイシンの心からの混じり気のない言葉であったのだ。
 それを聞いて、綿月姉妹は一瞬驚いたような表情をした後、二人で向き合い微笑み合った。
「私達こそお礼を言うわ。決して長い間ではなかったものの、その中で貴方はレイセンの立場を全うしてくれたのですから」
 そう言ったのは依姫であった。言いながら彼女は思うのだった。
 初めてこの子と出会った時は、自分の役割を果たすべきだと諭したが、今イシンは自分ですべき事を成そうとしているのだと。
 だから、依姫はイシンにこう言った。
「これからは、貴方が道を切り開くのよ。だから……頑張りなさい」
 そう依姫に言われた瞬間、イシンの表情はぱあっと明るくなるのだった。そして、その満面の笑みでもって、
「はい!」
 そう歯切れの良い返事をするのだった。
 イシンは今、実に晴れやかな心持ちとなっていた。そして、心の中でこれからの活躍をする自分に想いを馳せるのだった。

◇ ◇ ◇

 こうして綿月姉妹、勇美、イシンの全員にとって充実した時間は過ぎていったのだ。その余韻を噛み締めつつ、その中の一人である依姫は切り出すのだった。
「それでは月に戻りましょうか。他の玉兎も心配するでしょうし」
「そうですね」
 依姫の提案に、玉兎の一羽であるイシンは頷く。今後自分は彼女達の元から離れていく訳だが、まだ自分はその一員なのだ。だから迷惑は掛けてはいけない。
 そう思いながらイシンは席を立とうとするが、そこで彼女は自分の身に起こった異変を感じ取ったのだ。
 それにより、彼女の長い耳がぴくっぴくっと跳ねるように動いたのだ。
「うわあ、可愛い……」
 兎の耳がぴょこぴょこ動くという、正に癒しの権化とも言える現象に勇美は感激してしまう。今この場に立ち会えただけでも生きてきた甲斐がある、そう思えてしまう価値がここにはあったのだ。
「勇美、ちょっと静かにお願いするわ……」
 だが、そんな勇美を依姫は嗜める。それには理由があったのだ。
 玉兎のその耳は実に優れた性能を誇り、その一つに『月と地上ほど離れた距離感でも他の玉兎のメッセージを受け取る事が出来る』というものであった。つまり。
(他の兎さんからのメッセージがイシンさんに届いたという事ですか?)
(ええ、だから静かにお願いね)
(はい……)
 そうして依姫と勇美は小声で言い合い、その最中にもイシンは仲間の玉兎の伝言をその身に、いやその耳に受けるのだった。
 そして、イシンは先程見せた能力を発動したのだ。こういう時こそこの能力の出番なのだ。つまり、玉兎のメッセージを自分の歯車に書き出して、抜かりなく記憶してしまおうという寸法という訳だ。
 その様を見て、ますます実用的な能力だと勇美は羨むのだった。例えば事務職の電話受付にこの上なく便利だなと。
 そうこうしている内に、みるみる玉兎達からの伝言は活字に変換されて書き出されていった。それを勇美達は覗き込むようにして見守ったのだ。
「!」
 そして、一同はそのメッセージに息を飲む事となった。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧