| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

俺様勇者と武闘家日記

作者:星海月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第1部
アッサラーム~イシス
  砂漠での冒険

「これが砂漠……!?」
 見渡す限り一面砂の大地が広がっている。雲一つない青空に、どこまでも続くオレンジ色の地平線。
 しばし自然の美しさに唖然とするが、すぐに不快感を感じ我に返る。
「うあ~、暑っち~よマジで!! 砂漠ってこんな暑いのか?」
ナギも砂漠は初体験らしく、あまりの暑さに汗だくになりながら文句を言っている。
夕べの言動は一体なんだったのか?ってくらい今日のナギはいつもと変わらない。今朝は日の出とともに出発の予定だったが、意外にも一番早く仕度を終えたのはナギだった。……ちなみにビリは私。我ながら情けない。
ともあれ予定通りに宿を出て、ドリスさんの家でルカと合流したあと、私たちは砂漠があるアッサラームの南西へと向かった。
町を出てしばらくは草木も生えていたのだが、進むにつれ徐々に砂と岩ばかりになり、ついに緑が一切なくなった。それと同時に太陽も昇り続けているので、自然と気温も上がる。今日は雲一つない晴天で、太陽を遮るものはなにもない。それが逆に尋常ではない暑さをもたらした。
そしてナギの言うとおり、彼の服は黒い長袖のインナーを着ているため、よけい熱が籠りやすい。かくいう私も分厚い生地の武闘着を着ているので、籠った熱と照りつける太陽で、さらに暑さが増しているように感じる。
たまらずナギが上着を脱ごうとすると、同行していた私の弟、ルカに止められた。
「むやみに服を脱ぐのはやめた方がいいですよ!」
「え、なんでだ? この暑さで長袖着てたんじゃゆでダコになっちまうぞ」
「あまり肌を出すと太陽の熱で火傷してしまうんで、なるべく長袖を着ていてください」
「そんなに熱くなるの?! 太陽の熱で?!」
私は驚いて、腕捲りをしようとしていたのを止めた。
それを聞いてふと、シーラがバニースーツのままなことに気がついた。
「シーラ、その格好で砂漠なんか歩いたら危険じゃない?」
本人も今気づいたのか、舌をぺろっと出して苦笑した。
「あ~、あたし砂漠なんか行ったことないからわかんなかったよ☆ でも、なんとかなるよ♪」
「いやいや、なんともならないって! ええと、私の着替えで良ければ貸すよ! 武闘着だけど!」
「気づかなくてすいません! シーラさん、オレのターバンで良ければ使ってください。こうやって、体に巻き付ければ……」
「ありがとう二人とも。でもるーくん、それやったら動けないと思うよ☆」
がっくりと膝をつく私たち姉弟。さすがにこのままじゃ連れていけない、と思ったそのとき、今まで静観していたユウリが、自身が身に付けているマントを外し、無言でシーラに渡した。
「え……あ、ありがとう、ユウリちゃん」
シーラが、戸惑いながらもマントを受けとり、お礼を言った。それには特に反応せず、すたすたと前を歩き始めるユウリ。
それを見たナギが、奇妙なものを見るような顔つきで私にこっそりと耳打ちしてきた。
「なあ、あいつ最近おかしくないか? 妙に親切っていうかさ」
「そう? ユウリは前から優しいよ?」
確かに出会ったばかりの頃や、ロマリアにいたときは何を考えてるのかわからなかったし、苦手でもあった。でも一緒に旅をしているうちにわかってきた。カンダタ退治を手伝ってくれたり、ノアニールでおじいさんの思いを聞いてあげたり、口には出さないが私たちを助けている。ただそれを表現するのが不器用なだけで、根は優しいのだ。まあ、時々何考えてるのかわからないし、怒るときはものすごく怖いけど。
 ナギが最近と感じるのは、ユウリがその気遣いを、私たちに隠さなくなったからではないだろうか。
シーラは早速マントを身に付けると、涼しい~♪と言ってその辺を走り回った。
「あんまり動き回らない方がいいですよ。砂漠は歩くだけでも体力使いますから」
ルカが冷静に注意する。そして、持っていた鞄から、なにやら小さくて丸いものを取り出した。
「ルカ、それなあに?」
私が興味深く聞くと、ルカはしたり顔で振り向いた。
「アネキも気になる? やっぱり商人の血が騒ぐだろ?」
「いや私武闘家だし」
 私がにべもなく言うと、ルカは少し寂しそうな顔をした。けれどすぐに気を取り直し、私にそれを見せつけながら説明を始めた。
「これは師匠から借りた『方位磁石』ってやつさ。手に乗せるだけで、なにもない場所でも正確な方角を調べることが出来るんだ」
「へええ。すごいものを持ってるんだね」
ルカの手のひらを覗いてみると、小さくて平たい円形の箱の中に、横にした小さな針がゆらゆら揺れている。針の両端にはそれぞれ何かを示しているのか赤と黒で着色してあった。
すると、ユウリも珍しいアイテムに興味があるのか、無言で私の横に立ち、一緒に覗き込む。
「ええと、ここが北で、こっちが南。……ってことは……こっちか!」
何やらぶつぶつと呟くルカ。すると何を思ったか、いきなり明後日の方向へ走り出したではないか。
「ちょっと待ってルカ! 急に走らないで!」
周りが見えていないのか、私の言葉に耳も貸さず、どんどん先へ走っていく。仕方なく、急いで追いかける私たち。すると、急に私の前を走っていたユウリが一歩後ずさる。
「気をつけろ! 魔物だ!!」
瞬時に緊張感が走った。私もすぐさま足を止める。そのとき、前にいるルカと私たちの間の地面から、ピンク色の大きなムカデのようなものが現れたではないか。
「ちっ、火炎ムカデか」
苦々しげにユウリが呟く。火炎ムカデと呼ばれた魔物は、幸いにもルカの方ではなくこちらを向いた。そして、その小さな口を大きく開けたかと思うと、人の顔ほどの大きさの炎を吐き出してきた!
『うわぁぁぁっ!!??』
ユウリを除く全員が、悲鳴を上げてその場から飛び退く。この炎、相当広範囲にわたって攻撃してくるので、回避だけするだけで精一杯だ。
頭を狙って蹴りあげようか? でも、その隙に炎を吐かれたらおしまいだ。そもそも見るからに防御力のありそうな皮膚をしているけれど、打撃が効くのだろうか。
そう考えあぐねていると、脇から勢いよく鎖が飛んできた。鎖に着いた分銅は見事火炎ムカデの口に命中し、ダメージを負わせた。
「よっしゃ、当たった!」
放ったのはナギだった。アッサラームで新調したチェーンクロスを手に、勝ち誇ったような笑みを浮かべている。
だが、それだけで当然倒れるわけもなく、火炎ムカデは体を大きく捻ったかと思うと、体を回転させ、そのままこっちに突進してきた。
再びあわてて飛び退く私とナギ。少し離れてシーラが小石を投げつけてはいるが、全て外れている。
「ラリホー!」
魔物から距離を取ったユウリが呪文を唱える。確か敵を眠らせる効果があるはずだ。火炎ムカデは呪文を受けたあと一瞬動きを止め、次第に眠りに……つかない。魔物は平気な顔?をして、攻撃対象に選んだナギに向かって突進した。
「くそっ!」
ナギは反射的に飛び退く。ムカデは急停止し軌道を変え、ダンゴムシのように丸くなりながら、再び彼の方に向かって転がっていった。
「あーもう、しつけぇ!!」
回避しながら再びチェーンクロスを振り下ろす。だが、魔物は全く怯むことなく再び軌道を変え、次は私の方へ向かってきた。
ユウリがこっちに近づこうとするが、新たに現れたネコとコウモリを合体させたような魔物(あとでユウリに聞いたらキャットフライというらしい)が数匹現れ、応戦せざるを得ない状況になってしまった。
私は向かってくるムカデの足元を狙い、タイミングを見計らって脇に避けつつ足払いをお見舞いした。バランスを崩したムカデは一回バウンドしたあと、明後日の方向に突進しようとして柔らかい砂地に引っ掛かり、勢いよく倒れ込んだ。
魔物は横たわりながらも、もぞもぞと動いている。体勢を整えている間に私はダッシュして、横たわる魔物の体に拳を叩き込んだ。続けざまにナギが再びチェーンクロスで攻撃する。だが、どの攻撃も致命傷には至らなかった。
「どうしたら倒せるの?」
焦る私。それは、表情から見てナギも同じ思いだった。
などと考えているうちに、体勢を整えたムカデが再び私たちに襲いかかる。まずい、これじゃ二人とも避けきれない!
「ラリホー!!」
他の魔物を全て倒したユウリが、もう一度ラリホーをかけてくれた。
すると、急にムカデの動作が遅くなり、ゆっくりとその場に倒れ込んだ。もしかして……!
「ムカデは眠らせた! 今だ!」
どうやら二回目のラリホーは成功したようだ。ユウリが声を張り上げたのを皮切りに、私たち三人は一斉に攻撃を叩き込んだ。やはりレベル30を越えたユウリの一撃は効いているのか、数発でムカデの息の根を止めることができた。
「あ、危なかった……!」
「くっそ~~!! なんであいつ全然攻撃効かねえんだよ!」
たった一匹の大きなムカデなのに、ユウリがいないと倒せないなんて。私とナギはその場にへたりこんだ。
「……やっぱり魔法使いか僧侶が必要だな」
ぽつりとユウリが剣を鞘に納めながら呟く。そういえば今回、ユウリはラリホーの呪文しか使ってなかった。どうしてだろう?
「ねえユウリ。なんで今回あんまり呪文を使わなかったの?」
私の問いに、ユウリは面倒くさそうな表情を見せながらも説明をはじめた。
「あいつは火を使うから、俺が扱う火炎系の呪文は効かない。氷系や真空系の呪文なら効くんだろうが、俺は使えないからな。ラリホーなら多少は効くかと思ったが、耐性があるからか効きが悪かった」
そっか。呪文にもいろいろ種類があって、魔物によってはその呪文が効かないこともあるんだ。四人の中で呪文を使えるのはユウリしかいないから、使える呪文がなかったら結局物理攻撃するしかない。でも火炎ムカデみたいな防御力もそこそこある相手だと、物理攻撃のみで戦うのも難しくなる。
「せめてもう一人呪文の使い手がいればいいけどな」
ふう、と小さくため息をつくユウリ。確かに回復するのも薬草を使うか、ユウリの呪文しかない。けれどそれにも限りがあるし、この先もっと強い敵が出るほど、ユウリへの負担は大きくなる。
他にそういう呪文が使える人が現れたらいいのに。でも、魔王を倒す旅に一緒についていけそうな人なんて、そう簡単に現れるだろうか。
アルヴィスさんならもしかしたらって思ったけど、前職は戦士って言ってたっけ。でも呪文がなくても強そうな気がする。
そういえばどこかの山奥に、今の職業を変えられる神殿があるって師匠から聞いた気がする。そこにいけば、私も呪文が使えるようになるのかな?
でもとりあえず今は砂漠を越えることが第一だ。私は服についた砂をはたき落としてその場から立ち上がると、先に行っていたルカの姿を確認した。彼は今にも泣き出しそうな顔でこちらに歩いてきた。
「ごめんなさい。音を立てたら魔物に気づかれるって知ってたのに、走ってしまいました」
おそらく砂漠の歩き方は教わったんだろうが、ルカは考えなしに突っ走ってしまうことがある。私も人のことは言えないので、怒るに怒れない。
するとユウリが、怒気を孕んだ声でルカを呼び立てた。
「知っててどうして音を立てた? 一歩間違えばパーティーが全滅する可能性もあるんだぞ」
「はい、ごめんなさい」
「謝罪は一度でいい。それよりなぜこうなったのか、二度と起きないためにはどうしたらいいかを考えろ」
「……はい」
ユウリの強い口調に、ルカは溢れそうになる涙を必死にこらえている。助け船を出したいが、それではルカのためにもよくない。他のみんなもそれを慮ってか、黙っていた。
「……早く目的地に着くために、焦って周りが見えなくなっていました。今度は落ち着いて行動するようにします」
「『するようにします』じゃない。行動しろ」
「っ、はい!」
背筋を伸ばし、大きな声で返事をするルカ。すると、さっきまで殺気立っていた空気が少し和らいだ。
「ふん。ならいい。先に進むぞ」
そう言うとユウリは、ルカに方角を確認するよう促した。
重い雰囲気の中、ナギがいつもと変わらない様子で、ルカの頭をぽんと優しく叩く。
「ま、過ぎたことだし気にすんなよ。けど、次からは注意してくれよな」
「は、はい!」
すると、ユウリが私の方を見ながらこう言った。
「お前の姉よりは役に立ってるから安心しろ」
「え?! なんか聞き捨てならない言葉が聞こえた気がするんだけど?!」
私だって結構頑張ってるんだけどなー。でも、二人の言葉を聞いて、泣きそうだったルカの顔から笑みがこぼれる。
「ありがとうございます! 今度こそ気をつけます!」
深々とお辞儀をし、気を取り直したルカは再び方位磁石を取りだし、今度は冷静に位置を確認する。
「……ああそうか。ここから南西に進めばヴェスパーさんの家に着くはずです」
ルカが指差した方を見るが、家らしきものは何もない。
「ルカ、大分距離がありそうなんだけどどのくらい歩けば着くの?」
「えーと、三時間ほど歩けば」
「さっ、三時間!?」
この炎天下の中、三時間も歩かなければならないなんて、気が遠くなる。
「おい、暑いからって気を抜くなよ。魔物だって居るんだからな」
ユウリが釘をさすけれど、私の心はすでに折れそうになっていた。気分を変えるため、私は持っていた水袋を取り出して水を飲む。さっきの戦闘で喉がカラカラに乾いていたので一気に飲み干したかったが、ここは我慢して一口でやめておいた。
ふとシーラの方を見ると、マントを来た彼女は心なしか元気がなかった。私は彼女の方に駆け寄り、手にした水袋を差し出した。
「シーラ、大丈夫? もし足らなければ私の水飲んでいいよ」
「あ、ありがとうミオちん。でも大丈夫だから」
顔を上げた彼女は、笑顔を見せながらも、どこか無理をしている感じがした。
「……どうしたの、シーラ。疲れちゃった? それとも何か悩み事?」
「ううん、何でもないよ♪ さっ、行こっ☆」
そう明るく振る舞ってはいるが、一度違和感を覚えると、気になって仕方がない。私は他の人には聞こえないほどの小さな声でシーラに話しかけた。
「あのさ、私じゃ頼りないかもしれないけど、困ってたり辛いことがあったらさ、誰かに愚痴を言うだけでも少しは楽になると思うよ?」
私の言葉に、シーラは目を丸くした。そしてすぐにはにかんだ顔を見せた。
「ありがとう、ミオちん。ホントに今は大丈夫だからさ。何かいいたくなったら真っ先にミオちんに話すね☆」
「う、うん! 約束だからね!」
ずるいなあ。そんなかわいらしい笑顔を見せられたら、何も言えなくなっちゃうよ。
そんなことを思いながら、ひたすら歩くこと三時間。途中魔物に何度か遭遇したものの、順調に目的地へ着くことができたのである。
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧