| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

MOONDREAMER

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第二章 勇美と依姫の幻想郷奮闘記
  第25話 沙の中の銀河:中編

 魔理沙の本返却の約束を賭けて始まった勇美と魔理沙の戦い。それは一旦星と星の弾幕のぶつかり合いを終えて膠着したのだった。
「やってくれるなー! イタタ……」
「魔理沙さんこそ……。うくぅ……」
 そして二人は文字通り『痛み分け』となったようであった。
「くそっ、一端星でのやり取りは身を引くぜ」
 そう言って魔理沙は二発目のスペルを繰り出そうとする。
「いくぜ! 【恋符「ノンディレクショナルレーザー」】!」
 こうして魔理沙の新たなスペルが発動された。そして魔理沙の体が一瞬白く光った。
「一体何が?」
 このスペルは魔理沙は月では使っていない為、勇美は見た事がなかったが故に戸惑った。
 その間に光った魔理沙の体が元に戻ると、彼女の周囲から宣言通りレーザーが放出された。しかも。
「三本!?」
 勇美は驚いた。彼女の言う通り、レーザーは魔理沙の中心に見えない三角形の頂点から打ち出されるかのように三本発射されていたのだ。
「これだけで驚いてちゃいけないぜ! 回転……っと!」
 そう言って魔理沙はパチンと指を鳴らすと、それを合図に見えない三角形を中心にするかのように三本のレーザーは魔理沙の周囲を回転し始めた。
「!!」
「どんなもんだい!」
 唖然とする勇美に、魔理沙は得意気に言ってのけた。それを外野であるパチュリーは冷ややかな目で見ていた。
「それ、元々私の技でしょ……」
 ジト目で魔理沙に突っ込みを入れるパチュリー。
「そうだったの……?」
 それを聞いて、さすがの依姫も呆気に取られてしまった。
「聞こえないぜー!」
 対して、パチュリーの突っ込みもものともせずに魔理沙は弾幕を繰り出していた。そして第一撃が勇美を襲う。
「危ない!」
 間一髪でレーザーをかわす勇美。難なくとはいかないまでも何とかよけられたようだ。
「ほう、やるじゃないか?」
 上空から魔理沙が感心しながら言った。
「この手の回転レーザーは一度見ていますからね」
 勇美も負けじと得意気に言ってのける。
 そう、以前勇美は阿求との勝負の時にも同じように使用者の周囲を回転するレーザーを見ていたのだ。
 その時は勇美は(セコい手を使おうとしたばかりに)戦線から離脱していて後に続いた依姫が対処していたのだが、それを見ていた事が役に立ったようだ。
「だが、避けてばかりじゃ意味ないぜ!」
「もちろん、それは分かっていますよ!」
 魔理沙の辛い指摘に対して、勇美は負けじと応戦する。
「それじゃあ、行きますか!」
 そう言って勇美は手に新たな形態を取った銃を持って魔理沙に向けた。
(祇園様、天津甕星様、あの時のようにお願いしますよ)
 そう心の中で神に呼びかけ、勇美はスペル宣言をする。
「【機銃「一年戦争の光の引き金」】!」
「今度はライフルの方ですか……」
 依姫は勇美が作り出した武器に呆れながら突っ込みを入れた。
 あの時は剣の形状の状態から飛び道具を生み出していたが、今度はハナから銃の形態である。魔理沙のような正面からぶつかってくる者に対して下手な小細工は通用しないだろうと勇美は踏んだのだ。
「発射!!」
 そう言うと勇美は光線銃の引き金を引いたのだ。
 そして、銃口に光の粒が収束していき、光の筋がそこから照射された。
 続いて放たれた光の筋は魔理沙目掛けて迷いを持たないかのように突き進んで行った。
「くうっ!」
 思わず呻く魔理沙。まさか今自分が攻撃を受ける側になるとは思っても見なかったのだった。
 そして、不覚にも彼女はノンディレクショナルレーザーによる攻撃の手を緩めてしまったのだった。
 この好機を勇美は逃さなかった。
(隙ありっ!)
 そう勇美は心の中で叫ぶと、光線による追撃を二発、三発と魔理沙目掛けて加えた。
「ぐああーっ!!」
 炸裂する光線の群れ。そして、それにたまりかねて悲痛の声を上げる魔理沙。
 たまらず彼女はよろめき空中でバランスを崩す。
 そして、そのまま地面に向けて落下を始めてしまった。
(やった?)
 思わぬ所まで相手を追い詰めて自分の優位を期待する勇美であったが。
「そう易々とやられてたまるか!」
 落下中の魔理沙の瞳に闘志の炎が燃え上がった。
 そして彼女はその体勢でスペルを発動した。
「【「ブレイジングスター」】!!」
 そのスペルの発動と共に魔理沙は地面スレスレの所で体勢を持ち直した。
「行くぜっ!!」
 更にその掛け声を合図に、地面に激しい衝撃波を発生させてその場で慣性の法則を無視したかのような急停止を見せる。
「何が起こるの?」
 それだけで只ならぬものを感じた勇美は身構えた。
 それを目掛けて魔理沙は箒にがっしりとしがみつき──今度は爆音と共に急発進したのだ。
 凄まじい衝撃に合わせて弾丸のように弾き出された魔理沙は、小さい無数の星を箒から後方に撒き散らしていた。──それはさながらロケット花火のようであった。
「ひいっ!」
 突発的な事態に勇美は思わず息を飲んでしまった。その一瞬の隙が命取りであった。
「とりあえずここは……って間に合わないっ!?」
 神の力を何を借りるか決めて発動するという二段構えの行為が勇美には必要だったのだが、それを許す程魔理沙のパワーとスピードは甘くないのであった。
 そして、遂に凶弾と化した魔理沙が勇美に突っ込んだのだ。続いて鳴り響く轟音。
「うわあーーーっ!!」
 勇美は悲鳴をあげながらその場から弾き飛ばされてしまったのだ。そして彼女は宙に身体を投げ飛ばされる。
(凄く痛い……)
 魔理沙の猛攻に打ちのめされ、朦朧とした意識の中で勇美は思った。
 ──このまま地面にぶつかったらもっと痛いだろうな。でも、それで勝負が着くから楽になれるという考え方も出来る。
 ──そこまで思った勇美はここで弾けるような刺激が頭の中を駆け巡り、意識が覚醒させられたのであった。
 ──忘れる所だった。自分は負けられない人間なんだと。それこそが自分がすべき復讐である事を勇美は思い出したのであった。
 そして勇美の瞳に闘志の炎が灯ったのだ。先程の魔理沙と同様である。
 そのまま勇美は心の中で神に呼び掛けた。早くしないと地面に激突してしまうので、急を要した。
(『天宇受売命』、私に力を貸して下さい。それはもう、手っ取り早く!)
 等と、神に対する呼び掛けには些か無礼である形のものとなってしまったのだ。
 しかし、相手はさすがは神というべきか、寛容にそれを受け止めたのだ。天宇受売命自身、実は破廉恥な神様である為に生まれた寛容さであったかも知れないが。
 ともあれ、そういった天宇受売命の奥ゆかさにより勇美の思いは通じ、彼女に力が貸し出される事となる。
 いつも通りに神の力を備えた機械が集束していく。しかし、いつもと違うのは、それが宙を舞う勇美の脚部に対してである事であった。
「……何が起こるんだぜ?」
 それを見ていた魔理沙は暫しそう呆気に取られていたが、すぐに気を持ち直して意気込んだ。
「何をする気か知らないが好きにはさせないぜ!」
 そう言って魔理沙は再び星の力のエンジンをフルスロットルさせた。──再度ブレイジングスターを繰り出す算段である。
 再度鳴り響く星のエンジン駆動音。そして空気をも震わす振動。
 今度ブレイジングスターを決められたら勇美は絶体絶命であろう。だが、流れは現在勇美に流れていたのだ。
「その技は威力と瞬発力は凄まじいんですけど、如何せん『溜め』に時間が掛かるんですよね」
「なっ!?」
 突撃の力を充填している所へ相手から指摘を受け、意表を付かれてしまう魔理沙。だが勇美とてそれだけで終わらせる気はなかった。
「【脚力「ダンシングシューズ」】!」
 その宣言の先には勇美がいた。──天宇受売命の力を受けた機械の靴を携えて跳び蹴りを放っている状態の。
「なっ、お前は私に吹っ飛ばされていた筈だぜ!?」
 それが何故体勢を整えて自分に向かって蹴りを放っているのか解せない魔理沙。
「それはですね、この『ダンシングシューズ』の力で空中を蹴って体勢を立て直した訳なんですよね~」
 勇美は得意気に言いながら、その間にも魔理沙に飛び掛かっていた。
「くらえーーっ!」
 そう叫びながら勇美はグイグイと魔理沙との距離を詰めていき、とうとう彼女に蹴りの一撃を決めたのだ。
 一瞬にして衝撃がそこに走り──辺り一面にほとばしった。
「くうっ……」
 その余りの激しさに端から見ていたパチュリーも呻き声を出して顔をしかめる程であった。
 その衝撃の中心にいた魔理沙は堪らずに後方に引き摺られてしまったのだ。
 だが、さすがは歴然の弾幕少女たる魔理沙であった。5メートル程吹き飛ばされたものの、それだけに留めて箒に跨がり宙に浮いた状態で体勢を整えたのだ。
「ふう、間一髪だぜ……」
 額に浮き出た汗を拭い一息つく魔理沙。正直言って相手がここまで自分を追い詰めた事に驚愕を隠す事は出来ない。
 だが、そんな状況でも……いや、そんな状況だからこそ余裕を見せるのが霧雨魔理沙という存在であった。
「お前、今の蹴り……ナイスだったぜ!」
「そ、そうですか?」
 魔理沙程の者に労われて、満更でもなさそうに振る舞う勇美。だが魔理沙は単に勇美を褒める気は毛頭なかったのだった。
「ああ、特にその着物から覗いたパンチラは見事だったぜ♪」
 したり顔で際どい指摘を魔理沙は突き付けたのであった。
「ええ、あれは見事な純白だったわね……」
 彼女のキャラクターらしくなく、パチュリーは恍惚とした表情でサービスシーンの余韻を噛み締めていた。
「貴方、どういう趣味しているのよ……」
 そんな様子のパチュリーに依姫は頭を抱えながら突っ込みを入れた。
「黙らっしゃい! 幻想郷の少女達はみんなドロワーズばかりで、私がどれだけ飢えているかあなたには分かる!?」
「ええ、分からないわね」
 変にリキのこもったパチュリーの熱弁を、依姫は犯人に逆切れする熱血刑事のような言い草で軽く流すのであった。
 対して、盛大に自分の下着を疲労してしまった勇美は、みるみるうちに顔を赤らめ……たりはしなかった。
「あ~、パンツ穿いていて良かった~♪」
「うん……?」
 そんな恥態を晒した相手からとは思えない台詞に、魔理沙は面喰らってしまう。自分も乙女の恥じらいとは縁がないとはいえ、それでも気が咎めずにはいられなかったのだった。
「……お前には恥じらいとかいうものは無いのかよ」
「少しはあるけどね、それに捕らわれていたらミニ丈の和服なんて着れないよ」
「うん、論点がおかしいぜ……」
 普段ボケ役に回る魔理沙であるにも関わらず、今回は勇美のペースに持っていかれてしまっていた。
「でも良かった。和服の古き良き伝統でノーパンだったら……」
「それ以上はネチョじゃ済まないからやめてくれ~~」
 話をディープに持っていく勇美に、魔理沙は頭をかきむしりながら抗議した。
(まだノーパンで着るの諦めてなかったのか、あの小娘……)
 勇美のやり取りを見聞きしていた依姫は心の中で毒づいた。だが、それと同時に別の感情も生まれてきたのだ。
(でも、あの魔法使いに対して自分のペースに持って行くなんてさすがね……)
 それが依姫の今の勇美に対する感想であった。
「ちっ、このままじゃあ調子が狂うぜ」
 そう魔理沙は毒づき、言葉を続ける。
「なので、今から最近編み出したとっておきのスペルを見せてやるから覚悟するんだな!」
 宣言し意気込む魔理沙に、今まで流れに乗る形であった勇美は血相を変えてしまう。──下手に自分のペースに引き込んだばかりに、相手に火を付ける羽目になってしまったようだ。
「お、お手柔らかにお願いしますぅ……」
「黙らっしゃい! 平気でパンチラしたりノーパンになりたがる恥女には調教……いや、お仕置きが必要なんだぜ!」
「ですよね~」
 こうなったのは自分が蒔いた種だと、勇美は納得するしかなかったようだ。
 一方、そのやり取りを見ていたパチュリーは……。
「魔理沙……調教って……」
「貴方、何興奮してるのよ」
 節操のないパチュリーに依姫は呆れながら突っ込みを入れる。
「いや、これは喘息が……ゲフンゲフン……」
 普段は彼女を苦しめている持病を今回ばかりは都合良く盾にして、パチュリーはわざとらしく咳込んで見せた。
 そんな不毛なやり取りをする外野をさておき、とうとう魔理沙は今まで見せた事の無い未知の領域へと足を踏み入れ始めていた。
 その為の第一段階として、彼女はいかにも魔法使いの物とでも言うべき自前の帽子を頭から外したのだ。
 当然勇美はその様子に訝った。
「……何ですか? 挨拶でもするんですか? あっ、分かった!」
 そこで勇美は閃き、ポンと手を叩く。
「魔法少女なだけに、『あいさつの魔法少女』って事ですね♪」
「それで私は『ぽぽぽぽーん』とでも言うってか!? ふざけるな!」
 魔理沙は憤慨した。自分は幻想郷では有名な部類だろうけど、あんな全国民が認知している程有名であってたまるかと。
「って違うわ! これを見ろ!」
 そう言って魔理沙は脱いだ帽子からある物を取り出した。八角形の機械のような固形物──そう、彼女の弾幕に火力を生み出す源、『ミニ八卦炉』であった。
「これが噂の……」
 思わず勇美は唾を飲み込む。彼女とて魔理沙が使う、それの力は重々認知していたからだ。
「あの子、勝負に出て来たわね。勇美、心しなさい」
「はい、分かっています」
 依姫に注意を促され、勇美はそれに応えて気を引き締めた。
 その間にも魔理沙の持つミニ八卦炉に光と熱が集束し、辺りに強い衝撃が走る。
「来ますか……『マスタースパーク』が!」
 その魔理沙の代名詞たる『必殺技』の脅威を知っている勇美は身構える。
 だが彼女は慌ててはいなかった。マスタースパークは威力は凄まじいが軌道は魔理沙の性格を表すが如く直線上なのだ。
 だから例えば、瞬時にマーキュリーの力を借りて『エルメスの靴』の機動力で回避すれば十分に対処出来るだろうと勇美は踏んだのだ。
 要はとあるSFアニメでの名台詞が示すように、『当たらなければどうという事はない』という訳である。
 だが、ここからの魔理沙の行動は勇美が予想したのとは違っていたのだ。
「何やっているんですか!?」
「言ったろ? とっておきを見せるって?」
 驚く勇美を尻目に、魔理沙はあっけらかんと答える。
 何を思ったのか、魔理沙はミニ八卦炉を正面の勇美ではなく、地面に照準を向けていたのだった。
「一体どういう……」
「【恋路「グランドバスタースパーク」】!!」
 勇美が言い終わる前に魔理沙は地面目掛けて極太のレーザーを八卦炉から放出したのだ。
 常軌を逸した光と熱により地面は貫かれ、みるみるうちに大穴が穿たれていった。
 そしてエネルギーの奔流は収まった。
 勇美は理解出来ない疑問を魔理沙にぶつける。
「一体どういうつもりですか? どこを狙っているんですか?」
「まあ見てなって♪」
 だが魔理沙は得意気に言うだけで何が狙いか教えてくれないが、それは当然だろう。
 そんな魔理沙の態度に歯噛みしながらも勇美は身構えていたが、ふと異変に気付いたのだ。
 ──それは何者かが唸るような物音であったのだ。それも巨大な存在であると思わせる程の。
「喰らえっ!」
 そして魔理沙はパチンと指を鳴らした。それに合わせて唸るような音はじわじわと強さを増していった。
 続いてそれは起こった。唸りが最高潮に達すると、勇美の足元すぐ側の地面が隆起し、まるで噴火の如くレーザーが噴出したのだった。
「!!」
 当然勇美は驚くが、それと同時に安堵もする。
「あー、びっくりしました。でも私には当たらなかったみたいですね」
 勇美な冷や汗を少しかきつつも強気の態度をして見せた。
 だが、その強気は空元気になる事となる。
「甘いぜ」
 ニヤリと笑みを浮かべる魔理沙に、勇美は背筋に悪寒が走った。
 それとほぼ同時であった。先程と同じようにビームの噴火が再び起こったのだ。しかも今回は勇美のすぐ側で。
「ひっ!」
 思わず息を飲む勇美。当然だろう。今さっき見当違いの場所に撃ち出された攻撃で終わりだと思っていたのだから。
「驚くのはまだ早いぜ!」
 間一髪で避けた勇美に追い打ちを掛けるように魔理沙はしたり顔で言う。
 それを合図にしたかのように勇美の近くで三度ビームが噴出をした。
「厄介ですね、この攻撃……」
 避けながらも勇美は愚痴る。
「だろ? 何たって私が最近考えた取っておきなんだからな!」
 そんな勇美に魔理沙はますます得意気になる。
「さあ、どこまで避けられるかな?」
 魔理沙はニヤリと笑みを浮かべた。
「余り嘗めないで下さいね……」
 勇美はそう返すと、再び今降ろしている天宇受売命に呼び掛けた。
(天宇受売命、もう少し私にお付き添い下さい……)
 そして、その勇美の思いはダンシングシューズへと送り込まれる事となる。
 その後、勇美に装着されている機械仕掛けの靴は突如まばゆい光を放った。
「何だい? 光っているだけ……って、あれ?」
 この光景と台詞はどこかで聞いたような気がした魔理沙であったが、彼女はそれを気にしないようにした。目的は目の前の勇美に勝つ事であるのだから。
「まあいいや、取り敢えず攻撃続行だぜ!」
 その魔理沙の言葉を合図にしたかのように、次々にビームが地面から噴出を始めた。
「天宇受売命、そしてこのダンシングシューズの力を余り甘く見ないで下さいよ!」
 そう言う勇美のすぐ足元からビームが迸った。
 だが、勇美はステップを決めて、華麗にそれをかわしたのだった。
「どんなもんですか!?」
 出だし好調となった勇美は、その流れに乗って得意気に決めて見せた。
「やるな、だがまぐれはそう何度も起こらないぜ?」
 対する魔理沙も臆する事なく光線の檻の発動を続ける。
「まぐれかどうか、試してみて下さいよ、っと」
 勇美はそう言いながら第二波のビームも宙を舞う木の葉の如くヒラリとかわして見せた。
 続いて第三波、四波と次々と魔理沙の敷いた罠を回避していったのだ。
「くぅ……やるな」
 これにはさすがの魔理沙も歯噛みするしかなかった。
「ちょろいちょろい♪」
 興に乗って調子付く勇美。だが、悪ノリした人というのは高確率でその報いを受けるものであり……。
「楽勝、楽しょ……って、うわっ!」
 実に軽快なステップを踏んでいた勇美であったが、ここで足を滑らせてしまったのだ。
 幾ら天宇受売命の力を借りているとはいえ、その力を宿した機械の靴を装備していたのは、生身の人間の少女である勇美だったのだ。
 つまり、勇美は自分の肉体の限界を認識し損ねたという事であった。
 そこに運悪く──いや、入念に仕込んだ包囲網の中であったから最早運の問題ではなかった──ビームが吹き出し、勇美に迫ったのだった。
「きゃあっ!」
 破裂音と共に勇美はビームに弾かれ軽くその身を宙に投げ飛ばされてしまった。
 そして、悪い事に今度はビームのダメージと焦りにより靴の力を使う事が出来ずに、したたかに地面に身体をぶつけてしまったのだった。
 不幸中の幸いとでも言うべきか、そこでビームの噴出はそこで止んだようだ。
「うう……痛い……」
 何とか上体を起こし、勇美は少し涙目で愚痴る。
「まあ、そうだろうな」
 それに対して魔理沙も同感の意を示す。
「それで、私はこの後馬に蹴られて地獄に落ちる訳ですか……?」
「いや、そこまでしなくていい」
 幾らスペルカードに『恋路』の文字を入れたからって、そこまでされる必要はなかった。
「まあ、降参するなら今の内だぜ?」
「降参……?」
 その言葉を聞いた勇美の様子に変化が見られたのだった。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧