| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第66話 歯車の策士:後編

 月でひょんな事から玉兎達と一対多の勝負をする事になった勇美。そんな彼女達は思いがけない連携により光線を勇美の元へと届かせたのだった。
「ええっ!?」
 勇美は目の前がひっくり返りそうになる位に驚いてしまった。まさか玉兎達の攻撃が自分の元へと届くとは思っていなかったからである。
 だが現実は非情であった。力強い侵攻を見せたXの奔流は敵を強かに捉えたのであった。
「うぎゃあああっ!!」
 攻撃をまともに受けた勇美は身体が少し弾けるような痛みを受けた後、無防備に後方へ吹き飛ばされてしまったのだった。
 そう、文句のない無防備であったのだ。それを玉兎達は見逃してはいなかった。
「勇美さん、『白』なんですねぇ~♪」
「和服なのに穿いているんですね」
 口々に彼女らは勇美を茶化し、囃し立てる。
 とどのつまり、下着を見られてしまった訳である。スカート丈の短い和服だから、こうして激しく動く事になれば当然見えてしまうだろう。
 こんな目に合わされては、年頃の少女ならば羞恥感の極みを覚えてしまうだろう。──普通の少女であったならの話だが。
「そうなんですよね~」
 言いながら勇美は倒れた体を起こしていったのだ。
 そして、完全に立ち上がると続ける。
「あなた達も和服なのに穿いているって変だと思いますよね♪」
 勇美は、とびっきりの笑顔でもってそう言い切ったのだった。
「「「……」」」
 そんな勇美の言い草に玉兎一同はポカーンと呆気に取られてしまった。
 そして、勇美の真意を確かめるが如くロールは質問するのだった。
「あの……?」
「何かな?」
「その……勇美さんは『穿きたくない』のですか?」
 とうとう言ってしまった。その後辺りは静寂に包まれた。それは決してカラッとした爽快な静けさではなく、梅雨の日の体に纏わりつくような、やるせないタイプの静けさであったが。
「はい、その通りですよ♪」
 そして、静寂を破った勇美の主張もまたやるせないものであった。こんな事を平気で言って悪びれもしない勇美の笑顔は、余り守りたくないものだろう。
「あはは……そうなんだ……」
 これにはニースは乾いた笑いをあげるしかなかったのだった。
「勇美さんって……何と言うか、勇気があるのですね……」
「お褒めにあずかり光栄です」
 いや、これは褒めていない……という突っ込みすらこの場には無粋なのであった。
 そんな泥沼な状況に、依姫は助け舟を出す。
「……勇美、余り玉兎達をおちょくらないように」
「いえ、依姫さん。私は至って真剣な話をしているのですよ」
 依姫に注意されても勇美はキリッとした凛々しい表情でそう返すのだった。
「それはそれで、尚更タチが悪いわよ……」
 依姫は毎度の事ながら頭を抱えるしかなかった。
 それにしても今回の勇美は一味違うなとも依姫は思ったのだった。一対三という変則的な戦いでも相手方を自分のペースに引き込んでしまったのだから。
 恐らく弾幕ごっこの大切さを確認し合って興が乗っているのだろう。これは勇美と玉兎達、互いにいい刺激になったと依姫は思うのであった。
 さて、勇美は玉兎達に思わぬ反撃をもらったけど、流れは今彼女にあるのだ。
 ここからどう巻き返すのか楽しみだと、依姫はこの戦いの行く末を堪能する事にしたのだった。
 一方で勇美である。彼女はこう呟いた。
「参ったなあ……」
 行き詰まったような意味合いの言葉を勇美は漏らしていた。
 だが、その文面とは裏腹に、彼女の表情は実に楽しげであった。
 言うなれば、妹や同年代の子達との遊びが最高潮に燃える展開となった時のようであったのだ。そして勇美は思った。
 ──これが弾幕ごっこの醍醐味かと。『遊び』の中で分かり合える力、それこそが魅力なのかと。
 実に充実したものを感じていた。だから勇美は思う。──こうも満たされるものがあるのなら、そして玉兎達がここまで奮闘するなら……こちらも出し惜しみする必要はないと。
 そして、勇美はふっ切れたのだ。この勝負、自分のやれる事はやり切ろうと。
 そう思ったが吉日、早速勇美は新たなる神に呼び掛けるのだった。
「『祗園様』に『天津甕星』よ、私に新しい力を貸して下さい」
 そう言って勇美は手に持った銃を空中へと放り投げたのだ。銃はくるくると宙を舞う。
 そして、その銃はそのまま空中でパズルのようにバラバラになったのだった。
 玉兎達は何が起こってもいいように身構える。そして心の中で確認する。
 ──自分達には秘策があるのだ。だから臆する事なく迎え打てばいい、と。
 相手方がそのような思惑を抱く中、勇美の方は準備が整っていったのだった。天津甕星の力で顕現したプレアデスガンに新たに祗園様の力が取り込まれ、次々に銃に部品が集まっていった。
 そして、完成した銃が上から降って来たのを拾いあげ、勇ましく掴み取ったのだった。
「あれが勇美さんの新しい武器……?」
 思わずロールは呟いていた。それは無理もないだろう。
 何故なら、勇美の造り出した銃の造形が著しく変貌を遂げていたからである。
 それは既存の銃にはとても見られはしない特徴であったのだ。
 まず全体はプレアデスガンの時の片手銃から、ライフルのような両手で扱う物へと変わっていた。それだけなら玉兎達も銃剣という両手で扱う武器を普段から使っているので驚く事はないだろう。
 しかし、勇美の銃の一番の特徴はそこでは無かったのだった。
 その銃は銃口が無骨な螺旋状となっていたのである。まるでそれはSFアニメのドリルのようであった。
「……」
 その造形をロールとニースはゴクリと唾を飲みながら凝視した。何て禍々しい物が造られたのだろうかと。
 だが、それでも彼女達は落ち着いていた。やはりこちらには秘策があるのだ。それを破られない限りは安心であり、自分達は堅実に相手がどう出るか迎え打てばいいのだ。
 そう二羽が思っている中で、とうとう勇美はその銃によるスペルの宣言をする。
「【土竜「モールバスター」】」
 そう言って勇美は銃口を玉兎達へと向けたのだ。そしておもむろに引き金を引く。
 いよいよ来るか。そう思いながら玉兎達は身構えた。相手がどう出ようともこちらは迎え打つだけだと意気込む。
 そして、とうとう玉兎達へ向けて攻撃が放たれ……は、しなかったのだ。
「あれ……?」
 玉兎達は首を傾げていた。てっきり攻撃がこちらに向かって来るものだと思っていたからだ。
 代わりに勇美は何を思ったのか、銃口を地面目掛けて向けていたのだった。
 そこから鮮やかな淡い茶色の光線が放出されていた。そしてその光線は地面を貫いていた。
 どういうつもりだろう? 前衛の二羽の玉兎は思いつつ、ある事が頭をよぎり始めていた。
 ──『祗園様』……。確かそれは依姫様が侵略者を捕らえる時最初に……。
 まずい、レイセン! そう二羽が叫ぼうとした時には既に遅かったのだった。
「きゃあああっ!!」
 刹那、二羽の後方から、レイセンの叫び声が聞こえたのだ。
 それを聞き、振り返る二羽。見ればレイセンの足元から無数のレーザーが放出されて彼女を貫いていた。
 そして、レーザーが収まると同時にレイセンはその場で倒れてしまったのだ。
「あへぇぇぇ~……」
 気の抜けるような喘ぎ声をあげながら目を回すレイセン。漫画であったら目がグルグルの渦巻きになっていただろう、そんな状況である。
「「レイセーン!」」
 血相を変えて取り乱す玉兎達。気付けば彼女達はオロオロとしていた。
 そして、彼女達の統率は完全に崩れていた。先程連携スペルを見せた時のような結束っぷりは嘘のようである。
 その状況を見ながら勇美は確信した。
(よしっ、私の読みは合っていたみたいだね♪)
 そう心の中でガッツポーズを取る勇美であった。
 ここまで来ればこちらのものである。後は仕上げをするだけだ。
「『指揮官』は倒したからね、後はあなた達を倒すだけだね♪」
 そう得意気に勇美は言った後、彼女は『天津甕星』と『金山彦命』の力を借りる。
「地獄で会おうぜ【星蒔「クェーサースプラッシュ」】!」
 勇美は手に持った星の機関銃から、盛大に星々の弾を残った玉兎達目掛けて乱射したのだった。
「「うぎゃああああ~っ!!」」
 そして、二羽の兎は成す術もなく弾丸の海に飲まれていったのだった。

◇ ◇ ◇

 勇美と玉兎達の変則弾幕ごっこ。その結果は……。
「やった~、勝った~♪」
 そうはしゃぎながら喜ぶ勇美。そう、言わずもがな、勝者は勇美だったのであった。
?「う~、くやし~……」
 勝負に負けた玉兎達は膨れっ面で悔しがっていた。
 勝負に負ければ悔しいと感じるのは当然だろう。その気持ちを味わえるようになったのは彼女達の成長と、やはり弾幕ごっこの賜物なのであった。
(彼女達、成長してるわね……)
 その事実を確かめながら、依姫はどこか誇らしい心持ちとなるのだった。
 自分達の指導者がそのように思っている中、玉兎の一羽のロールが口を開いたのだ。
「ところで勇美さん?」
「何かな?」
 突然話題を振られて、勇美はキョトンとしてしまう。その仕種は可愛らしく、今しがた強かな手段を用いて勝利した者らしからぬ雰囲気を醸し出していたのだった。
 そんな勇美に、ロールは言葉を続けた。
「勇美さんは、いつからレイセンが私達の統率を生んでいると気付いたのですか?」
 それが玉兎達が今抱える最大の疑問であった。何故勇美に自分達の作戦が読まれたのかと。
 そう言われて、勇美は頬をかきながら照れくさそうに言い始める。
「う~ん、何となくなんだけどね。レイセンさんがスペルカードを発動してから、あなた達の動きが機敏になったからって言えばいいかな?」
「そ、そうなんだ……?」
 勇美の主張を聞いて、玉兎達は思わず感心してしまった。
「そこまで私達の事を見ていたのですか?」
「そんな大層なものじゃないよ、今の私は何か細かい事が気になっちゃうタチなだけだよ」
 その事が勇美の今までの弾幕ごっこで磨かれた感性であるのを勇美自身は漠然とだが、心の奥底で感じ取っていたのだ。自分が培ってきた経験は無駄なく実になっているのだと。
 勇美がそのように想いを馳せていると、依姫から声が掛かるのだった。
「勇美、見事でしたよ」
「依姫さん……」
 そう依姫に話を切り出されて、こそばゆい気持ちが生まれてくる。そして、依姫は続ける。
「この勝負、勇美にとって取り乱してしまう要素が多かったにも関わらず、最後まで自分のやり方を貫き通した……素晴らしい事よ」
「あ、ありがとうございます」
 依姫にここまでストレートに褒められるのもそうない事かも知れない。なので勇美は沸々と嬉しさがこみ上げてくるのだった。
 一方で、依姫は敗者である玉兎達にも声を掛ける。
「貴方達も見事でしたよ。腕を上げましたね」
「はい」
 そう依姫に言われて、玉兎達は満面の笑みで以って応える。だが、ここで依姫は「ただし……」と付け加える。
「レイセンが倒された時、取り乱して個々の力を発揮出来なかったのはいただけないわね。戦場で迷いは命取りよ」
「はい……」
 玉兎達は辛口の指摘を受けて気落ちする。だが、これは玉兎達の成長に必要な事なのだ。だから依姫は敢えて心を鬼にして言ったのだった。
 しかし、突き放したままで終わらせないのが依姫である。最後に彼女はこう付け加えるのだった。
「ですが……、先程も言いましたが、腕を上げましたね。あの時と比べて見違えています。これからもその調子で腕を磨き続けなさい」
 そう付け加えられて、玉兎達の表情は一旦しおれていた花が再び咲くが如く笑顔が咲き誇ったのだった。
「はい!」
 そして玉兎達は元気の良い返事で締め括ったのだった。
 その様子を依姫は微笑ましく見ながら、次なる目的に向けて打ち出す。
「ところで、少しレイセンを借りていっていいですか?」
「レイセンを?」
 そう言われてロールとニースは首を傾げた。レイセンに何の用があるというのだろうか。
 だが、基本的に純粋な心を持った玉兎達である。依姫はレイセンを悪いようにはしないだろうと、「わかりました」と二つ返事をするのだった。
「ありがとう。彼女に余り手間は掛けさせないから安心しなさい。
 それと、貴方達も疲れたでしょう。この後自由時間にしていいですよ」
「ありがとうございます」
 依姫から休憩時間を貰って嬉しそうにする二羽。やはり真面目に訓練するようになっても、いや、だからこそ羽根を休める憩いのひと時の有難みは分かるようであった。
「それではレイセン、私達と一緒に来なさい。あと勇美も一緒に来て欲しいのですけど、いいかしら?」
「私ですか?」
 一体依姫は何の目的で言っているのだろうと勇美は思う。だが、勇美にとって依姫と長い時を過ごして彼女が悪いようにしない事が分かる勇美は「分かりました」と迷う事なく返事をするのだった。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧