| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

同盟上院議事録~あるいは自由惑星同盟構成国民達の戦争~

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

閉会~金帰火来には遠すぎる~
  復興の国~エル・ファシル共和国にて~(上)

 
前書き
友人の悠久なる書記長からグレゴリー・カメーネフ君を本作への出馬要請に温かく答えていただきました。
銀河酔人伝説もよろしくお願いします! 

 
 宇宙歴796年4月も半ばを過ぎたころである。
ホアン・ルイはこっそりとエル・ファシルの陸上車に乗り込み、車載TVカメラで【民主主義の縦深】代表世話役ことロムスキー医師と連絡を取り合っていた。

「マスコミ連中はこれから私が首相のところに行くという事でそちらに向かっております」
 同盟弁務官は儀礼的には閣僚と同格の扱いを受けている。実務的に言ってもハイネセンからの観光振興や産業のPRなどソフトな発信を含めて同盟弁務官は政府代表部としての役割と持っている点は間違いなくあった。

「ありがとうロムスキー先生」
「いやいや私は労農を支持しておりますからね。【縦深】にとっても地方を重視している政党が下院にいれば心強い」

「彼らもそう思ってくれれば良いのだがね。いつの間にか独立政党をつけられていたのには驚いたよ」
 ちらり、とビルを眺める。ホアン・ルイがこれから訪問するエル・ファシル進歩連盟本部だ。
 ロムスキーは苦笑を浮かべてそれに答えた。
 アーサー・リンチの敗戦と逃亡による本土陥落と奪還作戦後、エル・ファシル共和国では本土復興超党派大連立が組まれていた。
 エル・ファシル奪還作戦から4年、エル・ファシル議会総選挙の際に当時国防委員長に就任したばかりのヨブ・トリューニヒトが大規模な軍主導の宇宙港拡張と物資の吐き出しによる施設復旧支援といったテコ入れを図った事で状況は一変した。
 露骨や選挙介入に際し、商工会と労働組合をまとめあげて、リベラルな協同改革党と社会民主主義路線のエル・ファシル人民党を左派政党合流に漕ぎつけたのが、連立政権第二党であるエル・ファシル進歩連盟の現総裁だ。
 結果としては三度目の中道連立政権となったがトリューニヒトの梃入れに対し労農連帯党と自由党を両天秤にかけながら支援を引き出し、【エル・ファシルの政治】を訴えかけたことで議会第二党へと躍進したのである。

 だがこれは労農連帯党中央執行委員長としてのホアン・ルイからすればあまり良い気はしないのが本音である。
 
「進歩連盟の総裁とはあの選挙の時に挨拶をしただけだな。ほとんどハイネセンに顔を出さないようだ」
 妙に顔が良い若手のジャーナリスト上がりだったのは覚えている。
「見かけはともかく、食えない政治家ですよ総裁殿は。まぁなんだね、見かけに騙されないようにしたほうがよろしいかと」
 では私は首相のところに行ってきますぞ、とロムスキーはさっさと通信を切ってしまった。同盟弁務官は中央政党党首に敬意こそ払っても上司ではない、ということである。
 




「ホアン・ルイ執行委員長ですねぇ、はい確かに承っておりますぅ。――勿論、中は”掃除”しておりますのでお気兼ねなくどうぞぉ」
 甘ったるい声を出しながら笑っているがその目は鋭くこちらを観察している。
 
 中に入ると若々しく中性的な顔立ちの政治家がにこやかに出迎えた。
「お待ちしておりました、ホアン委員長閣下。ご無沙汰しており申し訳ございません」
 ホワンもにこやかに握手を交わす。
「いやいや閣下はよしてくれ、内務長官、いやここでは総裁と呼ぶべきかな。君がよく仕事をこなしているのは私も聞いているとも、実にたいしたものだ」

 中央から見ればトリューニヒト旋風を逆に利用して成り上がった政局家であるが地元を見て回ると中道のカリスマとして見られている。
 内務長官のポストを第一党が譲るのも異例だ。国家行政機関の管理、地方行財政、そして治安政策(共和国警察の指揮と自治体警察の監督)を担当している内治の要である。

「ここは進歩連盟の本部ですよ、委員長。総裁でお願いします」

 秘書が紅茶とジャムを盛り付けた皿を机に置いた。紅茶の香気がふわり、と立ち上る。良い茶葉を使っている。
 
「そうかい、それで彼女は?」
 すました顔をしているが、彼女の身のこなしは陸戦を学んだ精鋭部隊のそれに似ている。

「同盟捜査局に出向していた捜査官を勧誘しました。どうも最近は物騒ですからね」
 どうも右派団体が中央から金でも流れているようで極右団体が元気なのですよ、とため息をついた。

「‥‥なるほど」
 謀略を仕掛ける人間ではないのは確かであろうが耳を広げる事に良心の呵責はないようだ。そして極右派に酷く恨まれていることも自覚している。
 紅茶の香りを楽しみながらジャムを少しだけ口に入れる。少し気分が明るくなってきた。どんな偉大な人間だろうと、人間の精神というものは糖分一つで左右されるものである。

「そこまで天下国家に興味があるのであれば、ハイネセンポリスに出るつもりはないかね?」

 辞退させていただきますよ、とジャムにスプーンを突き刺し、口に放り込んだ。
「いえいえ、それはないですよ。下院の党派に属すると私の強みは消えますし、私の仕事は基本的にエル・ファシルの地域社会支援や治安行政です。上院に出張る程の軍務や中央が仕切るインフラなどの話は私以上にコネクションも知識もある人がいらっしゃいます。
私の役目はこの新党を育てることと予算を引っ張ってくる同盟議員の支援です」
 なるほど、と頷いてみせる。長く友好的中立であった左派政党をまとめ上げた代わりに中央のどの政党にも籍を置くつもりはないということだ。

「最初にはっきりさせておくべきでしょうが、進歩連盟としては自由党と労農連帯党の双方が候補の統一していただけるのであれば間違いなく支持します。進歩連盟としては連帯労農党と自由党の連立が望ましいですが――。自由党が公共事業の縮小路線に舵を切るのであれば我々が支持を続ける事は難しい。これはリベラル派と呼ばれる側であっても変わりません」
 労農連帯派であればなおさらだ、と鋭い視線が飛ぶがホアンは笑って受け流す。

「分かっているとも、だがある程度の軍縮は民生の維持に必要不可欠だ」
 兵士に給与を切り下げるわけではありませんよね、と総裁が小首をかしげるが、ホアンは流石にそれはできんよ、と苦笑する。

「ただ譲れない条件として、国立大学と労働保険の国費負担を維持してください。中小企業の後継者不足が続いているのにこれ以上、中央の都市と開拓途上のまま百年もたっている地域を同列に扱うリバタリアンに食い荒らされては困ります」
 総裁がこやかに毒を吐く姿にホアンは頬を引き攣らせた。ホアンに見れば自由党が悪いわけではない。軍事費の増大が直接的な原因であるのだが――実際に提案して支持を集っているのだから仕方ないのだ。

「努力しよう」
 ホアンが愛想よく答える。

「う~ん、努力は実らなければ意味がありませんよ?」
 総裁はニコニコと笑いながらジャムを口に放りこんだ。
「ハハハハハハッ」「フフフフフッ」
 二人の朗らかな笑い声が総裁執務室に響く。
 レベロやサンフォードの筋にも同じことを言って天秤にかけてるんだろう、とは言わない。

「約束を果たすのが政治家の務めであるが。その手段が問題だ、政策を実現するには数が常に求められる。‥‥君のところから下院議員を出さないかね」
 旗幟を鮮明にしろ、ということである。

 だが総裁は紅茶をゆっくりと楽しみながら表情を崩さない。
「――選挙が近いのですか?解散するにはネタがないかと思いますが」

「恐らくは、ね。例のアスターテの件に続いて今度はルンビーニ事故の報道は知っているだろう?最近は色々と面倒なことが多くてね」
 
 紅茶を飲み干し、ジャムにスプーンで丁寧に掬いながら総裁は答える。
「あの会社の入札が怪しいのは聞いていますが、まさか統合作戦本部長と同時に情報交通委員長の首を挿げ替えて、国民の信を問うおつもりで?」

「ノー・コメントだ」

「ふむん、であれば、こちらもノーコメントです。先が分からないわけですから」

 そうかね、とホアンはわざとらしく紅茶を啜った。ジャムが妙に多い気がする。
「それは残念だ。そういえばウィリアム・オーデッツ君が最近、党役員と話しているらしい」

「御冗談でしょう、彼は政治の素人な上に今いるのは安全保障委員会でしょう?国務畑に移ればいい仕事をするでしょうが、情報交通の仕事はできませんよ」

 成程、人の美点を見る人間はいるものだ、と今度はホアンが感心した。
 だが見抜いた美点を容赦なく使い倒すのがニコニコ微笑を浮かべているこの政治家のやり口である。

「そうだろうねぇ、そういえば政調会アキラ・エドー君も最近は忙しくしていると噂だよ」
 今は下院の情報交通委員長を務めている、情報交通委員会の次長まで務め出馬、議員としては3期目で60代後半と年齢も経験も【妥当】ではあるが……

 ふう、と溜息をつき、総裁はジャムを食べた。茶はもうないはずなのだが――。
「官僚出身ではないですか。確かにやり手でしょうがこの時期に据えるには印象が悪すぎますよ」
 総裁が切り捨てたのを聞いてホアンは内心では加点した。インテリの中には過剰な実務家信仰者がいる。確かに実務家は必要であるが過ぎれば病気になる。

「なるほど、君の意見は参考になるよ」
 ホアンがニコリと笑ったのを見て総裁は眉を潜めた。いつの間にか自分が釣り上げられたことに気が付いたのだ。

「もし仮に、の話だが今のところは経済開発委員会のウィンザー副委員長が本命だそうだ」
「ほうほう、なるほど――確かに発信力は高いですが、副委員長ならいいででしょうが。最高評議会の席に座るのですよ?」
 彼女は口の回り方は軽快にすぎますよ、と総裁の言葉はそれなりに的を得ている。ハイネセンの社会学者上がりであるが良くも悪くもその舌鋒は鋭いが機会を重視しすぎる節がある。
 けして愚鈍ではないのだが機に臨み変に応ずる事はマスメディアの解説委員としてはともかく、必ずしも政治家として褒められるわけではない。
 そして何より問題なのは彼女はバーラト共和国の選挙区出身で直接中央政界に進出してきた事だ。
 国民共和党が得意とする連立策略や地方政界との連携した上院(同盟弁務官総会)の操縦は地方議会出身者の党幹部達のノウハウによるところが大きい。だが近年は話題性と知名度の高く、地方議会の経験がない若手候補が台頭している――それにより与党第一党を維持し続けていてもその弊害は無視できない。

 故に最高評議会の一員ではなく他党党首の顔でホアンは返事をした。
「だから人気がある奴が良い、という事なのだろう」

 総裁は最後に残してた果肉をゆっくりと持ち上げた。
「‥‥‥ふむ。そして次の選挙に備える、と?次の選挙は年明けの――なるほど?」
 ジャムの果肉をゆっくりと噛み締めながら総裁は見る、だが彼は答える気はない。
 だがその先の言葉はわかっている――最高評議会議長選挙、である。
「貴方ほど国民共和党を利用する政治家もそうそういないでしょうね!そうなると話が変わってしまう!」
 参りました、と両手を広げて見せる。最高評議会議長交代前に国民共和党最高幹部の一人が都市出身の中央政治家となるのならば――エル・ファシル政府は労農連帯党との関係を重視するしかなくなってしまう。
 そしてサンフォードの次の総裁は――地方党人はを冷遇するだろう!なにしろバーラトと地方の利害の対立は深まる一方。
 即ち都市部は二派が台頭することになる――即ち、構成国の中でもバーラトから離れた地域、とりわけ交戦域への安全保障の弱体化となる反戦派と『軍の効率化』を求める最強硬派だ。
 どちらが台頭しても生贄になるのは地方だ。最強硬派は地方駐留艦隊を減らし会戦やイゼルローン要塞攻略により多くの兵力をつぎ込ませるようになる。更に言えば構成共和国の権限を取り上げ、中央の”国家総力戦”に更に隷従させようとするだろう。

「気が変わったようで何よりだ」
 ホアンは総裁の突き刺すような視線を意に介さずニコニコと応対する。

「えぇえぇ、変わりますとも!まったく!ご要望は?」

「国民共和党の穏健派と仲良くやれる奴が良い。つまり親軍かつ専守防衛派で亡命者を差別せず、同盟政府の枠組みに反対しないがエル・ファシルを愛している人間が良いな」

 好き勝手おっしゃりますねぇ、と総裁はペンをくるくると回しながら言った。

「政策にご注文は?」

「政策は進歩連盟が原案を書いてくれないかな。勿論、労農党と調整する点もあるが、君達の推薦が欲しいからね。ウチから出馬するにしても進歩連盟の党籍を持っているとよりありがたい」
 ホアンの判断は間違っていない。逆に言えば推薦だけして知らぬふりではなく利害関係の利をしっかり持たせ、同じ船に完全に乗り込ませるという事である。
 
 ふむ、とメモを置くと、総裁は指先を合わせて、目を閉じた。
「‥‥‥エル・ファシル労働組合連合会の組織部長にグレゴリー・カメーネフというかたがいます。
港湾労働組合の執行委員長でエル・ファシル労働組合連合会組織部長。
従軍経験があり勇敢記章を授かっています。現在でも軍艦の受け入れや志願軍属雇用制度などに積極的に参加しており、同盟軍への協力や避難民の受け入れの為に積極的に活動。
動員能力は極めて高く、飲酒などのやレクリエーションを頻繁に開催し、顔が広い。彼が声をかければ数千人は動員できます。
難点として、技術力はあるが管理職の経験はなし、ハイスクール中退で政界や現在の社会制度の詳細への関心はあまり高くありません」

「君もよく覚えているなぁ」

「新党結成の時に声をかけたのですが、フラれてしまいましてね」
 総裁はくすりと笑い、ホアンに視線を向ける。

「うん、感謝するよ。会わせていただこう」

「よかった!それではこちらに呼びましょうか。閣下」
 総裁が笑みを浮かべてTVフォンに手を伸ばす。
 ホアンは一瞬、違和感を覚えながら首を横に振った。
「よしてくれ、自分で会いに行くとも」

「承知しました、私からも連絡を入れておきますよ」

 ホアンは目を細めて総裁を見据える。
「なぁ、君。『閣下』がカメーネフ君を呼びつけたら進歩連盟は自由党か国民共和党にすり寄る気じゃなかったろうね」

 総裁はさも不思議そうに首を傾げて見せる。だが一瞬だけ、表情に諧謔家のそれが混ざった事をホアンは見逃さなかった。
「フフフフ、まさかまさか、嫌ですね。ハイネセンジョークですかそれ?」
「ハハハハハハッ、リパブリックジョークだとも」

 『足を鍛えない偉いさんは酔っぱらって転ぶのがオチ』労働組合運動の父、ジョージ・パームの日誌にもそう書いてある。
 けだし、俚諺は真理である。
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧