| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第61話 神の依代と幸運の女神:後編

 幸運の女神、フォルトゥーナ・シグザールと戦う事になった依姫。
 のらりくらりと攻撃をかわすフォルであったが、依姫は機転を利かせて炎雷神の炎の八つ首を一斉に襲わせる戦法を取り、彼女を猛火の渦に飲み込む事に成功したのだった。
 そして、その猛火も収まり視界が晴れていったのだ。
「……!?」
 依姫は思わず息を飲んでしまった。
 何故なら、そこにはフォルが倒れる事なく立っていたからである。
 勿論、ただ立っていて無事でいられる攻撃ではなかった。故に彼女は対策をしていたのだ。
 それは、ボクシングでは戦いを続ける上で必要不可欠となる要といえる行為であった。
『腕でのガード』
 それがフォルが取っていた対処であった。
 理にかなった行為である。だが、当然今の依姫の攻めを受け切った事を説明するには事足りないものであるのだ。
「腕のガードだけで炎雷神の一斉攻撃を受け切るとはね……」
 それにはさすがの依姫も額に脂汗を垂らして呟くしかなかった。
 それが問題なのであった。先ほどの天変地異のような猛攻を、格闘技と同じ要領でいなしてしまう事が異常事態なのであった。
「ですが、腕がやけどしてしまいましたわ~……」
 そうフォルの示す両腕は、折角の彫刻のように美しい白い肌が醜く赤く焼けただれてしまっていたのだ。
 だが、そんなフォルに対して依姫は冷静に対処した。
「それも、フォル様にとっては大した問題ではないのでしょう」
「あ、バレました?」
 依姫に指摘されて、フォルはしれっと返すのだった。やはりこの女神は底が知れない。
 そして、フォルは次の行動を取る。彼女は両手を広げたかと思うと、痛んだ腕の部分が目映く輝き始めたのだ。
 その様子を依姫は唾を飲みながら見守る。嫌な予感しかしないが、今は見ているしかない。
 その後、輝きは収まった。その後で依姫は呟いた。
「やっぱり、こうなりますよね」
 その言葉を掛けられたフォルの両手は、綺麗さっぱりやけどの跡がなくなり、元の白き芸術作品へと返り咲いていたのだった。
「私の神力を使えば、造作もない事ですよ」
 得意気に返すフォルであったが、依姫は『それ』を見逃しはしなかった。
「でも、体力は消費しているのは隠せませんよ?」
「やっぱり分かりますか?」
 余裕の感じる台詞で返すフォルであったが、依姫の指摘通り、その体には汗が滲み息は上がっていたのだった。
 つまり、神とて無限のエネルギーを有している訳ではないのだ。彼女も例外ではなく、この戦いで疲弊しているのだった。
(……)
 それでも、依姫の心には余裕は無かったのだ。多少押している、それだけで女神フォルに対して優位に立てている訳にはならないのだから。
 故に、依姫はまた次の手を打つ事にするのだった。
「フォル様、やはり貴方に小細工は通用しませんね」
 依姫はそう呟いた。自分に言い聞かせる意味でも。
 そんな依姫に対して、フォルはにっこりと微笑みながら言う。
「ええ、その通りですよ。
 私があなたが仕える側の存在だからって遠慮する事はありませんよ。
 どうぞあなたの持てる力の全てで立ち向かって来て下さい」
 さすがは女神の言う事は違った。その言葉は抱擁力に包まれているのだった。
 依姫であってもフォルのその言葉には心地好さを感じるのだ。そして、胸の内に何かが綺麗にストンと落ちるかのような充実感までも覚えたのだった。
(フォル様、有り難うございます……)
 そして、心の中でその慈愛の女神への感謝の言葉を述べたのだ。
 ここに依姫の迷いは晴れた。後は彼女なりの力の限りをフォルへと見せるだけである。
(……)
 その為に降ろすべき神々はここに決まったようだ。依姫は刀を天に掲げ、それらの名を口にする。
「『祗園様』に『天宇受売命』よ、この者との戦いの最後の締めの為にその身を我に与えたまえ!」
 そう、依姫が言った通り、この試みにより勝負は決まるだろう。その想いを胸に彼女は『力』と『舞い』の神々をその身に降ろすのだった。
 依姫に取り込まれる祗園様と天宇受売命。それにより依姫は神々しいオーラをその身から醸し出す。
 続いて依姫はその力の名を宣言する。
「【武符「神剣の舞い」】……」
 言い切った依姫の表情は清々しく澄み渡っていた。これで持てる力を出し切れば悔いはないというものである。
「いざ……」
 言うと依姫は地を脚で蹴り、その距離をフォルへと縮めた。
「はあっ!」
 そして、掛け声と共に依姫は居合いの要領で刀を振り抜いたのだ。
 その太刀筋はまごう事なくフォルへと向かっていった。しかし。
「いい刀捌きですね」
 そう言いながらもフォルは軽々とその刀に動きを合わせるのだった。更に驚くべき事は。
「うそ……。手刀で刀を受け止めた……?」
 その勇美の言葉通りであった。刀の真似をしただけの肉と骨の構成物が、金属を鍛練して研ぎ澄ました本物の刀を受け止めてしまったのだから。
 渾身の一撃を冗談のように受け止められてしまった依姫。だが、彼女に焦りの様子は見られなかったのだった。
「さすがはフォル様です。そのような芸当を軽々やってのけて見せるとは。
 ですが、今の私とて、伊達に祗園様と天宇受売命を降ろしてはいませんよ。
 その事をこれからお見せしましょう」
 そう依姫は言うと、一先ず攻撃を防いだフォルから距離を取った。
 そして彼女は呼吸を整え、精神統一を始めたのだ。それにより依姫の周りに流れるオーラの質が変わり始めた。
(何をするつもりかしら?)
 そうフォルは考る。しかし、彼女は相手がどう出ようと自分も持てる力を出し切るだけだと思うのだった。
 仮にも自分は女神を名乗っているのだ。だから動じずに堂々と構えていればいいのだ。
 フォルが想いを巡らせている間に、依姫の準備は整ったようだ。彼女は元々赤系の色の瞳を更に赤く輝かせてフォルを鋭く見据えた。
 次の瞬間、依姫は間髪入れずにフォルに斬り掛かっていたのだった。それに間一髪で手刀を合わせて迎え打ったフォル。
 ふぅ……、と一息つこうとしたフォルであったが、それを依姫は許さなかったのだ。
 第一撃が防がれると、その一瞬の時間をも惜しむような勢いで第二波が繰り出されたのだった。これもフォルは手刀で受け止める。
「くっ……」
 だが今までの温和な振る舞いを崩し、あからさまに苦悶の表情を浮かべるフォル。そんな彼女に、依姫は躊躇する事なく更に次の攻撃を加えた。
 それもフォルは受け止める。しかし、先程やけどを回復する為に神力を使った事を合わせて、彼女の体力は疲弊していったのだ。
 それに加えて依姫は祗園様により膂力、天宇受売命により身のこなしを授かっているのだ。つまり今の彼女は『剛』と『柔』が兼ね備わっていたのだ。
 つまり、疲弊したフォルと隙のない戦闘理論を備えた依姫。──分は明らかに後者にあったのだ。
「はあっ!」
 続く攻防の最中、依姫は掛け声を出し気合いと共に渾身の一撃を放ったのだ。
「っ!」
 その一撃によりフォルの手刀は弾かれて、彼女を守る役割を放棄させられてしまったのだ。一瞬だがガードが空き、無防備になってしまうフォル。
 その一瞬を逃す依姫ではなかった。彼女の眼光が一際鋭く光ると、すかさずスペルを宣言したのだ。
「【開闢「剣の岩戸開き」】っ!!」
 奇しくも祗園様と天宇受売命は天照大神が岩戸隠れの原因を作った者と、それを解決する手立てを作った者であった。
 その二柱が協力して新たな技を生み出す。神話の時代には想像出来なかった事であろう。
 そして、依姫の刀は瞬時に神力を纏い、目映く輝きを見せたのだ。それをフォル目掛けて躊躇う事なく振り翳す。
 それは見事にフォルを捉えたのだ。彼女に斬撃と共に神力の爆ぜが襲い掛かったのだった。
「……っ!!」
 声に出す事も出来ずに、フォルはその衝撃に身を弾き飛ばされた。立った体勢を保ちつつも、後ろに押されたのだ。
 これだけの一撃を受けても倒れる事が無かったのは、さすがは女神という訳だろう。
「はあ……はあ……」
 だが、彼女の受けたダメージは否定出来るものではなかったのだ。フォルは痛みと疲れに耐えながら息を荒げているのだった。
「参りましたね……」
 ぼやくように呟くフォル。だが依姫はその様子を油断なく見ていたのだ。
 何故なら、フォルの瞳に宿った輝きは決して潰える事なく灯り続けていたからである。
 フォルが依姫に油断していないように、その逆もまた然りなのであった。
 フォルが疲弊している今こそ、依姫が攻める好機だと思われよう。しかし、彼女もまた時間を要する状況にあったのだ。
(『剣の岩戸開き』……気安く使えるものではありませんね)
 そう依姫は自分の考案した戦法を思い返しているのだった。
 このスペルは強力な分、連続で出せるものではなかったのだ。増してや、二柱の神々を降ろすスペルを発動している所に更に上乗せでの発動、これはさすがの依姫でも骨の折れる芸当なのであった。
 そうして暫く両者は互いに睨み合っていたのだった。片方は自らの神力で体力を回復すべく、もう片方は浪費した神の力を再びその身に備え付けるために。
 そうして暫くしている間に、両者とも準備は整ったようだ。
「では始めましょうか」
 まず、依姫がそう言った。
「ええ、仕切り直しですね」
 それにフォルが返すのであった。
 二人はそう言い合った後、再び向かい合った。そして、再度両者に緊張が走る。
 ごくっ。その二人の様子を見て、思わず勇美は固唾を飲んでしまった。そして彼女は思った──恐らく次で勝負は決まる、と。
 勇美がそう思っていると、勝負が再開されたようである。最初に仕掛けたのは……フォルであった。
「!」
 意外な展開に勇美は驚いてしまった。何故ならこの勝負では決まって依姫から手を出していたからである。フォルの方は神らしく堂々と落ち着いて構えていたものだ。
 それが今はフォルから自ら仕掛け始めたのだ。──勝負に出たのか。勇美は目の前の二人と比べたらちっぽけな存在なりにそう考えを巡らせたのだった。
 居合いの要領で振り抜かれたフォルの手刀。それに依姫は手持ちの刀を合わせて迎え打った。
 刹那、肉と骨の刀と鋼の刀がぶつかり合った。そして、片方は肉体の一部だというのに双方から火花が激しく舞ったのである。
 甲高い耳障りな金属音が辺りに響き渡った。それだけで今の衝撃が凄まじかった事が伺えるというものだ。
「見事です、私から仕掛けたのに、咄嗟にそれに対応しますとはね」
 攻撃を防がれたのに、フォルは嬉しそうである。相手の健闘に悦びを感じてしまうという、女神にあるまじく血が騒ぐ状態にあるのであった。
「ええ、私は神霊使いであると同時に剣士でもありますからね」
 対して、依姫も軽口で返しながら興が乗っていたのだった。
 今まで彼女が幻想郷で戦った者達も皆素晴らしいものを持っていた。
 だが、ここまで接戦となり熱くなったのは初めてであったのだ。今までにない高ぶりに快感すら依姫は感じていたのである。
 だから、最後まで抜かりなく戦い抜く。依姫はそう心に決めたのであった。
 その想いを胸に依姫は再びフォルと打ち合う。またしても激しい金属音が鳴り響き続けたのである。
 このまま両者の力が均衡するかに見える状況であった。だが、そんな最中勇美は思っていたのである。
(……まずいなあ……)
 それが今の勇美の心境を如実に表すものであった。
 依姫とフォルは互角に戦っているように思えたのだが、このまま続ければ動きの制度に優劣の差が出てくる。勇美は今までの経験からそれを察していたのだった。
 手刀と本物の刀。一見リーチの長い刀の方が有利に見えるだろう。
 しかし、本物の物質としての刀。それには最大の弱点があったのだ。
 それは、自分の体の一部ではなく、手に持つ道具であるが故、ずっとそれを握っていなくてはならないのだ。
 一見それは簡単に思われるだろう。だが、それを接戦の最中、常に力を込めて握り締めていれば知らず知らずの内に手に疲れを生み出してしまうのである。
 勿論、それでもリーチと攻撃の手段に優れた、本物の刀を持った方が素手で戦う者よりも数段に有利であるのは明白である。──普通ならば。
 だが、フォルの手刀捌きは剣士の剣捌きにひけを取らないという事実がここにはあるのだ。
 その様な異常な条件がある為、刀よりも自らの体を使う手刀が有利になるという嘘のような信実がここには存在していたのだった。
 そう、今不利に追い込まれているのは依姫なのであった。
(くっ……)
 当の依姫もそれを感じ取っていた。そこへ彼女の刀捌きに若干の鈍りが生じる。
 その瞬間を見逃すフォルではなかった。彼女は宝石と形容するに相応しい芸術的な瞳の輝きを更に増すのだった。
「そこっ!」
 瞬時にフォルは叫び声と共に、依姫の刀の握りが少し緩んだ手へ的確に渾身の手刀を叩き込んだのだった。
「っ……!」
 それに対して、依姫は堪らずに刀を手離してしまった。刀を手から離すのは剣士が避けなければいけないという事は頭で解りつつも、自分の体である手が言う事を聞かなかったのだ。
 そして、依姫の刀は宙へと舞い上げられてしまった。まるで、竹とんぼを彷彿とさせるような回転の下、上空へと持ち上げられる。
 だが、その瞬間でも依姫は油断してはいなかったのだ。
 何故なら、刀を扱う上で握りが命運を分ける事は、先日の妖夢との文字通りの『真剣勝負』で痛感していたからである。
 経験を無駄にはしないのが依姫の流儀であるのだ。それが自分と戦った者への礼儀だと彼女は考えるからであった。
 そして、あの時は自分に神降ろしを使わないルールを課して戦っていたが、今はその限りではない。
 勿論依姫は正々堂々とした戦いを心掛けている。だが、それと同時に状況を最大限に利用するというしたたかさも忘れてはいないのだ。
 故に、今こそ神降ろしを使う時だと彼女は踏んだのであった。彼女は今の状況を打破するに相応しい神の名を呼称する。
「『千手観音』よ、今こそその力を示したまえ!」
 そう依姫が言うと、18本の腕を持つ豪華絢爛な雰囲気を持つ神が彼女の前に顕現した。その圧倒的雰囲気に感慨に耽る間も惜しみながら依姫はスペルを宣言する。
「【掴符「希望をたぐり寄せる神の腕」】!!」
 依姫のその命を受け、神は無数の腕で宙に打ち上げられた刀の回収を試みるのであった。
「……」
 その様子を見ながらフォルは思った。──見事です、さすがは私が見込んだ方です、この状況でも一瞬の判断で勝負を諦めない心構えは見上げたものです、と。
 それでもフォルは非情に撤するのだった。いや、依姫がそういう奮闘を見せるからこそ、こちらも抜かりなく戦い切らなければならない、そう考えるのだった。
 だから彼女はこのスペルを発動した。
「【幸運「降吽の矢」】!!」
 そのスペルの発動したすぐ後であった。今正に千手観音の手が届かんとしていた刀が、刃を下に向けて勢いよく落下したのだ。
「!!」
 それを依姫は寸での所で回避した。その後刀は地面に突き刺さり動かなくなった。
 暫くその場に沈黙が走ったが、それを依姫が破った。
「……私の負けですね」
 ここに依姫は敗北宣言をしたのだった。

◇ ◇ ◇

「何故ですか依姫さん!?」
 勇美は涙ぐみながら依姫に迫る。無理もないだろう。完全無敗だった自分の憧れの存在が、敗けを認めてしまったのだから。
「勇美……」
 そんな勇美に対して、依姫は諭すように説明を始める。
 ──曰く、自分とフォルの戦いは一つのミスが命取りのものだったという事である。
 故に、依姫が刀を取り戻そうとした行為が阻止された時点で、戦いの流れが乱されてそれ以上進まなくなってしまった訳であるのだ。
「悔しいですけど、そう言われてみれば……」
 事態を飲み込む事はまだ難しいながらも、勇美は今まで見ていた戦いを思い返すと、依姫の言わんとしている事が理解出来るのだった。
 ──あの戦いは綿密に練られた芸術作品のようなものだったと。だから、綻びが生じればそこから崩れてしまうのだと。
 そんな二人を見ていたフォルであったが、ここで彼女達に言葉を掛けてきた。
「ですが二人とも良い目をしていますよ。やはり私が『今』を選んだのは正解だったようですね」
「今……ですか?」
 フォルにそう言われて、勇美はきょとんと首を傾げた。そんな勇美にフォルは説明をしていく。
 彼女曰く、依姫に関しては月と幻想郷の勝負で、程好く負けをしった事により精神強さと心の余裕を知ったと。
 そして、勇美の場合は一度圧倒された相手に見事雪辱を果たす事に成功した事により成長したと。
 そのような貴重な体験をこなした今の二人だからこそ、自分と戦っても心が折れる事なく、寧ろ糧になるだろうと。
 つまりフォルは勇美と依姫の更なる成長を願って依姫と自分との勝負を提案したという訳であったのだった。
 それは勇美も依姫も、勝ちからだけではなく、負けからも学ぶ姿勢が強い律儀な者達である事をフォルが考慮しての事だったという訳である。
「フォル様、有り難うございました」
「わ、私からも!」
 そんなフォルの計らいに、二人はこぞってお礼の言葉を口にした。
 対してフォルは、健気な二人に温かい微笑みを見せながら、名残惜しそうに口を開いた。
「依姫さん、今回の戦い、楽しかったですよ。
 それではお二人さん、そう会う事はないかも知れませんが、機会があったらよろしくお願いしますね」
 その言葉を最後に、フォルは再び竹林の奥底へと姿を消していったのだった。そんな最後の帰り際まで、フォルは圧倒的に神々しい雰囲気を醸し出していた。
 暫くそんな魅力的な女神の後ろ姿に見とれていた勇美であったが、意識を持ち直して言った。
「それじゃあ、永遠亭に帰りましょうか」
「そうね」
 依姫もそれに賛同するのだった。
 そして、帰路につき始めた二人を後ろから見ていた影があった。
「あの二人、これからも楽しみウサね」

◇ ◇ ◇

「う~っ……」
 永遠亭への帰路の最中、勇美は不満げに唸っていた。それを何事かと依姫は聞く。
「どうしたの勇美? フォル様との勝負の事に関しては解決した筈でしょ?」
「それは済みましたけど、まだ問題はあるんですよ~う☆」
 その答えを、勇美は膨れっ面で言う。
「フォル様は絶対『穿いてない』のに、それを確かめる事が出来なかったんです。黒銀勇美、一生の不覚です!」
 そう力説する勇美に、依姫は腫れ物を見るような視線を送る事にしておいた。
「何ですかその目は? 
 フォル様のお召し物と、蹴りを使わない戦い方から、私の直感がそう告げているんですよ☆」
「……勇美、貴方は刺激の強い戦いを見た後だから疲れているのよ。
 今日は夜はホットミルク飲んで早く寝なさい」
 様々な意味で優しい気持ちになりながら依姫は勇美に語り掛けるのだった。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧