| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第62話 月に出ていくか:前編

 依姫とフォルの接戦が繰り広げられた後のその帰路で、勇美はふと依姫に話掛け始める。
「あの……依姫さん……」
 些か歯切れが悪い。話掛けたものの、切り出して良い事なのか躊躇いがあるようである。
 その勇美の振る舞いを汲んで、依姫は続きを促す。
「どうしたの? 言いたい事は迷わずに言いなさい」
「はい、それでは……」
 依姫に促されて、勇美は意を決して言葉を切り出す。
「依姫さんはフォル様との戦いの時、私を巻き込まないように気を回してくれたのですよね?」
 そう、勇美はその事を察していたのだ。もしかしたら自分がいなければ依姫はフォルに勝てていたのかも知れないと。
 それを指摘された依姫だが、彼女は落ち着いていた。──次に勇美がどう出るのかを見届ける為に。
「私の為に……有り難うございました」
 その勇美の口から出て来た言葉は、お礼のものであったのだった。
 それを聞いて依姫は安堵と感心を覚えた。
 こういう場合、『私のせいで』と言いたくなりがちであり、そう逃げ場を作るのは容易い事であろう。
 だが、それを勇美はせずにお礼という形を取ったのだった。その勇美の心の強さを依姫は微笑ましく感じ、気付けば勇美の頭を撫でていたのだった。
「あっ……」
 勇美は、依姫から彼女らしからぬ行為を受けて、驚きを感じた。
 だが、悪い気はしなかったのだ。寧ろ心地好くてこそばゆいのであった。
 そうしながら依姫は口を開く。
「私も精進しないといけないわね。それを言い訳にしないで勝てるようにね。──他でもない、勇美のためだから……」
 言って依姫は儚げながらも心強い笑みをたたえて勇美を見据えるのだった。
(うん、あの二人。ますますいい感じの関係になってるウサね♪)
 そんな絆がより強まった二人を温かい目で見ながら、『彼女』は後を追い掛けていったのである。

◇ ◇ ◇

 二人が貴重な体験をしてから暫くの事であった。何やら永遠亭の中が騒がしくなっていた。
 休憩を取っていた勇美は、近くを通り掛かった鈴仙に何事かと事情を聞いた。
「鈴仙さん、一体何があったのですか?」
「あ、勇美さん」
 勇美に呼び止められて、鈴仙は暫し思案した。──『この事』は勇美にも伝えるべきかどうかを。
 鈴仙がどうしようか考えあぐねているのに、後ろから来た永琳は気付いたようである。そして、彼女にこう促すのだった。
「ウドンゲ、いいわ。勇美ちゃんにも話してあげましょう」
「師匠……」
 自らの師に促されるも、鈴仙にはまだ躊躇いがあった。──この子を巻き込んでいいのかと。
「ウドンゲ、構わないわ。勇美が力に成りうる事、あなたにも分かるでしょう」
 勇美の今までの活躍は、永琳の知る所でもあったのだ。だから彼女は勇美なら心配いらないと鈴仙に勧めたのである。
「……」
 永琳に言いくるめられて、尚思案する鈴仙であったが。
「分かりました」
 そう言って彼女は思い腰を上げたのだった。
 それは、彼女もまた勇美の色々な強さを思い出したからであった。
「それじゃあ、勇美ちゃんも会議室に来てね」
 言って永琳は勇美を案内するのだった。

◇ ◇ ◇

 勇美が通されたのは、永遠亭の会議室であった。
 会議室とは言っても、学校の職員室、病院の中、職場のような独特の『重苦しさ』を持った場所とは無縁であった。
 寧ろシックな木の壁やお洒落なランプがあしらわれていて、喫茶店のような癒しの空間がそこにはあったのである。
 それは永琳のこだわりによるものであった。どうしても物々しくなる会議の場を、少しでも和らげられないかという試みなのである。
 その事も、彼女が勇美をここに通した理由であった。ここなら子供である勇美にも精神的苦痛は少なくなるだろうと。
「素敵なお部屋ですね~」
 この勇美の言葉により、その試みが功を奏している事が証明されたようであった。
「ありがとう、勇美ちゃん。じゃあ勇美ちゃんはここに座ってね」
「はい……えっ?」
 永琳に席を勧められて、いざ座れると安堵しかけた次の瞬間、勇美はこの空間の異常性に気付いたのである。
 それは、この場にいる面々であった。
 永遠亭のナンバー2である永琳、豊姫と依姫の綿月姉妹、そして鈴仙。ちなみに輝夜の姿はなかった。
「輝夜様参加しましょうよ~!」
「まあニートだからね」
 心の叫びを上げる勇美に、依姫はしれっと失礼な指摘を付け加えたのだ。永琳には聞こえないように、あくまでこっそりと。
 それは問題ではなかった。組織のトップが会議に参加しないのはまた別の問題ではあったが。
 その『問題』の名前を勇美は口にする。
「八雲……藍……さん?」
 その名前こそが勇美が認識した存在の名前だったのである。
 八雲藍……。その者は現在行方が知れていない存在、境界の妖怪『八雲紫』の従者なのである。
 妖怪の従者であるが故か、彼女もまた妖怪なのであった。その事は彼女の後ろに生えた見事な九つの狐の尻尾が物語っているだろう。
 そんな彼女を見て、勇美は迷わずに思った事を言った。
「藍さん、その尻尾をもふもふさせて下さい」
「断る」
 相手は即答であった。勇美のような要望をあげる者の扱いには慣れているのだろう。
 勇美は「ぇー」と気のない返事をしつつも、気を取り直して本題に入った。
「何で、藍さんがこの場にいるのですか?」
 それが一番話題にすべき事であろう。藍はその勇美の疑問に答えるべく話を進めていく。
「お前は勇美だったかな?」
「はい」
 勇美は素直に答える。藍の口調は男勝りでやや無骨であるが、その話し方から彼女が生真面目な妖怪である事が勇美には感じ取れるのだった。
 慧音や妖夢、そして自分が敬愛する依姫と似た感じの人だろうと勇美は察するのであった。──だから、相手が『九尾の狐』という伝説の大それた存在であっても、余り張り詰めた気持ちになる必要はないだろうと勇美は再認識するのだった。
 そんな勇美の心境を察してか、藍はふっと勇美に微笑んで見せた。
「何かお前を見ていると橙の事が頭をよぎるな。素直で無邪気でひた向きな所がそっくりだ」
 橙……。それは紫の式である藍が更に式を張った『八雲紫の式の式』の猫又である。まだ未熟な子供の妖怪であるから、藍の計らいで自宅のある迷い家で留守番をしている訳であるが。
「ありがとう御座います」
 勇美は藍に言われて、素直にお礼を言った。勇美は橙とは直接面識がないから実感が沸かないが、藍程の実直な者にそう言われて悪い気はしないからであった。
 そんな勇美を見ながら藍は再び微笑み、話を続ける。
「勇美、お前も噂は耳にした事があるだろう。我が主の紫様が現在行方知れずだと言う事を……」
「はい」
 勇美は迷わずに答えた。彼女も耳に挟んでいた事だからだ。様々な者から、八雲紫が今どうしているか意識する声をちらほらと。
 そこで勇美は思った。何故今その話題がこの場で出るのかと。
 だが、彼女は薄々とその理由を感じ取り始めたようだ。
「この会議って、もしかして……」
 その勇美の質問には、藍の代わりに永琳が答える形になる。
「さすが勇美ちゃん。察しが良くて助かるわ」
「と、言いますと?」
 勇美は首を傾げるが、どうやら話は自分が考えている通りの方向へと向かっているのが分かるのであった。
「ええ、勇美ちゃんの考えている通りよ──八雲紫の所在が掴めそうなのよ」
 予想していたに近い答えを永琳は提供してくれた。だが、勇美には新たな疑問が沸いて出てしまったようだ。
「『掴めそう』と言いますと?」
 それが彼女の抱いた疑問であった。所在を掴んだ、ではなく掴めそうという所が歯切れが悪くて引っ掛かる所在なのだった。
 そんな勇美に永琳は微笑みながら諭すように語り出した。
「勇美ちゃん、八雲紫とはどんな妖怪だか知ってる?」
「えと……」
 突然永琳に話題を振られて、勇美は暫し考え込んでしまった。
 八雲紫……彼女は境界を操る一個体の存在だと。空間に穴を開けて自在に移動出来る、正に神出鬼没な存在である事を思い出したのだ。そしてその事をこの場で話した。
 それを聞いて、永琳は感心したような表情を浮かべてから勇美に言った。
「ご名答よ勇美ちゃん」
 そして永琳は説明を始めた。
 そんな神出鬼没の存在であるから、詳細は掴めていないのだと。紫のものと見られる強力な妖気を感じられたとか、不気味な空間の裂け目を目撃したりだとか、どれも断片的で要点を得ないものばかりなのであると。
「つまり、状況証拠ばかりだから、要点を掴めないという事ね」
「成る程、分かりました」
 その理論は納得のいくものだったので勇美は頷く事にした。しかし、それでも腑に落ちない事があるのでそれを口にする事に決めたのだ。
「ですが、ちょっといいですか?」
「何かしら? 迷わずに言ってね」
 勇美に言われて、永琳は何かと先を促した。
「この高い実力を持つ者が多い幻想郷です。その者達の総力を結集すれば紫さん程の存在を見つけ出すのは容易いのではないでしょうか?」
 それが勇美の主張であった。そして彼女が確かな実感を持つ事実であったのだ。
 勇美はこれまで幻想郷の実力者と渡り歩いて来たのだから。故に彼女達の影響力は計り知れず、力を合わせようものなら多大な原動力となる事が想像に難くなかったのである。
 そして、相手は幻想郷の管理者である八雲紫だ。それだけの事をする価値は十分にあるであろう。
 それだけの理論を突き付けて、心の中でどんなもんだと思って見せる勇美。だが、それを聞いた永琳は優しくも困ったような表情で勇美に言い出した。
「ごめんね、勇美ちゃんにはまだ言ってなかったわね……」
「?」
 その言葉に勇美は頭を捻った。そして、「どういう事ですか?」と聞く前に依姫が助け舟を出してくれた。
「勇美、八雲紫のその情報はね……『月』でのものなのよ」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧