| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第51話 シスターウォーズ エピソード4/4

 勇美の機転でフランドールが精製した光の矢を奪い、その勇美の計らいに応えるためにレミリアはそれを利用して新たなるスペルを作り上げたのだった。
「【鋸刃(きょじん)「スタースロー」】!」
 そして、作り上げた光の丸鋸をレミリアは渾身の力で放り投げたのだった。勇美の心意気をその身に乗せる意味でも。
 そしてその鋸刃はフランドール目掛けて空から地上へと一直線に突き進んだのだ。それは星の力を使っている為に、正に『彗星』と呼ぶに相応しい代物であった。
 眼前にその彗星が迫った事で、ようやくフランドールは我を取り戻し、腕を交差して防御体勢に入ったのだ。
 だが、そんなフランドールを見てレミリアは口角を上げた。
「甘いわね、フランに取り憑いている奴め。本来のフランならそんな浅はかな事はしないわ!」
 そう言ってレミリアはビシッとフランドールを指差した。
「ソレハドウイウ意味ダ……」
 レミリアの言葉の意図が汲み取れず、フランドールは当惑する。
 その答えを彼女は、フランドールの身体を以て知る事になる。
 そして、遂にその鋸刃はフランドールへと接触したのだ。
 それに対して彼女は慌ててはいなかった。
 吸血鬼であるこの肉体がある上に、防御体勢まで取ったのだ。最早完璧な鉄壁だろう。
 そう完全に自分の身の安全を確信していたフランドール。
 だが、その読みは見事に裏切られる訳であった。
「!?」
 漸くフランドールは異変に気付いたようだ。
「グアッ、コノ威力ハ!?」
 そう、フランドール自身の吸血鬼としての耐久力を以てしても、彼女自身の力に耐える事が出来なかったのだった。
「馬鹿ナ。痛イ、痛イゾ、クソガッ!」
 下品な言葉を吐き散らしながら呻くフランドールを乗っ取った者。
「浅はかね。フランドールなら、自分の力が自身を滅ぼしかねない事は分かっているわよ!」
 そう、精神的に幼いフランドールであっても、彼女なら自分の恐ろしさがいかほどのものかは本能的に把握しているのだ。
 それが、他人を操っている『この者』には分からなかったという事である。
「痛エ、痛エヨッ。グアアーッ!!」
 フランドールがおぞましい呻きをあげる中、光の丸鋸はガリガリと容赦なく持ち主を抉っていったのだ。激しく火花が舞っていた。
 そして、一頻り丸鋸はフランドールを抉ると、最後の仕上げだと言わんばかりに盛大に光と熱を放出し始めた。
「何ガッ!?」
 フランドールが驚愕の様相を晒すと同時、エネルギー量の膨張した光輪は、後は任せたとでも言うかのように、爆発を起こしたのだった。
「グギャアアアアーーーッ!!」
 耳障りな悲鳴をあげて、フランドールはすっぽりと爆発に飲まれてしまった。
 その最中、レミリアは地上へと降り立った。
 そして勇美はそのレミリアに声を掛けた。
「レミリアさん、やりましたね」
 フランドールの事はいたたまれないと思いながらも、勇美はそうレミリアに言った。
 これでフランドールを止めて、彼女に取り憑く者を追い払えたなら喜ばしい事なのだから。
「……」
 だが、レミリアの表情は芳しくなかった。
「……レミリアさん?」
 どうした事かと勇美はレミリアに呼び掛ける。
「……勇美、フランを侮ってはいけないわ」
 レミリアはそうポツリと呟いた。
「……?」
 勇美はレミリアが言わんとしている事の意味を察する前に、気付いてしまったようだ。
「あ……」
 それを見て、勇美は愕然となってしまった。
 爆煙が収まったそこには、自分の技のダメージを受けながらも、尚も立っているフランドールの姿があったからだ。
「ヨクモ……ヨクモヤッテクレタナァ……!!」
 口から涎を撒き散らしながら、猛々しく吠えるフランドール。恐ろしい事に、まだ余力があるようであった。
「そんな……」
 その様子に勇美は呆気に取られてしまう。
 次の手をフランドールに打たれたら、最早勝機はないかも知れない。
 そう思っていた矢先、その一部始終を傍らで見守っていた者から声が掛かった。
「勇美、レミリア。貴方達はよくやったわ。これから貴方達に力を貸します」
「依姫さん……?」
 勇美はその者の名前を呟いた。他でもない、いつも勇美の成長を促し見守っていた綿月依姫その人の名を。
 だが、勇美はその依姫の申し出に引っ掛かる所があったのだ。
「でも、これは私達幻想郷の者達で解決しなければならないんじゃないんですか?」
 それが、勇美の抱く懸念材料であった。
 折角依姫が自分達の力で解決する為の手解きを施してくれたのに、ここで助けられては本末転倒ではなかろうかと。
 そう思う勇美であったが、ここで依姫は言った。
「いいえ、貴方達は十分に幻想郷に住まう者としての責務は果たしました。
 ここまで貴方達だけの力でやり遂げられたのですから。
 幻想郷を守るには問題ない活躍を見せました」
 そう言った後依姫は一呼吸整えてから続けた。
「ですが、『万が一』の事はあってはならないわ。幻想郷は確実に守られなければいけない。だから私は今貴方達に力を貸すのです」
 言い終えて依姫は勇美と依姫に微笑んでみせた。
 その瞬間、勇美は嬉しくなった。今までの自分達の活躍を依姫に認められたのだから。
「ふん……」
 対して、不貞腐れるような態度を取るレミリア。やはり彼女は自尊心が高い為、誰かに認められるという上からのような態度は好きではなかったのだ。
 だが、今回内心は満更でもないと感じているのだった。それは依姫を霊夢以外に自分に一泡吹かせた者として認めているからであった。
 そんなレミリアの様子を、勇美はニヤニヤしながら見て言った。
「もう~、レミリアさんったら素直じゃないんだから~♪」
 そう悪ノリしながら勇美はレミリアの体をツンツンとつつく。
「うっさい、殺すわよ。『レミリアストレッチ』!」
「うぎゃああ! ギブ、ギブ!」
 芸術的な関節技をキメられ、勇美は苦悶の声を絞りだした。
 そんなじゃれ合う二人を見ながら、やはり依姫は微笑ましい気分となっていたのだった。
 そんな気持ちを抱きながら、依姫は行動を起こした。
「まずは、『祗園様』よ、勇美に力を与えたまえ!」
 言って依姫は屈強な体躯を持つ英雄神へと呼び掛ける。
「!」
 そして勇美は気付いたようであった。その神の加護を、自分の肉体が受けた事に。
「あああ……」
 勇美は感じ取っていた。自分の体に力がみなぎるのを。
「勇美、感じたようね。これが祗園様の力、【力符「荒ぶる神の膂力」】よ」
「ええ、抜かりなく力の脈動を感じます。それはもう筋肉で服が破けるかと思った位ですから」
「そんなネチョにはならないから安心しなさい……」
 依姫は勇美の卑猥な発言に頭を抱えながら突っ込みを入れた。
 そんな中、勇美は口を開く。
「でも、ありがとうございました。この力で今まで出来なかった事が出来そうです」
 今まで勇美は自分の人間としての力の範疇の中で戦ってきたのだ。故に出来る事が限られていたのだ。
 無論、その中での創意工夫、試行錯誤が勇美の技量に磨きをかけていく事になったのだが。
 だが、今は依姫の神降ろしによる助力によりその範疇を超える事を出来るのだ。その事を利用しない手はないだろう。
 これで勇美へのサポートは整った。後は……。
「次はレミリア、貴方の番よ」
「野郎……依姫……」
「いや、その返答はおかしい」
 突っ込み所が多すぎた。まず依姫は女性であるし、手助けしてくれる相手に言う言葉ではないし、そして寧ろそれは吸血鬼に対して言う台詞であってレミリアが吸血鬼だから本末転倒なのであった。
 閑話休題。そしてレミリアは仕切り直しを行う。
「冗談よ、冗談。お前の施し、有り難く受けさせてもらうとするよ」
 そうレミリアは彼女なりの感謝の示し方で応えてみせた。
 今までのレミリアであったら、面白くない話であろう。誰かの手助けで戦うなどとは。
 だが、今の彼女は豊姫との関わりにより、そのような自尊心を捨て去る術を身に付けていたのである。
 大切なものを守る為には、多少なら手段は選ぶ必要はないのだ。寧ろ、下手な自尊心や手段に囚われて大切なものを守れなくなったでは本末転倒というものである。
「では行くわよ。勇美とは違って『貴方向け』にさせてもらうわ」
 そう言って依姫は次なる神に呼び掛けた。
「『月読』よ。この人ならざる者に比類なき力を与えたまえ!」
 依姫は刀を天高く構えながら神に語り掛けた。そして、その力の名を宣言する。
「【月力「妖魔の踊りくる夜」】!!」
 そして、月読から発せられたのは、妖しく強大な月の力であったのだ。
 依姫の同志たる月人はこの力を使って、身勝手な理由で地上に住まう生き物を妖怪化しているのだ。
 だから、依姫はこの力を使うのに対して複雑な心境であった。
 だが、今回は誰かを助ける為にその力が使われるのだ。故にレミリアと同様に、依姫も腹を括るのであった。
 対して、自分にとって極上の禍々しい力を浴びるように取り込んでいったレミリアは、実に上機嫌になっていったのだ。
「最高、最高よ! 紅い月の時に霊夢とやり合った時のように、血湧き肉踊るわ!」
 今なら何でも上手くいくかのような、激しい高揚感にレミリアは酔い知れていた。
 そして、それが気持ちや幻覚のような安っぽいものでない事の証明の為に、レミリアは行動を起こしたのだ。
 彼女は瞳を一際不気味に紅く輝かせたかと思うと、全身からまるで蒸気のように霧を噴出し始めたのだ。
 勿論ただの霧ではない、彼女を象徴する目に焼き付くような紅い霧であった。
 それは、壊れた蛇口から噴出するように止めどなく沸いて出るかと思われた。
 だが、その予想は外れる事となる。
「さて、量はこれ位でいいか」
 そう言って、レミリアはどこかやり遂げたような表情を見せた。
「レミリアさん……?」
 勇美はレミリアの狙いが読めずに困惑する。何の為に大量の紅い霧を出したというのだろうか?
 そんな勇美に対して、レミリアは答える。
「まあ、見てなさいって♪」
 そう意気揚々とした態度を取っていた。今なら全てがうまくいくような心持ちだからである。
「はっ!」
 そしてレミリアはそこで、おもむろに気合いのようなものを発した。
 すると、彼女が出した紅い霧はまるで生き物かのように妖しくうごめき始めた。
 そして、それらは全てレミリアの手に集約されていったのだ。
「!」
 それを見て勇美は驚いた。レミリアの手で寄せ集められた霧が、まるで粘土細工のようにグニャグニャと変型を始めたからである。
 レミリアがその『霧の工作』の様は非常に楽しそうであり、勇美はつい「自分も混ぜて欲しいな」と思ったりしていた。当然その霧はレミリアしか扱えない為に無理な注文であったが。
 そして、憩いの時間を堪能したレミリアが『芸術作品』を完成させたのだった。
「出来たわ……」
『それ』を誇らしげに掲げて見せるレミリアであった。
 その完成品は大剣であった。それもレミリア本人位か、それ以上の丈を誇っていた。
 更にその造型は、まるで真紅の十字架をあしらったような禍々しくも神々しいものであったのだ。
「どう、驚いた?」
「ええ、凄いです」
 自慢気に話すレミリアに嫌味のようなものを感じないで、勇美は素直に心の内を打ち明ける。
「それで、その剣の名前は何て言うんですか?」
 勇美は新しい玩具を店頭で見付けた子供のようにウキウキしながら聞いた。
 待望の命名の瞬間。勇美はゴクリと唾を飲み、その時を待つ。
 そしてレミリアはその名を口にする。
「その名は、『紅太郎(くれない・たろう)』よ♪」
「ぅぁ~っ……」
 勇美は声にすらなり損ねた音を出しながら、思い切り嫌そうな顔をした。
 まず、剣なのに『たろう』はないだろうと。
 しかも、そこはかとなく、愛用のパンツ(ブリーフ)を取り戻しに行きそうなのも生理的に受け付けなかった。
 ブリーフ派のお嬢様。咲夜でなくともこれには嘆くだろう。
「あ……」
 予想以上に引かれたので、レミリアはこの事を手堅く今後の反省材料にしようと心に決めたのであった。
「オホン……。ごめん、冗談よ」
 咳払いを織り混ぜつつ、レミリアは場の空気の再生に努める。
「レミリアさん、人が悪すぎですよ……」
 いじけ気味で勇美は言う。やや涙目にさせてしまったのが、レミリアの良心をチクチクと刺すのだった。
「ごめんって。それじゃあ次は本気よ」
 言ってレミリアは誇らしげに紅き剣を掲げながら言う。
「名付けて、【十字剣「ドラキュラブレイド」】よ」
「おおー、いい名前ですねー♪」
 今度は勇美のウケも良かったようである。その事にレミリアは安堵するのであった。
 そのようなノリを見せる勇美であったが、ここで彼女の雰囲気が変わった。
「レミリアさん」
「何かしら?」
 突然勇美に呼び掛けられ、レミリアは頭に疑問符を浮かべ、聞いた。
 そこで、勇美は微笑んで答える。
「私、依姫さんの助けで授かった力で何をしようか迷っていましたけど、今のレミリアさんを見て決めました」
 そう言ってから勇美は彼女自身が神に呼び掛けるのだった。
「『金山彦命』に『天照大神』よ。更なる力を私に貸して下さい!」
 勇美がそう宣言すると、彼女の眼前に金属の粒子が集まっていったのだ。
 そして、それだけではなかった。
「何? 光までも……?」
 レミリアのその言葉通り、金属の粒だけでなく、光の粒──これは光子というものだろう──までも集まっていったのである。
 そして集っていった鋼と光は織り混ざる事となる。金属に光が反射して輝く姿は非常に神秘的であった。
 その美しい光景も終わりを迎える事となる。そこには実体とエネルギーのハイブリッドの武器が誕生していた。
 それは黄金色に輝く神掛かった様相の一品であった。更に特筆すべき事をレミリアが指摘する。
「あなたも剣を使う事にしたのね」
「えへへ、そうなんですよ~」
 レミリアに言われて、勇美は照れくさそうにする。
 そう、勇美が鋼と光で精製した物の形状は、レミリアの物にも負けず劣らずの大剣なのであった。
「名付けて【十字剣「フラガラッハ」】ですよ♪」
「あなたはボケないのね……」
「それ要求しますか?」
 露骨に嫌そうな顔を勇美はした。折角新しい武器を作り終えた達成感に水を指されたようなもやもやした心持ちとなってしまった。
「冗談よ、冗談」
「勘弁して下さいね~……」
 レミリアに弁解されて、勇美は徐々に気を持ち直していった。
「それはさておき、あなたが直接武器を持つなんて初めてでしょ」
「ええ、この機会は逃してはいけませんよね」
 勇美は意欲的にそう言った。彼女が一度自分の力で創作物の主人公のように武器を持って戦いたい。その渇望を今依姫と神が叶えてくれようとしているのだから。
 その事をレミリアも察したようで、憮然とした笑みで勇美を見据えながら言う。
「心構えは十分なようね」
 レミリアが今自信に溢れている理由の一つがそれであったのだ。
 それこそが、勇美という意欲的な相方を今持っているからなのだ。
 そして、機は熟したようだ。二人は互いに微笑み合い、言った。
「準備は万端のようね」
「ええ、いつでもどうぞ」
 言い合って二人の剣士は互いにそれぞれ、立ち位置を展開した。
 その二人の視線の先には、目的の対象であるフランドールの姿があったのだ。
「フランを乗っ取った相手はそうそう隙を作ってはくれないだろうから──チャンスは一回よ」
「ええ、分かっています」
 二人には先程のようなふざけた態度は無くなっており、真剣そのものの体現をしていた。
「行くわよ!」
「はい!」
 刹那、二人は弾かれたように飛び出していったのだ。
 レミリアは自身の身体能力と飛翔能力により、勇美は祗園様の加護を授かり人外の力を手にしたその肉体の腰と脚の力を用いて。
 射出されるように飛び出した二人は、フランドールを軸に交差するように向かっていったのだ。
 その交わる瞬間、二人は間髪入れずにスペルを宣言した。
「「【連携「アネックス斬り」】っ!!」」
 そして二人は、鋼と光の剣と、紅き闇の剣を同時に振りかざしたのだった。それは正に呼吸が見事に合った巧みな技であった。
 光と闇の力を、フランドールは同時に叩きつけられる事となった。黄金色と赤黒色のエネルギーの爆ぜが、大理石のように綺麗に混じりながらフランドールを襲ったのだった。
「グギャアアアアーーー!!」
 取り憑きし者はフランドールという器を以てしても、苦悶に打ちひしがれて絶叫した。
 その間にも奔流は続き、フランドールを抉っていったのだった。
 だが、それも漸く収まったようだ。
「グウ……ググゲ……」
 そこには満身創痍で苦しそうにするフランドールの姿があった。
「まだ大人しくしてくれないんですね……」
「でも、ここまでやればさすがのフランでも、あと一歩よ」
 勇美に言われて、レミリアは妹のしぶとさと逞しさに対する誇りとの感覚の間で複雑な気分となっていた。
 だが、今はそのような事は気にしてはいられない。今のフランドールとの戦いを終わらせる事にだけ集中すればいいのだ。
 レミリアがそう心に決めていると、そこに気配を感じた。
「お前は……」
 そう、それは先程まで、あくまで傍観の意を示してきた──依姫であった。
「私達はまだやれるわよ!」
「私『達』ね♪」
 そのフレーズを聞き、依姫はクスクスと笑ってみせた。レミリアが自分だけでなく、勇美の事にも気を回してくれたのが依姫は嬉しかったのだ。
 そう反復されて、レミリアは自分の頬を正に彼女の象徴の色に染め上げてしまった。
「そ、そんな事はどうでもいいでしょ!」
 月では悪態をつきつつ部下や友人を気遣うという器用な配慮をしたレミリアであったが、今回の駆け引きに関しては依姫の勝ちであった。
 それはともあれ、レミリアは次のように言い切る。
「ここまで私達でやって来たのよ、今更お前の出番はないわ!」
 やや辛辣な発言とも言えるだろう。だが、依姫は動じずに冷静に語り始めた。
「ええ、貴方と勇美は十分にやりました。幻想郷を守る器は抜かりなくあるでしょう。
 なので、ここからは私の我がままとして受け入れてはくれないかしら?」
「お前……」
 そんな依姫に対してレミリアは反論する事はなかった。
 依姫はフランドールと同じく『妹』という立ち位置であるのだ。その事からレミリアは何かを感じる所があったようだ。
「……分かったわ」
「ありがとう」
 こうして互いに承諾し合った依姫とレミリア。
 その後依姫は静かにフランドールの元へと歩んでいったのだ。
「グウウ……うう……」
 そこには今まで凶悪な様相を見せていたフランドールに、元のあどけなさの面影がちらついていた。
「フラン……、苦しかったでしょう。でも、安心して。それもこれで終わるから。
『天照大神』に『伊豆能売』よ……」
 今までにない憂いを帯びた表情で二柱の神に呼び掛けると、依姫は右手をフランドールの前に翳した。
 その最中、依姫は想っていた。
 自分の神降ろしの力は誇りである。これにより様々な思いと触れ合う事が出来、得られるものも多かったからだ。
 そして、機械を生成して操る力を持った勇美もまた自身の力を大切に思っている事だろう。この能力があったからこそ依姫と関わる機会を手に入れ、成長の好機を得る事が出来たのだから。
 だが、フランドールはどうであろうか? 純粋で無邪気な彼女は、自ら進んで『破壊の力』等求めたりはしなかっただろう。
 つまり、彼女自身が望まずして備わってしまった力なのだ。
 そして、この力は彼女を取り巻く環境には余りプラスにはなっていないのだ。
 非常時には紅魔館の切り札ともなる力であれど、普段はその住人だけでなく幻想郷全体からも危険視され、彼女を孤独に追いやっていると言えよう。
 更には今回こうして、何者かにその力に目を付けられて利用されてしまったのだ。
 だから依姫は切実に思う。自分の糧になる力を持った者がすべき事は、望まぬ力を持った者へ手を差し伸べる事だと。
 そう思いを馳せていた依姫の神降ろしによるスペルは完成していた。
「【神符「一筋の光の手」】……」
 依姫は飛び道具に出来ない天照大神の力を右手に纏う事で腕の装備のように扱ったのだ。そこに伊豆能売の癒しの力が加わる。
 それをフランドールの胸元へと優しく押し当てたのだ。さながら彼女を宥めるように。
「より……ひめ……」
 その力をフランドールはうっとりとしながら受け止めていった。
 本来は太陽の光は吸血鬼にはご法度である。しかし、伊豆能売の力も織り混ぜている為に、あらゆる生き物に対する癒しの力へと変貌していたのである。
 だが、例外もあった。フランドールに取り憑いた邪悪な存在はこの力により追放されるのであった。
「ゲギャアアアアーーー!!」
 断末魔の叫びのような呻き声をあげながら、その邪悪な存在の気配はみるみる内にフランドールの中から消滅していったのだった。
「ああ……」
 そして、つぶらな瞳の輝きを取り戻したフランドールは穏やかな寝顔を見せながら依姫の胸の内で眠りにつくのだった。
 そして、気が付けばまやかしの夜空は無くなり、元の地下牢に戻っていた。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧