| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第37話 外界っ子バトル:中編

 勇美と東風谷早苗の弾幕勝負。その最中、勇美は石凝姥命と天照大神と最後に住吉三神の力を借りたのだった。
「よし、今回もうまくいった! 住吉三神でうまくいかなかったら、ネプチューン様で代用しようと思っていた所だったけど、問題なかったようね」
「勇美さん、一体何をする気ですか?」
「まあ見ていて下さいって」
 勇美は力強い物言いを早苗に向けた。そして、メインディッシュのスペル宣言とあいなる。
「【水鏡「ミラーオブライト」】♪」
 その宣言後、勇美の隣に大鏡の姿と化したマックスが現れたのだ。
 しかし、今回は全体的に青い色の雰囲気を醸し出している。そして、鏡の周りの甲殻類を思わせるような飾りの数々が禍々しくその存在を主張しているのだった。
「……何か不気味な鏡ですね」
 早苗はその産物に対する感想を言った。それがこの「ミラーオブライト」の全容を的確に示すものとなっている。
「それで、その鏡で何をするのですか?」
「『儀式』ですよ♪」
「儀式?」
 得意気に言う勇美に、早苗は首を傾げた。
「? 勇美、貴方は私の力で神の力を借りているのだから、そんな事は必要ないはずよ、一体……?」
 依姫には本来供物や神事等の儀式が必要な神降ろしを、その才能と鍛錬により何の準備もなく行えるのだ。
 だから、依姫の管轄内で神の力を借りる事が出来るようになった勇美に、神前の儀式は必要ない筈であるのだ。故に依姫の疑問は尽きる事はなかったのだった。
「では儀式を始めますよ」
 そう言って勇美は懐から何かを取り出した。
「おにぎり……?」
 その光景を見ていた早苗の指摘通りの物、それ以上でも以下でもない、ご飯を握り固形に集めた産物、英語ではライスボールという、おにぎりそのものであった。
「さあ、マッく~ん。お供え物の時間だよ~」
 そう言って勇美は化け物鏡と化した自分の分身の前におにぎりを置いたのだった。
 その光景を呆気に取られながら見ていた早苗だが、漸く言葉を紡ぎ出す事に成功した。
「……勇美さん、何してるんですか?」
「何って、儀式ですよ」
 悪びれもせず、勇美はそうのたまった。
 そこへ、口出ししまいと決めていた依姫が言葉を発する。
「そんな儀式がありますか? 儀式っていうのはもっと複雑でしてね……」
 苦労して神降ろしの力を手に入れた依姫だからこそ、本来の神降ろしの難儀さはよく分かっているのだ。故に今回突っ込みを入れずには入られなかったのだった。
 それは、神として神事をその身に受ける神奈子とて同じ意見だったようである。
「……勇美、それではまるでペットの餌付けだぞ」
 だが、神の使いと神自身の猛抗議を受けても勇美は譲れないものがあるのだ。
「依姫さん、神奈子様。いくらあなた方でも、これは私が必死になって考えた儀式ですから、これは譲れませんよ!」
 そんな言い争いの最中、諏訪子は不意に呟く。
「私なら、そんな儀式でもいいかなぁ~、なんて」
「……諏訪子、ここは黙っていてくれ」
 神奈子は自分より頭一つ以上小さい諏訪子の頭を上からぐぅ~っと押し込んだ。
「あ~う~、私はお供え物がおにぎりでも断然OKなのにぃ~」
 諏訪子はじたばたしながら神奈子に抗議していた。
「何か和む光景ですねぇ~♪」
「……」
 自分がこの事態を招いておいて、その言い草はないでしょうと早苗は心の中でかぶりを振るうのだった。
 そうこうしている内に、気付けばこの混沌な状況の大元の元凶たるマックスの準備は出来ていたのだった。
 彼の鏡面が、眩く淡いライトブルーに輝き始めたのだった。
「やった、儀式成功だね♪」
「「こんなの認め(ん)(ないわ)!!」」
 神の何たるかも分からない物体の理不尽さに、依姫と神奈子の叫びがシンクロした。
 だが、誰が何と言おうと、ミラーオブライトへの儀式はこれで終わったのだ。
 準備の整った、妖しく青光りする鏡面から何者かが出現したのだ。
 そう、出現である。鏡とは光を反射するだけの代物で、中には何も存在しない。その事実をひっくり返す事が今まさに起こったのだ。
 そして、その者は鏡をSF映画に出てくるような空間の裂け目の如く跨ぐと、その脚で地面を力強く踏みしめるのだった。
 その姿は、人間大のサイズの魚に手足を取り付けて直立させたような……。
「半魚人……?」
 早苗の呟く言葉、それが正解であった。
 鏡から出てきたのは、マーマンやサハギンと言った伝説上の半人半魚の怪物を機械で模したかのような存在であった。
「それじゃあ、早苗さんに攻撃しちゃってね、【魚人「アイアンサハギン」】!」
 勇美はたった今誕生した機械仕掛けの怪物の名を呼ぶと、早苗への攻撃指令を下した。
 すると、その『アイアンサハギン』は水蒸気が噴き出すような声を出す。その牙を向いた様は、今にもそこから涎でも出てきそうな臨場感があった。
 そして、機械の魚人は早苗目掛けて突っ込んでいくと、腕の爪を彼女へと振り翳した。
「くっ……」
 早苗は表情を少し歪ませると、咄嗟に手に持った祓い棒に霊力を込めると、それを攻撃に合わせて翳したのだ。
 ぶつかる金属の爪と霊力を纏った棒。すると甲高い妙な音を出して互いに衝撃を相殺した。
「アイアンサハギンの攻撃を受け止めましたか」
「それって凄い事なんですか?」
「うん、私にもよく分からない……」
「勇美さ~ん……」
 と、今の状況に似つかわしくない、気の抜けるやり取りを二人はするが、それは仕方のない事なのであった。
 何せ、今まで『ミラーオブライト』のような奇怪な戦闘方法をする者が幻想郷広しと言えど存在しなかったので、その基準が分からないのだ。
 つまり、今回の勇美の戦い方は半ば行き当たりばったりなのである。
「でも、ちゃんと戦える事は立証済みだよ。アイアンサハギン、どんどんやっちゃって!」
 前向き思考をする事にした勇美の合図を受けて、鉄の魚人は空いている方の腕を振りかぶり、早苗の懐を狙った。
「させません!」
 だが、早苗もそう易々と攻撃を通させる気はないのだ。魚人が左手の攻撃をする為に右手が棒から離れた瞬間に、それを左手の動きに合わせたのだ。
 そして再び鳴り響く妙な音。
 爪の攻撃が放たれては、棒の霊力に受け止められる。その当てどない状況がずっと続くかと思われた。しかし。
「くっ……」
 早苗の動きの方に鈍りが見られてきたのだ。
 幾ら早苗が神の血を引いた『現人神』であっても、肉体は人間なのだ。当然神のような耐久力もなく、人間同様に疲弊する。
 それに対して、勇美の作り出した魚人は機械仕掛けなのだ。それをコントロールする為にエネルギーは当然消費するが、人間の運動時のそれに比べたら微々たるものなのだ。
 その事が生み出すチャンスを、勇美は見逃さなかった。動きの鈍った早苗の一瞬の隙を見定めると、そこを狙う。
「アイアンサハギン、そこよ!」
『シャアアアアッ!』
 勇美の合図に魚人が機械とは思えない生々しい咆哮を上げると、両手の爪を一気に早苗目掛けて振り降ろしたのだった。
 刃物が擦られるような鋭い音を奏でながら、魚人の攻撃は早苗を見事に捉えた。
「きゃあっ……!」
 攻撃をその身に受けた早苗は、痛みを覚えて後退してしまった。
 それを見て勇美は得意顔になる。
「どうですか先輩? 私の儀式の産物は?」
「っ……」
 早苗は攻撃のダメージと、勇美に挑発的に『先輩』と呼ばれた事により言葉を濁した。
 だが、それも束の間の事であった。
「どうやらあなたを少々見くびっていたようですよ、後輩ちゃん♪」
「早苗さん!?」
 その瞬間、勇美はハッとなった。
「早苗さん、あなたこそ後輩ちゃんな髪の色してるじゃありませんか?」
「……それは別次元の話だからやめて下さい」
 早苗は項垂れた。折角人が上手くキメたと思った所に水を差しやがるかこいつはと心の中で憤慨するのであった。私はどこぞの『でっかい』が口癖のロリっ娘だと。
「はい、本題入ります」
「うん、悪ノリしてごめんなさい」
 窘める早苗に、勇美は素直に謝った。
 その直後、早苗の周囲に風が舞った。そして。
「……空を飛ぶんですか?」
 勇美が今起こった事の答えを言った。早苗は風に乗るかのように宙に浮き始めたのだった。
「ええ、私には空中戦の方が分がありますからね♪」
 早苗は得意気に言うと、その体を空へと浮き上がらせるのだった。
「あっ……」
 これは想定すべき事であった。幻想郷の者達は基本的に空を飛びながら戦うのだから。
 だが、後悔先に立たずである。早苗は先程自分に一泡吹かせた忌まわしき機械魚から遠ざかり、距離をとったのだ。
 そして、早苗は空中からの攻撃の手段を懐から取り出す。
「おみくじ爆弾……」
 呟くように言うのと同時に、早苗は手にとったおみくじの箱を思い切り宙で振った。
 すると、そこから運勢の書かれた棒が飛び出し、アイアンサハギン目掛けて飛んでいったのだ。
 彼におみくじが当たった。それと同時に当たった箇所がそこまで大きくなくとも破壊力の凝縮された爆発に巻き込まれた。
 そして、二つ、三つとおみくじ型の爆弾は追加されていき、瞬く間に鉄魚人は爆撃に飲み込まれていったのだった。
 一頻り爆撃が起こり、やがてはそれも収まった。その場所にあったのは、先程まで魚人の形を形成していた存在のなれの果ての金属片と歯車の残骸の塊であった。
「アイアンサハギンが……」
 勇美は苦悶の表情を浮かべる。自分の取って置きのスペルで産み出した存在が、スペルカードでもない攻撃手段にものの見事に破壊されてしまったのだから。
「他愛もありませんね~」
「くっ」
 早苗に挑発的な言葉を投げ掛けられ、今度は勇美が毒づく番となってしまったようだ。
「勇美さん、次は私から仕掛けていいですか?」
「いいえ、ちょっと待って下さい」
 勇美はそう往生際の悪い態度を見せた。
「……はい、なるべく早くお願いしますね」
 それに対して、早苗は呆れながら言った。この子は些か先輩に対する振る舞いがなっていないのではないだろうかと思うのだった。
「すみませんね。では第二の儀式、行きますよ」
 ──次が来るのか、そう早苗は思った。だが、それもそうだと思い直す事にしたのだ。
 確かに、自分は先程鏡から繰り出されられた魚人を打ち倒したのであるが、当の鏡は未だ健在だからであった。
 受けて立とう、そう早苗は考え、勇美の次なる召喚に備えるのだった。
 そして、勇美が懐から取り出したのは、──板チョコであった。
「うん、あの子は儀式を愚弄しすぎだよね」
「はい、私もそう思います」
 これには神奈子も依姫も頭を抱えるしかなかった。
「チョコか~、いいなあ~」
 そんな二人に対して、諏訪子は涎を垂らして指を咥えて見ていた。
「諏訪子、お前はちょっと黙ってろ……」
「あ~う~」
 神奈子に辛辣な物言いをされ、諏訪子は軽く凹むのだった。
 そんな間にも、儀式(とはとても呼べない何か)は着実に進められていたのだった。
 そして、鏡の中から勇美が送る第二の刺客がその姿を現し始めていた。
「……」
 迎え撃つ早苗は思わず唾を飲み、その様子を目に焼き付ける。そして、彼女の期待に応えるかのように、怪物はその全貌を明らかにした。
 それは、先程の魚人とは違い、身体の構造自体は海で生活を営む魚類そのものであった。
 だが、違うのは胸ビレの部分が発達して、まるで鳥類の翼のようになっていた事である。
 そして、頭部には一角獣の如き角が立派に備わっている。
 その異質な魚の名前を勇美は読み上げる。
「【飛魚「メタルフライキラー」】。さあ、第二幕、行かせてもらいますよ!」
 そう意気揚々と勇美が宣言すると、早速と言わんばかりに『メタルフライキラー』はその身体を瞬時に踏み込むと、一気に空高く飛び上がっていったのだった。
「どうですか! 今度の子は空を飛べるんですよ」
「くっ、さすがは飛び魚という事ですか!」
 奇策を打ち出して来た勇美に対して、早苗もこれには動揺を見せた。
 迫り来る空を切る一角魚。だが、生真面目な早苗はここで臆する事なく先程のように祓い棒に霊力を込めてそれを迎えた。
 その瞬間、金属を叩きつけるかのような甲高い物音が響いた。見事に早苗の棒は飛び魚の角を受け止めていたのだった。
 まるで弾丸のように飛び込んで来た鋼鉄の魚。早苗はそれに僅かに戦慄さえ覚えていた。
「くぅ……」
 早苗は苦悶の声を漏らす。
「やりますね……」
 対して勇美は冷や汗をかいていた。自分は直接攻撃していないのに、相手の気迫がまるで自分に届いているかのようであったのだ。
「でも、この子の攻撃はまだ終わっていませんよ」「でしょうね」
 得意気に言う勇美に、早苗も軽口で返す。だが彼女の本心は気が気ではなかった。
 そうしている内に、鋼鉄の飛び魚は一瞬にしてその場から離れた。
 これが対人同士の戦いなら相手に好機を与える事となっていただろう。
 だが、この戦いでは戦うのは人型の早苗に対して、勇美本人ではなく、更に魚の形をした存在なのだ。
 故に相手から大胆に離れるという戦法を取っても、勇美にはデメリットは存在しないのである。
 そして、空をすばしっこく泳ぎ始めた飛び魚は、その最中に再び早苗に狙いを定めていた。
 刹那、再度飛び魚は自らの身体を弾丸に見立て、獲物へとその身を突っ込ませていったのだ。
 再び鋭利な角と祓い棒とがぶつかり合う。幸い早苗は空気の流れを読み、直前に攻撃に合わせて防御体制を取る事が出来たのである。
「やりますね、でも次はどうでしょうか?」
 言って勇美は再びメタルフライキラーを素早く早苗の元から引き離したのだ。
「やはりそう来ますか!」
 対する早苗は身構える。だが、心なしか先程までよりも表情に幾分余裕が見られた。
 そして、勇美は自分の僕を巧みに空中で暴れ回らせながら早苗を翻弄していた。
「行きますよ先輩!」
 相手を惑わし、準備も万端と踏んで、勇美は再三早苗に対して魚を模した鉛弾の狙いを定める。
 だが、その様子を見据えながら、早苗は不敵に笑みを浮かべるのだった。
「そう言えば勇美さんは知りませんでしたよね?」
「?」
 この人は何を言い出すのだろう? 勇美はそう思いながらも嫌な予感を味わった。
 その予感は見事的中する事になる。
「空を泳ぐ海の生物を操れるのは、あなただけじゃないって事を!」
 そう言うと早苗は右腕を目の前に繰り出すと、そこに意識を集中させ始めた。
 すると、腕の周りを取り巻くように雲のような成分で構成された蛇が現出し始めたではないか。
「『スカイサーペント』あの鬱陶しい魚を捕らて下さい!」
 言うと早苗はその蛇を携えた右腕を前に翳すと、狙いをメタルフライキラーに定めたのだ。
 主のその命令に従うように、早苗の腕に巻きついていた蛇はそこから伸び出すと、鉄の飛び魚目掛けて牙を向け飛び掛った。
 そして、とうとう蛇の牙は魚を捕らえたのだった。火花と共に不快な金属音が轟く。
「ええっ!?」
 今度は勇美が驚く番であった。早苗があのような技を持っていたとは。
 いや、おかしくはないだろう。先程のおみくじ爆弾といい、この人は真面目な性格に反して、奇抜な戦術を取るようだ。
 それを悟った勇美はこの場は大人しく敵の攻撃を甘んじて受ける姿勢を見せたのだ。
 機械とは言え、自分の代わりに身体を張って戦ってくれているメタルフライキラーには悪いが、これも戦術というものだと彼女は腹を括るのだった。
「はいっ!」
 その最中、早苗は気合の一声を上げると、『空の海蛇』を鞭のようにしならせると、捕らえた機械の魚を一気に振り払い、自分より下方へと投げ飛ばした。
「地面に叩きつける気ですか!?」
「いいえ、勇美さんの事ですから、そんな余裕を与えたらその間に何か対策されてしまうでしょう」
「……くっ」
 思惑を見透かされ、勇美は苦虫を噛み潰したような表情を見せた。ちなみにそんな最中にも早苗は「悪態を付くこの子も可愛い」等と思っていたが、この緊迫した局面では重要な事ではないだろう。
 そして、早苗は先程のおみくじ爆弾の発射口を持ち出す。
「また爆撃する気ですか?」
「ええ、でもそれだけじゃあ芸がないので……」
 そう言うと早苗は懐からスペルカードを取り出した。この勝負で初めて使うスペルカードである。
「では、このおみくじ爆弾に【奇跡「白昼の客星」】の力を足します」
 言って早苗はおみくじ爆弾の筒にそのスペルカードを重ね合わせて、改めて宣言する。
「【空襲「星のエアレイド」】!!」
 その宣言と共に、筒からおみくじ爆弾が放出される。
 だが、アイアンサハギンを討伐した時のそれとは違い、それらは眩く輝いていたのだ。そう、まるで星のように。
 そして、抵抗出来ない機械の魚に次々に飛び込んでいき、それら全ては盛大に爆ぜたのだった。
 その光景はまさに……。
「花火みたい……」
 勇美は自分の僕が撃墜されたにも関わらず、不謹慎にも綺麗だと思ってしまったのだった。
 そして、これぞ美しさを競う弾幕ごっこの醍醐味だと思うのだった。
 早苗は幻想郷では新参だから不慣れな部分もあるのだろうと勇美は思っていたのだが、この幻想郷流の芸術を見て、もうその不安も野暮ではないかという考えに至るのだった。
 そう分かれば、勇美にもはや出し惜しみなど必要はなかったのだ。
 そして勇美はキリリと切れ長の瞳を更に凛々しく見開くと、上空にいる早苗に向かって言った。
「早苗さん、素晴らしいですよ。あなたの事、改めて凄いと思いました」
「それは光栄です」
 言われた早苗も満更ではなさそうに言う。やはり後輩に認められるのは悪い気分はしないというものである。
 勇美は続ける。
「だから、私もありったけの力をぶつけようと思います」
 そう言って勇美は新たなる儀式の供物を取り出す。
「格好いい事言っても、儀式がこれだからなあ~」
「ですね」
 その勇美を遠い目で見ながら神奈子と依姫は呟いた。
 そして、勇美が取り出したのは、エビフライであった。
「あっ、少し豪勢になっていますね」
「そうか?」
 依姫に突っ込みを入れる神奈子。お前、そういうキャラじゃないだろうと思いながら。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧