| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法少女リリカルなのは~無限の可能性~

作者:かやちゃ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第8章:拓かれる可能性
  第252話「闇が示す光」

 
前書き
―――行かなくちゃ。私が私であるなら、止めないと


余談ですが、緋雪復活→優輝撃破までの間も他のメンバーはずっと戦闘中です。
倒すにしても、倒されないようにするにしても、時間は掛かるので。 

 












「なっ………!?」

 イリスは驚愕していた。
 消滅させたはずの優香と光輝が生きていた事や、優輝が敗北した事に……ではなく。
 優輝を支配していたはずの“闇”との繋がりが、不安定になった事に。

「シッ!」

「くっ……!」

 驚愕による隙を、優奈は見逃さずに斬りつける。
 しかし“闇”に阻まれ、祈梨の追撃は転移で躱された。

「あら、焦っているわね?どうしたのかしら?」

「っ……!」

「大方、司達が上手くやったんでしょうね。それも、貴女の想定を上回る形で」

「そうなのですか?」

 創造魔法や理力による遠距離攻撃で牽制しつつ、優奈は言う。
 その言葉に、祈梨も疑問に思ったのか尋ねてくる。

「おそらくはね。少し様子を見てみたけど、戦闘が終わっていたわ」

「よく言いますね……!その可能性を見越していたくせに……!」

「あら、じゃあ賭けに勝ったって所かしら?」

 戦闘自体はイリスに余裕があるが、精神的には優奈の方が余裕があった。
 その差が、さらに優奈を後押しする。

「侮っていたつもりはありませんでしたが……やはり、油断がありましたか」

「優輝を手に入れた事で、計画もほぼ完遂だったものね。……結果、余裕が生まれ、油断に繋がり、“可能性”を見落とした。まごう事無き貴女の失敗よ」

「……ですが、まだ修正できます」

 その言葉と共に、イリスから殺気が溢れ出る。

「貴女達を突破し、再度“闇”を注げば済む話です」

「それをさせるとでも?」

「貴女達に止められるとでも?」

 どちらも不敵に笑うが、余裕がないのは優奈達だ。
 イリスは転移を無制限に使えるのに対し、優奈達は連続で使えない。
 足止めにおいてその差は絶望的なまでに酷い。
 逃げや強行突破などの手を取られれば、二人に追いつく術はない。

「祈梨!!」

「足止め、ですね!」

 優奈の言葉と同時に、祈梨が仕掛ける。
 だが、その全てを転移で躱され、司達の方へと向かっていく。

「ふっ!」

「甘いですよ」

 優奈が転移で回り込むも、それも転移で躱される。
 祈梨も転移で追いつくが、すぐに転移で引き離された。

「置き土産でも置いて行きましょうか……!」

「ッッ!!」

 さらに、“闇”が放たれ、二人は足止めされる。
 このままでは、後数秒もしない内に司達の元へ辿り着いてしまうだろう。

「ッ……!?」

「そうは、いかないってな……!」

「なっ……!?」

 だが、そこへ割り込む者がいた。
 上空から雨霰の如き気弾が降り注ぎ、イリスを足止めする。
 そして、それを撃った張本人はイリスの前へと一瞬で移動してきた。

「間に合ったようね。帝」

「ああ。後は任せろってあの二人に言われたからな」

 そう。上空で多数の神達と戦っていた帝だ。
 既に半数以上は仕留めてきたのか、もうミエラとルフィナだけで十分となっていた。
 そのため、こうして帝はイリスとの戦いに参戦してきたのだ。

「もう一人の想定外。忘れたとは言わせないわよ?」

「っ……!」

 今度こそ、イリスは苦虫を噛み潰したような顔をする。
 物理的な速度で言えば、この場では帝が一番速い。
 転移を使おうと、それを上回る速度で動かれれば、突破出来ない。

「二人から三人に“領域”も増える。……これで、転移の制限も飽和するわ」

「………」

 “領域”を主張する事で、イリスの力を弾く。
 今までのように二人だけでは、転移が単発で使える程度しか抵抗出来ていなかった。
 だが、帝が来た事で、連発とまでは行かないものの、転移が容易になった。
 これで、足止めもよりやりやすくなる。

「ならば、倒すまで……!」

「やれるものなら……やってみろ!!」

 無視する事は最早不可能と、イリスは断じる。
 そうなると、次にやろうとするのは優奈達の打倒だ。
 時間稼ぎを目的とする優奈達からすれば、そうなるだけで十分だった。
 帝も加わった事で、戦況はより劣勢から覆していく。

















「た、倒した……?」

 一方、司達は。
 司による浄化の極光により、優輝は戦闘不能になっていた。
 辛うじて立っているが、それも念入りにバインドで拘束した結果だ。
 抵抗らしい抵抗もなくなっていた。

「……でも、洗脳は解けていなさそうね」

 椿の呟きに、解きかけていた警戒態勢を整える。
 そう。未だに司達に向ける優輝の目は、冷たいままだ。

「それどころか、再び“闇”が湧きだしているよ」

「優奈の言った通り、外部からは解く事が出来ないって訳ね……」

 緋雪が破壊し、司が浄化した。
 それでも洗脳の原因たる“闇”は残っており、さらには未だに湧き出していた。

「“瞳”も小さくなってる……でも」

   ―――“破綻せよ、理よ(ツェアシュテールング)

 緋雪が“瞳”を握り潰す。
 しかし、“闇”は消え去らない。

「……核は、イリスが握ってると見るべきかな」

「なるほど。司が世界そのものの“領域”と接続したように、イリスも優輝と繋がりを持つ事で、洗脳を維持している訳ね。……本当、用意周到ね」

「じゃあ、どうすれば……」

 司が困ったように呟く。
 すると、何を思ったのか優香と光輝、そして緋雪が優輝に近づく。

「優輝……」

「優輝、聞こえる?」

 語りかけるように、二人は呼びかける。
 だが、優輝の返答は、創造魔法による攻撃だった。

「ッ……!」

「大丈夫」

「でも、雪ちゃん!」

 咄嗟に葵がレイピアを生成して相殺する。
 さらに無力化のために行動を起こそうとして……緋雪に制された。

「私が、受け止めるから」

「いや、緋雪だけじゃない。俺達も、親として受け止めて見せる」

「娘にだけ、無茶はさせないわ」

 覚悟の決まったその言葉に、椿達はそれ以上何も言えなかった。

「……司、転移だけは絶対に阻止しなさい。他は、私達が抑えるわ」

「ここは、雪ちゃん達に任せるのが最善、だね」

「……そうだね」

 家族だからこそ、響くものがあるかもしれない。
 椿はそう判断し、だからこそ逃げられないように警戒する事にした。

「……でも、それでも……私達だって、優輝さんを想ってる。だから……!」

 それでも、と奏が声を上げようとする。
 直後、創造魔法の展開とそれを緋雪達が弾く音が響き渡る。
 だが、弾ききれなかったのか、一つの剣が奏に向かって飛んでくる。

「っ……!」

「……本当、長年生きてると一部の視野が狭まるわね。……何を遠慮しているのかしら、私。そうよ、私達だって、優輝の事が大切。そこに家族かどうかなんて、関係ないわ」

 しかし、それは奏が迎撃する前に、椿が割り込んで短刀で弾いた。

「優輝!!いつまでもイリスに良いように使われてるんじゃないわよ!!貴方は……!貴方は、そんな風に終わる人じゃないでしょう!?」

「か、かやちゃん!?」

 そのまま、椿は言霊と共に優輝へと呼びかけた。
 優輝への想いも込めたその言葉が、優輝の心を揺さぶる。

「奏の言う通りよ。私達だって、優輝を想ってる。……だったら、黙って三人を支援するだけじゃあ、気が済まないでしょ!?」

「―――」

 椿の言葉に、葵だけでなく奏や司も言葉を失い、息を呑んだ。
 同時に、“確かにその通りだ”と納得した。

「……優輝君」

 再度、創造魔法が展開される。
 今度は、緋雪達が迎撃する前に司が全て撃ち落とした。

「以前は、心を閉ざした私を助けるために、凄く無茶をしたよね。私は、まだその時の恩を返せてないと思ってる。……だから、私にその恩を返させて。親友として、貴方を想う一人として……。そのためにも、お願い……戻ってきて……!」

 祈りの籠った言葉が、優輝へと届く。
 天巫女の力が、優輝を覆う“闇”を僅かに祓う。

「優ちゃん。あたしは……あたしも、皆と同じように貴方を想ってるよ。いつも態度に出さないようにしてるけど……傍にいられれば、嬉しいしドキドキする。……だから、ね?また一緒にいるためにも……戻ってきてよ……!」

 打って変わった葵の悲痛な言葉が響く。
 真剣な時はあっても、葵が悲しみに満ちた言葉を発するのは今までなかった。
 だからこそ、その言葉が優輝をさらに揺さぶる。

「……優輝さん。私は前世で、貴方の心臓に助けられた。その鼓動は今も私の中に残ってる。……だからこそ、絶対に諦めないわ。貴方が前世の時に、教えてくれたから……!」

 かつて、奏は心臓病で人生を諦めていた。
 それを立ち直らせたのが、当時の優輝だ。
 そんな優輝と同じように、奏は優輝の事を決して諦めない。
 恩人で、憧れたからこその言葉が、優輝に響く。





「……これだけ言われる程、お前は慕われているんだ。優輝」

「だというのに、何も応えないというのは、些か無粋じゃないかしら?」

 二人の言葉への返答は、創造魔法だった。
 だが、葵や奏が放ったレイピアや魔力弾が弾き飛ばす。

「俺達は、あまりお前や緋雪に親らしい事をしてやれなかった。だけど……いや、だからこそ!親として今ここでお前を止める!」

「いつも貴方は一人でも頑張ってた。……でも、いい加減周りを頼ってもいいのよ。だから、戻ってきなさい!」

 続々と展開される創造魔法による武器群を、優香と光輝は撃ち落とす。
 しかし、数が多く弾ききれない。

「……お兄ちゃん」

 そこへ、緋雪の魔力弾が飛来し、残りの武器群を打ち砕く。

「っ、……―――」

 そのまま、皆と同じように何かを言おうとして、言葉を詰まらせる。
 何かを言おうとした。だが、今の優輝を目の前にして、頭が真っ白になった。

「お兄、ちゃん……お願い……戻ってきてよぉ……!」

 辛うじて言葉に出来たのは、懇願の言葉だった。
 涙が溢れ、それ以外の言葉を言えなかった。

「ッ――――――」

 だけど、だからこそなのか。
 冷たいままなはずの優輝の眼差しが、僅かに揺らいだ。











「―――させませんよっ!!」

 その時、“闇”が空から圧し潰してきた。
 すぐさま司の天巫女の力と、椿の霊術を基点に、警戒していた者達が迎え撃つ。

「っ……イリス……!」

「このっ……!彼を元になんて戻させませんよ……!それ以上の“想定外”は、もう起こさせません!疾く、呑まれなさい……!」

「させねぇっ!!」

 優奈達を撒いてきたためか、イリスは焦ったようにそう叫ぶ。
 そんなイリスに、帝が追いついてきて飛び蹴りを繰り出した。

「くっ……!他人の力ばかり使う人間が……!邪魔を……!」

「洗脳した奴を都合よく扱ってるてめぇが言えた事かよ!」

 途轍もない速度で帝はイリスを攻め立てる。
 しかし、“闇”の防御が突破しきれないのか、攻撃は通らない。

「ッ!」

「私達も忘れてもらっては困るわね」

 その“闇”を、極光が貫く。
 すぐさま飛び退いたイリスの背後を、転移で優奈が取った。
 だが、直後の攻撃は同じく転移で躱される。

「そこだ!」

「いい加減、貴方の速度にも慣れました!」

「なっ……!?」

 即座に帝が転移先を見つけ、そこへ気弾を放つ。
 だが、それは“闇”で弾かれ、同時に帝は“闇”に包まれた。

「っ、ぉおおおおおおお………!?」

「耐えはするでしょうが……そこでじっとしておきなさい。……ッ!」

「くっ……!」

 優奈や祈梨が攻め立てるも、イリスは司達に干渉してくる。
 圧し潰してくる“闇”を、さらに後押ししてくる。

「邪魔です!!」

「ぐっ……!?」

 そして、優奈と祈梨も引き剥がされる。
 まだ戦えはするが、イリスの進行を阻止するには間に合わない。

「っ、緋雪!優輝は任せるぞ!」

「私達で止めるわ!」

 圧し潰してくる“闇”で、椿達は手一杯だ。
 ならば、イリスを足止め出来るのは優輝の傍にいる優香と光輝だけだ。
 後を緋雪に託し、二人はイリスへと斬りかかる。

「邪魔だと言っているでしょう!?」

「ッ……!一点!」

「突破!!」

 放たれる“闇”に二人は真正面から立ち向かう。
 砲撃魔法と魔力弾に合わせ、魔力を纏わせたデバイスで突貫する。

「がぁっ!?」

「っ、う……!?」

 少しは拮抗した。……が、相手はイリス。
 すぐに吹き飛ばされてしまう。

「お兄ちゃん!!」

 イリスを阻む者がいなくなり、緋雪は思わず優輝に抱き着く。
 そこへ、イリスが襲い掛かり―――

「ぉおおおおおおおおおおおおおっ!!!」

「ッ……!?」

 ―――横合いから神夜が突っ込み、イリスを吹き飛ばした。

「くっ……正義感に溺れているだけの、人間が……!」

「うる、さい……っ!ぉぉおおおおおおおお………!」

 今の神夜は、転生特典の力を全て失っている状態だ。
 魔力はある程度残っているとはいえ、その力は弱い。
 それでも、イリスを無理矢理押し留めた。

「ぉおおっ!!」

「はぁあああっ!!」

 そして、そのおかげで首の皮一枚繋がっていく。
 優香と光輝がすぐに復帰して食らいつく。

「ッ……!」

 二人の視線が、緋雪と優輝に向けられる。
 それを受けて、緋雪は皆を信じて優輝と向き直る。

「お兄ちゃん。……私の、大好きなお兄ちゃん」

「………」

「……お願い。いつもの、私が好きなお兄ちゃんに、戻って……!」

 懇願する。変に言葉を並べるよりも、ただ真っ直ぐに懇願する。

「ぁ、ぐ……!?」

 しかし、返答は創造魔法による串刺しだった。
 正面から串刺しにされ……しかし、それでも緋雪は再度優輝に抱き着く。

「行かせない!」

「行かせません!」

「行かせるかぁあああああ!!」

 一方で、イリスの方も優奈、祈梨、帝が追いつき、食らいつく。
 先に食らいついた三人と違い、優奈達はイリスとまともに戦う事が出来る。
 イリスも警戒していたのか、思わず距離を取っていた。

「……どうか、お願い……」

「ッ……!」

 串刺しになったまま優輝を抱きしめる緋雪が、弱弱しく呟く。
 その呟きを、司が拾う。
 イリスの“闇”を押し留めているため、緋雪の所には行けない。
 だが、“祈り”を現に変えようとする、天巫女の力が反応する。

「……チャンスは、ここですね……!」

 祈梨もまた、その呟きを拾い、天巫女の力を使っていた。
 ジュエルシード……否、プリエール・グレーヌも淡く輝く。

「戻ってきて、お兄ちゃん……!!」

   ―――“道を拓く、破壊の瞳(ツェアシュテールング・フュールング)

 “祈り”としては、そこまで強くはない。
 だが、優輝を……愛する人を“助けたい”という想いが、そこに実現した。
 その祈りが緋雪の“破壊の瞳”と合わさる。

「(これでも、ダメなの……!?)」

 確かに優輝の“闇”は弾けるように吹き飛んだ。
 しかし、それでも祓いきれなかった。
 それを横目に見ていた司は、歯噛みする。

「………」

 緋雪も、再び優輝に纏わりつく“闇”を呆然と眺めていた。

「彼から……離れなさい!!」

「ッ……突破された!緋雪!避けて!!」

 そこへ、イリスがついにやってくる。
 “闇”を手に纏わせ、緋雪に向けて振りかぶった。















 ……だが、その衝撃はいつまで経ってもやってこない。







「―――そこまでよ。イリス()

 まるで、時が止まったかのように、イリスは動きを止めていた。
 それほどまでに、イリスはそこに現れた存在に動揺していた。

「え……!?」

 それは、緋雪も同じだった。
 緋雪を庇うようにイリスの前に立った人物は、意外どころではなかったからだ。

「ど、どういう、事なの……!?」

 司が呆然と呟く。
 自分達を圧し潰そうとする“闇”は、その人物に吸い込まれるように消えていった。

「ッ……嘘でしょう。なんて、事なの……!?私すら、今まで気づかなかった……!」

 絶句する皆の代わりに、優奈が言葉を紡ぐ。
 どうしてここにいるのか、どうしてイリスの“闇”を止められたのか。
 その答えを。





「―――貴女も……貴女も()()()だったのね……()()()()!!」

「………その通りよ。もう一人の優輝君……いえ、優奈ちゃん」

 そう。イリスの前に現れたのは、なのはの母親である桃子だった。

「なんで……桃子さんは、一般人だったはずじゃあ……」

「簡単な事よ……!なのはと奏に宿っていたミエラとルフィナ同様、イリスも同じように人として転生を繰り返していたのよ!」

 本来、桃子は普通の一般人だ。
 しかし、なのはと奏のように、イリスが宿っていた。
 そのため、同じイリスの“闇”を止めたのだ。
 当然、優奈の言葉を聞いて、全員が桃子も警戒する。
 ……だが。

「は、はは……あはははははははははははははははははははははははははは!!」

 その警戒を打ち消すように、イリスが笑う。
 まるでおかしなものを見たかのように、攻撃の手すら止めて笑っていた。

「何が出てきたかと思えば!!まさか、あの時打ち砕かれた私の“領域”の欠片ですか!!まるで絞りカスのような貴女が、今更出てきて何の用ですか!?先程の行動を見るに、同じ私でありながら敵対したようですけど?!」

「…………」

 嘲笑うイリスに、桃子は何も返さない。

「桃子!」

 そこへ、別の人物が……桃子の夫である、士郎がやって来た。
 避難場所である幽世から、ここまで走って来たのだろう。かなり息を切らしていた。

「……今までありがとう。士郎さん。……安心して。貴方の妻は、きっちり無事に返しますから」

「えっ……!?」

 そういうや否や、桃子は分裂した。
 片方は、気絶した状態の普通の桃子となり、士郎に抱き留められた。
 もう片方は、姿こそ桃子だが、その体は淡く透けていた。

「私は、数多の“可能性”見てきました。彼女達のように、決して諦めない光の“可能性”もあれば、それこそ闇でありながらも“可能性”示す存在も……」

「だから、何だというのです?先程私の攻撃を打ち消した時点で、既に限界のはずですよ。現に、ただでさえ残りカスのような“領域”が、消え去ろうとしています」

 体が透けているのは、“領域”が限界な証だ。
 それは、桃子に宿っていた方のイリスも承知のようだった。

「どんな存在であろうと、“可能性”を示す事が出来る。……例え、私のように“闇の性質”であろうと……!!」

「何を……っ、まさか!?」

「なればこそ、今示しましょう!数多の“可能性”の光を!!私が憧れた、私の恋した“可能性”の力を!貴方が魅せてくれた“可能性”を、今度は私が!」

   ―――“其は、闇が示す光(デュミナス・トゥ・エルピス)

「ここに!示します!!」

 桃子に宿っていたイリスの体が、光に包まれる。
 そして、その光は天に上り、世界中に飛び散った。

「ッ、よりにもよって……貴女が私の“闇”を祓うと!?“闇の性質”である存在が、その“闇”を祓うなど……そんな事が……!?」

「“闇の性質”であるならば……その“闇”を取り除く事も当然可能です。……光と闇は表裏一体なのですから」

 もう一人のイリスは、桃子の姿からイリスの姿へと変わっていた。
 否、こちらが本来の姿だったのだろう。

「同じ私でありながら……なぜ……ッ!?」

「彼に倒された事で、残った貴女は憎悪を抱いた。対し、飛び散った私は光を……希望を抱いた。ただ、それだけの違いです。本当に、ただそれだけの……」

「ッ……!」

 イリスが“闇”を振りかぶる。

「はぁっ!!」

 それを、優奈が理力の剣で弾き、庇った。

「……そう。それこそ彼と彼女のように、分裂した時点で私達は別なのです」

「どうやら、そのようね……!」

 そう、優輝と優奈も同じ存在だった。
 しかし、分裂した後は記憶や考え方に違いが起きていた。
 それが、イリスの方でも起きていたのだ。

「ッ……預言の“闇が可能性の光を示す”と言うのは、もしかして……」

「間違いなく、彼女の事ね……」

 緋雪と奏が、預言に出ていた存在が転生したイリスの事だと確信する。
 一方で、敵のイリスは顔を顰めていた。

「だとしても……そうだとしても!“領域”すら投げ出す程の事を、なぜ……!?」

「……え?」

 イリスのその言葉に驚愕したのは、ミエラと知識を共有していた奏だ。

「“領域”を投げ出す……まさか、消滅……!?」

 奏が転生した方のイリスを見る。そして、絶句した。
 桃子から分離した時点で透けていた体が、もうほとんど見えなくなっていた。

「ええ、その通りです。“天使”ミエラの依り代。……私は、私の“領域”全てを投げうって、(イリス)の力を相殺し、“可能性”を拓きました」

「ッ……!?どうして、そこまで……?」

「どうして……ですか……」

 もう一人の自分に、そして奏にも問われ、イリスは困ったように笑う。
 まるで、その答えを言うのを恥ずかしがるように。

「そう、ですね……言うなれば―――恋、したんです」

 体が、存在が消えゆく中。
 それでも、イリスは答えを口にする。

「あの時、ただ自身の“性質”に囚われて“闇”を振りまいていた私を、止めてくれた。……私にも、別の“可能性”があると、そう言ってくれた。……ただ、それだけで私は光を、希望を見たんです」

 耳障りだと言わんばかりに、敵のイリスが攻撃を放つ。
 だが、優奈が、祈梨が、帝が……周りの者が、それを防ぐ。
 そんな中で、イリスの言葉は続く。

「道を示してくれたから!私は彼に憧れた!彼の在り方に、魅せられた!まるで、恋に焦がれたかのように……いいえ、事実、私は彼に恋焦がれた!愛そうと思った!ただの人間のように、ただの一人の女として、彼に恋したんです!」

 涙を流し、精一杯な満面の笑みを浮かべて、イリスは高らかに言う。
 これから、完全に消滅するにも関わらず、何も恐れていないかのように。

「……私が全てを投げうった理由なんて、それだけです」

 そう微笑んで、イリスは優輝へと近づく。

「ありがとう、“可能性”の貴方。私にも光を見せてくれて、本当にありがとう」

 優輝は沈黙している。それでも、イリスはお礼を言った。
 ……そして。

「そして、さようならです。気づけなかった(イリス)。貴女も、今度はちゃんと気づかされるといいですね」

 その言葉を最後に、イリスは跡形もなく消え去った。

「たった……それだけ……?……それだけの理由で、神界の神である存在が、“領域”すら投げ出すなんて……ありえません……!」

 敵のイリスは、未だに困惑していた。
 ただ憧れた、恋をした。
 それだけで“領域”を捨てたのが納得できなかったのだ。











「―――僕も予想外だったさ。でも、それこそが“可能性”ってモノだ」

 直後、その声が響くと同時に理力が光の柱となって立ち昇った。

「な、ぁ……!?」

「イリスの示した“光”。そして緋雪の、皆の想い。……しっかり響いたぞ」

 その中心に、優輝が立っていた。















 
 

 
後書き
道を拓く、破壊の瞳(ツェアシュテールング・フュールング)…“破壊の瞳”の力を、天巫女の力で後押ししたため発現した技。浄化と破壊の力が合わさり、容赦なくイリスの“闇”を祓う。如何なる洗脳であろうと、本心へと声を届かせる事が出来る。

其は、闇が示す光(デュミナス・トゥ・エルピス)…ギリシャ語で“可能性の希望”(多分)。人に転生したイリスが、人の持つ“可能性”に目覚めた結果、編み出した切り札。“領域”を犠牲にする事で、その“世界”の“可能性”を呼び覚ます。


桃子に宿っていたイリスがやった事は、FGOにおける終局特異点でのラスボスに対して○○○(ネタバレ防止)がやった事に近いです(つまりラスボス特効的なアレ)。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧