| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第64話 噂のあの子との邂逅

 勇美が月へ行く事が決まったその日の夜、幸い彼女は後に気付いた時自分でも驚く程ぐっすり眠る事が出来たのだった。しかも一人遊びを行わずにである。
 その功績は依姫の配慮による所に他ならなかったであろう。故に勇美は朝起きて頭が覚醒してきてからその事に感謝するのであった。
 そして、勇美は今非常に快調なのである。これから先大事な任務があるというのに、自分でも不思議な程なのだ。
 彼女は既に朝食も身支度も済んでいた。後は豊姫の力で依姫と共に月へと出向くだけである。
 この場にいるべきだと思われる者……月の出身である鈴仙と、主である紫を探している藍はどうなるのか?
 その答えは、二人とも地上に残るというものであった。
 まず、藍は幻想郷を最も愛する紫の為に、自分が月に出向くよりももしもの時の為に幻想郷を護る側に立っておくべきだというのが自他共に認める案が出されていたのだ。
 その役目は霊夢も引き受ける事となったのである。彼女とて、伊達に楽園の巫女は名乗っていないのであった。
 そして、次は鈴仙である。彼女が地上に残る事を選んだ理由は、『地上の兎』として従事したいという意志からであった。
 鈴仙にとって、最早幻想郷が故郷となっていたからである。自分で月から離れる道を選んだ分、その責務を自分で全うしようという考えに至ったのである。
 その考えを後押ししたのは依姫であった。月に残した仲間の事を気に掛けていた鈴仙に「貴方は自分の信じる事をすればいいのよ」と声を掛けたのであった。
 それにより鈴仙は吹っ切れる事が出来たのだった。
 そして、勇美と豊姫と依姫は永遠亭の入り口に集まっていた。いよいよ出発の時なのである。
「勇美ちゃん、準備はいいかしら?」
 勇美の具合を気遣って豊姫が尋ねてくる。のほほんとしたような豊姫であろうとも、人並みの気遣いは出来るのであった。
「はい、すごく好調です」
 勇美は迷わずそう答えた。自分でも不思議な位、今はその答えしか出て来なかったのである。
「それは心強い答えね」
 聞いてきた張本人である豊姫とて、勇美の潔い返答っぷりには良い気分を味わうのであった。
 だが、それに安心しきらないのが豊姫なのである。飄々としているようでいて慎重なのが彼女なのだ。でなければあの時永琳は侵略者を罠にはめる作戦を豊姫に任せはしなかっただろう。
 だから、彼女は念を押しておく事にするのだった。
「でも、くれぐれも無理はしないでね」
「はい、無茶はしませんから安心して下さい」
 豊姫の気遣いに勇美は嬉しくなりながら返した。強気で言い切りはしたが、それでも自分に気に掛けてくれるのは喜ばしくない訳がないのだから。
 そんな二人の間に依姫が入ってくる。
「勇美、困った時は私達を頼りなさい。──貴方はもう私達の『家族』だからね」
『家族』……。その言葉を依姫から再び聞けて勇美は心が満たされる気持ちとなるのだった。だから、彼女は満面の笑みを讃えて、
「はい!」
 と歯切れのよい返事をするのだった。

◇ ◇ ◇

「それじゃあ行くわね」
 そう言って豊姫は勇美と依姫を自分の能力の圏内に捉える。──そして、後は一瞬であった。
 瞬きをする程の一瞬の間を置いて、三人はいとも簡単に月の地を踏みしめていたのだった。
 最初、勇美はそれを実感出来なかった。何故なら目の前の景色の変化が目に見えてはっきりしたものではなかったからである。
「……私達、月に来たんですよね?」
 だから勇美は、その事実の確認を豊姫にするのであった。それに豊姫はいともあっさりと答える。
「ええ、間違いないわ」
 そう彼女が答えるのだからその通りなのであろう。なので豊姫に言われた勇美は周りを舐めるように確認していくのであった。
 ──しかし、実感が沸かなかった。
 まず、何と言っても空には青空が広がっているのだ。地球外に存在する場所、それも表向きは死の星である月に大気がある事が信じられなかったのだ。
 他の所に目をやれば、辺りは桃の実が美味しそうに実っている林である所が目に付くのだ。木々が生い茂るなど、ここを本当に地球の外だとはにわかに信じられはしないのであった。
「あ……」
 まるで地上と変わらない。そう勇美が結論付けようとした所で、彼女は気付いたようだ。
 そう、地面の様子である。そこには落ち葉も腐葉土も存在しておらず、生命の営みが存在していないかのようであったのだった。
 いや、それは『ようであった』ではない事が豊姫の口から証明される。
「勇美ちゃん、気付いたようね」
「はい。その、何て言えばいいのでしょう……」
 勇美は適切な答えをどう出したものか、考えあぐねいでいた。何故なら目の前の二人はこの月に住む者達であり、彼女らはその事実を背負いながら生きているのだから。
 そう思案する勇美に、豊姫は助け舟を出す事にする。
「迷わないで言っていいのよ。恐らく勇美ちゃんが思っている通り、『ここには生死の営みが存在しない』わ」
「やっぱり……」
 図星を突かれて、勇美は思わずそう漏らしてしまった。
 豊姫が指摘したように、勇美が気付いたように、ここ『月』には死という概念から隔離されているのだ。それこそが元地上の民だった月人達が地上に穢れが蔓延する前に月に移り住む事で手に入れた理想の浄土であるのだ。
 その事により月人は寿命から逃れて悠久の時を満喫出来るようになった。
 それは非常に合理的と言えよう。生きとし生ける者全ては誰も死にたくはないのだから。だから月人は生物として究極の理想を手に入れたといえるだろう。
 だが、それにより月人は様々なものを拒絶する性質が身に付いてしまったのである。
 第一に新しいものの存在を受け入れる事だ。寿命による死の概念が無くなった為に次の世代を生み出す発展に必要な土台が育ちにくくなってしまったのである。
 それだけなら月人だけの問題である。しかし、次の問題はそうはいかないのだ。
 第二の問題は排他的思想である。死との関わりが薄れた自分達を偉大、そしてそれと関わり続けている地上の生き物達は下等という選民意識だ。
 そのような思想は地上でも問題になっている。他国への圧力、そして戦争などはこの事が温床である事が多いのだ。
 故にそのような思想が強い月は、いつ地上に戦争を仕掛けてもおかしくないのである。
 それが今辛うじて安泰を保っているのは綿月姉妹という、地上でいう所の『鳩派』がリーダーを務めているからに他ならないのだ。
 彼女達がリーダーでいなければ戦争が起きかねない。だから、ずっとその地位に留まっていなければならないのだ。──二人とも本当は他になりたい役職があるのに。
 だから勇美は思うのだ。自分が生きている内には無理である可能性が高い。それでも生きている間に豊姫と依姫がなりたいものになれる手助けを何か出来るのならしたい……と。
 故に今勇美は自分のやるべき事──この月で八雲紫を見付け出す事に専念しようと心に決めるのであった。
「それじゃあ豊姫さん、依姫さん。紫さんを一緒に探しましょう」
 その決意を胸に勇美は言った……その時だった。
「えい、やあっ!」
「はあっ!」
 何やら、どこか威勢の良い掛け声が聞こえてきたのだ。一言で表すと『意欲的』な口調の掛け声が。
「この声は……?」
 勇美は何事かと思い、首を傾げる。対して綿月姉妹は合点がいったようで、すっきりとした表情をしている。──特に依姫に関してはどこか誇らしげですらある。
「勇美ちゃんは初めてだから、分からないのも無理ないかぁ♪」
「そうね」
 どこか楽しげに話す二人に対して、勇美はますますおいてけぼりを食ってしまう。
「二人とも~、どういう事ですかぁ~」
 そんな二人に、勇美は抗議するようにすがるしかなかった。
「まあ、焦らすのは可哀想だし。依姫、正解を見せてあげたらどう?」
「ええ、減るものでもないから構わないわね」
 そう意味ありげな会話を綿月姉妹はしていた。
「一体何なんですか?」
「それは行けば分かるわよ」
 そう言って依姫は茶目っ気を出して見せるのだった。いつになく楽しそうである。
 そして勇美は二人に案内されるのだった。

◇ ◇ ◇

 三人が向かった先には、これまた三人の人影が存在していたのだ。
「やっていますね」
 依姫はその三人の目の前に現れてから開口一番にそう言った。
 彼女の目の前にはひた向きに戦いの訓練に励む玉兎達の姿があったのだった。
 訂正しよう。三人ではなく『三羽』のようである。
 今この場では、正に三羽の玉兎達が模擬戦の真っ最中なのであった。
「えい!」
「やあ!」
 その様子は真剣そのものであった。断じて、依姫が来たから真面目にやっている風には見えなかった。
 その玉兎達は、七羽の内の三羽という事だろう。他の四羽は別の場所で訓練に励んでいるのだろう。
 内訳は、一人が茶髪のショートヘア、もう一人が黒髪の眼鏡の子、そしてもう一人は……。
「あなたがレイセンさんですか?」
 勇美は気付けば、その水色のショートヘアの玉兎に呼び掛けていた。
「ええと、そうですね……」
 呼び掛けられた玉兎、レイセンはそう答えた。
 どうやら間違いないだろう。この玉兎が何度も噂を耳にしている、鈴仙に代わりレイセンの名前を授かった者であるようだ。だが、彼女の返事がどこか歯切れが悪かった事に勇美は気付かなかった。
 それに構わず、勇美は綻んだ表情をレイセンに見せながら言った。
「やっぱりあなたがレイセンさんなんですね~、一度会ってみたかったんですよ~」
 言いながら勇美はレイセンと握手をしていた。
「あ、あの……」
 そんな勇美にレイセンは戸惑いを見せた。何故この人は自分にこんな興味を見せるのかと。
 その理由を勇美は説明していった。
 その理由は、レイセンが永琳の手解きで、綿月姉妹に見出だされた存在であったからだ。
 勇美もこの二人の存在抜きであったら、今の自分は存在しないだろう。故に同じ大切な人達を持つ者同士、親睦を深めたいと勇美は切に願っての事であったのだ。
 そんな勇美の気持ちを察してなのか、レイセンは、
「こちらこそよろしくお願いしますね、勇美さん」
 そう言ってレイセンはペコリと頭を下げるのであった。
「よろしくね♪」
「はい♪」
 二人はそう言い合った後、気付けば固く握手を結んでいたのだった。
 その二人の様子を見ながら依姫と豊姫は微笑ましい心持ちとなるのだった。そして、この二人を会わせて正解だったとも。
 そんな心弾む状況だったものだから、もうひと弾みしてしまったようだ。依姫はふと勇美に声を掛けた。
「勇美、少し面白い事を思い付いたのですが、聞いてくれますか?」
「えっ、何ですか?」
 突然依姫に呼び掛けられて、勇美は何事かと思う。対して依姫はどこか悪戯の思い付いた子供のような振る舞いをしているのであった。
 そして、彼女の案が自身の口から語られる。
「勇美、この方々と弾幕ごっこをしてみなさい」
「えっ?」
 思いがけない依姫の提案に、勇美は頭上にハテナマークを浮かべるような反応をしてしまったのだ。
 そして、その提案の真意を依姫に聞く。
「どうしてこの子達と勝負という話を思い付いたのですか?」
「それはね、勇美にとっても、この子達にとっても今までにない刺激となりそうだからよ」
「色々な経験をしておいた方がいい」依姫はそう付け加えるのだった。
「成る程、確かに……」
 言われて勇美は合点がいき始めるのであった。
 まず自分にとっては初めて月に住まう者達との戦いになるのだ。鈴仙という、元は同じ月の兎と戦った事はあるが、彼女はその時は既に地上に住まう者となっていたのだ。
 対して、玉兎達にとってもいい刺激となるだろう。何故なら、仮にも勇美は地上からやって来た存在、即ち『侵入者』に近いからである。
 これにより、外部の者と戦う事になり、月を守る者としての自覚に繋がるだろう。依姫はその事も考慮していたのであった。
 つまり、やや玉兎の自覚に繋げる為に勇美を出汁に使う事になるだろう。だが、ここは心を鬼にしてもやっておかなければならない事と、依姫は腹を括るのだった。
 そのように依姫が思案をしていると、
「分かりました。面白そうだし、その案に乗りましたよ」
 と、勇美の歯切れの良い発言が耳に入って来たのだった。
 それを聞いて、依姫は取り越し苦労をしていたと実感した。勇美の積極性にはいつも助けられているなと依姫は思い起こすのだった。
 話は決まったようだ。だが、ここで勇美は新たに疑問を提示する。
「でも、私が依姫さんのように勝ち抜きをするのですか?」
 それが問題であったのだ。連続で複数の相手を次々としていく。そのような芸当は依姫のような実力者だから出来たのだから。
 確かに玉兎一羽一羽は嘗て月に舞い降りた霊夢達よりも実力は遥かに劣る。
 しかし、自分は依姫ではないのだ。玉兎であっても勝ち抜いて行くなどという芸当は荷が重すぎるのである。
 これがもし以前の訓練をサボる玉兎達だったら優しい課題となっていたかも知れないだろう。
 だが、それは過去の話なのだ。今の彼女達は地上の侵略者を目の当たりにした緊張感と、依姫の勇姿を見た事により俄然意欲に溢れており、それにより実力もつけていっているのである。
 その事を勇美は依姫に告げ、三羽全てを相手にするのは荷が重いので誰か一羽だけとの戦いにしてくれるように頼むのだった。
 それを聞いて依姫は「確かに……」と考え込む仕草を見せる。その様子を見て勇美は、無理な話にならずに済みそうだと胸を撫で降ろすが……。
 依姫の答えは斜め上を行っていたのだった。
「そうね。勝ち抜きでは面白くないので、勇美には三羽纏めて戦ってもらうわ」
 そして、暫し沈黙が走る。地上よりも幾分静かな月が、より静寂に包まれたのだった。
 当然その静寂は破られる事となる。よもやお約束と言えよう。
「ええ~~っ!!」
「勇美、うるさいわよ」
 慟哭する勇美に、依姫は容赦なく突っ込みを入れておいた。だが、それにも勇美は憶さずに反論。
「だって三人抜きでも大変なのに、一対三なんて困難極まるでしょう!?」
 至極真っ当な指摘をする勇美。だが、依姫は一切動じる事なく言う。
「これは貴方の方が、いつも通り神降ろしの力を借りて戦えば断然有利である事を踏まえての判断よ」
「あっ……」
 そう言われて勇美は納得するのだった。確かに今まで神降ろしの力を自身の分身の機体に取り込ませて戦ってきた戦法。これによる力は立証済みなのである。
 そして、依姫は言外に言っているような気がしたのだ。──自分に自信を持ちなさいと。
 その言葉は暫し依姫から掛けられたものである。そして、今回は直接言わなかった。それは勇美の成長を実感しているからなのであった。
 その事を何となくだが勇美は察し、そして決心したのだった。
「はい、その条件でお願いします!」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧