| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

非日常なスクールライフ〜ようこそ魔術部へ〜

作者:波羅月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第85話『キャンプの夜』

肝試し騒動も終わり、いよいよ就寝時間となった。晴登たち1組3班は1つのテントの中で、5人で顔を突き合わすようにして寝袋に入っている。しかし天井から吊るされたランプには、未だ仄かな明かりが灯っていた。


「もう寝れる気しないんだが」

「同感」


というのも、騒動の終わりに山本の唐突な怪談を聞いてしまったせいで、就寝時間を超えても全員恐怖で眠れなくなってしまっていたのだ。夏の夜で暑いはずなのに、何だかむしろ寒気がする。


「な、なんか楽しい話題にしようぜ。ほら、明日ってスタンプラリーだろ?」

「もう山の中歩きたくない…」

「あぁっ! 柊君が!」


自分の嗅いだ匂いがまさか線香の匂いとも思わず、狐太郎は先程から恐怖とショックで打ちのめされていた。可哀想だが、何もかける言葉が見当たらない。


「そういえばスタンプラリーって、メンバーは班員じゃなくてもいいんだってな?」

「そうだね。3人から10人までの間で、自由に組んでいいんだって」


ここで話がまた変わった。
会話の通り、スタンプラリーではメンバーは班員に限らない。要は自分の仲の良い人たちと自由に組めるのだ。
班のままでやった方がイベントとしては正しいと思うのだが、自由に組める方が気が楽だから、晴登的には特に申し分はない。


「ちなみにそれって・・・男女は関係ないのか?」

「ないと思うけど、それがどうかしたの?」

「え!? い、いやぁ別に…?!」


晴登が訊き返すと、その班員はやけに慌てる。別に仲の良い女子と行くことに何ら問題はないはずだが、どうしてそこまで焦る必要があるのか。


「なんだなんだ? 恋バナか? 確かにキャンプの夜っつったらそれもアリだな!」

「そういうもの?」

「知らん! 俺に訊くな!」


もう1人の班員の言葉を聞いて晴登が伸太郎に訊くと、彼は勢いよく断ってきた。何か嫌な思い出でもあるのだろうか。
それにしても恋バナか。思えばしたことがなかったかもしれない。好きな人なんて今までいなかったし。


「おいおい、誰が狙いだ? 言いふらさないから言ってみろよ」

「いや、それは…!」

「ここまで来て日和(ひよ)んなよ。言えば、明日に協力してやらんこともないぞ?」

「う…」


班員の男子2人が話を進めていく中、晴登たちは置いてけぼりだ。狐太郎は未だに震えてるし、伸太郎に至っては寝ようとしている。
そんな時、渋っていた彼はついに口を開いた。


「…その、2組の戸部 優菜さんだよ…」

「えっ」


突然知っている名が出てきたので、晴登は思わず声を出して反応してしまう。
しかし納得はできる。晴登から見ても優菜は可愛いし、人気があるからだ。


「あちゃ〜、そりゃ高望みだろ」

「うっせ、わかってるよそんなことは。でも可能性がない訳じゃないだろ」

「いや〜どうだろうな〜」


その名前を聞いて、もう1人の男子はやれやれと首を振っている。だが確かにまだ諦めるには早いだろう。


「戸部さんなら友達だけど」

「…マジで? 何で? 学級委員繋がり的な?」

「いや、普通に」

「なんだよ、三浦ってコミュ障かと思ってたけど、結構プレイボーイじゃんかよ!」

「えぇ…」


コミュ障という評価は間違ってはいないが、プレイボーイという評価はやめて欲しい。そんな大層な者じゃない。そういうのは大地みたいなタイプのことを言うんじゃないのか。


「そりゃ三浦には彼女がいるしな」

「全くだぜ。羨ましい奴め」

「え、彼女なんていないけど…」

「は!? だったらお前、結月ちゃんは何なんだよ! もう嫁ってか!? 彼女通り越してるってか!?」

「ちょ、ちょっと落ち着いて!」


事実を言ったら、なぜか怒られてしまった。確かに結月とは同じ屋根の下で共に暮らしているとはいえ、さすがに嫁でもないし、そもそも彼女でもない。友達以上家族未満の存在である。


「これが落ち着いていられるか!」

「なぁ、夜なんだからもう少し静かにしてくれよ…。それと、冗談に聞こえるがコイツの言ってることは本当だぞ」

「なん…だと…!?」


つい声を荒げた男子に、伸太郎が眠そうにしながら言った。すると彼は、信じられないといった表情で晴登を見つめる。その視線はまるで、何かを訴えかけているようだった。


「はぁ……あのな、三浦」

「な、何?」

「お前バカだろ」

「え!?」


唐突なバカ呼ばわりに、晴登もつい声を上げてしまう。だが彼は冷静に、かつ呆れたように言葉を続ける。


「結月ちゃんはどこから誰がどう見ても、お前に惚れてんの。それくらい気づいてるよな?」

「う……ま、まぁ」

「だったらさ、何で受け入れてやんねぇの? 事情があるのか知らないけど、あんな可愛い子を断る理由はないだろ? このままじゃ彼女が報われなくて可哀想だぜ」

「……っ」


彼の言う通りだ。結月の好意は嬉しいし、断る理由なんてあるはずない。それでも受け入れないのは、晴登には自信が無いからだ。

本音を言えば、結月とそういう関係になりたくない訳じゃない。彼女と居るととても楽しいし、心も踊る。
ただ、怖いのだ。今の関係からどのように変化するのかが。経験が無くてわからないからこそ、躊躇ってしまう。もしかしたら、かえって気まずくなってしまうかもしれない。それが悩みなのだ。どうすればいいのやら──


「お前だってさ、結月ちゃんのこと好きなんだろ?」

「…っ!?」

「何驚いてんだよ。隠してるつもりだったのか? それくらい見てりゃわかるわ。元から、お前に拒否権なんて無いんだよ! わかったらとっととくっつけ!」

「えぇ!?」


熱が入ったのか、再び声を大きくする男子。何とも強引な人だ。初めて会った時はこんな人だとは思わなかったのに、付き合いを深めると変わるもんだな。何だかそれが嬉しい気もする自分もいるのだが。
・・・って、そんな感慨に耽っている場合じゃない。


「ちょうどいい機会だ。この林間学校中に告っちまえよ」

「え!? そんないきなり…」

「いきなりなもんか。向こうは毎日告ってるようなもんだろ。それを見せつけられる俺たちの気持ちを考えろ」

「いやわかんないけど…」


何だか話がドンドンと進んでしまっているが、まだ晴登は心の整理ができていない。
というか、なぜいつの間にか告白をする側になっているのか。告白を受け入れるかどうかの話じゃなかったのか。


「男なら、当たって砕けろだ!」

「この場合は砕けたらダメじゃない…?」

「いいのいいの。何事も経験だからな」


まるで体験したかのように男子は言った。なるほど、言っていることは間違っていない気がする。でも告白なんてしたことないし・・・


「よし、そんなお前にいいことを教えてやる。実は林間学校の花火には──」

「おーい、まだ起きてるのか? もう就寝時間過ぎてるぞ。明かりもついてるし、周りの班に迷惑かけないよう、早く寝るんだぞ」

「うおっ、す、すみません…!」


彼が何かを言いかけた時、テントの外から先生の声が聴こえてきた。言わずもがな、見回りの先生だろう。慌てて彼は謝り、晴登は明かりを消す。


「ちぇっ、いいとこだったのに」

「しょうがないよ。もう寝ようか」

「そうだな」


先生に注意された手前、これ以上恋バナは続けられないだろう。いつまたヒートアップするかわからない。

晴登は寝袋に収まり、隣を見やる。そこでは既に、伸太郎と狐太郎は眠りについていた。割と騒いでいた気がするが、よく起きなかったな。そんなに熟睡しているのだろうか。まぁ今日だけでも色々あったし、疲れていたのだろう。晴登自身も恐怖心はだいぶ薄れてきたから、今なら眠れそうだ。

そういえば「花火」と言えば、結月も「花火の噂」とか言っていた気がする。もしかしたら彼が言いたかったことは、そのことなのだろうか。それなら気になるから、明日訊いてみるとしよう。


「俺、結局どうしたらいいんだろ…」


密かに悩みを残したまま、晴登は目を瞑った。






一方その頃、別のテントでは。


「ねぇねぇ、莉奈ちゃんって好きな人いないの?」

「え〜?」


莉奈や結月がいる班、ここでも就寝時間になったにも拘わらず、恋バナが始まっていた。ちょうど今、班員の女子が莉奈に質問したところだ。


「男子と結構仲良いけど、誰か狙ってたりするの?」

「いやいやまさか〜」

「三浦君とか幼なじみなんでしょ? 何かないの?」

「ないない。アイツは弟みたいなもんだし。私はもっと歳上の人がタイプだもん」

「へ〜」


莉奈が答えると、女子は納得しつつも少しだけ不満な顔をする。他に期待してた答えでもあったのだろう。残念ながら、そういった話は持ち合わせていない。


「それに、晴登はもう結月ちゃんのものだから、手を出したら怒られちゃう」

「べ、別に怒らないよ! ていうか、まだボクのものじゃないし…」

「"まだ"ってことは、今後そういう可能性もあるってことだよね!」

「え、あ、あくまで可能性の話だけど…」


結月が呟くように言った言葉に、班員の女子が耳ざとく反応する。それに気圧されながらも、結月は一応肯定した。


「私ちょっと結月ちゃんの話聞きたいな。この際、プライベートな所まで」

「えぇ!?」

「いいじゃん。せっかく林間学校にまで来てるんだから、いつもとは違う話しようよ」


女子はぐいぐいと結月に迫る。結月は困惑し、助けを求めようと莉奈の方に視線を送った。しかし、彼女もまたその話が気になるのか、ニヤニヤしたまま助け舟を出してくれない。


「はぁ、わかったよ…。何が訊きたいの?」

「ずばり、三浦君のどこに惚れたの?」


ついに結月が根負けすると、女子は直球の質問をしてきた。彼女らにとって晴登にはこれといった特徴が無いから、どこに好意を抱いたのか気になるところなのだ。


「うーん、優しいところかな」

「おーベタだねぇ」

「それに強くて」

「そ、そうなの?」

「いつもボクを守ってくれるんだ」

「彼って騎士か何か…?」


結月が一つ一つ答えを挙げていくと、女子たちがドンドン訝しげな表情に変わってくる。決して間違ったことは言ってないのだが。
それにしても「騎士」か。あながち、結月にとってはそうなのかもしれない。気分はさながらお姫様だ。一応本当に姫ではあったけども。


「とにかく、ボクはハルトの全部が好きだよ」

「乗り気じゃなかった割に、そこは言い切るのね。聞いてるこっちが恥ずかしくなるよ」


結月の大胆な発言に、女子たちは圧倒される。しかしこれはいつも公言している訳だし、今さら隠すようなことでもない。というか、この気持ちだけは誤魔化したくはないのだ。


「じゃあさ、三浦君とどこまでいったの?」

「え、どこまでって?」

「とぼけないでよ。ほら、手繋いだりとか、キスしたりとか・・・」

「それならどっちもしたけど」

「え!? それなのにまだ付き合ってないの!? 順番おかしくない!?」

「そう言われても…」


結月が正直に答えると、女子は呆れたように頭を振る。しかしこればっかりは、結月にはどうしようもない。晴登が受け入れてくれない限り、この中途半端な関係は続いていくだろう。


「なるほど、問題は三浦君の方か…」

「別にいいよ、そんなに焦らなくても。ボクは今のままでも十分楽しいから」

「見ている方がやきもきするのよ! 早くくっつけって!」

「えぇ…」


なんと理不尽な理由だろうか。本人たちの意思をガン無視である。
そりゃ確かに、晴登と恋人関係になれたとしたらとても嬉しいけど…。


「けどそれもこの林間学校までね。結月ちゃん、花火の噂は覚えてる?」

「あ、この前話してたことだね。一緒に見るよう約束したけど」

「相変わらずのその積極性は尊敬するよ。いい? これはチャンスなの。後は大人しく噂に踊らされなさいな!」

「わ、わかった」


結月はとりあえず納得しながら、一方で花火の噂を思い出していた。その内容は決して難しいことでも突飛なことでもないが、真偽の保証も当然ない。あくまで噂は噂という訳だ。
とはいえ、そうだとわかっていても、緊張してしまう自分がいるのだが。


「勝負は明日! 自信を持って!」

「頑張ってね、結月ちゃん」

「いい報告を期待してるよ」

「う、うん!」


応援されて、結月は戸惑いながらも返事をする。
要は明日の花火の時に、晴登に告白しろということらしい。確かに舞台が整えば、晴登もきっとはぐらかすことはせずに向き合ってくれるだろう。ここで彼が受け入れてくれるかどうかが全てだが、結果がどっちに転んでもきっと大丈夫。彼となら上手くやっていけるはずだ。


「それじゃもう寝ようか」

「そうだね」


莉奈が明かりを消し、テントの中が真っ暗になる。寝袋に入った結月は、暗闇を眺めて明日に想いを馳せながら、静かに目を閉じた。






またまたその頃、別のテントでは。


「それじゃ恋バナしようか!」

「唐突だね〜」

「だってだってキャンプなんだよ? 恋バナしないともったいなくない?」

「そんなことはないと思いますけど…」


ここでも女子たちがやんややんやと騒いでいた。
キャンプの夜というか、友達と集まって寝るとこういう展開になってしまうのは、もはや中学生の(さが)なのかもしれない。


「いいじゃん優ちゃん、しようよ恋バナ」

「私そういうの慣れてないんですけど…」

「いいっていいって」


グイグイと恋バナに誘う女子に対して、乗り気でないのは、優ちゃんこと優菜である。
学年一のルックスを誇り、クラスの学級委員も務める優等生。初めは人から距離を置かれていたが、月日が経って、あだ名で呼ばれるくらいには周りに慕われるようになっていた。


「ずばり好きな人は?」

「結構直球ですね…」

「私知ってるんだよ? 今日海で優ちゃんが他のクラスのグループに交じって遊んでたこと。あの中に狙ってる男子でもいるんじゃないの?」


女子はニヤニヤしながら優菜に訊く。学年一の美少女の恋バナとか、気にならない訳がないのだ。ここらでゴシップの1つでも掴んでおきたい。


「あの人じゃない? 運動も勉強もできるかっこいい人」

「あ〜、優ちゃんを誘ってた人か。結構イケメンだからお似合いじゃない?」

「それとも、あの可愛い男子かな?」

「ありえそう〜」


優菜を除く女子たちがドンドンと話を進めていく。当の本人は置いてけぼりだ。

しかし、女子の1人が極めつけに問うた。


「それで優ちゃん、実際のところどうなの? あの中に気になってる人がいるの?」


女子たちが期待の眼差しで優菜を見つめる。どうやら、誤魔化しは効かなそうだ。


「そうですね──いますよ、気になってる人」


そう言って優菜は、柔和な笑みを浮かべた。
 
 

 
後書き
さぁこの展開を予想した人がいただろうか! これが今回の章のキーです! 青春だネ!(夏だけど)

さてさて、物語としては1ミリも進んでいないのですが、今回の話を挟まずにはいられませんでした。いつぞやの時に書くかもしれないと言っていましたが、ついに来ました恋愛編。いよいよ、彼らは進展を見せるのでしょうか。書く側としてもとても楽しみです。
え、展開が早い? 中学生とかこんなもんでしょ(適当)

次回はちゃんとストーリー進めます。一体どんなスタンプラリーになるのでしょうか。ハラハラドキドキです。
それでは、今回も読んで頂きありがとうございました! 次回もお楽しみに! では! 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧